釣り

Select Tag

 

大雪の中の出来事

ようやく極感雪地獄から解放されつつあります。最近は持病の喘息の調子があまりよくありません。PM2.5の影響でしょうか?

まずはオリンピックの話題から。

週末は金メダルラッシュでした。フィギュアの羽生選手とスケートの小平選手。

金メダル候補と言われ続けて壮絶なプレッシャーの中での競技。見事に結果を出してくれました。

やはりこの二人を見て思ったことは、メンタル・ハートの強さです。

プレッシャーに打つ勝つほどの練習量があったからこそ、素晴らしい結果に繋がりました。おめでとうございます!

羽生選手はまだ23歳。次回の冬季五輪は北京みたいですね。そこまで現役を続けるかな?モチベーションがそこまで保てるかな?

あまりプレッシャーを与えず、ゆっくり待つことにしましょうね。

 

今回は吹雪の中出かけたお話。

とある雪の降る週末。久しぶりに仕事や用事のない日だったので家族で遊びに行くことになりました。

息子の希望はなんと「魚釣り」。こんな極感の中、釣りに行く頭のおかしい人はいません。しかし息子の希望を叶えるべく、行き先を模索しました。

さすがに山の中はまずいだろうから、今回狙ったのは下関黒井の釣り堀。海のそばなら風が強いから雪も積もっていないだろうと考えたからです。

今回もまた小児科同期友人家族と一緒です。

この日は月曜日でしたが祝日。まさか定休日ではないだろうと思っていたら最悪の展開。なんと「月曜日は定休日です」と張り紙が。まさか祝日でもお休みするとは。驚きです。

ここでブチ切れたのは息子です。釣りをする気マンマンだっただけに、その落胆ぶりは壮絶なものでした。

まずは息子をなだめつつ、せっかく豊浦方面まで来たので瓦そばで有名な「たかせ」でランチ。いつもは行列ができる人気店でしたが、さすがに雪の日はお客さんが少ない!全く待たずに座ることができました。

熱い釣り意欲がなかなか治らない息子。もうこうなったら仕方がない。あえて雪が多いであろう、美祢市の別府弁天池を目指すことになりました。お昼過ぎだったせいもあり、道路は比較的安全に走行できました。

さすがにこの日はお客さんゼロ。わざわざ雪の日に豪雪地帯にくる人はいないようです。

しかしこの日に意外な新事実に気づきました。

冬のニジマスはとっても元気一杯。しかもサイズが巨大でした。ニジマスの旬はこの季節みたいです。昨年秋頃に来た時とは段違いの大きさでした。しかも活性が高い!餌を入れた瞬間に食いついてきます。

最後には息子が餌なしでニジマスを引っ掛けて釣りあげました。

実際に釣り上げたニジマスがこちら。30cmは軽く超えています。しかもとっても元気一杯で、バケツの中から何度も外に飛び出しました。

ここの釣り堀の注意点ですが、釣り上げた魚は全て買取となります。自宅に持ち帰って調理しても構いませんが、近くにある食堂で調理代金を払って現地で食べることができます。

お昼ご飯は済ませていたので、今回は3匹だけ釣るようにと伝えたところ、あっという間に3匹釣り上げてしまった息子でした。秋は全然釣れなかったのに、真冬は一瞬で釣れます。これはこれであまり面白くない。もう少しかけひきをしたかった我々でした。

今回は妻と娘も一緒です。

元気にピチピチ動くニジマスに少々怖がっている娘。しかもこの寒さ。

雪の降った後の景色ってとっても幻想的で素敵です。ちょっと太陽が出てきたこともあって、キラキラと輝いていました。なかなか見ることができない素敵な景観です。たまには雪の日のお出かけもいいもんですね。

山陽小野田市から車で30分ちょっと北上したらすぐに美祢市に着きますが、景色は全く別物です。やはり美祢は豪雪地帯ですな。

釣った魚を料理してもらっている間、せっかくなので雪景色を撮影することにしました。まさに「インスタ映え」ってやつですね。

子ども達はさっさと暖かい屋内に避難しましたが、おっさん二人で雪の弁天池周辺を散策しました。本当に綺麗でした。せっかくなら自前の一眼レフカメラ持ってくればよかったです。

出来上がったニジマス料理がこちらです。

今回は肉厚だったこともあって、とってもフワフワで超絶美味でした。特におっさん二人がハマったのは塩焼きです。ちょっとさっぱりしたサーモンって感じで、食べやすかったです。できれば冷たい日本酒と合わせて食べたいところですね。

ニジマス料理を堪能した後、外に出たらびっくり。猛吹雪になっていました。やはり美祢は豪雪地区。

一山超えて山陽小野田市に入った途端、雪は小康状態になりました。雪道の運転は慎重にしましょう!

