我々夫婦の思い出の地が閉鎖・・・

pic_typhoon_kkikan巨大台風が接近中です。もう10月というのにまだまだ油断出来ないですね。今夜から山口にも影響がきそうです。

毎回思う事ですが、ネットで台風状況をチェックすると我が山口県は九州北部に含まれて報告される事が多いです。でもなんだか山口だけ特別扱いされているみたいでちょっと嬉しい田舎もんの山口県民でした。大きな被害とかでなければいいですけどね。息子の幼稚園は休園だろうな。

今回は我々夫婦の思い出の地が閉鎖になった悲しいお話です。

yjimageyjimage宇部にある名門写真館が急遽閉店するという衝撃のニュースを聞きました。息子の1歳の写真撮影でもお世話になった宇部新川の有名なお店です。

何よりもショックだったのが、沼写真館が運営している結婚式場「風のみえる丘フェリース」も同時に閉鎖するという事実です。

yjimage-1yjimage-2フェリースは我々の結婚式を挙げた素敵な施設でした。姉夫婦もここで結婚式を挙げています。

宇部のあすとぴあにある南欧風なおしゃれ施設です。ちょっと場所が辺鄙でわかりにくいけど、建物はなかなか凝っており、かなりコストをかけていると思います。

料理もなかなか美味しく、私の結婚式でも振る舞いましたが、パエリアがとっても美味しかったです。そんな思い出の施設がついに閉鎖されることなり、夫婦共々大ショックです。

なんとなくセンチメンタルな気持ちになったので、ここで撮影した写真を掘り起こしてみました。

img_6973-1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bcimg_6655-1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc恥ずかしいのでこのブログ内でしか公開しませんが、改めて結婚式の写真を見ると、自分の笑顔が我ながらまぶしく見えます。よほど嬉しかったんでしょう、私。

奥さんは可愛いけど、私は今も変わらずメタボリック体型です。定期的に運動しているけど全く痩せません。理由はわかっています。お酒です。昔はかなりの下戸だったのに、今では立派なアルコール中毒おじさんになってしまいました。そろそろ健康に留意して酒量を減らさないといけないですね。出来るかな?

img_7163-1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc最近は晩婚化がすすんでおり、しかも未婚者の割合がどんどん増加しているそうです。ということでブライダル業界も結構厳しいという噂は聞いていました。そんな中、まさか自分たちの思い出の結婚式場が閉鎖されるなんて悲しいし、何か縁起が悪いように思えます。

ま、これも時代の流れです。施設は立派でとっても素敵なので、また新たな業者が買い取って、見事な復活劇を見せてほしいです。ここで結婚式を挙げた人たちの思いも込めて。

61868_1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-261836_1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc-2宇部新川にある沼写真館にもお世話になりました。

左の写真は1歳の時の記念写真ですが、とても可愛い写真を撮ってもらいました。写真では満面の笑みですが、この写真を撮り終えるまでカメラマンの方や周りのスタッフは相当苦労されていました。

ちょうど昼ご飯後の撮影で眠気MAXの息子。最初はかなり不機嫌だったけど、スタッフの数々の笑わせネタによりようやく機嫌が良くなった後の撮影です。その状況を思うと、こんなに素敵な写真が撮れたのは写真館スタッフのおかげです。皆さんプロでした。

img_7475img_7432あんなに幼くて可愛かった息子も今では立派な5歳のお兄ちゃんです。

後日報告しますが、先日息子の幼稚園で運動会が開催されました。ほんの数年でこんなにも大きくなって、しかもみんなと一生懸命踊る姿をみて、カメラのファインダー越しに涙を流す私。

息子の成長も早いけど、それと同じスピードで老けていく自分に少し恐怖を覚えました。長生きしなければ。

いつも思う事ですが、子育てって大変だけど、子ども達と一緒に過ごせる時間って実はそんなに長くないんですよね。今この瞬間を大事に、一生懸命子ども達と遊ぼうと思います。後数年後には親離れするだろうし。そんなことを考えただけで泣けてくる涙腺ゆるい父でした。

 

920161003-00000051-mai-000-24-view追伸:さすがに今日はこの話題です。大隅名誉教授、ノーベル賞受賞おめでとうございます!

