テレビ

Select Tag

 

最近のマスコミ報道について思うこと

なんだか外は冬の大嵐。台風のような大風が吹きつけれております。また新たな寒波がやってくるみたいですね。新学期始まってインフルエンザが流行しなければいいですけど。

まずはこの話題から。

私が大好きだった星野仙一さんが70歳の若さでこの世を去りました。すい臓がんだったみたいですね。

「打倒巨人!」をずっと公言してた、我がジャイアンツの永遠のライバルでした。さすがに現役選手時代はよく知りませんが、監督時代によく苦しめられていました。

中日、阪神、楽天の監督としてどのチームでもリーグ制覇を経験し、最後には楽天監督の時についに我が巨人を倒して初の日本一にもなりました。まさに「闘将」です。長い間本当にお疲れ様でした。

 

今回は最近の加熱するマスコミ報道について少々物申したいと思います。あくまで私の超個人的な意見です。やや批判的な話になるので、興味のない方はスルーしてください。

毎年恒例の年越し番組である「絶対に笑っていはいけない」シリーズを録画しており、この度ようやく全部見終わりました。何度かに分けて鑑賞しましたが、さすがに6時間越えの番組は疲れますね。

今年もしっかり笑わせてもらいましたが、例年にも増してちょっと過激な演出が多かったように思えます。番組スタッフもマンネリ化を防ぐため大変なんでしょう。

やはり高視聴率番組には批判がつきものです。

まずは顔を黒塗りにして演じたエディーマーフィーさんのモノマネが世界中から批判を受けています。黒人に対する差別的行動だそうです。

さすがにこのことに関しては反省すべきだと思います。日本人が無知だったことが一番の原因ですが、これが浜田さんの罪に当たるんでしょうか?ネットニュースでは叩かれ放題。問題は「これを演じてください」とお願いしたスタッフの方にあると思いませんか?配慮が足りなかったこととして。

続いてベッキーさんのタイキック問題。

さすがにこのタイキックシーンには少々引いてしまった私。当然このシーンも批判の対象になったみたいです。

爽やかなイメージから転がり落ちてしまった彼女ですが、お笑いタレントとして出直すには良いきっかけだったと本人は話しているそうです。案外、やらせだった可能性もありますけどね。

袴田吉彦さん演じる変態仮面もちょっと過激演出でした。

不倫ネタを堂々と披露し、しかもこんな姿でテレビに出るなんて。ハンサム俳優のイメージとのギャップで笑いを演出する手法は年々過激になりつつあります。

共演者の方から「またこれで仕事増えるぞ!」と、励まされていた彼。芸能人の生き残りをかけたギリギリの仕事だったと思います。

先日、ビートたけしさんが自分の著書の中で、「最近は視聴者が皆、批判者になっている。」とぼやいていました。これには全くもって同感です。

ネット上で出てくる一個人の批判的な意見を、あたかも世論のように大々的に報道してしまう今のマスコミのあり方なんてどうなんでしょう。

あくまでこれは一つの意見です。いわばマイノリティーリポートであって、これが視聴者全員の意見ではありません。この番組を楽しみにしている人だって数多くいます。しかし顔がバレないならなんでも話していいと思う、心ない人々が誹謗中傷するような意見を投稿し、それを逐一拾ってあたかもメジャー意見のように堂々と報道するマスコミ。もううんざりです。

黒人差別や女性軽視の問題を無視しているわけではありません。これはこれで大きな問題として、もっともっと切実に議論すべきことだと思います。

最近の報道を見ていると、テレビで放送された番組の一コメントをニュースとして取り上げることが多いように思えます。

先日のお笑い番組でウーマンラッシュアワーがかなり切れ込んだ時事問題批判を繰り広げました。実際に見ましたが、人が言いづらいことをズバッと切り込んできた印象を受けます。しかしなぜお笑い芸人にこんな議論を任せる?沖縄基地問題や隣国の核問題など、彼らに代弁してもらうことなく、堂々と新聞やネット上で議論すべきだと思いませんか?自分は新聞愛読者ですが、この新聞離れの世の中で情報収集する手段は主にネットだと思います。

