医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

熊大バスケ部OB会参戦記

なんだかインフルエンザが小康状態。このまま流行が終わるとは思えませんけど。

まずはこの話題から。

今年もやってきました。プロ野球のキャンプイン。大型補強したわがジャイアンツは大丈夫でしょうか?投手陣、特に中継ぎと抑えの層を厚くすることが重要です。

原監督の久しぶりの采配も気になります。

カープ1強時代を終わらせてくださいね、原さん。

やはりもっとも気になるのは丸選手です。

そういえば丸選手って2年連続でMVPを受賞した選手です。それだけでもすごいことです。若き岡本選手の良いお手本になるといいですけど。

ちょっと前にスポーツ新聞の記事で開幕スタメン予想が書いてありました。

3番:丸、4番:岡本、5番:ビヤヌエバ(新外国人選手)。普通に考えれば超怖いクリーンナップです。しかも皆結構若い。色々入れ替えはあるでしょうけど、期待してます。

ん?6番:長野?

カープに移籍してしまった長野選手。一抹の寂しさを感じました。チョーさんも頑張って!

 

今回は先月熊本大学医学部バスケットボール部のOB会に参加した時のお話です。

年に2回、熊大バスケ部のOB会があります。

山口在住ながら、OB会参加率が非常に高いという理由から、なぜか理事にさせられた私。夜のOB会の前に理事会があり、そこに出席しなくてはなりません。実は県外在住の理事は史上初だそうです。

で、せっかく熊本に行くんなら、昼間に行われるOB戦(現役とOBの試合)にも参加したいので、仕事終わりに急いで新幹線に飛び乗り、熊本に向かいました。

ずっと参加していることもあって、後輩たちは私のことをほぼ皆さん知ってます。

試合前には恒例のフリースロー大会があります。

ここでOB選手が全員2本ずつ放ち、入った得点が試合のハンデでもらえます。

私のように、今でも細々とバスケを続けている人や、数年ぶりにボールを触ったという先輩もちらほら。でもこうやって参加してくださることが重要なことだと思います。

私の順番が回ってきました。

もともとフリースローはもっとも苦手としている私。でもOB戦に備えて少しだけいつもの定期練習時にちょっとフリースローの練習をしていました。

さぁ、練習の効果は出たでしょうか?果たして結果は如何に??

なんと、奇跡的に2本とも成功!普段の練習の時は1本でも決まればラッキーだったのに。

これも練習の賜物ですな。

40歳過ぎてもなんとか続けていると、バスケの神様が私にちょっとだけ微笑んでくれたみたいです。ありがとう、バスケの神様!

OB選手の中でもレジェンド選手がおられます。

自分の現役時代から、今に至るまで、ほぼ毎回試合から参加される先生。わざわざ勤務地の鹿児島から来られている麻酔科の先生です。

とっても仲良くしていただいており、いつも「山口からご苦労さん!仕事は順調かね?開業医は大変でしょ?」などと、優しいお言葉おをいただきます。そんな会話の中、衝撃的な一言がありました。

「砂川くん、僕は今年、年男なんだよ!」

ん?年男?先生が還暦を超えた話はかなり前に聞いたことがあります。ん??年男???

なんですとっ!!!!!!!先生はなんと、72歳だそうです!!!!!!衝撃です。自分の目標は「還暦までバスケ」でしたけど、この先生を見ていると、まだまだ目標はもっと上だなって思ってしまいました。そもそも私はこの年まで生きることができるでしょうか?