息子も満足してくれたようで、父として一安心。次回はもう少し暖かくなってから黒い漁港にリベンジしようと思います。当然月曜日は避けて。

 

追伸:先日、我がバスケチームの仲間たちと飲み会を行いました。

皆さんが美味しそうに焼き鳥や串揚げを食べているのを見つつ、一生懸命ダイエットしている私は一切そのような脂っこい料理には手をつけず。

最近は飲み会でもお野菜をおつまみに飲んでいます。

今回のおつまみがこちら。

俺は草食動物か!と自分でツッコンでしまう品々。どれも美味しいんですけどね。

ビールは糖質が多いので、皆さんが美味しそうにビールを飲んでいる最中、最初の一杯だけ飲んだら速やかに焼酎にチェンジしました。焼酎って糖質が少ないし、プリン体も入っておりません。ダイエットにはもってこいのお酒です。

で、結局美味しい焼き鳥など食べれない私は一人でグビグビと焼酎ばかり飲んでいました。結果、飲み過ぎてしまい、ダイエットしているのかどうかわからない飲み会となりました。

酔い過ぎた私は二次会の途中で早々と帰宅してしまいました。

恥ずかしながら自宅で1回嘔吐してしまいました。自業自得です。

吐物を見ると・・・・

うーん、こんな感じ・・・

草食動物かっ!

有言実行!

今年最後の1週間。まだまだインフル流行持続しています。ついに娘も罹患しました。すでに超元気ですけど。みなさんもお気をつけて。

数日前の新聞で読みましたが、別府杉乃井ホテルが年明けに10日連続の休館日を設けるそうです。この休みを利用して海外研修などにも行ってもらうそうです。これくらい大胆に休暇を設定する企業の勇気って素晴らしいと思います。4億円の減収らしいですけどね。これも大人気ホテルだからできることなんでしょうか。10日も無理とは思うけど、他の企業にも見習って欲しいです。

 

今回は先日のテレビ放送で「また来ます!」と言ってしまったことから、鹿野に再訪問したお話。

ローカル放送とはいえ、テレビ電波で再訪問を宣言してしまった息子。ここは有言実行だ!と気合いを入れた私。めちゃくちゃ忙しい外来の合間の木曜日午後に、子ども達を連れて鹿野ファミリーランドに行って来ました。これが正真正銘、最後の訪問になりました。

今回は東京から帰省してきた妹家族も一緒に連れて行きました。

息子はもうベテランです。さっさと釣り上げて、従姉妹に釣りのアドバイスをしていました。ま、もう10回以上はここに来てますからね。

最後の釣りのターゲットはニジマスです。平日午後なのでお客さんが少なく、魚もお腹が空いていたようです。あっという間に釣り上げることができました。

娘も上手に釣りました。ただ、釣り上げたニジマスが派手に暴れまわるのでかなりビビってましたけど。

せっかくこの場所で魚釣りデビューした娘なのに、やっぱり閉店って寂しいです。大学時代の友人から「ここに別荘建てたら?」って言われたこともあります。ま、無理ですけど。

食べる分だけ釣り上げたらお料理です。

塩焼きと唐揚げを待つ間、裏手の綺麗な川で遊びました。さすがにこの季節には水の中は無理ですが。午後3時くらいだったのに、バケツの氷がまだ溶けていませんでしたからね。鹿野ってどんなに寒いんだ!って思いました。

いよいよファミリーランド最後のお食事です。

このぶつ切りの唐揚げは本当に絶品です!一緒に頼んだ塩焼きもまたグッド。

甥っ子&姪っ子が美味しそうに食べている姿を見て、連れて来てよかったなって思いました。

ちなみに我が娘もこの唐揚げ大好きで、最後は数個を手に隠し持って人に取られないようにこっそり食べていました。どれだけ好きなんだ?

