父の古希お祝い

今日は朝からいい天気。夜には雨降るらしいですけどね。週末に今年最大の寒波くるみたいですよ。

今回は父の古希お祝いのお話。

yjimage-3先日、父の古希のお祝いのため、豊北にある西長門リゾートに行ってきました。もう10年以上前に豊浦病院の飲み会で行った以来かもしれません。

夏のリゾート地ですが、冬の雰囲気もまた素敵なところです。

姉夫婦は都合悪く不参加、妹夫婦は出産したばかりのため不参加。ということで、奥さんのご両親をお誘いし、3家族で宿泊してきました。

IMG_0481_2夕食は母の希望で洋食に。

味付けはシンプルでしたが、さすが下関。お魚が美味しかったです。素材が素晴らしいんでしょうね。

シャンパン、ビール、ワインと、父も私も義理の父もお酒大好きなので、母の抑制を受けつつしっかり飲んでしまいました。

本当はこのレストラン、夕焼けがとても綺麗なのに、仕事終わりで行ったため、ほぼ真っ暗。しかも曇天だったので、素敵な景色は見れませんでした。でも美味しかったので良しとします。

父にあげたプレゼントも喜んでくれたみたいで、和やかに1次会終了。その後男衆3人のみでホテル内のバーに行って2次会。楽しい時間を過ごしました。

yjimage-1で、早朝から温泉。さすがに温泉内は撮影禁止なので、ネットから拝借。

海にせり出した露天風呂が最高でした。潮騒を聞きながらゆっくり入浴。天気は相変わらずだったけど、冬の日本海の荒さを感じながら気持ち良く温まりました。

到着当日の夜は、息子が夜の露天風呂にビビりまくってしまい、「あっくんは建物の中の露天風呂だけ入る!」と訳わかんない叫びを繰り返したため断念。夜の雰囲気も味わいたかったのが本音です。

IMG_0508_2翌朝は3家族みんなで朝食。

その後現地解散となりました。息子はずっと外で遊びたがっていたので、ホテルについているプライベートビーチに行きました。さすが冬の海。とっても綺麗だったけど、いかんせん寒かった。

元気いっぱいの息子もこの寒さには参ったらしく、早々と退散しました。

また夏に息子と来たいと思います。ここでのんびり優雅に泳ぎたいですね。息子にはまだ水泳教えていませんが。本人は泳げるって自負していますけど。

IMG_0514寒い海とは早々とお別れし、久しぶりの角島上陸。せっかくなので灯台まで行ってきました。

息子がテッペンまで頑張って登るって言ったもんだから、奥さんを待たせて二人で頑張って登る予定でした。すると息子から衝撃発言が。

「お父さん、抱っこ、抱っこ!」

なにー!テッペンまで急な階段を100段以上登らないといけません。お金も払ってしまったので登らざるをない状況。父の筋トレを兼ねて、抱っこしてテッペンまで。地獄でした。もう12キロ以上はある息子。抱っこして階段登るのは最高にしんどい。もう息子が自分で登れるまでは灯台に登らないと誓いました。写真はテッペンからの眺め。私は全身にチアノーゼ出てました。本当にきつかったです。

IMG_0511_2名物のイカくるくるを見て、ちょっとそのあたりを散歩して角島散策終了。

冬の角島もなかなか雰囲気あっていいですね。寒かったですけどね。

そうえいば、昔あった、座礁した船の残骸は綺麗に撤去されていました。知らないうちに。

IMG_0489_2父の古希お祝いは無事終了。

遊び足りない息子を連れて、常盤公園までお散歩に行きましたが、私の体力がここで尽きてしまい、まだまだ遊ぶって大騒ぎする息子を、一生懸命なだめながら無事帰宅。グッタリです。

結局2日間ずっと息子に振り回され続けた私でした。

息子の体力は無尽蔵ですね。帰りの車でも寝ることなし。DVDを見入ってました。誰に似たのか、元気一杯の息子。これからもすくすく元気に育っていってほしいです。父の体力が続く限り一緒に遊び続けます。

さ、何歳まで父と遊んでくれるか、父の体力が尽きるのが先か、息子との戦いは続きます。

 

IMG_0525_2追伸:帰り道に豊北の道の駅に行きました。

500円で「わかめ詰め放題」のイベントがありました。

義理のお父さんの気合が凄まじく、袋パンパンまでつめていたのに、今度はわかめそのものをぎゅーっと小さくして詰め込んでいました。プロです。

おかげさまで最近我が家の食卓に大好きなわかめが連日並んでいます。

わかめいっぱい食べて髪の毛フサフサにならないかな。

って無理か!

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.