医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

名古屋めし&三重めし

もう10月ですね。短パン通勤で季節を感じる私。まだ衣替えしておりません。

まずはこの話題。

サウジアラビアの国王の写真が教科書に掲載された時のお話ですが、よーく見ると、国王の横にヨーダがいます。スターウォーズで超有名なジェダイの騎士のマスターです。

とっても自然な写真に見えますが、この事件をきっかけにサウジの大臣は更迭されたそうです。ま、仕方ないかな。

でもユーモアがあっていいと思いますけどね。

 

今回は久しぶりのグルメネタです。長文になりますので興味のない方はスルーしてくださいね。

まず最初に言い訳させていただきますが、名古屋と三重に行ったのは本当に学会参加が目的ですからね。遊びに行ったわけではありません。

ということでまず証拠写真から掲載させていただきました。

今回はクリニックスタッフ2名と一緒に行ってきました。3人ともきちんと勉強してきましたよ。

でもやっぱり学会といえば地元グルメを楽しむことも含まれています。三重県に行ったのは初めてです。学会がないとなかなかこういった県に行くチャンスはありませんからね。

では本題へ。

名古屋に着いたらまず訪れたのが、味噌煮込みうどんで有名な「山本屋本店」です。

名古屋は学会やバスケの試合で何度も来たことがあるので、このうどんは数回食したことはありますが、名古屋初体験のスタッフ2名のために、まずは王道から攻めることにしました。

ちょっとうどん1杯の値段に割高感はありますが、やはり有名なだけはあります。何度食べても美味しいなって思います。何よりもここのうどんは麺がかーなーり硬い!小野田のニュルニュルうどんに慣れている我々には驚きの硬さです。香川の讃岐うどんのコシとはまた違った感じです。

いわゆる「鍋焼きうどん」スタイルですが、鍋蓋をよーく見ると穴が空いておりません。

名古屋流の食べ方は、蓋の上に熱々のうどんを乗せて食べるスタイルが推奨されております。しかし私は熱いのは全然平気なので、スタッフの警告を無視して直接食べてしまいました。ちょっと熱かったけど大丈夫でした。傍に置いてあるのがきゅうりと玉ねぎのお漬物ってのもなんだか斬新でした。

その後スタッフは名古屋城見学に向かい、私は先日お話したトヨタ博物館に一人で行きました。

博物館のレストランで注文したのはあの有名な「あんかけスパ」です。見た目は結構グロテスクに見えましたが、意外や意外、とっても爽やかで美味しかったです。イメージとしては酸味の効いたナポリタンって感じです。ソーセージも入っていたし。あんがいい感じで麺に絡みつき、しかもタバスコをかけるとまさにイタリアーンって味になります。この辺では食べれるお店がないと思いますが、このあんかけスパは一度食して見るといいですよ。イメージが変わります。いい意味で。

夜はスタッフと合流して名古屋の繁華街に向かいました。

まず向かったのが、味噌カツの超有名店「矢場とん」です。

ここも全国的に有名なお店ですが、小汚い門構えと古臭いメニューで一番最初に行った時は懐疑的だった私ですが、食べて見るともう別世界!本当に本当に美味しい味噌カツです。数年前にバスケの試合で名古屋の栄に行った時に食べましたが、涙が出そうになるくらい感動し、バスケ部の皆さんといっぱいいっぱい食べたました。

二次会で名古屋コーチンのお鍋を食べる予定にしていたので、今回は有名な「わらじトンカツ」と「ロースかつ」のみ注文して、ビールと一緒に食しました。スタッフも感動していました。見た目は普通ですが、本当にここは美味しいです。味噌の味が絶妙にカツに絡みます。今回も感動したので、思わず矢場とんTシャツも購入してしまいました。

名古屋に行かれたら是非「矢場とん」へ!