最後はテレビと同じシーンでお別れの挨拶。

お店の方に息子が「これまでありがとう!」ってお礼を言うシーンを見て涙が出た私。

お店のおばさんも感慨深そうに息子としっかりタッチしていました。娘はショーケースに並んだお料理の模型に大興奮していました。

後日聞いた話ですが、先日放送されたYABのニュースは、この時間帯は県内視聴率ナンバーワンだったみたいです。冗談のような本当のお話。テレビ関係者から聞いた話らしいですよ。

仕事している時も、「先生、テレビ見ましたよ!」って何人も言ってました。

当然我が家は録画しております。でも恥ずかしくてあまり見たくないです。もっと粋なコメントすればよかったです。

これまでこのブログに度々登場した「鹿野ファミリーランド」。小さな頃から通っていた我が子達もこんなに立派に大きくなりました。息子が田舎遊び好きになったきっかけのお店でもあります。

これまで本当にお世話になりました。心から感謝の気持ちを伝えます。

ありがとうございました!!!

 

追伸:先日、義弟さんを連れて下関の「ウサギ」に行って来ました。とっても美味しいお料理の数々でしたが、お子様ランチが大人料理以上に美味しそうに見えた私はまだまだ子どもようです。

義弟さん超ハンサムなのに、カメラを向けるとあえて変顔をします。

でもこの顔って誰かに似てるな?って思ったら、数日後にふと思い出しました。

そうです。漫画「デスノート」の死神リュークです。あ、義弟さんに死神扱いはかわいそうですね。でも笑えました。

せっかくなので「ウサギ」の素晴らしいお料理の一部をご紹介します。技術不足でピンボケでした。せっかく一眼レフ持って行ったのになー。まだまだ修行不足です。

追伸2:上記の素敵なランチタイム後に「花の海」に行って来ました。息子と私が興味を持ったのは、最近はやりの「多肉植物」です。ま、簡単に言えばサボテンの仲間みたいなもんですよね?

育てるのが簡単!って書いてあったけど、おそらく私と息子の管理では数日で枯れることでしょう。と言うことで購入断念。

おそらく大晦日にもう一回ブログ更新する予定なので、年末のご挨拶はまだしません。

今年1年、家族と色々素敵な思い出ができました。こんな多動気味で落ち着きのない私に付き合ってくれた妻、息子、娘に感謝感謝です!

さ、来年はどこに遊びに行こうかなー!

突然のテレビ取材!

もう少しで年末です。ずっと忙しい毎日を過ごしています。今週に入ってインフルエンザの流行が本格化してきました。例年より少し早い流行の始まりです。お気をつけて。

最近会議続きの日々ですが、先日は県庁での会議開催でした。

久しぶりの山口県庁訪問です。ここに来たのは小学生ぶり?それともパスポート作りに来たかな?それくらい記憶があやふやです。

会議は12階でありましたが、裏にある五重塔が窓から綺麗に見えました。なかなか雰囲気のある県庁です。周りも綺麗に整備されており、ここに用がなくても散歩コースとして良さそうです。暖かくなったら家族でここ周辺を散歩するのも素敵ですね。会議はこりごりですけど。

 

今回は息子が受けたインタビューのお話。

センザキッチンのある長門市から、息子の希望を叶えるため、周南市北部にある鹿野まで運転していきました。

長門市→美祢市→高速→鹿野インター→ファミリーランドという、山口横断ルートです。車が全然少ない田舎道を通るので、ストレスなくたどり着くことができました。

この日は朝からあいにくのお天気。高速移動中に雨が降り始め、鹿野についた頃には結構な土砂降りでした。ということでお客さんはほぼゼロ。こりゃ貸切だね!って喜んでいました。

古くてちっちゃくて、全然大したことないお店ですが、息子が釣りデビューしたお店であり、これまで10回以上通った思い出深い場所です。

目の前の小さな池で、夏はアユ、秋冬はヤマメやニジマスを釣ることができます。しかも釣ったらすぐにお料理して食べることができます。それがまた絶品!特にぶつ切りの唐揚げは本当に美味しいです。家族全員大好きです。

ここで川魚の美味しさを知った息子です。夏にはアユのせごしまで食べることができた我が子。もともとお刺身大好きですからね。梅の入ったポン酢で食べるのがまたグッド。

ふと、そろそろあそこの唐揚げが食べたいなーって思ったらいつもここに来ていました。高速インター降りてすぐだからアクセスも良好だったし。

夏には裏にある綺麗な川で泳ぐこともできます。息子はここでよくカエルやヤゴを捕獲していました。鯉の餌やりなんかもできます。

当然娘も1歳過ぎにファミリーランドデビューしました。今では唐揚げを骨ごとバリバリと美味しそうに食べてます。

なぜこんなに熱く語るのかというと、なんとこの施設、今年の年末いっぱいで閉店になるそうです!偶然取材に来ていたYABのアナウンサーのお兄さんから聞かされた衝撃の事実でした。

