医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

年末年始の出来事(その2)

年明け2回目の投稿です。ついに今日から3学期開始です。ようやく我が家の暴れん坊たちが小学校や幼稚園に行ってくれます。妻が大変そうでした。インフルの流行も始まり、集団生活も本格的に始まるので、一気に流行がすすみそうです。ご注意ください。

まずは驚きの話題から。

丸選手の人的補償はなんと長野選手。巨人に入りたいためにドラフトを2浪もした巨人愛に溢れた選手です。しかしなんとなくこの移籍は予想していました。最近ちょっと成績下降気味だし、丸選手と同じ外野だし、結構キャラが被っています。

長野選手にとっては出場機会が減るであろう巨人に在籍するより移籍した方がベターだったと思っています。

先日の内海投手の件もそうですが、だいたいコメンテーターは「巨人叩き上げの選手を移籍させるなんて。残った選手のモチベーションが・・・」などと、相変わらずくだらない馬鹿げたコメント書いています。そんな昔の腐った頭を持ち続けているバカOBが今でも蔓延っているからダメなんです。

もっとフレキシブルに移籍ができて、誰も誹謗中傷しないような雰囲気にしないとプロ野球のレベルって上がらないと思います。

そもそも彼らはプロですよ、プロ。自分の評価はお金で決まり、管理者の評価にも直結しています。浪花節なんかじゃありません。義理人情も大事かもしれないけど、自分の価値を人から評価されて初めてお金をもらえるんです。

これを機に他の選手もドンドン他のチームに遠慮なく移籍してほしいです。優勝チームから最下位チームに移籍した選手もいます。そっちの方が球界が盛り上がって面白いでしょ?戦力が分散した方が楽しいと思います。弱いチームはずっと弱いままってのもなんだかつまんないですよね。ソフトバンク・カープ王朝もいずれは崩壊します。

あ、前置き長くなりました。

 

今回は年末年始ネタ第二弾です。

前回の投稿の続きです。

おふくでランチの後は、息子の希望で別府弁天池へ行きました。最大の目的はニジマス釣りです。

この時期のニジマスは暑い時と比較して断然大きく、しかも活性が高いので簡単に釣ることができます。真夏の暑い時期には全然動きませんからね。山口県の気候ではニジマス釣りはこの時期がいいみたいです。

しかもこの日は小雨が降る悪条件。当然のようにお客さんはほとんどいませんでした。

まずは先日お話ししたチョウザメの発育状況から。

この日はお客さんがほとんどいなかったため、釣り堀管理のおじさんが、「チョウザメ見たいならネットの中に入ってゆっくり見ておいで!」と大サービス。

キャビアの材料の卵を産むまで8年くらいかかるって聞いてますが、もう結構な大きさまで成長していました。ついに山口県産のキャビアを食べることが出来る日がやってきそうです。

近くで見るとチョウザメって結構グロテスクな顔をしています。怖いです。

ちょっと雨が小降りになったタイミングを計って魚釣り開始です。

やはりこの時期は活性が高いのか、あっという間に食いつきます。しかし合わせがまだ下手くそな息子はなかなか釣れません。餌ばかり取られてしまいます。

ここは父の出番。ちょっとしたコツを教えるとポンポンと釣り始めました。

結局20分くらいで5匹の巨大ニジマスを釣り上げました。

ここのニジマスは、基本的には釣ったぶんだけお買い上げとなります。調子にのって釣りすぎると、買取価格が上昇するのでご注意ください。

釣った魚は近くのお店で料理してもらえますが、自宅で塩焼きした時の熱々の美味しさを考えると、ここで料理をしてもらうことはせず、すべて持ち帰ることにしました。

持ち帰る際にはしっかり塩もみまでしてもらえるので安心です。これでぬめりが取れます。いつの日か関東の管理釣り場に行ってルアー(スプーン)でいろんなトラウトを釣ってみたいもんです。あ、ニジマスの洋名は「レインボートラウト」です。

お次は年末恒例の小学校同窓会飲み会のお話。

ま、同窓会といっても、地元在住の須恵小学校OB数名が定期的に集まって飲んでいるだけですけどね。

今回選んだお店は小野田駅前の「酒場ビッグ」。先日訪れた際、このブログで紹介する許可をいただき、数ヶ月前に投稿しました。すると今回訪問した時「先生のブログのおかげで何人もお客さんが来てくれました!」と感謝のお言葉。自称「小野田の食べログ」の私ですが、こんな言葉を聞けるとうれしくなります。

ということで再度コマーシャル。小野田駅真横のビルにある居酒屋さんです。店内は明るくて開放的で、お店の方も明るく気さくな方々です。またよいしょしておきます。酒場ビッグをよろしく!

