医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

久しぶりの広島旅(ラスト)

世間はクリスマス休暇3連休。私は土曜日仕事、月曜日小野田休日診療所で勤務。今年も仕事ざんまいで年末を迎えそうです。

まずは巨人ファンとしてこの話題から。

西武ライオンズから移籍した炭谷捕手の人的補償がなんと内海投手でした。

若返りを進める巨人軍と、投手流出でますます打線頼みになってしまう西武。この思惑が一致したため、まさかの元エースが移籍します。でもこれってプロ野球の面白さにも繋がると思いませんか?

終身雇用の変な流れをここで断ち切ってほしいです。アメリカのプロスポーツなんてエース級がどんどん移籍を繰り返すので、毎年どこのチームが強くなるのかわかりません。だから面白いんです。

ま、内海投手もいずれは巨人に戻ってコーチになることが明白です。新天地でも頑張ってください。巨人ファンとしては期間限定のレンタル移籍と思っています。

 

今回は広島旅ラスト話です。

水族館を後にし、フェリー乗り場までまた長い道のりを歩いていた我々。行きにも気になっていた行列のお店をよーく見てみると、なぜかあの世界的ブランド「シャネル」の専門店が。

なぜこんなところにシャネル?しかも行列?全くブランドに興味のない妻と私。チラ見しただけですぐにお店の前をスルーしてしまいました。ここで一体何を売ってるんだろう?シャネル製のしゃもじ?うーん、どうでもいい。横にあった人力車までシャネル製だったのは面白かったです。

帰る頃には海鳥居は完全に水没していました。ほんの数時間の干潮時間にだけ触れる鳥居です。

晴れ男の息子と私ですが、まさか干潮時間に行けたのは本当にラッキーでした。来年いいことありそうです!ジャイアンツ優勝?

ホテルの夕食は、あえて希望のバイキングスタイル。バイキングが一番子ども達にとって最適です。好きなもを好きなだけ食べることができますから。

と言っても我が子たちは小食なんですけどね。我が家一番の大食漢は私です。

結構本格的なバイキングでした。高級そうなステーキを目の前でシェフが焼いてくれて、しかもそれも食べ放題。ダイエットを気にしつつ、満喫した我が家でした。

今回泊まったホテルで一番嬉しかったことは、温泉がついていたことです。

温泉好きの我々。早速息子と食後に温泉突撃です。天気の良い日中には素晴らしい瀬戸内の海景色を見ながら入浴できるそうですが、夜は当然真っ暗でなにも見えません。夜の海って本当に光がなくて真っ黒ですからね。早朝にも一人で入りましたがやはり真っ暗。

しかもここのお湯は塩分強めの泉質で、アトピー性皮膚炎もちの私には少々刺激が強め。ということであまり長時間浸かることができませんでした。でも気持ちよかったです。

早朝から我が家恒例の朝散歩です。

ホテル周辺は遊歩道が整備された公園になっており、とても綺麗な瀬戸内の海を眺めながら気持ちの良い散歩となりました。同じ瀬戸内海の宇部・小野田の海とは全然色が違います。やはりここは潮通しがいいんでしょう。

道中に釣りをされている方が数名おられ、息子は何も気を使うことなく「ここ何が釣れますか?何か釣れましたか?」と聞きます。当然、まずは朝の挨拶からです。かなり成長した息子です。

ちょっとお寝坊の娘も遅れて散歩にやってきました。

朝から元気いっぱいの娘。

ここで披露してくれたダンスは、なんとDA PUMPの「USA」です。しかも歌も上手に歌っています。

娘が「カーモン、ベイビー、アメリカ!」と歌いながら片足でステップを踏む姿に萌え萌えになってしまった私。可愛すぎます。親バカMaxです。

今年の紅白歌合戦にDA PUMPが出るので、娘とテレビの前で一緒に踊ろうと思います。こんなに軽快に踊ることはできませんけどね。

息子も貝殻を拾ったり、最近妙にハマっている鉱石を探すため、ずっと砂浜を見つめていました。海よりも砂浜です。

釣りおじさんが偶然針にひかかったヒトデをくれ、喜んでいる息子。なんの躊躇もなく素手で触る息子です。まぁ、ナメクジやフナムシ、アオダイショウを素手で触る息子ですから、ヒトデなんてお茶の子さいさいです。

父の想像以上にワイルドに育ってしまいました。実はこの日も結構寒かったんですけど、半袖で過ごす息子です。どうだい?ワイルドだろう?(目指せ!スギちゃん!)

ゆっくり朝食をとり、ようやくここからが本題です。

今回の旅の最大の目的は「結婚式参加」ですから。

先日義弟の結婚式で購入したドレスやスーツがまたまた大活躍です!しかもまた娘のドレス姿を見て涙ぐんでしまった私。いつの日か娘がこんなドレスを着て嫁いでいく姿を想像してしまったからです。まだ3歳なんですけどね。

妻の従姉妹の結婚式でしたが、我々のテーブルでお酒をガブガブ飲むのは義父と私のみ。今回も二人で盛り上がってしまいましたとさ。

やっぱり家族旅行って楽しいですよね!たくさん遊んで帰ってきたら疲労困憊してしまいますけど。

さて、次はどこに行こう?

息子は「ゴビ砂漠でティラノサウルスの化石を発見したい!」と言うから却下。その次の希望は「青森大間でマグロを食べたい!」と。

なんという豪快な息子なんでしょう。あの千葉浦安のネズミの国に行きたいって言いません。大阪のハリーポッター屋敷にもまだ興味がないようです。娘に至っては、宇部常盤公園とネズミの国の差をまだ気づいていないようです。このままそーっとしておこう。

次は大間?うーん、マグロ!!(年末のマグロ特番でよくあるCMの渡哲也風に叫んでみました・・・)

 

追伸:今年の公的忘年会シリーズもついに終わりました。ネクタイしていく忘年会って辛いですから。

今年の新入局員及び新人看護師さんの余興は完全に昭和風でした。

ツッパリハイスクールロックンロールとヒゲダンス。明らかな昭和です。今回で平成最後の余興なのに昭和テイストとは。

上座近くの招待席で眺めていた私と、今や講師になってしまった3個下の後輩とのやりとり。「先生、やっぱり余興って見るより出た方が面白いですよね!」と振られ、来年あたりに私と彼で余興を計画することになるかも?招待された開業医が余興するとウケるかな?ちょっと不安です。

そんな中、新人看護師さんにまさかの一言をいただきました。私が4回だけ講義した、宇部フロンティア大の卒業生さんです。

「大学4年間の講義の中で、先生の講義が一番楽しかったし、為になりました!」と。

もう嬉しすぎで、うるっときてしまいました。講義の準備って地味に大変で、しかも学生さんが寝ないようにちょっとした遊びスライドも挟みつつ、90分の講義資料を作らないといけません。この地道な努力がなんだか報われた感じがして、最後の最後に大喜びしてしまいました。

しかも彼女は偶然にも小児科病棟勤務の新人です。これからもドンドン勉強して、立派な看護師になってくださいね!私ももっと勉強し、もっと素敵な講義ができたらといいなと誓った夜でした。