医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

サーカスはもう過去のエンターテイメントなのか?

朝晩の冷え込みが体にこたえますが、我が息子は相変わらず今年も半袖、半ズボン登校を続けています。誰かと競っているんでしょうか?

井上選手の世界戦は凄かったですね。まさにチャンピオン同士の意地のぶつかり合い。

最後は判定で勝利しましたが、壮絶な戦いでした。しかも負けたドネア選手も潔いコメントを残し、普段は判定負けした選手がウダウダと文句言うことが多いのに、さすがは伝説のチャンピオンです。井上選手の実力をしっかりと認めたんでしょう。

これからもドンドン防衛してください!まだまだ彼も若いですから。具志堅用高選手の記録を越せるか?

 

今回は阿知須で開催されていたサーカスに行った時のお話です。

阿知須サンパーク裏でサーカスが開催されました。息子の小学校で無料券が配られていましたが、せっかくなら良い席で観覧しようと、別料金を支払い、事前に予約して最前列を確保しました。

かなり気合い入れて訪問したのに、まず最初の驚きがありました。

なんてこんなに人が少ないんだろう。

自分が訪れた日は日曜日です。朝一番の10時からの会だったので少し人が少ないかなって思っていたら、予想以上のスカスカ感。なんだか切なくなりました。

サーカスと言えば、幼い時から「娯楽の殿堂」でした。特に田舎山口では滅多に見ることのできない一大エンターテイメントです。昔はよく家族に連れられサーカスに行ってました。今回もせっかくなら我が子たちに楽しんでもらおうと思い、わざわざ最前列を予約したのに。

実はこの日の朝、朝早起きして久しぶりに長府漁港の朝市に出かけ、マグロの解体ショーを見てきました。

この頃ずっと仕事やイベントごとで週末がほぼ全て潰れ、ゆっくり家族サービスができていなかったこともあり、久しぶりのお休み週末で早朝から気合を入れていた私でしたから。

娘も無料たこ焼きをもらってご満悦です。

息子は相変わらずプロ視線で様々な魚を吟味しております。最近は季節感も知ったみたいで、「この季節にはこの魚が増えるよね。脂が乗って美味しいんでしょ?」と、もはや魚河岸の立ち振る舞いです。もう少ししたら売り手の方に値引き交渉でもしそうな雰囲気です。

それではサーカスのお話に戻りましょう。

開幕前の一コマ。最前列の特別席に半数くらいの人、後ろの自由席は自分の真後ろだけ埋まっており、あとは左右の自由席が半数くらい埋まっていました。結局観客は全体の半分くらいで、かなりの数の空席が目立っておりました。うーむ、なんだかまたまた切なくなりました。

娘は事前に光るステッキを購入してもらいご満悦です。

今回のサーカスは外国の方ばかりで構成されておりました。

最初に出てきたグラマーなお姉さんたちですが、みなさん足が太くてうーむと思いましたが、よく見てみると、皆さんかなりの筋肉質で筋骨隆々としておりました。まさに鍛えられたアスリート体型のお姉さん方です。やはり毎日ハードなトレーニングを重ねているんでしょう。全国各地を回っているだろうし、結構大変なお仕事です。

やっぱりサーカスは生観覧がいいですね!

高い場所でブラブラしたり、ゴリゴリマッチョのお兄さんが頭で倒立して輪っかを回したり。上手く表現出来ませんが、やっぱり実際に見ると臨場感がものすごく、親子共々感動してしまいました。

その中でもすごかったのがこの二つ。

まずはこのお姉さん。

ごっついのに超柔らかい体で、まさかの逆立ち状態からの弓矢放ち。しかも見事風船のど真ん中を射抜きました。

どこの関節がどうなって曲がっているのか全くわかりませんでしたが、足の指で弓を引くことすら難しいと思います。

あ、今更ですが、サーカス中の写真撮影は許可されております。ストロボ撮影は禁止です。

もう一つすごかったのはこのバイク兄さん達です。

みんなで息を合わせ、タイミングよく走り出し、金網の周りをグリングリンと派手に回ってくれました。こちらはいつかぶつかりそうでハラハラドキドキしながら見てました。これってものすごい技術だと思います。

さらに驚きは訪れました。

まさかまさかの3台目投入。

絶妙なタイミングで3台のバイクが爆音を上げてグリングリンと回っておりました。これには超感動しました。

ただ、凄まじい爆音と、バイクからの排気ガスで最前列で見ていた我が子達には刺激が強すぎたようで、「パパ、ちょっとこれ怖くてうるさい。空気も臭いし。」と愚痴る娘。

まだ4歳児には早かったみたいです。

その後も、3人でくるくる回るブランコみたいなもので演技したり、丸いポールの上でバランスをとってみたりと、サーカスの定番劇が続きました。ちなみに今回のサーカスは動物が出てくる演目はありませんでした。サーカスにも色々個性があるようです。

そして最後の締めは当然空中ブランコです。

高ーいところから空中ブランコを駆使して飛び出す姿は圧巻でしたが、最前列だったため、あまりにもステージに近く、しかも完全に真上を見上げるスタイルで鑑賞せねばならず、全体像が掴みづらいというデメリットもありました。

空中ブランコをじっくりと見たい方は、少し後ろの席を確保することをお勧めします。

本当に久しぶりのサーカス生観戦でしたが、大迫力で本当に面白かったです。これは子どもより大人の方が楽しめるエンターテイメントだと思います。素晴らしいボディバランスや空中ブランコの飛び出すタイミングなど、幼い子どもにはその凄さがちょっと伝わりにくいような気がしました。

皆さん、サーカスは是非とも生観戦をお勧めします!もっと盛り上がりましょう!

舞台セッティングの合間に写真撮影(有料)をしてくれたり、観覧者を巻き込んで、ステージの上で色々な面白いゲームをしてくれたりと、待っている間も訪れた観客を飽きさせないようなイベントで盛り上げてくれ、場内はずっと笑いが止まりませんでした。まさにプロのエンターテイナーです。

あっという間に予定の90分は過ぎてしまいました。

外に出ると、あの実際に使用されていた1回転するブランコにも乗ることができました。

サーカス団員の方が横に付き添ってくれるため、回転ブランコは見事にグリグリんと回ります。一緒に回した息子も大興奮。希望者が少なかったこともあり、息子だけ2回乗ってしまいました。ちなみに1回五百円です。本当は私も乗って見たかったけど、世間の目が気になり乗れませんでした。息子は満面の笑みで楽しそうでした。

娘はその横にあるエアトランポリンで遊んでご満悦でした。しかもたった一人の貸切状態。団員の方も1回15分って書いてあったにも関わらず、「本人が飽きるまで遊んでいいよ!」と大盤振る舞い。

それにしても人が少ない。冒頭にも書きましたが、皆さん、サーカスに興味がなくなったんでしょうか。かつて小野田サンパーク横で開催された時は大行列だったような気がします。阿知須という開催地が良くなかったんでしょうか?

サーカスってもう過去のエンターテイメントでしょうか?

いや違います。今こそサーカスの素晴らしさを体感すべきです!

なんだかサーカスの広報担当みたいになってしまいましたが、私としては支払ったお金以上の楽しみを得ることが出来ましたし、また開催されれば是非とも子ども達を連れて訪問しようと思います。

サーカス団員の皆様、ありがとうございました!

 

追伸:せっかく阿知須まで来たので、帰り道にちょっと寄り道して周防大橋の下に水晶探しに来ました。

今回は息子がちょっと大きめの水晶をゲットして、私に勝ち誇ったような笑顔を見せてくました。

次は負けん!