息子のマラソン大会!

外は冬の嵐。毎日寒い日が続きます。まだ春は遠いみたいです。

昨日の節分話。息子が幼稚園で作ってきた鬼のお面が超ハイクオリティー。

この素敵なお面を見て、スケバン刑事Ⅱの麻宮サキ鉄仮面伝説を思い出してしまった私。うーむ、古い!

きけば風船に紙を貼り付けて作成したそうです。幼稚園で作る工作もかなりレベルが上がっていますね。私なら小学時代でも作れそうにないです。

で、このお面をかぶって鬼になったのは?

なんと息子!

「ジョジョの奇妙な冒険」と石仮面ディオ、「北斗の拳」のジャギを連想させる息子の鬼姿。これまた古い!

寒い夜でしたが、楽しい豆まき大会となりました。

 

今回は息子の参加したマラソン大会のお話。

先日、山口で開催された、息子の所属する体操教室のマラソン大会がありました。

某スポーツ店のバーゲンセールで買ったアディダスのコートがちょっと大き過ぎてブカブカですが、ちょっと可愛いなって思う私。バカ親です。

天気予報は曇りだったのに、小雨ちらつく最悪の天気でした。

仲良しの友達たちと一緒で、走る前はかなりハイテンションでした。

実はこの大会に向けて、ちょっとだけ近所の公園で走る練習をしていた息子。

昨年は27位だったのが悔しかったみたいです。

練習に1回だけ付き合った私ですが、息子に授けた作戦は「マイペースで走れ!」作戦です。他の子はスタート時に猛ダッシュして途中でへばるパターンが多いので、ここは焦らず自分のペースで走ること!と教えました。

最初の展開は予想どおり。

周りの子どもたちは最初から猛ダッシュ!足の速い子は最後までこのペースで走り抜くことができますが、途中でガス欠になる子どもも沢山いるはずです。息子は父の教え通り、マイペースで走っていました。しかし練習の成果が出て、昨年よりは早いペースでした。

それにしてもこの世代の女の子は体が大きくて足の速い子が多いですね。先に走る男の子をバンバン抜いていくツワモノも沢山いました。

父は一眼レフカメラを抱えて息子の走るコースをダッシュで先回り。

さすがに中盤から終盤にかけて、やや疲れの見え始めた息子。

だんだんと目がうつろになってきました。それでも一生懸命走る息子の姿にちょっと感動してしまった私。

大きなカメラを構えながら、「頑張れー!頑張れー!」と絶叫していました。

最後まで頑張った息子。しかも最後の直線でなんとラストスパートをかけた息子。最後の最後に数人抜き去りました。さすがに私も追いつくことができず、素敵なゴール写真は撮れませんでした。残念!

結果はなんと15位!昨年の27位に比べれば大躍進です!!よく頑張りました。ちなみに私はマラソンが大嫌いです。長距離は大の苦手。今後成長していく息子と一緒に並んで走ることができなくなる日がきっとやってくることでしょう。

息子へのご褒美は、彼の強い希望でまたまた「はま寿司」に来てしまいました。

しっかり走った後にもかかわらず、かなり濃いめのとろサーモンを何皿も食べていました。しかも最後のシメでしっかりチョコレートケーキを食べていました。

こんなにやんちゃな息子もこの四月から小学校入学です。

運動や遊びも重要ですが、まずはしっかりお勉強を頑張って欲しいなーって心で願っている父でした。

最近強くなった2歳の娘と同レベルで喧嘩している息子もどうかと思いますが、女性には優しい男になるようしっかり教育しておきます。

(できればバスケ部に入って欲しいなー)

父の心の叫びでした。

 

追伸:サザエさんのスポンサー問題がついに解決しました。

降板する東芝からどこの企業に代わるのか話題になっていました。高須クリニックがかなりゴリ押しでアピールしていましたが、結果落選。

ではメインスポンサーはどこ?

なんとAmazon!

もはやサザエさんも「買い物しようと街まで出かけたが♪」って必要がなくなります。

自宅のパソコンでワンクリックすれば商品が届きます。もちろんAmazonで!