こんな悪天候の中、ここで釣りする人なんて全然いません。

そんな中、雨なんて関係ないね!とばかりに釣りを強行する息子。これまでお客さんが来なくて困っていたテレビ取材班的にも「待ってました!」とばかりに息子への取材攻勢が始まりました。ほぼ独占インタビューです。

釣り終わってお料理を待つ間も色々取材を受けました。小さな声だったけど、それなりにハキハキ答える息子の姿にちょっと涙する私。

それでは実際の放送シーンをご紹介!

ちょっとした5分程度のコーナーで、しかもここの店長さんが閉店の理由などを寂しく語るシーンがほとんどで、我が家の出番はさほどありませんでした。

それでもテレビ初デビューを果たした我が子二人。まだ2歳の娘はなんのこっちゃって顔をしていましたけどね。

基本的にはアナウンサーのお兄さんの質問に答えるという形式でした。

(アナウンサー)もうなくなるんだって。どう思う?(息子)ちょっとさみしい。(アナウンサー)閉店までにもう1回くる?(息子)もう一回来たい!(アナウンサー)ですって、お父さん!どうしますか?(私)息子が言うならもう一度来ます。

ん?気づきましたか?

そうです。私もいくつかインタビューを受けました。ありきたりな質問だったので、それなりにしか答えることができなかったけど、これが友人の間では超不評でした。

もっと面白いこと言え!と、数々の批判を受けた私。そりゃウケ狙いで話してもいいけど、所詮私は素人。大外ししたらカットされることでしょう。しかも愛娘を抱っこした状態ですから。今回はこんな無難な感じで許してください。

もう少し綺麗な服装で行けばよかったなと後悔しております。

最後のシーンでお店の人とタッチした娘。「閉店前にまた来ます!」と宣言して帰りました。

この後のシーンはテレビ放送で知りましたが、アナウンサーがお店の人に「また来ますって言ってますよ。」と伝えたら、店長さんがちょっとうるっとして涙したシーンが流れました。それを見て私もちょっと泣。

ここは有言実行です。今週木曜日の午後に再訪問して来ます。約束を果たすために。東京から帰省している妹家族も連れて行きます。

聞けばもう43年間営業していたそうです。そんな名店がまたひとつ姿を消していきます。我が家の思い出がたくさん詰まったお店だったので、本当に残念で悲しい事実ですが、これがまた時代の流れ。

数々の素敵な思い出をありがとうございます。本当にお疲れ様でした。

鹿野はいいところです。里山に囲まれた懐かしの田舎風景がたくさんあります。このお店がなくなったとしても、鹿野にはこれからも家族四人で頻繁に訪れる予定です。息子も「都会より田舎が好き!」と声高々に宣言していましたから。

でもやっぱりファミリーランド閉鎖は寂しいです・・・・・

 

追伸:まだまだ話題が絶えない相撲協会と貴乃花親方の軋轢問題。

マスコミ報道の仕方が貴乃花親方を悪者に仕立てようとしているのは見え見えです。人道的に正しいことをしているのは貴乃花親方の方なので、彼が批判されることは間違っていると思います。

しかしここは一つ物申したいです。

貴乃花親方だって立派な相撲協会理事の一人です。いわば組織の人間です。協会の対応が気に入らないとか言って、チームの輪を乱すことは正しいことなんでしょうか。それならいっそ理事を辞任すべきだと思います。

相撲協会ってまだまだブラックボックス状態で、今回も暴行を受けた力士より、横綱引退の方が重大な事件だと認識しているかのように見えます。正直、今回の暴行事件は白鵬だって同罪だと思います。しかしようやく相撲人気が回復してきた中、二横綱引退ってことだけは避けたいはず。そんな協会の気持ちが見え隠れしているのが気持ち悪いです。

被害者の貴の岩関なんて怖がって全くテレビに出てこれませんから。

それにしても貴乃花親方のマフィアみたいな格好と形相はどうにかなりませんかね?それだけでもマイナスイメージです。ゴッドファーザーか!ってツッコミたくなります。

美祢市の隠れた魅力再発見!