最近は毎年日本人がノーベル賞を受賞しているので誇らしいです。新聞で大隅氏のこれまでの研究生活に関する記事を読んでいると、本当に根っからの研究者って感じですね。研究が大好きらしいです。しかもものすごく謙虚な方で、人としても尊敬出来る方です。奥様も研究者みたいですね。

9-1私も一応医学をちょっと学んだ身として、ちょっとだけ研究に興味を持ったことはありますが、彼のようなストイックな性格ではありません。そもそも私は物欲の塊、欲望の塊で、謙虚さが全然足りません。おそらく自分は絶対に研究に向いていません。

ということでノーベル賞諦めます。

今流行りの屋内遊園施設

20160928-00010006-baseballc-000-5-viewspo16092821320074-p1日本ハムが見事大逆転優勝を決めました。11.5ゲーム差を跳ね返しての優勝です。ん?11.5ゲーム差?これを聞いてピンときた人は多いはず。そうです、我が巨人軍が1996年に最大11.5ゲーム差からの大逆転優勝したことがあります。しかも相手は広島カープでした。後半戦の日ハムの勢いはすごかったです。完全にソフトバンクを飲み込んだって感じですね。日ハムと広島の日本シリーズなんて全く興味なしです。秋から始まるNBA(アメリカバスケプロリーグ)に私の興味がうつってしまいました。あとはドラフト会議ですかねー。

今回は最近近所に出来た屋内遊園地の数々をご紹介します。

IMG_7702img_7534まずはこのブログで何度も登場した、下関にある「ふくふくこども館」です。下関駅に直結しており大変便利で、しかもすぐ横はデパート大丸があります。さらにすごいのが入館料無料ってことです。下関市の公共施設なんでしょうね。羨ましい話です。宇部市や山陽小野田市でもこんな素敵な施設が出来たらいいのに。

1歳くらいから遊べるような遊具が多く、我が子供たちもここが大好きです。車でも行けるし、我が家近くの小野田駅から電車に乗っていくこともできます。

img_8652img_8649img_8643最近娘がハマっているのが小野田サンパークのちょっとしたスペースにある小さな子供たちの遊び場です。

人工芝のマットとふわふわしたクッションがあるだけですが、楽しそうに登ったり降りたりしてドヤ顔しています。

IMG_7189img_7503img_7504ここは最近妻が頻繁に利用している阿知須サンパークにあるキッズランドです。有料施設ですが、かなりの規模の屋内遊園地です。もともとあった施設が3倍くらい大きくなってリニューアルされました。私も何度か行きましたが、子供たちは大はしゃぎ。ちょうど幼稚園児くらいが一番楽しめる施設になっています。小学生にはちょっと幼稚に見える施設かもしれないですね。

img_8664img_8676img_8683そして最近訪れたのが、厚南にある夢タウン内に出来たキッズスペースです。我が家のすぐ近くにあったなんて驚きです。阿知須の施設と比べると半分くらいの大きさですが、何よりも家から近いってことが素晴らしいです。しかもここの1階には私行きつけのスポーツショップゼビオがあります。横には大好きな家電がたくさん置いてあるデオデオもあります。

img_8678img_8671この施設の壁には最近流行りのボルタリングができるようになっています。

身軽な息子は意外にもひょいひょい登って行きましたが、昇りきって後悔する息子。基本的には超ビビリです。

「おとうさーん、こわいー、たすけてー!」

慌てて救助に向かう父でした。ちなみに私がちょっとだけトライしましたが、自重に耐え切れず、すぐに断念してしまいました。ボルタリングするにはまず体重を落とすことから始めなければならないと気づいた私でした。そういえば下関にボルタリングが出来る施設がオープンした噂を聞きました。ま、行きませんけど。