ということでもう「財布を忘れて♪」も大丈夫です。

だってAmazonが付いてますから!

でもこれで三河屋さんの三平さんも用無しになってしまいます。

余計な心配でしたかね?

成長する娘に少女の面影を見る

毎日寒いですね。ちょっと投稿まで間隔が空きました。と言うのも、夫婦で生牡蠣食べ過ぎて、妻は胃腸炎発症、私も胃の調子が悪くて食思不振と、やや体調を壊していました。ダイエットにはちょうどいいですけど。

まずは息子の書き初め話。

今年も頑張って書き初めを行いました。今年のお題は「いぬ」です。結構頑張って大作ができました。昨年はちょっとした賞をもらいましたが、今年は全然ダメみたいです。私の目から見ると今年の字の方が断然素晴らしいと思うんですけど。

しかもなぜか半紙の左上が破れています。持って行った時には破れてなかったはず。これが受賞を逃した理由か!と勝手に解釈しております。

ま、どちらにしても私よりは断然上手な字を書きます。私の字は小学校時代から今まで全く進歩していませんから。

小野田サンパークに掲示してありましたが、もう企画は終わったかな?

 

今回は娘と二人でデートしたお話。

この激寒の中、妻と息子は週末に開催されるマラソン大会の練習のため、江汐公園で息子の友人たちとマラソン練習に行ってしまいました。

さすがに2歳の娘を連れて行くわけには行かず、今回私に与えられた使命は娘のお守りでした。

と言うことで前述の書き初めを見に行くため小野田サンパークへ。

久しぶりの二人デートです。娘はサンパークにある英会話教室に毎週通っているため、もう慣れたもんです。父の制止を振り切って、ズンズンと進んでいきます。目的地はゲームセンター。

この日は木曜日午後だったので人が少なく、インフル感染のリスクも少ないと判断した私。とりあえず娘の動向をゆっくり観察しました。

まだ「お金を入れて遊ぶ」と言う概念のない2歳児です。なんとなくゲーム画面を眺めてその気になっていました。これは助かります。

続いて発見したのが小さな屋内アスレチックです。

狭いスペースにボールプールや小さなトランポリン、滑り台などが期間限定で設置してありました。幸いお客さんは我々のみ。貸切状態で遊べました。

ここなら外に出ない限り安心です。私もゆっくりベンチに座って娘を眺めていました。

昔なら怖がって登れなかったような高さまで、なんの躊躇もなく登って行く娘。

ちょっと手伝おうとしたら「おとーしゃん来ないで!」と大声で静止する娘。一人で登り切りたいみたいでした。

あとから聞いた話ですが、すでに子ども達は一度ここに来たことがあるみたいで、この高さには慣れていたんでしょう。納得です。それにしても元気一杯の娘です。一体誰に似たんでしょうかねー?

写真を撮るためiPad片手に娘の後ろを必死に追いかける変態オヤジの私。

最近は娘も撮影を意識してくれており、「こっち向いてー!」とリクエストするとこちらにキメ顔を見せてくれます。

それを見て大喜びして撮影しまくる私。出来上がった写真を見てドキッとしました。娘がペコちゃんのように舌をぺろっと出した写真を眺め、これまでずっと赤ちゃんのイメージが強かった娘に、少女の面影を感じます。

ちょっと前まであまり上手にお話できたなかった娘も、今では饒舌です。こうして知らないうちにドンドン成長して行くんでしょうね。なんだか嬉しいような、寂しいような・・・

散々遊んだ後、娘はフラーっと近くにあるサーティーワンの前へ。

サンパークのお店を熟知している娘です。

そしてお決まりのせりふ。「イチゴアイス食べる!」と。正月太り解消のためダイエットを頑張っている私は我慢です。大汗かいた後のアイスは格別みたいです。ゆっくり味わっていました。それにしてもサーティーワンって結構高いですね。