そんなネットニュースを批判的な角度から見てみると、あたかも世論を誘導しているような作為さえ感じます。週刊誌が一人の政治家を葬り去ることができる時代に恐怖を感じます。

増税の話題や隣国核問題、今年行われる診療報酬改定など、自分が知りたいニュースはほんのちょっとしか報道されておらず、相変わらず貴乃花親方問題ばかりテレビ報道しています。親方を悪者にするか正義の味方にするかは報道の仕方次第。それを鵜呑みにして親方批判をするコメンテーターの方々。よく考えてください。彼は被害者の親方なんですよ。暴行事件の。批判されるってどうなんでしょうか。貴の岩関がまた普通に相撲を取れるんでしょうか。なんだか本末転倒な展開です。

あくまで私一個人の意見ですが、今回の理事解任は妥当な判断だと思います。親方の作戦なんでしょうが、自分も理事の一人なら、まずはルールに従って動くのが筋です。体制批判をしたいなら、もっと堂々と発言すべきだったと思うし、まず何よりも理事長になるまでしっかり頑張って、そこで思い切った構造改革をする方がベターだったのでは?と思います。貴乃花親方の人気があれば、数年後には理事長になれたはずです。

今回はダンマリ作戦が失敗だったと思っています。ま、これも横綱気質なんでしょうね。自分だったら組織の弱点を念入りに調べ、そこを叩く手法をとるような気がします。一番悪いのは私ですな。

なんだか堅苦しい投稿になってしまいましたが、この批判だらけの報道社会。日本国憲法が定めている「表現の自由」がどんどん損なわれているような時代です。これってちょっとした報道規制ですよね。中国がとっている手法と同じです。もしかしたら裏で国が情報操作をしているのかもしれません。

ラッツ&スターが黒塗りで歌うことはもうないだろうし、とんねるずの石橋さんが演じたホモダホモオを観ることはもう二度とないでしょう。

色々書きましたが、私も単なる一批判者の一人です。このブログの意見だって完全にマイノリティーリポートです。どう受け取るかは人それぞれです。

もっと堂々とした場所で、みなさんがたくさん議論できる時代がやってくることを期待しています。

 

追伸:昨年末にハムストリングの肉離れを発症し、しばらく静養していましたが、先日今年の初バスケに行ってきました。

両膝及び左大腿部にでっかいサポーターを付けてのバスケットです。年々各関節を痛め、徐々にサポーターの数が増えてきている私。サイボーグのようになっています。

幸いまだそこそこ得点をゲットできましたが、そろそろ体の限界を感じ始めている私です。

一体何才まで元気にバスケットできますかね?夢は息子と一緒にバスケをすることですが、そこまで体がもつかどうか、甚だ不安です。

っていうか無理そうです・・・

有言実行!

今年最後の1週間。まだまだインフル流行持続しています。ついに娘も罹患しました。すでに超元気ですけど。みなさんもお気をつけて。

数日前の新聞で読みましたが、別府杉乃井ホテルが年明けに10日連続の休館日を設けるそうです。この休みを利用して海外研修などにも行ってもらうそうです。これくらい大胆に休暇を設定する企業の勇気って素晴らしいと思います。4億円の減収らしいですけどね。これも大人気ホテルだからできることなんでしょうか。10日も無理とは思うけど、他の企業にも見習って欲しいです。

 

今回は先日のテレビ放送で「また来ます!」と言ってしまったことから、鹿野に再訪問したお話。

ローカル放送とはいえ、テレビ電波で再訪問を宣言してしまった息子。ここは有言実行だ!と気合いを入れた私。めちゃくちゃ忙しい外来の合間の木曜日午後に、子ども達を連れて鹿野ファミリーランドに行って来ました。これが正真正銘、最後の訪問になりました。