img_8680

「おとうさーん、ボールプールに埋めて!」と大声で叫ぶ息子。こんな遊び方をしている子どもは我が息子だけです。

一生懸命ボールで体を隠して気配を消そうとする息子。わー!と言って驚かそうとしますが、もともとプールに埋めたのは私ですから。一応驚くフリはしますけど。

近所にいろいろ出来てきた屋内遊園地。雨の日なんかに重宝しそうです。子どもたちが楽しく遊べる間はちょくちょく利用させてもらおうと思います。

何歳までここで楽しく遊べるのかな?

 

20160928-00000129-spnannex-000-12-view20160929-00000070-san-000-3-view追伸:今回の日ハム優勝の立役者は当然大谷選手でしょう。

昨夜の試合は同じ花巻東高校出身の先輩である菊地投手と投げ合い、見事1安打完封勝利という、まさに漫画のような展開。「タッチ」みたいです。

二刀流なんて高校時代では通用するとしてもプロなら無理だろうなって正直思っていました。そんな予想を見事に裏切ってくれた大谷選手。アスリートとしての能力が高いのが一番の理由だけど、周りの批判を振り払って二刀流で起用し続けた栗山監督の采配も見事だと思います。

imageyjimagemlb14030411310011-p2もともと投手をする選手は身体能力が高いと言われています。プロになって投手から野手に変更して大成した選手は数多くいます。

オリックスの糸井、ソフトバンクの今宮、あと有名なのはバリバリのメジャーリーガーのイチローたちです。彼らは皆、元投手です。

yjimage-1世界のホームラン王、王貞治選手も高校時代は投手でした。

二刀流で活躍した選手ってほとんど聞いたことがありませんが、いろいろ調べてみると、元ヤクルト監督の関根潤三氏は二刀流で活躍されていたみたいですね。想像がつきませんが。

二刀流でどこまで通用するかわかりませんが、いけるとこまで突っ走って、テレビ番組で大谷選手への非難轟々の張本なんかを黙らせてやってください。応援してます。

あとやっぱり怖いのが怪我ですね。個人的には野手としての大谷選手に魅力と伸び代を感じます。素人目線ですけど。

サファリランドの旅

まだまだ新たな台風が発生しています。今週土曜日に息子の幼稚園で運動会が開催されます。天気が良いといいですね。ま、私は外来あるため息子の勇姿を見ることはできないですけどね。昨年はお昼休みにダッシュで幼稚園に行ったらすでに閉会式が始まっていました。

今回は子ども二人を秋吉台サファリへ連れて行ったお話。

img_8703img_8707シルバーウィークのある日、息子の強い希望で秋吉台サファリランドまで行ってきました。

この日はあいにくの雨模様。しかし私は晴れ男。天気予報でも雨は午後から止むと報道されていたため、気合い入れて突入しました。道中はずっと大雨でしたが、到着時には小雨状態となりました。まずまずの晴れ男パワーです。

img_8717img_8735車でサファリランドに入るのは久しぶりです。いつもは動物ふれあい広場とかミニ遊園地で遊ぶことが多かったので。

やはり間近で見る動物は大迫力ですね。特にトラやライオンは窓のすぐそこで優雅にお休みしていました。サファリランドじゃなければこんな至近距離でトラを見ることはまず無理です。

img_8730img_8738ライオンやトラの前で顔芸を披露してくれた可愛い息子です。

本人はものすごい怖い顔をしていると思っているんでしょうけど、私から見ると顔を使ったお笑い芸にしか見えません。息子のプライドを傷つけないよう、思ったことはあえて伝えませんでした。本当に可愛い可愛い息子です。親バカです。