その後どこに行くのかな?と、娘の自由行動を観察しました。

たどり着いたのはおもちゃ屋さんです。

キーボードを弾きながらマイクでオリジナルソングを歌っていました。

おもちゃの電話を持って、こちらに向かって「もしもし、お父さん」って言うもんだから、こちらも自前の携帯を出して応答しました。娘はとっても楽しそうにしていたのでこちらも思わず笑顔です。

子どもにとっておもちゃ屋さんって本当にパラダイスですね!娘はまだ「これ買ってー!」とかせがまないから安心ですが、息子だと話は別。最近は値札まで確認しますから。

最後はおもちゃの掃除機を使って店内を掃除していました。

自宅では全然掃除を手伝うことのない娘ですが、おもちゃ屋さんではしっかり掃除機を使って隅々まで掃除していました。最後はなんと陳列棚の下のスペースまで掃除しました。家でもここまでしっかり掃除してほしいもんです。

無事サンパークデートは終了しました。

子どもの成長って本当に早いですね。

ついに息子もはま寿司で一口食べができるようになりました。これまでは半分ずつ食べていたのに(この写真で食べているネタはなんとチーズハンバーグですけど)。

子どもが成長するって言うことは、それだけ私も年老いていくと言うことです。おそらく数年後にははま寿司で食べる皿数が私を超えていくでしょう。そして支払う代金も倍増するはず。

それにしても我が子たちの食べ方は豪快です。

先日、温泉帰りに唐揚げで有名な美東の「山村」に行ってきましたが、お子様ランチに入っていた唐揚げを豪快に頬張っていました。

そして娘の最近の口癖が炸裂。「めちゃくちゃ美味しいー!」

とっても嬉しそうで羨ましかったけど、ダイエットを頑張る私は、それを見ながら肉そばを寂しく食べました。もしかしたら残してくれるかな?って思っていたのが大間違い。残っていたのは食べかけのサラダのみでした。

さ、今日も元気にダイエット頑張ります!最近は週2回ジムに行って筋トレ&水泳をしてます。バスケでハムストリングを痛めたのがショックで、もう一度全開でジャンプシュート出来るまで、しっかり体を鍛えようと思います。

今年の誓いです!

「5kg痩せる!マッチョになる!」

果たして結果は・・・・

 

追伸:なんだか仮想通貨が何かと話題になっていますね。

システムを全く理解していませんが、株と同じように価値が変動するらしいですな。

でもよーく考えてください。所詮「仮想」ですよ、「仮想」。

ネットでお金管理するなんて危険すぎます。今回の流出事件も氷山の一角でしょう。いずれ世界を揺るがすような大事件が起こりそうです。

私は仮想通貨よりも本当の通貨である100円玉をもらった方が何倍も嬉しいです。田舎モン?

県外なのに熊大医学部バスケ部理事

今年の最強寒波が来ているみたいです。毎回毎回最強!最強!って騒ぐから、最近は感覚が麻痺しております。外を見るとすこーしだけ雪が積もっています。

山口は毎年に数回は結構な量の雪が降ります。しかしこのあたりは田舎なので、雪の日の交通トラブルも些細なものです。

しかし大都会東京は違います。積雪ともなると大混乱。義弟が東京に住んでいますが、帰宅まで4、5時間かかったそうです。東京人多すぎ!田舎万歳!地方万歳!あ、また私の東京嫌いが炸裂しました。

 

今回は熊本訪問ネタです。

私は山口県在住なのに、熊大医学部バスケ部OB会の理事に任命されてしまいました。県外の人は初めてみたいです。理事会が年に2回開催されます。

熊本に来たらまずは当然「ちょぼ焼き」です。このブログ内で何度も紹介した、熊本のソウルフードです。全然有名じゃないんですけどね。

何度食べても、毎回毎回その美味しさに感動します。本当に大好きです。おそらく馬刺しよりちょぼ焼きの方が美味しいと思います。

私の中の「勝手な熊本グルメランキング」は、第一位:ちょぼ焼き、第二位:豚足、第3位:馬刺し、第4位:球磨焼酎、第5位:地鶏や赤牛などのお肉類ってところでしょうか。