いつも夜9時に寝て早朝4時過ぎに起きる私。このブログも実は早朝に作成しております。先日久しぶりに宇部夜間診療所に出務しました。夜11時まで仕事ですが、いつも睡眠リズムが狂わされると必ず体調を崩す私。今回もまた少し体調不良になりました。もう年ですかね・・・

まずはこの衝撃的な話題から。

来年の大河ドラマに出演予定だった斉藤由貴さんが不倫騒動の責任を取って緊急降板。その代役に抜擢されたのはなんと南野陽子さん!

斉藤由貴さんから南野陽子さんの流れって・・・

そう、あの伝説番組「スケバン刑事」の再来でございます!

先日のブログでもお話ししましたが、私は昔から斉藤由貴さんの大ファンです。

初代スケバン刑事の麻宮サキ役が斉藤由貴さんで、二代目が南野陽子さんです。

今回の交代劇は果たして偶然なのか?それとも意図的に仕組まれたものなのか・・・

答えはNHKのみぞ知る!

え?この大事件がとっても気になっているのは私だけでしょうか?

 

今回はお隣美祢市のディープな観光地を見つけたお話。

先日、小児科同期友人の子供たちと一緒に美祢市に遊びに行きました。

まずは別府弁天池へ。

ここの水は本当に綺麗ですよね。地下からの湧き水だと思いますが、我が家から車で30〜40分ちょっと走ったらこんなに綺麗な場所があるなんて、本当に山口は田舎で素敵なところです。

子供たちは仲良く遊んでいました。池の中の生物捕獲に必死でした。小さな魚や水生昆虫の幼虫などがいたみたいですが、さすがに素手で魚類捕獲は困難だったようです。

ここの水は面白いです。

池自体は青く見えるのに、そこから流れ出る小さな小川はなぜか赤く見えます。まだ紅葉の時期ではなかったので、落ち葉の赤さではなさそうです。摩訶不思議な光景ですが、そのコントラストがまた絶妙でした。

この池の奥にはニジマスの釣り堀があります。

魚の数はそれなりにいますが、今回は魚の活性が低く、池の中央でじっとしている状態でした。

魚がいるポイントまで息子の短い腕では到底届かないため、まずは私が魚を釣り、すぐさま息子に竿を渡し、ニジマスとのやりとり&取り込みは息子が担当しました。

ここのニジマスは結構大きいので、釣りがいがあります。引きがかなり強いから子供たちも大変そうでした。

ここで注意しないといけないのが、ここの釣り堀も釣った分だけ買い取りという制度があるということです。

一匹の値段は忘れましたが、そんなに高いものではないと思います。もともとニジマスがいくらで売っているのかという相場って全然知りませんけどね。

この日は比較的お客さんが少なかったので、釣れたニジマスを近くの食堂で料理してもらいました。先日訪れた時は大行列でしたから。

今回も大型観光バスが数台来ていたので、この弁天池は県内でも有名な観光地になったみたいです。長門にある元の隅稲荷と同様に。

お料理ができる間、しばし散歩したり、談笑したり・・・

少食の息子が珍しく「お腹すいた!」と騒いでいました。やっぱり友人と遊ぶと楽しいみたいです。疲れて空腹になったんでしょう。家族だけで行ったら全然食べないのに。

娘は相変わらずの超マイペース。突然走り回ったり、抱っこを要求してきたり。そんな娘にデレデレの私ですけど。

お待ちかねのニジマス料理登場!

今回はお刺身とフライ、唐揚げにしてもらいました。

酢味噌で食べるお刺身は美味しかったけど、フライと唐揚げの差はあまり感じることができず、しかも味付けはどちらも濃いソースのみ。せめてタルタルソースとかマヨネーズ、もしくはお醤油が欲しかったです。

前回は自宅に持ち帰って塩焼きにしたけど、妻が作ってくれた塩焼きの方がここのおばちゃんのフライより何倍も美味しかったです。やっぱり塩焼きがベストでしょう。

味はさっぱりとしたサーモンって感じで、とっても柔らかくて美味しいです。ニジマス食べるのオススメですよ!

