医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

ところ変われば動物も変わる

連休ボケからまだ立ち直れていない私。なんだかぼーっとしています。

まずは巨人ネタ。

ただいま巨人崩壊中。昨夜はまさかの大エース菅野でお得意様だったはずの阪神にぼろ負け。

投手が頑張っている時には全く打てず、打ったと思いきや投手の大炎上。でもいいんです。ファンはそれでも応援を続けます。まだシーズン序盤でウミを出し切ってください。交流戦でまたまた雰囲気変わるはずです。個人的には中継ぎエース、マシソン投手の復帰を望みます。あと、4番岡本の復調。まだまだシーズン序盤。これから、これから。

 

今回は大分旅行記の続きです。

湯布院近くにサファリランドがあります。その名も「アフリカンサファリ」。秋吉台サファリには何度も何度も行っていますが、ここのサファリは本当に久しぶり。大学時代にバスケ部の友人達と行ったのが最後です。

せっかくなのでマイカーで園内に入りました。息子は餌やりバスに乗りたくで仕方なかったみたいですけど。

サファリあるあるですが、この餌やりバスを見つけたらラッキーです。バスの後ろについていけば、動物達がこのバスめがけて大集合します。ということで、大きな動物達を間近に見ることができるということです。

ますは草食動物エリアから。

ここのサファリは山口サファリに比べて土地がかなり広大です。ということで巨大な草食動物がわんさかいました。

近くで見ると大迫力です。

車に突撃されたら間違いなくこちらがひっくり返されると思います。穏健な性格で良かったです。さすがは草食系男子(当然メスもいるはずですけど)。

飼育員のおじさんも平気で車外に出て動物のケアをしていました。

野生では結構凶暴と言われているゾウさんも穏やかに餌を食べております。なんだか平和な光景でした。バスと比較したらわかると思いますが、このゾウさんも実際に近くで見ると結構な大きさです。

草食動物の中で一番驚いたのはサイの走る姿でした。

車から少し離れていたから助かったけど、超巨大なサイが何頭も並んで走る姿は圧巻でした。まさに戦車。しかもつのまで生えているため、このサイに突撃されたら間違いなく命の危機となります。サイって実は凶暴らしいし。

続きまして肉食獣エリアです。

思ったよりも至近距離で肉食獣を見ることができました。やっぱりライオンやトラはかっこいいです。佇まいから素敵。特にトラの模様なんて本当に綺麗。これを目当てに密猟が行われ、今やトラも絶滅危惧種ですから。

ひとしきり園内を車で堪能した後は、子ども達が大好きな「動物ふれあい広場」へ。

最初に入ったのはカンガルーのいるエリア。ここのカンガルーは人間に懐いており、餌を与えなくても向こうから近づいてきます。こんな至近距離で写真撮影もさせてくれました。秋吉台サファリのやる気ないカンガルー達とは大違いです。

ちなみに秋吉台サファリのカンガルーが左の写真で、大分サファリのカンガルーが右の写真です。

明らかにヤル気が違います。ファンサービス精神の有無でしょうか。秋吉カンガルーはウ◯コして、日向ぼっこして、ただウダーっと寝てるだけ。大分カンガルーはいたるところでバトルしてました。

その後、ウサギやリスザルに餌やりをしました。

リスザルの餌はあの「ミルワーム」です。ウニョウニョした白いイモムシですが、なんの躊躇もなく触れる息子の度胸に驚きます。結構グロテスクですよ、ミルワームって。

お次はハリネズミとのふれあいタイム。

たまたまいい時間に近くを通りかかったため、先頭近くで並ぶことができました。ちょっと時間が経ったら後ろに行列ができていました。

大分ばかり褒めていましたが、このお触り体験は秋吉台サファリの方が上です。ここは結構飼育員の監視が強く、何かおかしなことをすればすぐに怒られます。

その点、秋吉サファリはほぼ無法地帯。ほとんど監視されることなく、しかも時間制限なしで動物触り放題です。

ハリネズミだってこんなに近くで見ることができるし、当然時間制限なし。飼育員も近くにはいません。でもこれはこれでちょっと問題なのかもしれません。特に小さな子供は動物達を結構荒々しく触っています。自分も時々そんな子ども達に注意することがあります。

「もっと優しく触りなさい!」

うるさいおっさんです。

出口近くにはワンちゃんふれあい広場と猫ちゃんふれあい広場があります。

有料ですが、可愛いワンちゃんを膝に乗せ、ずっと抱っこしてなでなでできます。犬も慣れており、息子の膝の上で熟睡しておりました。

でもこれって楽しいのかな?全然犬は動きません。だって寝てるから。写真を撮りながら、数分で飽きてしまった息子の表情の変化を見逃しませんでした。

ちなみに私は猫アレルギー。猫ちゃん広場に入ったらもう終わりです。1日中目を痒がっていたところでした。命拾いです。

今回の旅は、完全に子ども達優先のプランです。事前に九州子ども遊びガイドみたいな本を買い、その本を読んで息子が行きたい場所に付箋を貼り、そこを中心に回っております。

これこそが「家族旅行」であり、その醍醐味です。雰囲気のある観光地は、子育てがひと段落した時点で妻と二人でゆっくりと回ろうと思います。

ところ変われば動物も変わる。

動物好きの方であればここのサファリはオススメです。秋吉台サファリとまた雰囲気の違った動物達がたくさんいます。

次回訪問時は息子の希望を叶え、動物バスに乗りますかね。

 

追伸:NBAプレーオフもカンファレンスファイナルまで進みました。

大方の予想通りのチームが上に上がってきました。やはりウォリアーズが他チームより半歩リードしているように見えます。

打倒ウォリアーズ!これができるのはどのチームでしょうか?イーストのバックスとラプターズの戦いも見ものです。できればラプターズが勝ち、そしてファイナルでウォリアーズを倒すシナリオがベスト!

でも無理だろうな。

今年もウォリアーズがチャンピオンかな?