今回もちょぼ焼きをゆっくり堪能できました。幸せです。

理事会の前には現役とOBとのバスケの試合があります。

せっかくなので試合から参加してきました。試合前には恒例のフリースロー大会が開催されます。OB全員がフリースローを行い、入った得点分が現役とのハンデになります。少し練習して行った私ですが、結果は0本。2本はなって2本とも入りませんでした。残念。

さすがに現役部員は上手です。なんせまだ20歳ちょっとの若者達が週4、5回練習しているんですよ。その倍の年齢の私が勝てるわけがない。

ま、それでも現役相手にシュート2本は決めてきましたけどねー。

それよりも私の同期が二人来ました。四人いた同期の三人が揃いました。久しぶりに体育館での再会です。

最近はOBの試合参加人数が多いため、試合の半ばに OBだけでの試合も行います。そこが私の一番の見せ場。毎週バスケしているのは私を含めて数名のみ。さすがにシュートだけは練習していないと感覚が薄れてしまいます。ということでおっさん軍団の中で大暴れ。前半12点のうち私が10点取りました。ま、おっさんの小さな小さな自慢ですが。

で、試合の前半に後輩に激しくブロックされ、最近故障がちの股関節を激しく痛め、その日のバスケは終了となりました。歩くのが辛いくらいの痛みです。

1時間の理事会終了後は、お楽しみの飲み会です。今回は卒業する方々の追い出しコンパになります。

現役部員と熱くバスケ談義を行い、たくさんお酒を飲みました。素敵な時間でした。

最後は全体写真を撮る予定でしたが、予想以上のOB参加のため、卒業生とOBのみでの撮影となってしまいました。やはりバスケ部員はみなさんでっかい。私も身長179cmありますが、私よりでっかい人がゴロゴロいます。真ん中で両手を挙げているのが私です。見えますか?

二次会まで皆さんと飲んだ後、後輩数名を連れ出し、三次会へ。

同期オススメのお店に行って馬刺しの握りなどを食べました。

この写真に写っている同期はお酒飲みのクセが強く、三次会の記憶がほとんどないそうです。かなりのデブなので、帰りのタクシーまで後輩と運ぶのが一苦労でした。関節を痛めているのに。

楽しかった熊本の夜はこれにて終了。

翌朝は熊本散策する体力ゼロ。今回は車で来ましたが、マニュアル車のため、痛めた左足でクラッチを踏むたびにピリッと痛みます。ということで、のんびり運転して山口まで帰ることにし、午前中早めの時間にさっさと山口に向かいました。

今回のOB会で、私のバスケットの師匠さん(新入部員時代のキャプテン)から頂いた衝撃の一言で今回の話を締めさせていただきます。

「いいか砂川、おっさんになると、一生懸命バスケした後に痛くなるのは筋肉じゃないぞ。痛くなるのは関節だ!それがおっさんバスケだ!」

ギャフン!!!(まさにその通り・・・・・・・)

 

追伸:先日行われたセンター試験で面白い事件が起こりました。

「ムーミンはフィンランドが舞台」ってのが正解らしいですけど、ムーミンの世界では「ムーミン谷」が彼らの住んでる世界ですからね。

毎年思いますが、試験を作る方の苦労ってものすごいです。実際に医学部学生の試験問題を何度も作ったことのある私。特にセンター試験の作成なんて超大変だと思います。そんな苦労も知らず、たった1問の粗探しをする受験生。1問ぐらいでヤーヤー言う奴はどうせ大した得点なんて取れないでしょう。試験中にクスッと笑うくらいの余裕が欲しいもんです。「なんじゃこりゃ?」ってね。

で、ネットで見つけたムーミン自身の回答が秀逸でした。最後は大人の事情です。

 

ときわ公園で達人に出会った・・・

最近少し暖かいですが、週明けに最強寒波が来るそうです。毎回「最強」をうたっています。「最(もっとも)」って表現を多用しすぎと思いませんか。よく女性が「さいあくー!」とか言うけど、本当にあなたの人生の中で「最悪」な出来事なんでしょうか。ちなみに我妻も時々使います。その都度「本当に今までで最も悪いの?」って聞いてしまう心の小さな私。