今回は東京から帰省してきた妹家族も一緒に連れて行きました。

息子はもうベテランです。さっさと釣り上げて、従姉妹に釣りのアドバイスをしていました。ま、もう10回以上はここに来てますからね。

最後の釣りのターゲットはニジマスです。平日午後なのでお客さんが少なく、魚もお腹が空いていたようです。あっという間に釣り上げることができました。

娘も上手に釣りました。ただ、釣り上げたニジマスが派手に暴れまわるのでかなりビビってましたけど。

せっかくこの場所で魚釣りデビューした娘なのに、やっぱり閉店って寂しいです。大学時代の友人から「ここに別荘建てたら?」って言われたこともあります。ま、無理ですけど。

食べる分だけ釣り上げたらお料理です。

塩焼きと唐揚げを待つ間、裏手の綺麗な川で遊びました。さすがにこの季節には水の中は無理ですが。午後3時くらいだったのに、バケツの氷がまだ溶けていませんでしたからね。鹿野ってどんなに寒いんだ!って思いました。

いよいよファミリーランド最後のお食事です。

このぶつ切りの唐揚げは本当に絶品です!一緒に頼んだ塩焼きもまたグッド。

甥っ子&姪っ子が美味しそうに食べている姿を見て、連れて来てよかったなって思いました。

ちなみに我が娘もこの唐揚げ大好きで、最後は数個を手に隠し持って人に取られないようにこっそり食べていました。どれだけ好きなんだ?

最後はテレビと同じシーンでお別れの挨拶。

お店の方に息子が「これまでありがとう!」ってお礼を言うシーンを見て涙が出た私。

お店のおばさんも感慨深そうに息子としっかりタッチしていました。娘はショーケースに並んだお料理の模型に大興奮していました。

後日聞いた話ですが、先日放送されたYABのニュースは、この時間帯は県内視聴率ナンバーワンだったみたいです。冗談のような本当のお話。テレビ関係者から聞いた話らしいですよ。

仕事している時も、「先生、テレビ見ましたよ!」って何人も言ってました。

当然我が家は録画しております。でも恥ずかしくてあまり見たくないです。もっと粋なコメントすればよかったです。

これまでこのブログに度々登場した「鹿野ファミリーランド」。小さな頃から通っていた我が子達もこんなに立派に大きくなりました。息子が田舎遊び好きになったきっかけのお店でもあります。

これまで本当にお世話になりました。心から感謝の気持ちを伝えます。

ありがとうございました!!!

 

追伸:先日、義弟さんを連れて下関の「ウサギ」に行って来ました。とっても美味しいお料理の数々でしたが、お子様ランチが大人料理以上に美味しそうに見えた私はまだまだ子どもようです。

義弟さん超ハンサムなのに、カメラを向けるとあえて変顔をします。

でもこの顔って誰かに似てるな?って思ったら、数日後にふと思い出しました。

そうです。漫画「デスノート」の死神リュークです。あ、義弟さんに死神扱いはかわいそうですね。でも笑えました。

せっかくなので「ウサギ」の素晴らしいお料理の一部をご紹介します。技術不足でピンボケでした。せっかく一眼レフ持って行ったのになー。まだまだ修行不足です。

追伸2:上記の素敵なランチタイム後に「花の海」に行って来ました。息子と私が興味を持ったのは、最近はやりの「多肉植物」です。ま、簡単に言えばサボテンの仲間みたいなもんですよね?

育てるのが簡単!って書いてあったけど、おそらく私と息子の管理では数日で枯れることでしょう。と言うことで購入断念。

おそらく大晦日にもう一回ブログ更新する予定なので、年末のご挨拶はまだしません。

今年1年、家族と色々素敵な思い出ができました。こんな多動気味で落ち着きのない私に付き合ってくれた妻、息子、娘に感謝感謝です!

さ、来年はどこに遊びに行こうかなー!