いつものスタメンメンバー6名に加え、今回のサプライズゲストは私の小学校時代の親友です。京都在住の彼ですが、数年ぶりに小野田に帰って来たので、彼からの依頼があってこの飲み会が開催されました。

彼も京都で色々大変そうですが、幸せそうに頑張っている姿を見て、こちらも嬉しくなりました。一番嬉しいのは、何年経っても友人の関係性が変わっていないということです。

昔は彼とつるんで悪いことばかりしてました。そんな楽しい思い出話をつまみに、どんどんとお酒がすすんでしまいます。

写真に写っているのはこのお店名物「ビッグサワー」です。

このビッグサワーは「追いサワー」ができます。レモンが溶けるまで何倍でも飲めるということです。

これは今回知ったことですが、「追いレモン」も可能でした。一体何倍飲んだのか、記憶が定かではありません。でもそれくらいお酒がすすむのは、会が楽しかった証拠です。言い訳ですけど。

今回の飲み会に同級生の女性も数名いましたが、皆さん素敵なママさんになっています。一応写真は控えさせていただきました。約1名、我々よりはるかにお酒を飲む酒豪がいます。

お次は妻の実家でのお話。

大晦日は妻の実家で恒例の大宴会でした。やや風邪気味だった私はあまりお酒が飲めず、義父さんを少しがっかりさせたかもしれません。前日があの同窓会だったし。

で、今年も紅白後半の最初に我が子たちと寝つぶれてしまい、サブちゃんやサザンを見ることなく、当然「ゆく年くる年」も見れないまま、寝たままの年越しとなってしまいました。ここ何年もこんな感じです。

正月朝は、これまた毎年恒例の「初日の出拝み会」みたいなものに息子と参加してきました。

この辺りの地域の方々と海辺で焚き火を囲みながら、初日の出を拝み、そして万歳三唱するイベントです。

全くこの地域の方々と面識はありませんが、毎年参加していることもあって皆さん優しくしてくれます。熱々の豚汁まで提供してもらいました。

今年のお正月は曇り予報だったのであまり期待していませんでしたが、幸いにも雲の切れ間から綺麗な初日の出を拝むことができました。

この写真は妻の実家の裏庭から撮影したものですが、家のすぐ裏から海上を登ってくる初日の出を拝めるシチュエーションって本当にすごい場所です。ちょっとした高級リゾートに全然負けていません。

で、初日の出を拝んだ後、おせちとお雑煮をいただき、これまた2年連続となりました、正月早々から小野田休日診療所で今年の初仕事となりました。来年は勘弁いただきたい・・・

正月早々、仕事終わりから風邪症状が悪化し、家族に写すとまずいと思い、正月夜はクリニックの院長室で一人お泊まり。初夢を見ることなく、ずっと寝て過ごしていました。壮絶な1年の始まりでした。

年末の超忙しかった仕事が終わると、ふと気が抜けるせいなのか、毎年年末年始は風邪をひきます。仕事始めには完全復活するんですけどね。

この写真は冬の夕方、たまたま3人で並んだ時に出来た影です。

なんだかみんな大きくなったなと、一人感動してちょっと泣いてしまった私。これからもこの大事な家族をずっとずっと愛し続けよう、守り続けようと誓った私でした。まずは長生きすることです。それはダイエットすることです。わかってるんですけどね。

1月3日に遅ばせながら家族で初詣。そこで引いたおみくじが、なぜか家族全員「小吉」でした。特に私のおみくじにはろくなことが書いてありませんでしたが、家族揃って同じ小吉をひくなんて、これは逆に縁起が良いのかなって笑ってしまいました。今年も家族仲良しです。

また新たな1年が始まりました。年号が変わるし、消費税もアップするし。今年も色々ありそうな1年ですが、家族団結して仲良く楽しく、そして健康的に過ごせますように。

(なぜここでお祈りする?だって皆小吉だったから・・・・)

 

追伸:ここ数日で何人ものアスリートたちが引退を表明しました。

サッカーでは中沢選手、楢崎選手、川口能活選手など、かつてのW杯戦士たちが、そして「霊長類最強女子」と言われた吉田沙保里選手が引退表明。若手の台頭に背中を押された感じでしょうか。

皆さん、我々にたくさんの夢を与えてくれて本当にありがとうございます。これからは若手育成のためご尽力されることでしょう。あと、吉田沙保里さんには是非とも結婚してほしいです。

だって世の中の思う彼女のイメージってこんな感じですから。

このALSOKのCMは面白かったけど、彼女のイメージがつきすぎて、なんだか可哀想に思えてきました。

でも今写真見ても大爆笑してしまう私でした。

皆さん、お疲れ様でした!