まずは明るい話題。

北米カーオブザイヤーの受賞車はなんとHONDAアコード!素晴らしい快挙です。

SUV全盛のこのご時世で、まさかのセダンが受賞するとは。やはりアメリカの人のセンスは渋いですね。

ちなみに日本カーオブザイヤーはボルボのXC60。お互いの国の車が選ばれていないのもちょっとどうかなって思いますが、審査員の地元びいきがないのは公平で素晴らしいと思います。

でもこのアコードって日本では発売されないでしょう。セダンが全く売れないこの日本で、ある程度の台数を売るのはまず無理です。ワゴンタイプが出れば自分としては嬉しいんですけどね。

 

今回はまたまた宇部のときわ公園の話題です。

とある日曜日の午後、息子の希望でときわ公園に行ってきました。息子のお目当はこの小さな遊園地で遊ぶことです。

ここの遊園地が素晴らしいのは人が少ないことです。

この小さなコースターに乗るのも待ち時間ゼロ。というより乗客は息子一人でしたがしっかりと動かしてくれます。最近ようやく年齢制限及び身長制限をクリアして、一人で乗れるようになれたのが嬉しいみたいです。出てきたときは満面の笑みを浮かべていました。

息子が大好きな巨大迷路に入っている間は娘と休憩所でのんびりしていました。巨大迷路に入るとやや身長の高い私は、頭部をガンガン打ちつけます。ということで迷路担当は妻です。

休憩所でイチゴ味のジェラートを食べる娘。この日はとっても寒かったけど、そんなことはお構いなし。

ジェラートを食べながら遠くを見つめる娘の横顔を見て、なんだか女の子の顔立ちだなって気づきました。まだ2歳ですが、あっという間に立派な女性になり、しかもいつの日か「おとうさん嫌い、臭い」とか言われるんでしょうね。

寒い日は屋内施設が快適です。

動物園出口にあるちょっとした展示コーナーで「戌年」にちなんだ犬に関する展示がありました。

娘はただ枯れ葉が敷き詰められただけのスペースにはまってしまい、体が枯れ葉まみれになっていました。

息子もなぜか「ヨネスケ風」の衣装で写真撮影。しかも被り物はタヌキです。さらに巨大しゃもじには「突撃!ときわのサルごはん」って書いてあります。全くもって意味不明ですが、可愛かったので良しとしましょう。

ふと外に出てみると、若いお兄さんが何やら霧吹きで床に絵を書いていました。

そういえばこの人、ときわ湖側の売店前で時々見かけたことがあります。

遠巻きに何か書いているなって思っていた程度でしたが、実際に目の前で描く姿を見て驚愕!めちゃくちゃ上手です。しかも相当早い!あっという間に「美女と野獣」を仕上げてしまいました。しかも水の入った霧吹きのみで。素晴らしい技術です。

後から聞いた話ですが、この方は「玄ちゃん」のニックネームで呼ばれる、ちょっとしたウォーターアートの有名人みたいです。HPで確認したところ、彼は3歳の時にADHDと診断を受けたそうです。色々考え、この道に進んだと書いてありました。この話にも感動・・・

側でじっーと見ていた息子に「何か描こうか?」と聞いてくれました。息子の希望は当然仮面ライダーです。

するとあっという間にエグゼイド、ゴースト、ガイム、1号を描いてくれました。しかもどのライダーも細かい部分までしっかり描かれており、予想以上のハイクオリティ作品でした。これを見てまたまた感動!

ウォーターアートって初めて聞きましたが、浦安のネズミの国でも同じようなパフォーマンスをチラッと見たことがあります。ウォーターアートって時間がちょっと経てばゆっくりと蒸発して消えていく刹那的なアートですが、それが幻想的です。儚い芸術作品に魂を込める姿がまた超絶カッコいい!

続きまして娘の出番

娘は恥ずかしがってリクエストしませんでしたが、娘がアンパンパンの靴を履いているのを見て、すぐさま娘が大好きなドキンちゃんを描いてくれました。しかもよくみると、ドキンちