医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

NBAオールスター2020!

新型コロナウイルスの勢いが止まりません。水際対策もあまりうまくいかず、市中肺炎になってしまいそうな勢いです。そろそろフェーズも上がることでしょう。暖かくなると減っていくような気がしますが、実際のところどうなんでしょうか?オリンピックに影響がないといいですけど。

久しぶりの寒波が来ました。

昨夜はちょっとだけ雪が降っているのを確認できました。なんだか久しぶりに降雪を見ることができたような気がします。本当に今年は暖冬ですね。

第三子の出産の時期も重なり、今年の息子スキーデビューは来年に繰り越されましたが、生まれたばかりの赤ちゃんを育てている妻にとって、暖かいのは嬉しい悲鳴です。私と違って寒がりですから。

天気図を見ると、久しぶりにみる冬型気圧配置、西高東低パターン(西に高気圧、東に低気圧)で、大陸からの冷たく乾いた風が吹き込んでくるパターンです。しかも等圧線の幅がやや狭いので、風が強いのも納得です。

実は私、天気図を見るのが大好きで、毎日新聞やネットで確認している、隠れお天気マニアです。

ま、私のお天気予想は大体外れていますけど。

 

今回は先日開催されたNBAオールスター戦のお話です。バスケットに興味のない方は意味不明だと思うのでスルーしてください。

今年のNBAオールスターはシカゴのユナイテッドセンターで開催されました。あのマイケルジョーダンの銅像が飾ってある、まさに私の聖地です。

最近のオールスターは色々な趣向を凝らしてルールが複雑になってきています。

まずは人気投票で選手を選び、最上位2名が他に選ばれたメンバーをドラフト形式で選択してチーム編成を行います。

ヤニス・アデトクンポ選手が選んだ「チームヤニス」と、レブロン・ジェームスが選んだ「チームレブロン」の対決です。チームレブロンのメンバー構成はやや派手な感じ。

渋い選手を選んだチームヤニスの方が私好みです。この中でも一番気になる選手は、今年のMVP候補でもあるルカ・ドンチッチ選手です。

試合は終わりましたが、まだダイジェストでしか観ていません。というのも、今NBAが観れるのは楽天の専用ページからのみで、しかも有料コンテンツです。

そもそも昔はNHKのBS放送で観れたのに、そこが契約切れで、同じBS放送のWOWOWで観ることができなくなり、WOWOWと契約。しかしその後すぐに楽天とNBAが独占契約を交わし、NBA楽天でしか観戦できなくなりました。当然契約しましたが、パソコン画面でしか観ることができません。液晶画面嫌いの私には酷な話です。だって我が家のテレビはあえてプラズマテレビを採用していますから。もうプラズマテレビは売っていませんけど。

今年のオールスターは先日亡くなったNBAのスーパースター、コービー・ブライアントさんの追悼試合でもありました。コービーはこのオールスターの常連でしたから。

試合前に黙祷が捧げられ、しかも選手の背番号は皆、コービーと同じ24番を付けていました。それだけ皆さんに影響を与えた大選手だったということです。

オールスターはやっぱりお祭りの要素が高いです。

ダンクコンテストやスリーポイントコンテストなど、様々な面白イベントが開催されます。

今年のダンクコンテストで、かつての優勝者、ドワイド・ハワード選手が久しぶりの出場です。昔見せてくれた「スーパーマンダンク」を今回も披露してくれました。

ハワード選手は最近は低迷していましたが、レイカーズに移籍してから控え選手としてなかなかの活躍ぶりを見せてくれます。なんだか嬉しい話です。もはや今の時代、オニールやハワードのようなビッグセンターは不必要とされています。同じセンターポジションの私にとってさみしい流れです。

そして今回の主役はやっぱり八村類選手でしょう!

ルーキーと2年目の選手しか出場できない「ライジングスターズ・チャレンジ」という試合に選ばれました。日本人初の快挙です。

アメリカ選抜と、世界選抜というアメリカ以外の出身地の選手に別れて試合を行いました。

選ばれただけでも凄いのに、彼はこの試合で14点も取りました。

先述したあのドンチッチ選手からパスをもらって豪快ダンクを炸裂させたり、今年のドラフトナンバーワン選手、ザイオン・ウィリアムソン選手とマッチアップしたり。

日本人選手がこんな夢のような舞台で、夢のような選手たちとの競演って本当にすごいことです。ちょっと泣けました。

素敵な3人の写真も見つけました。左が現在アメリカでNBAに挑戦している馬場選手で、右がメンフィス・グリズリーズで時々試合に出ている渡邊選手です。

オールスターの会場で再会できたみたいですが、この3選手は東京オリンピックでまさに主力選手となるメンバーです。なんだか3人とも仲良しで微笑ましい写真です。

一方、国内のBリーグに目を向けてみると、千葉の富樫選手や三遠の河村選手など、世界クラスの若手が大活躍しています。

特にルーキーにも関わらず、大活躍している福岡第一出身の河村選手は本当に素晴らしいです。ものすごいスピードとパスセンス。しかもシュート力も高く、あっという間に主力となってしまいました。実は彼、山口県柳井市出身なんですよ!地元の誇りです。

