徒然草

突然ですが、私のラジオ番組が始まります・・・

6月中ば。ようやく6/17に山口県の梅雨入りが発表されました。沖縄では梅雨明け宣言が出そうなのに。

日本の季節感ってどんどん変化してきてます。世界の平均気温が上がったせいか、今の日本、特に西日本や九州は、中学時代に習った「温帯気候」とは思えず、今は「亜熱帯気候」って言った方がしっくりくるように思えます。

「線状降水帯」なんて言葉は数年前まで存在しませんでした。しかし最近は警報が発令されるくらい、普通の単語になりました。短時間で局地的に大雨が降るのが線状降水帯の怖さです。亜熱帯地方のスコールとかと同じなんでしょうか?昔習った地学の知識を今一度改め直さないといけないですね。中学1年生の長男に色々と教わろうと思います。

 

今回の話題は結構衝撃的です。タイトルにもお示ししましたが、山陽小野田市の地元ラジオ「FMスマイルウェ〜ブ」で自分の番組を持つことになりました。

もともと地元密着型のラジオ局で、地元企業のたくさんの協力のもとに運営されています。以前は自分のスキーの師匠だった整形外科の先生や、ロータリークラブでお世話になった先輩などが初期経営に携わり、その意思を継いで、私も微力ながら協力させていただくことになりました。

ラジオ局のスタッフとお知り合いにある機会があり、色々と話をしていたところ、せっかくならラジオ番組を持ちませんか?って提案され、木曜日の夜に月1回だけ、55分間のラジオ番組を持たせていただく話がまとまってしまいました。

以前から興味のあった話ですが、いかんせん、私は超絶滑舌の悪い男で、しかも何を話していいのか分からなかったこともあり、地元の友人たちと定期的に開催している須恵小同級生飲み会で色々と相談してみました。

酔っ払った勢いで、「新平ちゃん、やってみなよ!」と、数名から応援され、こちらも酔った勢いで、「よっしゃ!やってみるか!」と勢いで申し込むことにしました。

ちなみに私は「新平ちゃん」って呼ばれています。小学校時代からずっとこの呼び名です。49歳になった今でも「新平ちゃん」って呼ばれます。もうゴリゴリのデブおじさんなのに。

ただ、木曜日って会議が入ることが多いので、もしかしたらラジオ局に行けなくなることもあり、一応毎月第3木曜日の19時からって枠をいただいたけど、時には日程変更が入ったり、もしかしたら須恵小の仲間に助けを求めることもあるだろうから、番組名は「須恵小魂」とさせていただきました。

ん?ダサい?

サブタイトルに「Shinpei Sunagawa Syndicate」と付けさせていただきました。

このシンジケートって意味は、もともと「いくつかの企業が協定を結んで組織したもの」であり、経済学の用語です。

しかし別の意味として「犯罪者組織集団」って意味もあります。

ガラが悪くで個性の強い須恵小の同級生軍団にはぴったりのサブタイトルだと思って付けさせてもらいました。ガラが一番悪いのは私。そして若干名コワモテがいるだけで、あとは皆さん普通人です。

さて、どんな内容でお話ししましょうか?って、担当者と相談させていただきました。

一応私は医療関係者なので、冒頭の挨拶の後に数分だけ「最近の小児科関連のお話」を入れさせていただき、あとは完全にフリートークをすることになりました。毎回何らかのテーマを決めて、話し合います。

私のようなど素人一人では言葉に詰まることが多いと思うので、FM局のパーソナリティーさんと二人で進めることになりました。これは私の強い希望でもありました。しかも希望したのは、私より年上のベテランさんです。話相手が若くて綺麗な方だと緊張してしまうので。

私にラジオパーソナリティーが務まるんでしょうか?繰り返しになりますが、超絶滑舌の悪い私。トークテーマは幅広く持っているため、ネタに困ることはしばらくないと思いますが、話術が心配です。

このペンギンさんがトレードマークです。

で、ここに書いてあるのが周波数「89.7MHz」で、ここに合わせるとラジオが聞けますが、当然エリアは山陽小野田市が中心で、隣接する宇部市、美祢市、下関市の一部のエリアでは視聴可能です。

一応、私のブログはごく僅かですけど、県外でも見てくれている方(特に大学の同級生)がおられるので、「えー、県外だと聞けないじゃん!」って思っている人がおられるかもしれません。