img_8785img_8801息子の最大の目的は動物へのエサやりです。特におとなしそうなカンガルーやヤギへ餌をあげていました。まだ1歳の娘も興味津々で兄の姿をみていました。父はカンガルー小屋の中で大きなウ⚪︎コを思いっきり踏んで少し凹んでいました。ここのカンガルーはお客さんに慣れまくっているため、かなりダラーんとしています。ここが野生なら真っ先に食べられてしまうことでしょう。もっとしっかりしなさい。

img_8760img_8772ちょうどホワイトタイガーとホワイトライオンのエサやり時間(有料イベント)だったので、頑張って息子一人でトライしました。お肉を食べるトラやライオンはものすごい迫力です。ガオ〜っと立ち上がる姿に少しおののく息子でしたが、父のサポートなしで頑張って任務を遂行してくれました。

img_8809

img_8810その後も子ども達とエサやりを楽しんでいたら衝撃の事件が発生しました。

白馬にちょっかいをかけていた娘に馬からのサプライズ。娘の足をベローんと舐めてしまいました。突然の馬のベローン攻撃にドン引きする娘と、それを見て大爆笑する息子&私。さすがに馬に舐められたのは人生初体験のはずです。貴重な体験でした。

img_8844img_8829次にウサギやヒヨコなどの小動物と直接触れ合えることができるキッズサファリへ。

ここで意外な発見がありました。娘はかなりの動物好きみたいです。何も臆することなくわしわしとウサギやモルモットを触っていました。恐怖心は微塵もないみたいです。

さすがに小さなヒヨコの頭をわしづかみした時にはストップをかけましたが、とても楽しそうに動物達と触れ合っていました。

img_8881img_8882可愛い可愛い可愛い娘ですが、時折見せる女の子仕草にドキッとしてしまう親バカ父です。

いずれ結婚して家を出ていくことを想像すると涙が出てしまいます。まだ1歳ですけどね。いつの日か「お父さん、臭い!」とか言われる日がきっとくることでしょう。それまではずっとベタベタしておこうと思います。何年経ってもずーっと子離れ出来ない親バカチャンピオンになるかもしれないですけど。

img_8898img_8828img_8890息子はここのキッズサファリがお気に入りですが、娘も小動物がかなり好きみたいです。これは意外な発見でした。

かなりエキサイトした娘はかわいいモフモフしたヒヨコを思わず食べそうになったので、思わず引っ込めてしまいました。

秋吉台サファリランドはかなり老朽化した施設ですが、それなりにマイナーチェンジを繰り返しながら進化しています。息子や娘の年には丁度いい規模で、親子で楽しんでいます。数年後には娘も兄の姿を見て同じように成長すると思うと、まだまだ私も頑張って遊びに連れて行かないといけないと、気合を入れ直した父でした。

今回は3人旅だったけど、なんとか娘の機嫌が持ってくれて助かりました。これからは妻も少しはゆっくりできると思います。

 

img_8697img_8578追伸;偶然発見した数年前の息子の写真です。ここは九重の花公園だったと思います。

今見ると息子もコロコロぽちゃぽちゃしてとってもキュート。今ではすっかりガリガリ君になってしまいました。あの頃が懐かしいです。

そういえば私も中学時代まではガリガリのひょろひょろでごぼうのような体型をしていました。今となっては見る影もありません。息子もいずれ父の跡を継ぐのかな?

今後息子が20歳を過ぎてもあまりお酒を飲まない方がいいよって指導しておきます。私のお腹はビールで出来ていますから。

 

20160928-00000089-san-000-3-view追伸2:ついに日本バスケのプロリーグ「Bリーグ」が開幕しました。

これまでずっともめていたプロリーグのBJリーグと社会人バスケのNBLチームがついに一つになりました。

開幕戦のアルバルク東京と琉球ゴールデンキングスの試合をテレビ観戦しましたが、やはり実業団バスケのNBLチームの方が一枚上手でした。特にガード陣のディフェンスがかなりタイトだったため、琉球のガードがなかなかボールを中まで入れることができませんでした。

できれば資金力豊富な元NBLチームを地方プロリーグの元BJチームが倒すってシーンを期待していましたが、まだまだBJチームは大変そうです。しばらくは実業団チームが優位に展開しそうです。

そんな中、46歳の折茂選手がまだまだ現役で活躍する記事を読みました。私はまだ41歳。まだまだ弱音を吐く歳ではないですね。ま、折茂選手は元日本代表の素晴らしい選手ですけど。(私は元熊本大学医学部バスケ部チーム代表)

 

まさかの日帰り温泉3連発!

今年の台風はなぜか山陽小野田市を避けています。毎回巨大台風に怯えながら、結果的に雨のみってパターンが続いています。まだまだ油断はできないですけどね。

今回は連休中に息子と訪問した日帰り温泉3連発のお話。

yjimage568ceb_f1fd27587c98e1b2761abca72e1a4649-jpg_srz_968_646_85_22_0-50_1-20_0-00_jpg_srzまずは土曜日。この日は夜からクリニック新スタッフの歓迎飲み会があるため、近くの温泉で済まそうと思い、楠町にある「くすくすの湯」に行ってきました。まだできてそんなに経過していない新しい施設です。ここの一番の売りは「源泉掛け流し」です。普通の公共の温泉ですが、源泉掛け流しってなかなかないです。個人的にはお気に入りなんですが、いかんせん個性がないため息子はあまり好んでいません。いいところなのに。

yjimage-1yjimage夜は小野田駅前の「飛寅(ひとら)」で飲み会でした。9月から新たにクリニックメンバーとなった看護師さんの歓迎会です。温泉帰りだったせいもあって、開始早々に酔ってしまい、写真撮影を忘れてしまいました。15名以上だと貸切ができるので、薬局スタッフと合わせてギリギリ15名のため貸切で飲み会でした。楽しく美味しく素敵な時間を過ごさせていただきました。

yjimage-1yjimage-2翌日日曜日は美東の温泉「桂月」へ行ってきました。ここはかつて「天宿」という温泉旅館でした。数ヶ月前に急遽閉店すると聞いて、家族で最後の温泉を楽しんできたところですが、そのちょっと後に下関にある料亭「桂月」が買い取って再開されました。あのとき名残惜しんだ悲しい気持ちってなんだったんだろう。息子はここの温泉が大好きなので復活してくれたことは嬉しいですけどね。

実はこの日、両家の両親を招いて敬老の日のお祝いをしました。せっかくなのでちょっとした懐石料理を食べ、しかも温泉を楽しむというプランでのぞみました。

img_8659img_8663img_8661昼食の1時間前に現地入りして、食事より先に温泉を満喫しました。

温泉で癒された後、お食事処でお食事会開始。実はあまり期待していなかっただけに、思いっきり期待を裏切ってくれました。出されるお料理はどれもこれも絶品。かなり手の込んだお料理の数々。全くの予想外の美味しさで、とっても感動しました。聞けば懐石料理に力を入れているみたいです。もう少しアピールしてもいいのにって思います。まだオープンしたてなのでお客さんがほとんどいませんでした。里山の素敵な温泉宿、しかも料理も絶品です。ここなら県外からのお客さんも満足できそうなので、東京在住の妹夫婦でも連れてこようと思います。

img_8688img_8689そして3連休の最終日は下関の豊田町にある道の駅西の市の「ほたるの湯」です。私はここの温泉が今の所県内ナンバーワンだと思っています。

あいにくこの日は台風接近前夜だったので小雨交じりの曇天でした。息子はかつてここでミヤマクワガタを購入したことが忘れられないみたいで、「もうクワガタなんて絶対に売ってないよ!」と何度も諭したのに、「お店の人が裏に隠し持っているかもしれないから聞いてみて!」と頑なに父の言葉を信じない息子。

