医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

神戸で不思議な店長さんに出会った・・・(後編)

九州南部の大雨が酷いみたいです。こちら山口は梅雨なのにあまり雨が降りません。かたや土砂崩れの心配、こちらは空梅雨で渇水の心配。同じ日本なのに状況が全然違います。大きな事故が起こらないことを切に願っております。

まずはこの嬉しい話題から!

ついにF1レースでHONDAが勝利しました!現在組んでいるチームがレッドブルという強豪ってのもありますが、F1の世界に電撃復帰してからはずっと故障続きで結果が出ず、まさに苦難の道のりでした。

それでも絶好調のメルセデスを抑え、名門フェラーリを抜き去り、そして我が日本の誇り、HONDAエンジンがついに表彰台の頂点に立ちました!

これは本当に素晴らしいことです。

かつて、マクラーレンHONDAとして、レースに勝ちまくっていた時代があります。最高潮の時は16戦で15勝したこともあるはずです。特にアイルトン・セナとアラン・プロストを要した頃はほぼ無敵でした。

だいたい日本が強くなるとF1文化が栄えているヨーロッパ軍団は面白くないのがスポーツ界の相場。当然のように自国に有利になるようなルールを変更を行い、レギュレーションを大幅に変えたことで勝てなくなってしまったHONDAエンジン。そして本業の車販売が不振に陥り、やむなくF1から撤退したという負の歴史があります。しかしこうして見事に復活勝利!

しかし本当に大事なのはこれからです。

今回の勝利が単なるラッキーだったと思われないよう、これからも表彰台をゲットし、そしてしっかりポイントを稼いでください。

こうしてまた「F1に強いHONDA!」と世界が騒いでくれると嬉しいです!

そしてこれを契機にホンダの業績が回復し、かつて世界に誇る名車と言われた「インテグラ・タイプR」とか「S2000」をもう一度復活販売してください。特にS2000は超大好きでした。本当に購入まで考えた車です。もしどちらかでも復活すれば確実に購入します。実はこれまでHONDAの車って買ったことがありません。妻の車はステップワゴンですけど。

 

前置きが長くなりました。

今回は神戸の学会で出会った不思議な店長さんのお話後半です。

アントニオ猪木さんと友人だというこの店長さん。

壁一面に書いてあるサインを細かく確認していくと、なんと、私の心の支えとなっている猪木さんの名言、あの引退の時の名ゼリフが書かれていました。

店長さんに確認したところ、本人の直筆で、スラスラと書いてくれたそうです。

感動しました。超感動しました。思わずそっと手を触れ、体の内からこみ上げる熱いものを感じました。これを見れただけでも神戸に来た甲斐があります。あ、学会でした。

まだ他にも猪木さん関連のグッズが所狭しと飾られていました。

このポスターにも直筆サインが当然のように描かれております。写真では全然わかりませんけど。

またセリフが熱いですね!

「伝われ 熱い心」

しかも猪木さんは腹筋のトレーニングをしております。このポスター欲しいです。レプリカでもいいから売ってないですかね?それともこのお店に通い、おじさんと仲良くなれば譲ってくれるかな?是非ともクリニックに飾りたいです。

次に見つけたのが前田日明さんのサインです。

前田日明さんと新日本プロレスの間には大きなわだかまりがありました。みなさんご存知でしょうか?

かつて新人レスラーとして新日本プロレスに入門し、そしてかなりの強さで勝ちまくった前田日明さん。

そして新日本プロレスを脱退し、UWFインターという新たな団体を立ち上げました。

そして事件が起こりました。そうです、あの長州力さんへの禁断の顔面キック。そして大怪我。

これを機に一気に確執が大きくなりました。

しかしこのお店に前田日明さんが来て、サインを書き、そして等身大ポスターまで飾ってくれたらしいですが、その後長州力さんが同店に来られた時、前田日明さんのポスターに笑顔で「頑張れ!」とサインしてくれたそうです。なんだか感動しませんか?ずっと敵対視していたレスラー同士が、リングの外ではお互いを認め合い、そして讃える。この話を店長さんから聞いて泣いてしまった私。店長さんも感動したそうで、前田日明さん等身大パネルは自宅に持ち帰って飾っているそうです。

次に見つけたのは「藤原組長」こと」「藤原喜明さん」のサイン。で、その下には驚きの方のサインが書いてありました。

なんと、あの「プロレスの神様」と称されているカールゴッチさんのサインがありました。

サインの下にカタカタでカールゴッチって書いてあったので、少々胡散臭く思い、ちょっと疑い深い私は店長さんに聞いてみました。

「ん?それ本物よ!」

衝撃でした。実際に彼の全盛期のプロレスは知りませんが、まさに伝説のレスラーですからね。

続いて番外編。

「あんた、お医者さんかね?そしたらその上のサインを書いた人知ってるでしょ?」

と言われ、じーっと眺めてみると、これまた衝撃を受けました。あのノーベル医学賞受賞者、バリー・マーシャル博士のサインです。

マーシャル博士と言えば・・・何した人か知ってます?