そんな人に朗報?です。

スマホのアプリ「FM++(エフエムプラプラ)」ってものがあり、全国各地のローカルラジオ番組をスマホで聴くことが出来るんです。

このアプリをダウンロードすると、各地方のローカルラジオ局を選ぶことができ、その中にFMスマイルウェ〜ブさんもしっかり入ってます。と言うことで、このアプリを入れておくと、全国各地で私の拙いラジオ番組を聴くことが出来るんです。

で、お次はオープニングとエンディングの曲選びです。

オープニングの曲はもう最初から決めてます。DEEP PURPLEさんの「Burn」です。

実は私の高校時代はヘビメタ音楽が大好きで、当時は鹿児島で寮に入っていたこともあり、テレビがほとんど見れなかったためラジオが大好きでした。その中でも「ヘビーメタルボンバー」と「ヘビーメタルシンジケート」って番組が好きで、和田誠さん、古田新太さん、伊藤政則さんたちが軽妙なトークで盛り上げていました。

そのどちらかのオープニング曲でこの「Burn」が使われており、当時は「すげー!かっこいいー!」って大興奮したことを思い出し、この曲一択となりました。

ラジオ番組のスポンサーも、昔読んでいたヘビメタ雑誌「BURRN」だったので、この曲が選ばれていたのかもしれませんね。

最近は私も歳をとって、激しいヘビーメタルの曲をずっと聴く体力もなく、サザンや斉藤和義、長渕剛、尾崎豊など、心に響く邦楽を聴くことが増えました。

この雑誌も全く今は読んでおらず、最近はもっぱら車雑誌ばかり読み漁っております。

一方、エンディング曲はまだ未定です。

初回放送は7月18日(金)の19時から19時55分までってことは決定しております。先日、ちょっとだけ事前打ち合わせしたところ、途中で2曲くらい挿入しますって話になりました。それも自分で選んでいいそうです。

一番最初の曲は、我が愛娘二人からの強い希望があり、YOASOBIさんの「アイドル」に決定しました。一番最初が娘たちのリクエストって素敵じゃないですか。しかもYOASOBIさんの一人アヤセさんは山口県宇部市出身ですから。

自分としては10-FEETさんの「第ゼロ感」を流す予定でしたが、やはりラジオ番組出演を一番応援してくれた娘たちの希望を叶えることにしました。

追加のもう1曲もまだ未定です。

7月の放送なので、今回は「夏」をテーマにしませんか?って聞かれたから、海の話や沖縄の話をしようかなって考えております。

正直言って、リスナーさんたちの希望なんてほぼ無視してます。私の価値観に基づき、今の思っていることをなんとなく話す予定にしております。このブログタイトルと同じ「徒然なるままに」って感じです。おそらく半年ちょっとで終了になる可能性もあるし、クレームが入ったら凹んでしまいます。ガラスのハートなので。あと、男子校出身なので、知らず知らず下ネタが炸裂するかもしれません。それを防止する意味でも別のパーソナリティさんを呼んでます。

「須恵小のご友人たちや先生の娘さんたちも出演OKです!」とのこと。

近所の整骨院の院長(野球バカ)に「マニアック野球談義」をしてもらったり、某俳優さんの推し活にハマっている友人(女性)に「推しカツのすすめ」をしてもらったりと、コラボ企画も考えてます。

京都在住の友人にも自慢にギター演奏をしてもらう予定です。

果たして、どうなる?「須恵小魂」・・・

短命番組で終わることがないよう、お祈りください・・・

 

追伸1:数日前の新聞記事で「書店が消える」って内容の文章を読みました。

最近はネット書籍などの普及で本が売れず、どんどん本屋さんが閉店しております。地元山口も例外ではなく、宇部にあった「幸太郎本舗」さんも今年の5月末で閉店となってしまいました。

大学病院勤務時代にとってもお世話になったお店だったので、閉店直前に訪問し、店員さんたちと少し話してきました。なんだか切ないです。

最近は本屋さんの稼ぎ頭であった「雑誌」が売れなくなり、その影響が大きいみたいです。私は雑誌が大好きなので、買えるお店が減ってしまうのが残念です。

最後に何か本でも買って帰ろうと思い、栗山英樹元WBC監督の「信じ切る力」って本を購入しました。

追伸2:FMスマイルウェ〜ブさんの無料配布雑誌に記事を書かせていただきました。今後はコラム化するそうです。