変わらないもの、変わりゆくもの・・・

最近、持病の喘息が再悪化してきました。運動はできるんですけどね。やっぱり梅雨時期もつらい季節です。いつになったら落ち着くのか・・・

まずは季節ネタを一つ。

子どもたちのためにホタル鑑賞に行ってきました。数年前までは楠の奥地まで行ってましたが、厚狭の公園で見ることができるという話を聞いて、さっそく寝太郎公園に行ってきました。

予想以上にホタルが飛んでいました。自宅から10分程度の距離のところにホタル鑑賞スポットがあるなんて感激です。っていうかそれくらい山陽小野田市が田舎ってことですよね。素晴らしいことです。

iPadで撮影すると真っ暗でなにも見えなかったので、ネットから写真拝借しました。綺麗ですよ!

今回は久しぶりにNHKの話題です。

我が家はNHKの「Eテレ」が大好きです。最近は2歳の娘がどっぷりハマっています。

みなさん大好き番組「いないいないばあ」のメインキャラであるワンワンですが、最近ワンワンに関する衝撃の事実を知りました。

ワンワンの中の人の正体を知ったのです。高校時代の友人がFacebook投稿で教えてくれました。ちなみにワンワンの素敵なプロフィールを載せておきます。いらない?

<ワンワンプロフィール>

好きな食べ物は納豆

年齢は5歳

犬が苦手

自分の手を顔に見立てて演じる「パクパクさん」「パクこさん」という一幕がある(右手がパクパクさん、左手がパクこさん)→ワンワンってまさかの「イヌ嫌い」でした。

あ、話題が横道にそれましたね。

ワンワンの中身の人は・・・

「チョーさん」です!!

え、知らない?あの懐かし伝説番組「たんけんぼくのまち」でおもしろ地図を作っていたあの有名なチョーさんです。

小学校の社会の授業でよく見ていたテレビです。まさかの事実に大きな衝撃を受けました。この数年間で最大の衝撃です。

確かに「チョーさん」といってピンとくる方々は私と同世代の40歳前後の方々だけかもしれません。チョーさんを知っていてもワンワンを知らない人が多いことでしょう。ちょうど子育て世代の私だからこの二人が結びつきました。

この事実に感動できる人ってほんと一握りの方々だと思いますが、それでいいんです。もともと私のブログの内容は万人ウケするとは全く思っていませんから。わかる人だけわかってくれればいいんですよ。ね、感動してくれた方々!

さらに詳しく調べてみると、次々と衝撃の事実が明らかになりました。

チョーさんの本名は「長島茂さん」です。

私が崇拝するミスターこと「長島茂雄ジャイアンツ終身名誉監督」と一字違いでした。

しかも今年で還暦を迎えるそうです。ワンワンを演じて20年の大ベテランです。さらに言うと、「中に入っている俳優さん」と「ワンワンの声優」を兼任しているそうです。

これで全ての謎が解けました。キレッキレのダンスをしたり、やたらと絵が上手なワンワンですが、全てはチョーさんの才能でした。素晴らしい才能です。感動しました。

思えばNHKって長寿番組が多く、子どもたちの抱くイメージがあまり変わらないようにするためか、キャストの入れ替えが盛んに行われます。

最近ショックを受けたキャスト入れ替えが「クックルン」の「リンゴ」ちゃんです。とってもプリティな彼女はいずれ大成するだろうなって大いに期待していました。しかもやたらと頭が大きくて超個性的だった「クミン」ちゃんも変わってしまいました。

最近見たクックルンではさらにキャスト変更が行われていました。ほぼ1年で交代です。恐ろしい・・・恐ろしいぞNHK。

しかしキャスト交代で最もショッキングだったこと、それはみなさんよくご存知だと思いますが、私の愛する「たくみ姉さん」の交代劇です。

もう何度も何度もこのブログ内でご紹介しましたが、「おかあさんといっしょ」の三谷たくみお姉さんの大大大ファンでした。決して恥ずかしいと思っておりません。たくみファンとして誇りを持っております。ちなみにたくみお姉さんは記念すべき第20代目の歌のお姉さんなんですよ。

毎朝8時にたくみ姉さんが「みんなー!元気ー?」っていう掛け声をクリニック院長室で聞いて、「はーい!」って答える変態的な私でしたが、今ではその声を聞くことができません。ここ1年くらい「たくみロス」になっていました。