二次会はスタッフの希望で名古屋コーチンのお鍋を食べに行きました。駅ビルの中にあるお店をスタッフがネットで見つけ、予約して行きました。

今回は薬膳鍋のお店です。最初に「薬膳」って聞いて懐疑的だった私ですが、これもかなり美味しいお鍋でした。さすがは薬膳。見た目以上にさっぱりした味付けで、ちょっと歯ごたえのある名古屋コーチンとの相性はバッチリです。

矢場とん後だったので、お料理は結構控えめ?に注文しました。名古屋といえば手羽先が有名です。今回は全国的に有名な「風来坊」とか「世界のやまちゃん」には行かず、ちょっと都会的なお店で手羽先を満喫しました。名古屋コーチンの手羽先は肉厚で美味しかったです。

名古屋初体験のスタッフを「おもてなし」するつもりが、結局一番はしゃいで楽しんでいたのはやっぱり私です。

お酒大好き酔っ払い院長で申し訳ございません。少しは反省しております。少しは。

翌朝頑張って早起きし、近鉄鉄道を使って三重入りしました。ちょっとだけ二日酔い気味の体でしたけど・・・

学会でしっかり勉強(詳細割愛)した後は、人生初の三重グルメです。

三重県って山口同様、結構な田舎でした。なんだか居心地いい感じ。小さな駅ビルを散策していたら見つけました。「津ぎょうざ」です。

噂には聞いていましたが、実際に津ぎょうざを見てびっくり!ナンジャコリャ!って思わず声が出るくらい大きな餃子でした。中に入っている具材は普通の餃子と同じですが、焼き餃子ではなく揚げ餃子ってのが珍しい。

元々は小学校の給食で提供されたのがその始まりらしいです。熱々の揚げ餃子をビールとともに美味しくいただきました。

学会の女性スタッフからお聞きした三重県名物グルメは「ひつまぶし」と「台湾ラーメン」とのことでした。

近くに松坂牛で有名な松坂市がありますが、あまりにも高級なのであまり食べないみたいです。松坂市でよく食べるの焼肉は「鳥焼肉」って話を聞いたこともあります。

今更ひつまぶしの美味しさを語ることはしません。だって王道ですから。

で、三重県最後に一人で食べに行った台湾ラーメン店が衝撃的でした。

小さな駅近レストラン街でひときわ目立っていた台湾ラーメン店。自分は結構な辛党だったので、せっかくなら一番辛い!って書いてあるラーメンを注文しようとしたら、店員さんから「大丈夫ですか?このラーメンはお客さんの7割が残してしまいますよ。」と忠告されてしまいました。

7割のお客さんが残すラーメンを提供するお店側のスタンスに腹が立ちましたが、ちょっと怖気付いた私は2番目に辛いラーメンを注文しました。

物凄いからさでした。超辛党を自負していた私でもかなりツライ辛さです。周りを見渡すとこの辛そうなラーメンを食べている人は誰もいません。店員さんも汗だくの私を心配そうに見ていました。でもここは男の意地。涼しい顔して全て平らげました。顔は汗まみれでしたけど。

楽しかった名古屋&三重グルメ旅。あ、学会参加がメインですよ!学会参加!

後から知りましたが、名古屋近辺はB級グルメの宝庫らしいです。まだまだ面白そうなB級グルメを探しに再訪問を誓った私。次回は伊勢神宮にお参りしたいです。

最後は美味しそうなお菓子のお話。

三重といえばやっぱり「赤福」。何度食べても美味しいです。妻も大好物みたいです。ただ賞味期限が二日しかないので、お土産としてはちょっと難しいです。もう少し日持ちしてくれたらいいのに。

次回は赤福本店で出来立てのものを食べようかな。家族と一緒に。

さぁ、ダイエット再開です!!!

 

追伸:遂にわが巨人軍のBクラスが確定してしまいました。クライマックスシリーズ出場を逃したのは初めてです。

悪夢の13連敗から徐々に持ち直してきたので、ギリギリ行けるか!と期待していただけにショック倍増。シーズン前の大型補強から何だか不穏な空気が流れていたのもまた事実。移籍組の不調及び、打線の不調、若手バッターの台頭なしが今回の敗因です。

チーム防御率はセ・リーグ1位、最多勝&最高防御率は菅野投手、奪三振王はマイコラス投手なのにこの成績。バッターの奮起を期待します。阿部選手や村田選手を脅かすようなパワーバッター希望です。ちなみに併殺打の数もセ・リーグ1位で、1店差で負けた数もセ・リーグ1位でした。

高橋監督は私と同じ年。来シーズンの活躍を心から期待しております。

今月ドラフト会議がありますが、巷で大きく騒がれている清宮選手より、即戦力で期待できそうなJR東日本の田嶋投手や、ポスト阿部になれる可能性を秘めた広陵高校の中村くんを是非とも指名して欲しいです。だって巨人ってクジ運かなり悪いから、清宮くんを引き当てるのはまず無理でしょうし・・・