医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

春を探しに・・・

桜がちらほら咲いております。もう春ですね。アレルギー症状バリバリですけど。子ども達もついに春休みモード突入となります。我が家も大変です。特に妻が。

まずは「とことこ」関連のお話。

先日、無事内覧会を終えることが出来ました。想像以上の方々が来られ、嬉しい悲鳴でした。

特に行政関係や保育園関係の方が多く来られ、注目度の高さは思った以上です。

ここでの仕事や地域での役割など、新しいことばかりですでに緊張しておりますが、一生懸命頑張りますので応援よろしくお願いします!

 

今回は我が子達と春を感じた話などです。全く脈絡もない単なる親バカ投稿なので、興味のない方はスルーしてください。

春の風物詩といえば、やはりドラえもん映画でしょう!年に1回だけ、しかも3月からの上映はここ数年の定番です。

息子がずっと心待ちにしていた映画ですが、今回はなんと、3歳の娘も一緒に行くことになりました。人生初の映画館です。3歳デビューなんて早すぎ?

暗闇と大音量で泣かれたら大変なので、事前に後部座席端っこを予約しておきました。人気映画はやはり事前予約がベストですね。

まだ鑑賞していない人も多いと思うので、内容はお話ししません。

昨年の宝島は「親子愛」で泣きましたが、今回は「友情愛」で泣きました。毎回、毎回ドラえもん映画で号泣してしまう私。

大人も十分楽しめるため、ぜひ劇場で鑑賞されてください。

ちなみに娘は最後まで全然大丈夫でしたが、帰り際に「暗くて怖かったね!」と言っておりました。そのくせ、プリキュア映画のパネルを見て、「お父さん、次はプリキュアを映画館で観ようね!」と笑顔で言われました。うーん、プリキュアか・・・さすがにここは父としてハードル高し。でも愛娘の希望とあらば・・・悩み中です。

続きまして、春の魚を探しに、久しぶりに長府の魚市場に行ったお話。

最近はタコが不漁のせいか、ずーっとタコの値段が高値で推移しています。とても気軽に買える値段ではありません。安いタコはあっという間に売り切れてしまい、残ったのは3500円クラスの大型だけ。気軽に買えるお値段ではないです。関門海峡ダコもあまり獲れなくなったみたいです。

仕方ないから、私の母から頼まれていたお土産探しに市場を散策。おいしそうなでっかいスルメイカを発見し、市場の方にさばいてもらいました。

ここで購入したお魚は頼めばすぐに3枚におろしてくれたり、イカの墨袋など外してくれたり、気軽に応じてくれます。そこでもガン見する息子。やはり漁師への憧れはまだ強いようです。

今度は娘とのデート話。

息子と妻は、息子が所属する体操教室の発表会リハーサルのため午前中から不在でした。ということで、久しぶりに娘と二人っきりデートを楽しみました。娘の希望で常盤公園に行きました。

最初は遊園地で遊びましたが、ここでちょっとした問題発生です。娘の年齢だと、どの乗り物もほぼ一人乗車不可で、親同伴となっていました。ということで娘のチケットだけでは足りず、私のぶんも買わないといけません。まさかのメリーゴーランドまで同伴。全て入場料2倍です。さすがにここは長居すると危険だと思い、うまく誘導して常盤湖方面に脱出しました。

小春日和だったとはいえ、まだ肌寒いこの季節。朝早かったせいもあってお客さんはまばら。特にイベントも開催されておらず、娘とゆっくりすることが出来ました。

昼過ぎるとポケモン探しのメンバーがここにぞろぞろとやってきます。友人から聞きましたが、ポケモンGOで色々なポケモンをゲットできる一番の好スポットはここ、常盤公園らしいです。しかも時間が決まっているとのこと。まだ人気なんですね、ポケモンGO。

スマホゲームを外でするのは健康的でいいと思いますが、皆さん全然前を向かないで歩くため何度も激突されたことがあります。一度中年のおじさんに激しく激突されたことがあり、「危ないだろ!」と言うと、ごっつい私を見て怖かったみたいで、「ご、ごめんなさーい!」と言って走って逃げていきました。グラサン姿の私はヤクザに見えたんでしょう。

今回のベストショットがこの2枚です。

特に上目遣いでこちらを見る姿にドキドキしてしまいました。これってもはや恋です。

その日の夜に自慢げに妻にこの写真を見せ、「ノンノモデルみたいでしょ?」って言ったつもりが、「グラビアアイドルみたいでしょ?」と言ってしまったおバカな私。

娘に恋する変態オヤジでした。

その日の午後、息子たちと合流し、春の動物を探しに於福の水神公園まで行ってきました。

息子の最大の目的はヘビ捕獲です。実はここで一度ヘビを見かけたことがあり、それは紛れもない「マムシ」でした。しかし息子のヘビ捕獲意欲は強く、アオダイショウやシマヘビ狙いで散策しました。

さすがに美祢方面はまだ寒い!生物反応はほぼゼロでした。それでも息子と一緒に棒を使って枯葉をめくりながらヘビを探しました。当然見つかるわけはありませんでしたけどね。

それでも生物発見にこだわる息子。

最後の最後に小さな沢カニを見つけて大満足の息子でした。

ヘビ(特にマムシ)が見つからなくてホッとした我々ですが、またあの地獄のヘビ飼育を目論んでいる爬虫類大好き息子でした。どうせ飼育するなら、せめてトカゲやカナヘビにしてほしいです。

爬虫類って冬眠するから、春に捕まえても秋には逃さないといけないみたいですね。息子の本で自分も勉強しました。さて、今年飼育する生き物は一体なんでしょう?

最後は子供画伯ネタ。

最近お絵描きが大好きな娘です。左の絵はドラえもんだそうです。

そして右の絵は・・・

「お父さん!」とのこと。うーん、お父さんの似顔絵がこれ。この小怪獣は一体。父の姿はこのように写っているんでしょうか。

でもお父さんを描こうとしてくれた娘の気持ちが嬉しいです!

息子が描いてくれた私の似顔絵がこれ。

さすがは1年生の息子です。絶妙に私の特徴を捉えております。髪の毛が少ないのと、鼻がデカイのがポイントです。

果たして数年後に描いてくれる私の顔は一体どんな雰囲気になるんでしょうか。そもそも父の似顔絵を描いてくれるのかな?

我が子たちの成長をずっとずっと応援しております。

今回は親バカ投稿でした。おそまつです。

 

追伸:ついにあの大選手が引退します。さすがに「50歳まで現役」と言っていたイチローも限界を感じたんでしょう。

確かに変化球を泳いで打ち損じたシーンなど見ると、体は元気でも動体視力が明らかについていっていないように思えます。これも加齢からくる衰えでしょう。さすがにメジャー一線級の投手の球はもう見えなくなってしまったのかもしれません。

自分の中のイチローベストバウトはこの第2回WBC決勝戦で見せたあのタイムリーでしょう!

このシーンは野球界に残る名シーンです。

時差の関係でお昼前試合だったため、外来時間の合間をぬってこっそりテレビ鑑賞しました。鳥肌モンの素晴らしいヒットでした。

イチロー選手、長い間お疲れ様でした。