たくみお姉さんからあつこ姉さんにバトンタッチしましたが、なんだかこの二人のツーショットに違和感を感じていたのは私だけでしょうか?まあ年の差が離れているので、仕方ないことだと思いますけどね。

最近はあつこお姉さんも一生懸命頑張っており、ようやくたくみロスから抜け出すことができそうでしたが、次はだいすけお兄さんの卒業という驚きの事実が待っていました。

やはり世代交代は必要で、あつこお姉さんと比較的年齢が近そうなゆういちろうお兄さんに変わりました。

やはり今の二人のツーショット写真を見ると、全然違和感がありません。こうしてNHK業界も世代交代がすすんでいくということですね。新陳代謝を良くするには大事なことです。

歌のお姉さんに大事な素質として、歌が上手いのはもちろんですが、「変顔」ができるかどうかが重要です。

最近見かけたあつこお姉さんの変顔ですが、最高にお上手でした。変顔だけみると、あつこお姉さんはたくみお姉さんを超越しております。これからもしっかり頑張って、子ども達だけではなく、我々おっさんの心を癒してくださいね。期待しています。

こうして交代劇を繰り返しながら、素敵な番組を我々に提供してくれるNHKのEテレです。

どんどんキャスト変更が行われている一方、ワンワン役のチョーさんのように20年も頑張っている俳優さんもいます。変わることも大事ですが、変わらず続けることも大事ですよね。今回のチョーさんの事実を知って色々考えさせられた私でした。うーん、さすがはNHK。奥が深し!

NHKの放送を単なる子供番組としてとらえるのではなく、大人目線で鑑賞するのもなかなか楽しいですよ。

たくみお姉さんにまた会いたいな・・・・・(今回最大のオチ)

 

追伸:我が巨人軍が最悪の12連敗してしまいました。

前述の新陳代謝を良くしなかった悪影響が今になって噴出したってことです。NHKを見習って、広島カープを見習って、代謝をよくする荒治療が必要ですね。

しかしこんな弱い巨人でも私はずっと応援します。もしかしたらクライマックスシリーズに出て優勝できるチャンスがあるかもしれません。

可能性は低いと思われますが、私はずっと信じています。それが真の巨人ファンです。ソフトバンクやカープに浮気して巨人ファンを辞めていった人たちとは違います。

私は本物の巨人ファンですから!

新旧入り乱れ!

最近ずっと寒いですね。インフルエンザ流行の拡大が止まりません。みなさんお気をつけください。受験シーズン突入ですから、特に受験生の方の体調管理をしっかり!

松方弘樹さんの訃報に驚きました。

脳リンパ腫という重症疾患と戦い続けていた松方氏。脳梗塞を繰り返している話は聞いていましたが、まさかの訃報でした。

ヤクザ映画のイメージが強いと思われますが、私が一番印象に残っているのは「天才たけしの元気が出るテレビ」で周りからイジられる可愛い姿が印象的でした。

しかし松方氏の代表的な作品はやはり「仁義なき戦い」と「遠山の金さん」でしょう。

特に「仁義なき戦い」シリーズは大好きで、ほぼ全てDVDで鑑賞済みです。おかげで今でもヤクザ映画が大好きです。たけし監督のアウトレイジも大好きですから。

松方弘樹さん、長い間お疲れ様でした。

今回はスポーツ界新旧交代とおじさんパワー全開のお話。様々な話題盛りだくさんで一貫性がないけど許してください。

まずは卓球の全日本選手権。まさかの大本命石川佳純選手が決勝戦で敗退しました。

優勝した平野選手はなんと16歳です。まだ16歳ですよ、16歳。素晴らしい快挙です。東京オリンピックで大暴れして欲しいです。

ですが、我が山口県のアイドル石川佳純選手が負けるなんて。彼女は山口県出身です。山口銀行の前にいつも巨大なポスターが貼ってあって、おっさんの私は彼女の笑顔に癒されていました。頑張れ、かっすん!東京オリンピックで金メダルだ!

