去りゆく選手たち

明日からいよいよクライマックスシリーズ始まります。我が読売ジャイアンツは、あの憎き宿敵阪神タイガースとの対戦です。今年の対戦成績から考えるとジャイアンツ有利なはず。しかも得意の東京ドーム。楽しみですね。

華々しい試合が展開される中、今年もまたプロ野球界の名選手たちが球界を去っていきます。一部現役続行を希望している選手もいますが、今年の引退メンバーは自分の思い入れの強い選手ばかり。

ということで気になる選手のお話を、思い出とともにお送りします。ご存知の通り私は生粋のジャイアンツファンです。ということでジャイアンツ中心のお話になります。ご勘弁ください。

ガッツガッツ2まずは自分の大好きだった小笠原選手。あだ名はガッツ。彼はいつだって全力スイング。その雰囲気はまさに「侍」でした。両リーグでMVPを獲得するほどの名選手。日ハムからジャイアンツに移籍してくれた時は大喜びしました。フルスイングが仇となって、晩年は怪我ばかりの野球人生でした。今後はドラゴンズの2軍監督するらしいですね。できればジャイアンツ幹部に入閣してほしかったのが本音です。かつて近鉄、巨人と渡り歩いた石井浩郎選手に雰囲気似てました。やはり自分は渋い選手が好みみたいです。

川上憲伸1高橋尚成続いて自分の同世代の選手2名。川上憲伸投手と高橋尚成投手です。ともに昭和50年生まれのはず。二人とも球界を代表するような素晴らしい投手でした。特に全盛期の川上憲伸投手には巨人打線もきりきり舞いでした。

二人とも投手としてのピークがちょっと過ぎてからメジャーリーグに移籍したので、アメリカではパッとしませんでしたが、二人とも所属球団の大エースとして君臨していました。これからは監督目指して勉強してください。高橋選手は明るいので宮本選手みたいに芸能界で活躍するかもしれません。頑張れ同級生!

谷同級生つながりではこの人、谷選手。彼がジャイアンツ移籍決定した時も大喜びしたのを覚えています。

あ、自分と谷選手が同級生ではありません。彼の奥さんはかの有名なヤワラちゃん「田村亮子」さんで、今では谷亮子議員となって国会で活躍しています。谷亮子議員が自分と同級生なんですよ。どうでもいい話ですが。

2000本安打まであと少しだったので、引退せずにもう少し頑張って欲しかったです。まあ今の名球会に入れる基準が2000本安打とか、昔のおじいちゃん選手が過去の栄光にすがって騒いでいますが、沢村賞の判断基準含め、今の野球のレベルと照らし合わせて基準をしっかり見直してほしいです。谷選手は名球会入りできるくらいの素晴らしい選手です。

木佐貫久保続きましてひっそり引退する巨人の自由獲得枠選手。昔で言うところの逆指名選手2名。木佐貫投手と久保投手です。言ってみればドラフト1、2位の選手だったということです。

2投手とも調子が良い時は大活躍していましたが、いかんせん見るからに華奢な体型が災いしたのか、怪我に泣かされた野球人生。木佐貫投手なんてほおがコケてガリガリでしたから。

ジャイアンツ上位指名というプレッシャーの中、よく頑張られたと思います。お疲れさまでした。

岡島1ジャイアンツ関連選手の戦力外選手の中で、個性豊かだった岡島投手。彼はまだ現役続行を希望しているみたいです。

岡島投手がすごかったのは、まずなによりも投げ終えた後にバッターから目を背けるという離れ業。激しいピッチャーライナーきたら間違いなく避けられないと思います。誰も指導しなかったんでしょうね。それでもメジャーリーグに行ってそれなりに活躍していたから凄いです。

山本昌西口続いてはレジェンド級投手2名。山本昌投手と西口投手。この二人に我が巨人軍はいじめられました。我が巨人軍は彼らに何勝献上したかな?

全盛期の凄さを知っているだけだけに、今回の引退は寂しい限りです。コテンパンにされていた頃は「早く引退しろっ!」と思っていましたが、この年まで一線級で働けるなんてまさにレジェンド。しかも投手ですからね。山本昌投手は投球フォームが少し前傾姿勢で、なんとなくメジャーの選手に似ていたのが印象的でした。西口投手は延長11回までノーヒットノーランしていたのに達成できなかった伝説が有名です。二人とも頭良さそうなので監督向きですね。

松中谷繁斎藤隆他にも気になる選手が数名。松中選手、谷繁選手、斎藤隆投手の三戦選手です。松中選手のみ現役続行希望していますが、平成最後の三冠王。ソフトバンクの功労者です。成績も凄まじいですからね。「王野球を倒す!」なんて言ってますが、このまま綺麗に引退したほうがいいんじゃないでしょうか。皆思っているはず。ちなみに彼の奥さんは下関の方なんですよ。親戚の方が済生会で一緒に働いていた看護師にいました。

谷繁選手も斎藤投手も凄い選手でした。二人ともユニフォーム違いますが、ベイスターズの全盛期を支えたイメージが強いです。

ひちょり2ひちょり続きましてちょっと変化球。エンターテイナーとして有名だった森本ひちょり選手もユニフォームを脱ぐことになりました。

日ハムの絶頂期を支えた森本選手。同じく派手だった新庄選手の後がまとして頑張っていました。ネタだけが先行していますが、一流の外野手でした。最近は本業のバッティングが芳しくなかったようで、涙の引退です。それにしてもひちょり選手のピッコロネタは衝撃的でした。

オコエ選手や小笠原投手など、ドラフト候補が騒がれている一方で引退していく選手達。こうして話題に上る人もいれば、人知れず去っていくものも数多くいることだと思います。プロって本当に大変ですね。なんだかこの文章を書きながらセンチメンタルな気持ちになったのでここで終わります。

みなさん、おつかれさまでした。

 

yjimage-1yjimage-2追伸:ついに先週から始まりました、「仮面ライダーゴースト」。今回からもう息子に見せるのはやめようと思っていたのに、親子共々さっそくゴーストにはまってしまいました。初回から主人公が死んでゴーストになる話がすでに斬新でした。

初回放送で気になった点が一つ。偉人の「アイコン」を使って様々なライダーに変身できますが、初回で登場した「宮本武蔵アイコン」で変身した姿が衝撃でした。ちょっと分かりにくいかもしれませんが、後頭部に刀が刺さっています。しかも前額部にはもともと刀の先端が付いているので、あたかも後頭部から刀を突き刺したように見えます。息子は気づきませんでしたが、父はそのショックングな姿に大爆笑。

これからの展開が楽しみです。

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.