お次は秋の名物ぶどう狩りに行きました。

たまたまネットで見つけた美祢のぶどう狩り農園に行きましたが、ここがまた超穴場スポットでした。

お客さんは我々のみで貸切状態。広大なぶどう畑にたくさんの実がなっていました。ちなみにここも取った分だけ買い取りという制度です。1個1000円くらいします。普段ぶどうを買わないので、これが高いのかどうか我々には判断不能でした。

子ども達にとってはぶどうが実際に実っているところを見たことないはずです。貴重な体験ができました。

ただ、山の斜面に植えられたぶどうの木は比較的低木で、頭上には鳥防止のネットが全面に覆っており、ずっと中腰で歩かなければならなかった私。腰が痛くなって早めに退散してしまいました。

ここは栗拾いや梨狩りもできるみたいです。また行きたいですね。家から結構近いし。

ぶどう狩り農場のすぐ横に、とっても気になるお店を発見しました。

ファイヤーヒルという焼肉屋さんです。ここは牧場直営のお店らしく、A5ランクのお肉がリーズナブルなお値段で食べることができる!と書いてありました。

お店の人によると、普段なら1万円くらいするステーキが3500円で食べられるとのこと。弁天池でニジマス料理をたっぷり食べた直後なのでさすがにお肉は無理でしたが、このお店には必ず再訪問しようと誓いました。

もし可能なら妻と来て、こちらはビールや赤ワインを飲みたいところです。

このレストランのお庭には二頭のポニーが放牧されていました。しかもニンジンなどのえさも売っていました。

子ども達はまたまた大喜びで馬たちと戯れていました。こんな近くにある場所なのに全然知りませんでした。美祢の底力恐るべし!

たった半日ちょっとの美祢滞在でしたが、大満足の旅となりました。

旅の〆は当然温泉です!於福の道の駅にある温泉に入ってのんびりしました。小さな温泉ですが、ここも源泉掛け流しです。侮るべからず、美祢市!

息子は最近「僕はお父さんと同じで田舎が大好き!」とよく言ってます。今のところ我が子たちは田舎ライフを気に入ってくれているみたいです。まだ浦安にある「鼠の国」には行かなくても良さそうです。

まだまだ隠れた面白スポットが美祢市にはありそうですね。近日中に再訪問する予定です。

まずはあの焼肉店ですな!!

 

追伸:いよいよ週末に選挙があります。

未だ投票先に迷っております。これもまた選挙の醍醐味けどね。

台風接近のため当日は天気悪そうだけど、頑張って投票所行きます。

ネット上に「小池にハマったドングリたち」って記事が載っていました。うーむ、毎度のことながらマスコミの表現って過激ですね。

結局選挙ってマスコミの報道の仕方次第なんですよね。あと、週刊文集とか。

マスコミが1人の政治家を国政から引きずりおろす力を持っているって怖いと思いませんか?

それと週刊文集も。

我が家と海の関係性

秋が徐々に深まっております。あっという間に年末に向かいます。近隣ではインフルエンザに寄る学級閉鎖も起こり始めています。インフルワクチンは相変わらず不足傾向。今年の流行はどうでしょうか?

まずはこの話題から。

我が巨人軍がクライマックスシリーズに出場出来ないってわかった瞬間から私は来期に向けて考えていました。

やはり我がジャイアンツも若手に移行していくという時代の流れには逆らえず、かつての4番バッター、ベテランの村田修一選手がジャイアンツを去っていきます。

寂しい話ですが、これもまたプロ野球というシビアな世界。新天地に行っても大活躍することを願っております。出来ればパ・リーグの球団に行ってほしいな。セ・リーグだと厄介な存在になりそうです。

お疲れ様でした。

 

今回はいつもの釣り堀話ですが、常連になったから体験できた素敵なお話を。

もう何回目の訪問かわかりませんが、豊浦の黒井漁協に併設された小さな小さな釣り堀。今回は両家のおじいちゃん達においしい味を届けたいという息子の希望でやってきました。

息子はもうここではベテランの域に達しています。アジは結構暴れる魚ですが、比較的口が弱い魚なので、無理矢理引き抜こうとすると口が切れて逃げてしまいます。

私がしっかりと教えた通り、まずは焦らず竿を立て、魚の動きを見ながら引き抜く姿は他の子どもたちとはひと味違います。

今回は妻も挑戦!