さて、肝心の試合話ですが、昨年の日本医師バスケで調整不足を露呈してしまい、散々な結果でしたが、その後少し練習した効果もあって、OB戦ではそれなりに活躍できました。

若者OBが多かったこともあり、最初は女子のOB戦に調整目的で出場したら、大人気なく得点を取りまくってしまい、すぐに男子との試合に引きずり出されました。

さすがに現役選手には圧倒されましたが、きっちり8点くらいゲットできました。まだまだ自分も頑張れるなって密かに自画自賛していた私です。

試合の写真はエキサイトしており撮影することをすっかり忘れていました。ということで、卒業したての後輩たちと記念撮影。

一緒に写っている彼はなぜか私を慕ってくれており、「自分は砂川組の一員ですから!」といつも言ってくれます。「俺はヤクザの組長か!」とツッコミつつ、嬉しくなってしまいました。

試合が終わり、中心地に予約したビジネスホテルでシャワーをあび、試合で痛めた足を引きずりながら理事会&OB会が開催されるホテルへ行きました。

成人式シーズンと被ってしまったこともあり、大きな会場が確保できなかった後輩。なんと飲み会は立食形式でした。

ここにいる、自分と年の近い後輩たちも、だいたい夜の飲み会からしか参加してくれません。

でも自分は2時間以上体育館でバスケをしてきた後です。こんなヘロヘロのおっさんに立食パーティーはご勘弁。

それでも現役部員や仲良しOB達と飲むお酒はまた格別です。疲れのせいもあって、いつもより早めに酔っ払ってしまい、後輩達と熱いバスケ談義を交わしました。楽しい夜でした。

2次会は、現役時代にとても可愛がってもらった先輩に誘われ、近くのワインバーへ。

数名の後輩達を引き連れ、当時の思い出話に花が咲きました。

この先輩も大分別府在住です。自分の現役時代の恥ずかしいエピソードや、当時付き合っていた彼女の名前を覚えていてくれたり、やっぱり当時の濃い付き合いって、どんなに時間が経過しても忘れないもんですね。

大学時代、一番一緒に過ごしたのはやはり部活のメンバーです。週末も練習があったり、県外に遠征に出かけたり。素敵な思い出ばかりです。練習は本当にハードで辛かったですけどね。

実は私、バスケットボールは大学から始めた初心者です。下手くそだったせいもあって、相当鍛えられました。ずっと今でも私は素人、素人って言ってましたが、よーく考えると、今もバスケを続けているってことは、今年でキャリア25年となります。その辺の現役高校生よりもはるかに長いキャリアです。細々でも続けていくことが重要なんですね、やっぱり。

楽しい2次会も終わり、フラフラしながらホテルに帰っていた道中、現役部員二人から声をかけられ、急遽、近くの辛麺屋さんに突撃しました。

まずは餃子とビールで乾杯し、その後激辛のラーメンをすすりました。一応ここはこんにゃく麺を使っており、多少罪悪感は感じなくすみます。

本当はカッコよく、「おう、お寿司屋さんでも行くか?」と、後輩に声かけするのがいい先輩なんですけど、如何せん年寄りの胃袋はもはや限界状態。

ごめんね、後輩たち。もっと早めに発見してくれれば回らないお寿司屋さんに連れて言ってあげたのに。

こうして、長く楽しい1日が終了しました。

翌日はちょっと遅起きして、熊本市内を久しぶりに散策しました。

福岡とかと違い、熊本の繁華街はコンパクトにまとまっており動きやすいです。ちょうどバーゲンセール時期だったので、半額近くまで値下げした冬用のジャンパーを購入し、最後は熊本地震の復興シンボルである熊本城を拝見し、帰宅の途につきました。

最近は新幹線で熊本に行くことが増えました。だって1時間半くらいですよ。車だったら3時間近くかかります。便利な世の中になりました。

でも九州新幹線って結構割高な感じがするのは私だけでしょうか?

熊本いいところです。次回は家族連れでOB会に行こうかな?でも家族が見ていると、いつものような馬鹿ができないのでやっぱりやめておきます。

 

追伸:某ジャニタレの活動休止発表。

わざわざ全国紙の1面を飾るニュースかね?ファンの皆さんには悪いですけど、私はジャニタレ大嫌い人間です。

まだ30代なのに、「他にもまだやりたいことがあるから」なんぞ言っております。

でもよーく考えてください。確かにアイドルって常に人の目に晒され、ものすごいプレッシャーの中で生きてきたと思います。休みたい気持ちもよくわかります。でも30代で休めるって相当な貯蓄がないと言えないことだと思いませんか?

なんとも微妙なニュースでした。