スターウォーズの新作がいよいよ公開!

今日はいい天気です。ぐんぐん気温も上昇中。こんな行楽日和に小野田休日診療所で朝から働いています。今週も7日連続外来です。

今回は映画のお話です。興味ない方はスルーしてください。

imageimage-1いよいよはじまりますね。スターウォーズの新作「フォースの覚醒」。今回で7作目になります。当然全て鑑賞済みです。新作は12月中旬から公開されます。これは是非とも劇場で鑑賞しないといけないですね。

世間でもかなり盛り上がっているようで、いろいろなところで様々なキャンペーンが展開されています。

今回の敵もかなり強そうです。スターウォーズ定番の武器、ライトセイバーが十字架の形をしています。

今度の作品は完全なる新作のため、ストーリーなどの事前情報はゼロです。主役が誰なのかも知りません。でもそちらの方が楽しみが倍増します。本当に楽しみです。

yjimage-1私は大の映画ファンです。幼い頃から父と一緒に頻回に映画館に行っていました。

実は人生初の洋画を観たのが「スターウォーズ〜ジェダイの復讐〜」でした。宇部の「東宝」か「銀天ホール」で鑑賞したと思います。自分はまだ小学1年生くらいでした。字幕スーパーを見るのが辛い年齢でしたが、SF映画の映像美に衝撃を受けました。

今思えば、この時代にはコンピューターグラフィク(CG)なんて技術はありませんでした。完全なる特撮です。プラモデルなどの模型を使って実際に撮影する方法です。今でも特撮を利用しているのは円谷プロのウルトラマンシリーズくらいです。現在はCG全盛の時代です。

30年以上前に空飛ぶバイクやルークスカイウォーカーが持っていたライトセイバーを見て大興奮したのを今でも鮮明に覚えています。映画のストーリーは全く理解できていなかったことだと思います。その後何度もビデオで観ました。

小野田市にも映画館があったのをご存知ですか?

yjimage-1

yjimage-2セメント町の出口あたり、自分の実家のすぐ近くにオンボロの映画館がありました。そこで薬師丸ひろ子と真田広之主演の「里見八犬伝」やジャッキーチェンの「蛇鶴八拳」などを観ました。

昔の映画館は入り口で映画の音声を流してくれて、中で鑑賞できなかった映画の音声だけを聞きにいったこともあります。

まだ小野田にサンパークができていなかった時代のお話です。

yjimage-3yjimage-4yjimage-5yjimage-6その後も家族で色々映画を観に行きました。「南極物語」、「アマデウス」、「敦煌」「ラストエンペラー」などなど、数々の名作を劇場で観ました。

特にモーツァルトの一生を描いた映画「アマデウス」は宇部での公開がなく、わざわざ山口市まで行って鑑賞しました。破天荒な性格でかなり馬鹿そうに笑うモーツァルトを見てショックを受けました。

その後父と二人で映画に行くようになり、好んでハリウッドアクション映画を鑑賞しました。

yjimage-2imageなかでもスタローンの「ランボー2」やシュワルツネッガーの「プレデター」を観た時はかなり興奮しましたね。

こういった映画ばかり観ていたせいか、その後自分はかなりの「ガンマニア」になってしまいました。ガンマニアの件は少し恥ずかしいので、これまで人に伝えたことはあまりありません。おそらく妻も知りません。

小学校時代の愛読書は「月刊Gun」と「コンバットマガジン」でした。一番詳しかった時代には、鉄砲を見ただけで、どこの国の銃か、装弾数はだいたいどれくらいかなど全て知っていました。かなりのマニアです。18歳以降は完全にカーマニアに変貌しましたけど。

自分の人生において、映画には数々の影響を受けました。

yjimage-3yjimage-4映画の影響でかなりのガンマニア、戦争マニアになってしまいましたが、ある時代から急にテンションが下がってきました。それも映画の影響です。

オリバーストーン監督の「プラトーン」を観て、戦争の悲惨さをまざまざと感じ、このままガンマニアを続けるのが悪いことだと思い始めました。「ハンバーガーヒル」や「フルメタルジャケット」を観て、さらに戦争の怖さを知りました。

スタローンやシュワルツネッガーの映画では、主人公は銃弾に倒れることはありませんし、悪役をいとも簡単に銃殺します。悪役の人もそれなりの人生を過ごしてきただろうに、親がこの事実を知ったら大ショック受けるだろうな、いろいろな思いが交錯してしまいます。

yjimage-1やはり戦争はダメですよ。少なくとも自分は人の命を助ける仕事に携わっています。いとも簡単に銃で眉間を撃ち抜いてはいけません。

と、偉そうなことを言いつつ、最近も「ブラックホークダウン」を観て、持っている銃や装備がかっこいいなって思ってしまう、潜在的ガンマニアでした。

ま、映画の世界ですからね(と、いいわけしておきます)。

image-1yjimage-5前回のブログでも書きましたが、今年の夏の話題作はいずれも面白かったです。

「ジュラシックワールド」と「ミッションインポッシブル・ローグネイション」はどちらも劇場で鑑賞しましたが、いずれもおすすめの映画です。

特にミッションインポッシブルはかなり面白かったです。年末くらいにはDVDになると思います。ぜひご鑑賞下さい。

これまで1000本以上は映画をみたはず?です。これからも素敵な映画をどんどん映画館で鑑賞しようと思います。そして数年後には息子と一緒に劇場に行きたいですね。これで息子も映画マニアです。映画って素晴らしいです。最後に有名人の名言を2つ。

「いやぁ、映画って本当にいいもんですね~(by映画評論家:水野晴郎)」

「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ(by映画評論家:淀川長治)」

 

IMG_4166IMG_4167追伸:映画と全然関係のないお話です。今月開催される「日本医師バスケ」の新ユニフォームが完成しました!後輩の頑張りでかなり素敵な仕上がりです。

このユニフォームをよーく見て下さい。なぜか我がクリニックのロゴが入っています。自分がお願いしたのではありません。後輩にお願いされてロゴを提供しただけです。

これって本当はスポンサー代金支払わないといけないのだろうけど、今回はご勘弁を。

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.