新しく出来た「カキ小屋」に行ってきました。

今日も寒いですね。まだまだインフル流行しています。今年はまだ自分は罹患していません。元気いっぱいです。

今回は下関に新しく出来た「カキ小屋」のお話。

IMG_0873昨日、クリニック午後休診の時間を利用して息子とドライブに行ってきました。

最初は海響館に行く予定だったのに、息子が「水族館嫌ーい。オモチャ屋さん行くー。」って騒ぐので、しょうがないから長府のトイザらスに行ってきました。

トッキュウジャーのパズルを買うだけの予定だったのに、「仮面ライダーガイム」の映画限定ロックシードが安売りしていたので、ついつい自分のお小遣いの中から買ってしまいました。息子に甘い父親です。

で、偶然トイザらスの入り口付近で見かけた「カキ小屋」の看板。なんだか無性にカキが食べたくなり、息子に「カキ小屋って楽しいらしいよ。行ってみない?」と聞いたところ、「いいよ。」と。

ほんとたまたま見つけたカキ小屋。小さな看板無視したらスルーするところでした。

で、外観はこんな感じ。明らかにプレハブの掘建て小屋です。でも妙に雰囲気のあるお店でした。しかも名前が「海男」とな!入る前から興味津々の父親でした。

IMG_0870入り口に山盛りとなったカキが置いてありました。結構な数が入っているのにこれで1000円。かつて行ったことのあるカキ小屋より安い印象でした。

ただ、息子がカキを食べないことを知っていた私。この量はさすがにまずいかなって思ったけど、せっかくのチャンス。晩御飯を減らすという自分勝手な目標を立て、カキ1皿注文。

2種類の産地から選べるみたいです。「五島産」と「大浦産」の2種類でした。どちらも美味しそうだったけど、小ぶりで数の多い「大浦産」を選択しました。

そのほかにもホタテやウチワエビ、ハマグリなど、いけすに入って売られていました。入り口で魚や貝、エビなどを選び、セルフサービスで焼き、最後にまとめて会計するシステムです。

入り口からなかなか楽しい演出でした。

IMG_0868

 反対側の冷凍庫にはカチカチに凍ったタコ串、貝柱、穴子、とうもろこしなどが置いてあり、一緒に焼くことができます。

さらにもう一つの冷凍庫にはカチカチに凍ったお肉やホルモンも置いてありました。

カキを焼く以外に焼く肉もできるシステムです。これは男性陣にとっては嬉しい演出ですよね。さすが「海男」。ツボをおさえています。でもカキ小屋でお肉の焼ける匂いがしたら少々興ざめかも。

IMG_0871店内はこんな感じです。

我々親子以外に若い男性陣6人組。真昼間から生ビール飲んで騒いでいます。心から羨ましいと思ったけど、平日の昼間からビールを飲むなんて、なんて暇人なんだと一瞬だけ思いました。

そういえば大学時代、こんな感じで男だらけで騒いでいたことを思い出します。でも店内の男衆は見るからに社会人の顔立ちでしたけどね。

店内はこの屋内焼き場の他に、テラスみたいなところ、屋上みたいなところなど色々ありました。天気の良い日は外で焼くのも楽しいかもしれませんね。あ、ついでにいうと、材料代以外に、燃料代として300円追加されるのをお伝えしておきます。

IMG_0876

短期間で作り上げたのがわかるくらいかなりチープなプレハブ小屋ですが、値段設定が少し安めなこと、カキ以外の魚介類がいくつも焼くことができること、ついでにお肉も何種類か焼けることなど考えると、これまでにないタイプのカキ小屋です。もう1回行ってもいいかなって思えるお店でした。

目の前が漁港になっており、新鮮なお魚が届くんでしょうね。まあカキは県外から運ばれてきたものですけどね。

1000円1盛りのカキ(大小あわせて8個くらい?)を全て美味しくいただくことができました。次は家族で訪問してみようと思います。そうすれば「奥さんの運転で、自分はお酒が飲める!」なんて下心は微塵もありませんよ、多分。

 

yjimage追伸:昨日トイザらスで「妖怪ウォッチ零式」が売ってありました。すでにゲットしている私。現在クリニックの机に置いてありますが、皆さん羨望の眼差しで見ています。なかなか手に入らないそうです。

そういえばクリスマス前にトイザらスで抽選したところ、100個限定販売に並んだお客さんは400名以上だったそうです。すごい話ですよね。教えてくれた方は抽選に外れたそうです。

トイザらスに行くのはだいたい木曜日が多いですが、行けばほとんど置いてあります。おそらく木曜日に入荷するんでしょう。欲しい方は木曜日の午後にトイザらス長府店に行ってください。ほぼ間違いなくゲットできます。自分としてはもう少し妖怪メダルを集めたいです。

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.