続きましてこの話題。

稀勢の里関、優勝おめでとうございます!!そしてついに横綱昇進!!おめでとうございます!!!

ついにというか、ようやく「日本出身」横綱の誕生です。なんと若乃花以来ってのがすごい。これまで何度も優勝のチャンスがありながら、朝青龍や白鳳に負けてましたからね。

初優勝と年間最多勝が評価されたみたいですが、今場所は番付上位の力士の休場があって、優勝に有利だったのも事実です。でも千秋楽の白鳳戦は見事でした。横綱相撲にふさわしい内容でした。

これからは横綱の名に恥じないような立派な相撲をとってほしいです。しっかりと四つに組んで、相手をバンバンなぎ倒してください。期待しています!

最後はちょっとマニアックな話題です。

高校生の頃からずっと好きだった洋楽ロックバンド「ガンズ・アンド・ローゼズ」がオリジナルのメンバーで復活し、JAPANツアーを行っています。

もともとのメンバーの大ゲンカが原因で、ボーカルのアクセル・ローズ以外が脱退して別バンドを結成してしまいました。まぁ洋楽界ではよくある話です。

アクセル・ローズ一人になってからのガンズの曲はからっきしでした。もうこれで終わったなと思った矢先、オリジナルメンバーと仲直りして復活するという大事件が起こりました!嬉しい大事件です。

ギターのスラッシュ、ベースのダフ・マッケイガンが再加入したガンズはかつての勢いを取り戻せたんじゃないかと思います。

できればこのメンバーで新しいアルバムを作ってほしいですが、せめて今回のライブDVDは是非とも発売してほしいと願っております。本当はコンサートに行きたかったんですが、仕事&家庭の都合でまず無理です。

もう高齢のメンバーですが、これからのますますのご活躍を心から期待しています!

今回は脈絡のないお話でしたが、若者の台頭、おっさんの頑張り、どちらも日本を元気にする話題ってことで。

 

追伸1:松方弘樹さんのことを考えていると、「天才たけしの元気が出るテレビ」で大人気だったコーナー、「ダンス甲子園」のことを思い出しました。この時大人気だったグループ「アジャコング&戸塚ヨットスクールズ」のリーダーって誰だったか覚えてますか?

そうです、この人です。

今や政治の世界で有名な「山本太郎」さんです!

昔は「ストロベリーキュー!」とか「メロリンキュー」って叫んで大騒ぎしていました。めちゃくちゃ面白い人で、お茶の間の人気物だったと思います。

やはりお笑いできる人って頭が良くないとダメなんでしょうね。今では政治家として頑張っているみたいです。

誰が立派になるかなんて想像できませんね。いずれは「所ジョージ首相」とか「ビートたけし首相」が誕生するかもしれません。面白そうですけどね。

ま、政治経験ゼロで不動産王の大金持ちの方が大統領になれる時代ですから。

 

追伸2:トランプさん大統領就任直後にTPPからの完全離脱を決めました。公約に掲げていましたからね。これまでたくさんの関係国が何年も何年もかけて積み上げてきた議論が一気に台無しになりました。大統領の権限って凄まじいですね。これって民主主義なんでしょうか。疑問に思います。

アメリカの雇用が海外に奪われた!って騒ぐのはわかりますが、アメリカの会社の企業努力ってどうなんでしょうか。

大好きな車の話になりますが、明らかにアメ車よりもドイツ車の方が何倍も優れています。

ヨーロッパ車をベンチマークとし、様々な技術で対抗してきた日本車勢。そんな競争を無視してアメリカ万歳!って叫ぶのは経済の世界では大バカ物と思われるでしょう。

関税をかけることなどで脅したところで、肝心の技術が伴ってなければ世界から無視されそうです。経済界で成功した男なのに、自分勝手な振る舞いに腹が立ってしまう私でした。

大統領ってそんなに偉いの?もはや独裁者ですね。怖い、怖い。

衝撃の大事件!

