ラーメン戦争〜宇部小野田編〜

今週はずっといい天気です。朝晩の冷え込みは強いですけど。

今回は宇部小野田地区のラーメンに関するお話。

IMG_3786先日、小野田サンパークに用事があってお昼休みに行ってきました。せっかくだからラーメンでも食べて帰ろうと思って、「なんでんかんでん」に行ったらすでに閉鎖されていました。潰れることは前々から知っていましたが、あっというまになくなってしまいました。

オープン当初は大行列のできるお店で、自分も初めて行った時は30分以上待たされた記憶があります。入り口の真っ黒に日焼けした松崎しげるみたいなおじさんのイラストが印象的なお店でした。

yjimageラーメン通の友達に聞いたけど、世の中のラーメンブームの火付け役になったお店が「なんでんかんでん」らしいです。東京に豚骨ラーメン文化を持ち込んだ最初のお店として、マニア界では有名だったみたいですね。

しかし時代の流れに勝てず、拡大路線をたどったこのお店は、各店舗の店長さんにスープの味を完全に任せてしまって味がかなり落ちたみたいで、どんどん閉店に追い込まれたそうです。そしてついに直営店は日本全国でなぜか小野田サンパークにあるこのお店だけになったそうです。

ラーメンマニアの友人はわざわざ関西からこのラーメンを食べる目的のみで小野田まで来たそうです。マニア恐るべし。

私も一応ラーメンマニアです。何度かこのお店のラーメン食べたけど、明らかに味がどんどん落ちていくのがわかりました。それに応じてお客さんも激減しました。

yjimage-10yjimage-9そもそも、宇部小野田地区に昔からあるラーメンは「一久」のようなドロドロコテコテ豚骨ラーメンです。

私は幼少期からこの味で育ちました。入り口を通るとかなり臭く、豚骨を煮出す時間を間違えているんじゃないかと思わせるぐらいの異臭でした。

こんな個性的なラーメンが万人に受け入れられるとは思いません。そんなに美味しいと思ったことはありませんが、数ヶ月毎に「あー、そろそろ一久行こうかな?」と、つい求めてしまう味なんですよね。そして食後はあまりの塩辛さに喉がかわいてしょうがないくらいです。

保守的な人が多いこの宇部小野田地区に殴り込みをかけてきて、見事に砕け散ったお店をいくつかご紹介します。

yjimage-3yjimage-4クリニックのすぐ近所にできたつけ麺のお店。もともと宇部店はかなりの人気で、勢いに乗って小野田に二号店を出しました。

味は結構美味しく、何回か訪問しましたが、一久のような常習性はなかったです。最初は結構混雑していましたが、徐々に客足が減ってきました。途中ランチセットなども始めましたが、それでもお客さんは増えませんでした。2年くらいであえなく撤退しました。

yjimage-5yjimage-6続きましてラーメン「ひと潮」。ここの店長さんは昔からの知り合いで、このお店を開いた時は開店翌日くらいに行きました。行列も出来ていました。最近流行の鶏ガラと魚介のダブルスープ。個人的にはかなり美味しくて大好きなお店でした。女性陣の評判も上々だったのに、気まぐれ店長さんは「ものすごい味噌ラーメンを開発したからお店を変えます!」と宣言。今では長州屋という味噌ラーメン店に変わっています。味噌ラーメンもかなり美味しいけど、自分としては前のラーメン店に戻って欲しいです。

yjimage-1yjimage閉店したお店の中で一番ショッキングだったのは、小野田駅前にあった「鍋焼きラーメン」のお店です。決して万人受けするラーメンではなかったけど、自分がこれまで食べてきたラーメンの中でベスト3に入るお店でした。かなり頻繁に訪問しましたが、いつもガラガラ。小野田駅前で駐車場がなかったのが最大のネックでした。一番復活して欲しいお店はここですが、店長が夜逃げしたという噂もあり、今では居酒屋に変わってしまいました。

yjimageyjimage-1続きまして、ちょっと変わった経緯で変貌を遂げたお店をご紹介します。宇部小羽山のてっぺんにある担々麺専門店「遊膳」です。

もともとのお店はここから数メートル離れたビルにあった中華料理店「ぜんさいゆうぜん」でした。

この辺では珍しく、かなり本格的な四川料理を出してくれるお店で、かなり頻繁に訪問したいきつけ店でした。特に麻婆豆腐は絶品でした。担々麺が有名だったお店だったので、結局お店を閉め、担々麺の専門店に変わってしまいました。確かにここのラーメンは美味しいけど、以前の中華料理店に戻って欲しいと思っている人は自分だけではないはず。

yjimage-7yjimage-8実は我がクリニックの近所にはラーメン店がかなりあります。どんどん新しいお店が出来ては消えていきます。その中でもずっと頑張っているお店が「どさん子」です。ここは唯一コテコテラーメン以外で繁盛しているお店です。私も常連です。その名の通り北海道ラーメンですが、ここのグループの歴史は結構長いです。長い時間をかけて地元に浸透したお店です。

なんでんかんでんの閉店を機に、近所のラーメン店について考えてみましたが、こんなにお店があるとは驚きでした。ここで紹介していない「六助」、「三平」、「ばり馬」、「ろくの家」、「つるや」、「めんとく」などまだまだありますが、生き残っているお店はやはりコテコテギトギトの豚骨ラーメン店が多いように思います。やはり山口県民は保守的なんでしょう。色々書いて、これが結論かっ?

実はラーメンって超高カロリー。ダイエットの天敵です。

 

yjimage-1yjimage追伸:クリニック診察室の机に「まいにち、修造!」という暑苦しい日めくりカレンダーを置いていたことに気付いた方は何名かいるはず。

今回この暑苦しいカレンダー第二弾、「ほめくり、修造!」も購入しました。今では並んで置いています。毎日毎日、松岡修造の熱いメッセージを読んで元気をもらっています。本当に修造って変ですよね。本人の意図の半分くらいしか理解できていないと思います。

いつの日か本人に会ってみたいですね。

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.