「あのー、クワガタってもう売ってないですよね?」

「すみません!もうクワガタ販売の季節は終わりました。また来年どうぞ!」

ここでようやく息子も納得。ほんと頑固です。誰に似たのやら?

img_8693yjimageここの温泉の泉質はとても素晴らしく、かなりのヌルヌル感です。結構濃いアルカリ泉みたいです。ヌルヌル度合いが強く、一番最初にここの露天風呂に行ったら床で滑ってコケてしまいました。それくらいヌルヌルです。

しかもここの温泉の露天風呂はややぬるめの設定がまたいい感じです。おかげで長風呂ができます。山陽小野田から少し距離があるので頻繁には行っていませんが、親子でこの温泉が大好きです。息子もヌルヌル感を楽しんでいました。

入浴後は休憩スペースでお茶を飲んでマッタリ。

最愛の娘がRSウイルス罹患中で自宅安静していたので、今回は男旅となりましたが、娘が元気になったら家族でまた来ようと思います。妻にゆっくり温泉を楽しんでほしいです。その間は裏のホタルミュージアムで子どもと遊びます。

仕事や会議のない3連休って滅多にありませんが、まさかの日帰り温泉3日連続訪問するとは思いませんでした。早くやんちゃ娘が元気になりますように!

 

20160920-00000524-sanspo-000-7-view追伸:ついに「ハマの番長」こと三浦大輔投手が現役引退を表明しました。山本昌や三浦大輔といった往年の名投手が次々に球界を去っていきます。三浦投手は私の2個上なので、妙に親近感を抱いていました。

220px-daisuke_miura_pitcher_of_the_yokohama_baystars_at_yokohama_stadiumやはり年齢には勝てないのがプロの世界です。かつて何かの記事で読みましたが、プロ野球選手の選手としての平均寿命は約9年、平均引退年齢は約29歳と聞きました。ということはかなりの選手が20代で引退してしまうという厳しい世界。FA(フリーエージェント)権を行使できる選手って極少数派ということです。さらに考えてみると、野球選手としての人生より、野球を辞めてからの人生がはるかに長いことになります。コーチや監督で残る選手なんてさらにさらに少数派。皆さんどうして過ごしているんでしょうか。時々テレビで特番やってます。番組を見ると切なくなるのであまり見ませんけど。

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

yjimage三浦投手はなんと「大洋ホエールズ」時代を知っている最後の選手です。大洋ホエールズといえば有名な「スーパーカートリオ」ですが、高木豊、屋敷はすぐに思い出せるけど、あと一人誰だっけ?と気になってしまい、調べてみました。

なんと残りの一人はあの加藤博一さんでした。プロ野球ニュースなんかで明るく楽しい解説をしてくれていたテンパーの加藤さんです。そういえば加藤さんは数年前に若くしてガンで亡くなったと思います。

加藤さんって意外にも足が速かったんですね。改めて尊敬します。

さすがに今日の話題は・・・・

巨大台風が連休明けに山口直撃しそうです。月曜日、敬老の日に医局対抗野球の第一試合があるのに。多分中止になるでしょう。すでに医局をやめて開業しているのに野球に呼ばれるのは嬉しいことです。ま、小児科の打点王ですから、私。

今回はさすがに熱きボクシングの話題です。
20160917-00000019-dal-000-3-view昨夜、ずっとずっと応援していた長谷川穂積選手が見事3階級制覇を成し遂げました!

リアルタイムでは見れませんでしたが、勝負の第9ラウンドは凄かったですね。相手のパンチをもらい、少し後ろずさりした瞬間からチャンピオンの怒涛のラッシュ。普通ならここでKOされるところですが、さすがは長谷川選手。気合いで打ち返していました。しかも得意のカウンターパンチが要所要所でチャンピオンの側頭部にクリーンヒット。打ち合いの最後は長谷川選手の方が優勢でした。

9ラウンド終了後、明らかにチャンピオンの顔がゆがんでいました。鼻か顎の骨が折れたような感じでした。案の定、チャンピオンは第10ラウンドが始まっても立ち上がることができず、見事長谷川穂積選手の勝利!新チャンピオンの誕生となりました。三階級制覇!