昨日の暖かさから一転、今日は寒いですね。雪が降っていました。インフルエンザの流行がやや落ち着いてきた印象です。

今回は先週発表された衝撃の事件話です。

20160213-00000019-nksports-000-2-view

先週、ショッキングな出来事が発表されました。

お父さんたちのアイドル、「おかあさんといっしょ」の歌のお姉さんこと三谷たくみさんが降板することになりました。本人の強い希望らしいです。大ショックです。

息子がまだ小さかった頃、朝のNHKは欠かせませんでした。普段は「テレビ依存はダメですよっ!」と言わなければならない小児科医ですが、やはり我が家で騒ぐ息子がおとなしくなるNHKの子ども向け番組は重宝しました。

「えいごであそぼ」とか「ピタゴラスイッチ」とか、数々の名作がありますが、その中でも「おかあさんといっしょ」はとても面白かったです。集中力のない子どものために、数分ごとに区切られた企画がたくさんあり、かなり良くできている番組だと思います。NHKの中でも超長寿番組です。「徹子の部屋」クラスです。

yjimage-2yjimage-3たくみお姉さんは子どもに人気なのはもちろんですが、我々お父さん世代からも絶大な支持を受けていました。自分の知り合いパパ数名も大ファンでしたからね。

もう40歳過ぎのおっさんですが、ずっと前から「たくみお姉さんファン」は公言していました。何も恥ずかしい気持ちはありません。決して美人タイプではありませんが、歌が超絶に上手なのはもちろん、仕草がとてもチャーミングでした。

20160212-00000155-sph-000-thumb20160212-00000004-mantan-000-5-view息子をダシにして父も楽しんでいた「おかあさんといっしょ」。たくみお姉さんのコメントは「やりきった」とのこと。今後は芸能事務所に入ることはなくゆっくり過ごされるそうです。もしかしたら今後テレビで彼女に出会うことはないかもしれません。

次のお姉さんがどんな方か全く情報がありませんが、たくみお姉さんを超えることができるかどうか、おっさん目線で冷静に分析しようと思います。

imageimage-24歳の息子の興味は完全に仮面ライダーとスーパー戦隊ものに移りました。さっそく昨日から始まった新番組「ジュウオウジャー」も鑑賞済みです。前回のニンニンジャーで戦隊モノを卒業させようと試みましたが、全く無意味でした。またこうしてバンダイのおもちゃ戦略にハマっていく私でした。歴史は繰り返します。

yjimageyjimage-1余談ですが、たくみお姉さん以外のメンバーは残留みたいです。ただ、人形劇のレギューラー陣は変更されるみたいです。一番左のメーコブが好きでした。4月からどうなるのか楽しみですね。

ん?もう息子が観ていないなら、私が「おかあさんといっしょ」を鑑賞するチャンスはないだろうって?

安心してください!まだ我が家には9ヶ月の娘がいますよ!byとにかく明るい砂川

40歳過ぎたオッサンが「おかあさんといっしょ」を楽しむ姿は病的です。一応小児科医としてのリサーチとして扱ってください。

 

IMG_5320追伸:先日、県小児科医会の上司の支持で、時期参議院選挙の比例代表で出馬する方の会合に出席してきました。元郵政大臣までなった自見庄三郎氏の娘さんです。以前のブログでも紹介しましたが、現在40歳で私と同じ年、しかも小児科医です。

自民党の公認候補で出馬するので当選する可能性が高そうですが、得票数が問題になるみたいです。同じ小児科医として国会で暴れてほしいです。もし見事当選すれば、小児科医として初の国会議員になるそうです。がんばってー!

応援演説に3名の現職国会議員の方々が来賓として来られていましたが、皆さんスピーチ長すぎです。とっても饒舌にお話しされていたのが印象的でしたが、おかげさまで最終新幹線の時間ギリギリでした。

ちょっとだけ政界進出に興味を持っていた私ですが、滑舌が悪すぎるのでこれは自分に向いていないと勝手に諦めてしまいました。

自見さん見てたらなんだか大変そうだし、ずっと小野田で小児科医している方が幸せです。

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.