そうです。今ではあまりにも有名になった、あの「ヘリコバクター・ピロリ」を発見した方です。胃潰瘍や胃がんの最大の原因となっているあのピロリ菌の発見者です。

確かにここは神戸国際会議場。世界的な博士が国際学会で来られたことは不思議なことではありません。

しかもサインをよーく見てみると、博士のサインの下にピロリ菌のイラストが書いてあり、しかも可愛く顔まで描いてありました。ユーモアセンスを持った方だったんでしょう。

数ある名レスラーのサインの中で、私が最も感動したものはこれです。

わかりますか?他のサインとは全く異なるビッグサイズで書かれています。そのレスラーにも「ビッグ」って名前が付いています。

そうです。このブログ内で何度も紹介したあの方。私が大好きだった橋本真也さんとか長州力さんの最大のライバルだった、あの巨大レスラーです。

ちょっと前振りが長くなりました。

そうです。このサインは「ビッグバンベイダー」さんのサインなんです!

彼の試合は生観戦で何度も観ました。本当に強いレスラーでした。ということでサインもビッグ!壁の一番いいところに一番大きな文字で書いてありました。そんな彼も数年前、心不全のためこの世を去りました。病魔には勝てなかったみたいです。

猪木さんやベイダーさんの直筆サインに実際に手を触れ、感無量になった私。そして学会会場に戻って後半戦の勉強をしていたら、ある思いが湧いてきました。

そう言えば、ステーキも美味しかったけど、カレーもかなり美味かったな・・・

ということで、翌日のランチタイムにも同じお店に突撃してしまった私。

さすがに店長さんも私の姿を見てニヤリ。

「おっす!」と笑って出迎えてくれました。

「先生、うちはカレーも美味いけど、かなり煮込んだこのビーフシチューもオススメよ!」と言い、頼んでもいないのにサービスで提供してくれました。しかも嬉しいご飯のせ。

この名物店長さんとの2ショット写真を撮りたかったけど、お忙しくしていたので断念。しかし帰り際ににわざわざ私のところまで出向いてくれて、「あんたと話せて楽しかったよ!また神戸に来たら顔出しな!」と言われました。そしてガッチリと握手をしてくれ、パンフレットや名刺まで頂きました。

神戸で見つけた小さな小さな小汚いステーキ屋さんですが、熱い気持ちがたっぷりたっぷり詰まった素敵な空間でした。また神戸に行く機会があれば絶対に立ち寄ろうと思います!

(学会の話が全く出ていないけど、ま、いいか・・・)

 

追伸1:芸人軍団の闇営業の話がなかなか終わりません。まだまだ芋づる式に謹慎者が出て来そうです。

今回の件でも思いましたが、週刊誌に過去の写真を売り飛ばす、それこそ反社会集団がいるんだろうし、そのことを面白おかしく記事にして部数だけを伸ばすことしか考えない出版社。確かに悪いことだと思いますが、この事件に関して誰が得しているんでしょうか?仕事を失い、社会的地位を失った芸人の方々、闇パーティーに呼び出す裏社会の方々、それを斡旋する仲介者。

そもそも契約書を交わさず、しかも薄給で芸人を飼い殺しにしている吉本興業。本当に悪人は吉本興業だと思います。

芸人の仕事だけで食べていけるのはほんのごくわずかな方々。あとはバイト三昧の若手芸人たち。それでも華やかなゴールデンタイムのテレビ出演を目指す芸人の方々。

企業のコンプライアンスを守っていないのは吉本興業そのものだと思います。吉本興行自体が闇営業だし、思いっきりブラック企業ですよね。

ただ気になったことが一つ。闇営業っていわゆる「取っ払い(その場で現金手渡し)」のシステムみたいですね。事務所を通さず、当然明細書や領収書なども発行されず、源泉徴収も行われておらず。これって立派な脱税ですよね。生活が困っているのはよくわかりますし、実入りのいい闇営業に手を出さざるを得ない薄給の芸人の気持ちもわかりますが、税金を払っていないことは大問題です。

これを機に、吉本興業の経営方針を抜本的に見直し、これまでのような殿様営業はやめてもらいたいです。そして脱税分の追加徴収は吉本興業が責任持って払ってください。本当に腹が立ちます。

追伸2:苦手な交流戦を勝ち越した我がジャイアンツが好調です!

失速するカープやタイガースを横目に勝ち星を積み重ねております。

しかも昨夜はエース菅野投手のまさかの完封劇!このまま突っ走ってセリーグを制覇してください!

そしてソフトバンクにリベンジマッチです!

そして日本一へ!!