医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

ここまで父に似る?

あっという間にサクラが満開となりました。相変わらず自分のアレルギー症状が強くて困っております。早く春が過ぎないかな・・・

まずは野球の話題から。

日本ではプロ野球セパ同日開催され、メジャーリーグも開幕しました。まさかの開幕戦、菅野投手で敗戦。しかも相手は大っ嫌いな阪神。本当にタイガースが嫌いです。世界一嫌いです。ファンの方には申し訳ないけど。まぁ、シーズンは始まったばかりです。今年こそジャイアンツの優勝を心から信じております。それにしてもイチローは凄いですね。44歳にして開幕スタメン。まさにレンジェンドです。平均20歳台で引退するプロ野球選手が多い中、彼は幸せな選手だと思います。

 

今回は息子の体操教室のお話です。

先日、息子が所属する体操教室の発表会がありました。1年間の成果を披露する会です。

この日に向けて、一生懸命練習したのか、幼稚園組の演技はとても綺麗で素敵でした。頑張る息子の姿を見て感動しました。涙もろい私です。

続いて個人種目の演技発表が始まりました。

まずは縄跳びを披露しましたが、他の子に比べてやや下手くそな我が子。それなりには飛んでいましたが、やっぱり縄跳びは苦手みたいです。

ん?これって誰かに似ているな・・・

そうです。私は縄跳びが大の苦手です。実は二重飛びなんてほんの数回しか出来ません。これまでの人生で数回しか飛べたことがありません。ということで縄跳びが大嫌いです。

やはり私の息子でした。

ついでに言うと、私は逆上がりも苦手です。居残り練習で、逆上がり指示器みたいなステップを使って練習させられた苦い思い出があります。

ということはやはり息子も・・・

予感は的中でした。今回の発表会で見事に逆上がりが出来なかった息子。他の子はほとんど出来ていました。上手な子は鉄棒から降りることなく何度も何度もくるくる回っていました。

こんな苦手が多い私ですが、なぜか跳び箱と走り高跳びは得意でした。

しかも走り高跳びは挟み飛びが得意で、皆さんはベリーロールなどで飛んでいたけど、自分は高校生の時に挟み飛びで150cm以上飛べました。

さすがにこの高さは結構な記録みたいで、体育の先生に褒められた記憶があります。

なぜだか跳び箱も得意でした。皆さんが飛ぶ2段くらい上の段を飛んだこともあります。逆上がりは未だに全然出来ないのに。

で、やはり私の息子もそっくりでした。

なぜだか他の子より高い跳び箱を飛んでみせた息子。この段を飛べる幼稚園児は2人だけでした。

逆上がりが出来ず、縄跳びの下手くそな息子ですが、跳び箱だけは人一倍上手に飛んでいました。まさにこれが「遺伝」です。

各学年の個人披露が終わった後は表彰式でした。皆勤賞の表彰です。

息子はなんと今年度の欠席ゼロ。ということで皆勤賞の金メダルをもらいました。結構本格的で重たいメダルで息子も大喜びしてました。

昨年は1、2回お休みしたので銀メダルでした。すると息子が「来年は3回ちょっと、わざとお休みして銅メダルもらえば全部がそろう!」と意味の分からないことを言ってました。

「息子よ、金・銀・銅メダルをそろえるより、来年も金メダルを目指す方が何倍もすばらしいことなんよ。オリンピックでも金メダルの人の方が嬉しそうでしょ?銀メダルの人は悔しそうでしょ?」と、しっかり教えておきました。

発表の間、退屈そうにして、結局走り回って遊んでいた娘に翻弄され続けた私。

でもはしゃぎ回る娘が時折見せるチャーミングな笑顔にメロメロになり、全てを許してしまう私でした。魔性の女です、我が娘は。

おそらく息子は私と同様、腕力が弱いため、逆上がりなどが苦手なんだと思います。やはり息子はバスケットボールが向いてます。でも「野球する!」と意気込んでいる息子。

この4月から小学校に入りますが、すでに小学部ミニバスのコーチから「先生の息子さん、バスケするんでしょ?」と、かるーくプレッシャーをかけられています。

さてどうしましょう?

 

追伸:野球つながりでもう一つ。

ついに日本ハムファイターズが札幌ドームから本拠地を移転することが決まりました。移転先は「北広島市」。山口のお隣、広島県にセ・リーグとパ・リーグの2チームが混在したら大変だなって勝手に心配していました。

しかしなんと、北広島市って北海道内にあるんですね。しかも札幌市の隣。すぐ近くじゃーん!って自分にツッコんでしまいました。情けないお話です。

うーむ、この件に関して久しぶりに自分の馬鹿さ加減に腹立ちました。もっともっと勉強しないと行けないですね。息子の地図帳借りようっと!