ベテラン釣り師の息子が母に指導しておりました。頼もしい姿です。妻はしどろもどろ。

結局最後は息子が代わって釣り上げていました。なかなかアジ釣りも奥が深いです。

今回の釣果です。

さすがに娘は大きなアジを見て少々困惑気味。息子はいつものドヤ顔です。

普通に釣りに行ったらこんなに大きなアジはなかなかお目にかかれないという厳しい現実をまだ知らない無垢な息子です。

ここには小さなレストランが併設されています。ここで食べるハマチ定食は絶品です。ここの魚は養殖モノですが、天然より脂が乗っているような気がします。

ここで釣った魚も、調理代金払えばすぐに食べさせてくれます。まだアジやサバしか釣ったことありませんが、鯛やハマチも釣ってみたいですね。結構なお値段しますけど。

釣り&食事を楽しんだ後、しばらく海を見ながら家族で散歩していたら、驚きの展開が待っていました。

漁協の方が、「もし時間があるなら海上にある生簀に餌やりに行きませんか?」と誘ってくれたんです!何度もここに来ているから常連さんって思って気を使ってくれたのか、それとも偶然か。

一家大喜びで船に乗り込み、生簀まで連れて行ってくれました。

ここはちょっとした入江になっており、消波ブロックも置いてあるため海上はとっても穏やかでした。しかもこの日はとってもいいお天気で、船に乗るには最高のコンディションでした。基本的に、私と息子は超晴れ男ですからね。

沖の生簀に着いたらエサやり開始です。

配合エサをあげたら味がウジャウジャと集まって来ました。

小さいアジを沖で捕まえ、ここで養殖して大きくし、そして釣り堀用の生簀に放つそうです。

来年のGWまでに大きくするが目標みたいで、今エサをあげているアジを来年のGWに我が家が釣りに来るという未来予想図です。

2歳の娘も面白かったみたいで、「お魚さーん、食べてー!美味しいよー!」と言いながら楽しそうにエサやりしていました。その姿に萌え萌えの父。私はエサやりする暇なく、必死に我が子の可愛い写真を撮りまくっていました。完全に親バカです。

毎回こんなことはできないと思いますが、ずっと通っていたからこの偶然のタイミングで生簀まで行くことができました。貴重な貴重な体験でした。

やはり息子は海が似合います。

船が出航したらすぐに船首に立って海を眺めていた息子の後ろ姿は完全に加山雄三状態でした。

まだ全然泳げない息子ですが、いつの日か息子と一緒に船に乗って魚釣りに出かけたいなって願う私。やはりスイミングを習わせる必要があるなって思いました。しかし息子は野球希望。まさかのバスケット拒否でしたからね。

今は無理ですが、いつの日か船舶免許を取得しようかなって夢を見ています。妻の許可が得られそうにないですけど。

最近、近所の山口労災病院の前に新しい釣具店がオープンしたので、まずは子供用の小さな釣りセットを購入し、アジのサビキ釣りや、砂浜からのチョイ投げ釣りでキスを狙うところから始めようと思います。

実はこの日、早朝からいつもの焼野海岸を散歩していた砂川家。

海をこよなく愛するのはやっぱり私です。だって山に行くと虫が多いので、アトピー性皮膚炎の私はとっても辛いです。基本的にはアウトドア親父の私ですが、外でキャンプをしないのもそのせいです。極度の暑がりだし。やっぱり空調完備のキャンピングカーが欲しいです!妻に提案したら「1年で何回くらい乗るの?」と冷静にいなされました。残念・・・

海はいいですよー。見ているだけで心が洗われます。

さぁ、次はどこの海に行こうかなー!(落ち着きのない私)

 

追伸:今年の4月にオープンしたサンパークにあるとんかつ店ですごいメニューを発見しました。その名も「マウンテンカツ丼」と「富士山唐揚げ膳」です。ま、単なる大盛り料理ですけどね。

ずっとずっと気になっていましたが、食べきる自信がないのと、万年ダイエット中の私には禁忌の食べ物です。

ということで、先日、毎週我がクリニックに外来見学実習に来る学生さんの中で、比較的大食いそうな男子を発見し、彼を引き連れお店に行って来ました。

実際の写真がこちら。学生さんにはブログ掲載許可をいただいております。

思っていたよりは盛りが少ない印象。しかも値段が1000円という比較的リーズナブルな設定でした。さすがは現役空手部の彼。ペロリと平らげてしまいました。

彼のコメントによると、ソースカツ丼なのでさっぱりしてたけど、途中で味に飽きてしまいますとのこと。

ん、私?私もこのカツ丼を食べきることはできそうですが、私はそれより上等の美味しそうなカツセットを注文し、ゆったりと食べておりました。

次回は唐揚げ大好き我が子を引き連れ、みんなでシェアして「富士山唐揚げ」を食べてみようと思います。

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.