09496290試合に挑む事前情報でスパーリング相手と接触して指を脱臼、骨折した話を聞いており、また35歳という年齢もあって、今回の試合で負けて引退だろうなって思っていました。

チャンピオン陥落から復帰後の試合はあまりパッとしなかったし、もう全盛期は過ぎてしまったんだろうと悲しんでいたところのこの大快挙!嬉しい大誤算です。長谷川選手ごめんなさい。

試合中の動きを見ているとまだまだ全盛期の華麗なステップを踏んでいるように見えますが、そうは言ってももう彼は30代半ば。もしかしたらこの栄光を最後に今度こそ引退するかもしれません。それはそれでカッコイイし、もう彼が落ちぶれていく姿は見たくないです。永遠のヒーローですから。

20160916-00000155-nksports-000-8-view20160917-00000025-sph-000-2-view試合終了後に長男から抱きかかえられた長谷川選手。

こんなに大きな息子さんがおられることがすでに長谷川選手の歳を感じます。明らかに父親より大きいです。

長谷川選手の父親はボクサーですが、息子さんの体型をみるとボクシングをしている感じはありません。むしろ格闘家とか柔道家に見えます。

勝利のリング上で息子に抱きかかえてもらえるって最高に幸せなことです。最年長3階級制覇です。何人か3階級制覇した選手はいますが、さすがに息子から抱っこされた人は記憶にないです。よく息子さんを抱っこしてガッツポーズするシーンは見ますけど。

んー、やっぱり引退するかなー?

20160916-00000110-dal-000-6-view長谷川選手の次に出てきた山中選手もしっかりKO勝利。「神の左」はまだまだ健在です。

小柄な体型の日本人が、世界を相手にボクシング界で活躍できるって素晴らしいことです。やはり軽い体重の階級なら日本人でもやっていけることが証明されました。

次に期待しているのは重めの階級、ミドル級の村田選手です。世界中に強烈なライバルが多い階級ですが、是非とも世界チャンピオンになってほしいです。期待しています。

長谷川穂積選手、感動をありがとうございました!

 

20160917-00000013-nksports-000-2-view追伸:広島カープ優勝に沸き立つ中、我が巨人軍もクライマックスシリーズに向けて準備しています。菅野、田口、マイコラスに次ぐ先発投手は誰か?

昨日内海が勝ちましたけど、相変わらず初回の失点が気に食わないです。しかもほぼ消化試合に近い今の状況で勝ってもねぇ。広島と優勝争いしている時、ここで買ってくれ!と願っていたにもかかわらず、コテンパンにされていましたから、熱血巨人ファンの私としてはまだまだ内海を認めていません。何度も救援失敗した澤村もです。クライマックスシリーズの先発投手メンバーは今日先発する大竹と、昨日勝った内海の争いになるはず。それとも他にラッキーボーイが出てこないかな?高木投手とか。

個人的には元広島の大竹投手がカープをやっつける姿を見てみたいですが、優勝決めてからも強さが変わらないカープ。やはり今年のジャイアンツは厳しそうですな。すでに心は今年のドラフト会議に向いています。

20160917-00000022-spnannex-000-0-view今年の巨人ファンの大きな期待は坂本の首位打者と菅野の最優秀防御率のタイトル獲得です。

広島の鈴木選手がぐいぐい追いかけてきていますが、昨日の試合でも坂本は猛打賞を記録しました。でもすでに坂本が規定打数に達しているなら、残りの10試合ちょっとを欠場して、タイトルを確実に獲得してほしいと願う心狭き巨人ファンでした。タイトルホルダーはずっと記録に残りますからね。

2番じゃダメなんですか?By蓮舫民進党新代表

2番じゃダメなんですよ!By私

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.