Bリーグになって、地域密着型のスタイルがさらに定着しましたが、地元にプロバスケチームがあるなんて羨ましいですよね。地元の体育館でプロバスケ選手の試合を観戦できるし、練習なんかも見に行けます。

しかし山口県にはチームがありません。隣県の福岡や広島には存在するんですけど、この二県にはプロ野球チームやプロサッカーチームもあります。せめてプロバスケチームだけでも中間地点の山口に欲しかったです。大きな試合を運用できる体育館がないのかもしれません。人口も圧倒的に少ないし、スポンサー企業も少なそうです。

山口には「レノファ山口」があるじゃないか!と周りから言われそうですが、実は私、昔からサッカーがあまり好きではありません。小学校時代のいじめっ子軍団がサッカー部に多かったのもその理由かもしれません。

山口県内で熱烈ファンが多いのはよく知っていますが、さほど興味のない私とは温度差がすごいです。サポーターになりませんか?とか、看板つけるから寄付金ください!とか頼まれるけど、全てお断りしています。心の狭い男と思ってもらって結構ですが、サッカーよりもバスケや野球好きの私に言いよるスタッフの方々もどうなんでしょう?山口県民が全員サッカー好きと思わないでください。

あ、ファンに方には申し訳ないです。ここは私のこだわりの部分でもあります。

地元の人ならみなさん知ってますが、レノファのクラブハウスと練習場は山陽小野田市にあるんですよね。しかもこのサッカー場は県の管轄から山陽小野田市の管轄に変わりました。このグラウンドは我が家から自転車で10分ちょっとのところにあります。我が山陽小野田市は「レノファに会える街」として売り出し中みたいです。やはり私も地元を愛する人間として、レノファを応援しないといけないですよね。ちょっと考えさせてください。

最後に一枚、八村選手との2ショット写真をお見せします。

この顔、この腕の派手な刺青。どこかで見たような・・・。えーっとこの人は誰だったかな?と考えこむ私。

実はこの方、あの伝説の選手、アレン・アイバーソン選手だったんですよ。

マイケル・ジョーダン選手の次くらい、衝撃を受けた伝説のスーパースターです。でもなんだかかなり太ってしまい、あの頃のかっこいい面影がありません。

ものすごい小柄な選手だったのに、まさに電光石火のスピードで相手を抜き去り、しかもこの身長で豪快にダンクをするアイパーソン選手。NBAファイナルで、あの強豪レイカーズと戦い、絶対に勝てないと言われた初戦で、あのスーパービッグセンター、シャキール・オニールに挑んだアイバーソン選手。見事に初戦に勝利しました。この試合はテレビ観戦しましたが、強烈に感動しました。その後4連敗して優勝は果たせませんでしたけどね。

当時最強だったレイカーズの主役はオニール選手と、ここで何度も登場したコービー・ブライアント選手でした。さらに言うと、この時のヘッドコーチは、これまた伝説のコーチ、フィル・ジャクソン氏です。トライアングルオフェンスを駆使して、ジョーダン率いるシカゴ・ブルズの3連覇を成し遂げた名監督です。

このスピードスター同士のマッチアップは見応えありました。

そんなアイバーソン氏もバスケ辞めると太るんですよ。思えばマイケル・ジョーダン氏も現在の姿をみるとふっくらしています。

まだ細々と現役でバスケを続けている私はもっとふっくらしています。

ん?NBAのスーパースターとメタボおじさんを一緒にするなって?

今回はこんなオチで。

(最近の投稿では、あれが好き、あれが嫌いなど、かなり自分の中で偏った意見が増えてきました。これって中年、いや初老おじさんのダメな部分が出てきたような気がします。なるべくそのような表現は控えようと努力していますが、このような性格の偏りって治しようがないのかもしれません。できればずっと中立の立場で物申したいと思っている私です。気分を害される方も増えるかもしれません。申し訳ないです。)

 

追伸1:「田舎暮らし」という雑誌で、「住みたい田舎」ベストランキングの中の「人口10万人以上の大きなまちランキング」で、まさかのお隣、宇部市が日本第一位となりました。全国の中で一番ですよ、一番。信じられません。宇部市民の方には申し訳ないけど、一体どこが良くて一位になったんでしょうか?私には全く理解できませんでした。

と言うことで、これは実際にこの目で確かめないといけないなと思い、この雑誌を実際に購入して読みました。

人口一人当たりの医師数が全国平均の1.5倍とか、高齢者に優しい福祉施設が数多くあるなど、色々な理由がかいてありました。医師数が多いのは大学病院が市内にあるからだろ!とツッコミつつ、人口10万人以下の小さなまちランキングに我が山陽小野田市は入っていないかなって細かく探しましたが、一文字も発見できませんでした。

なんだかちょっと悔しいなって思っていたら、さらに熟読したところ、我が山陽小野田市はこのランキングにエントリーすらしていなかったようです。

うーん、戦う前にすでに負けてました。涙。

追伸2:サンリオブランドが絶不調でピンチみたいです。

そりゃそうでしょ。キティちゃん一本推しではさすがに無理がある。

こうなったら強烈なキャラを一発お見舞いするしかないでしょ?

ゾンビキティの進化版、超強烈リアル・ゾンビキティとか。そして超強烈リアル・ハンギョドンと戦う。うーむ、そりゃホラー映画ですな。女性人気を取り戻すには絶対に無理でしょう。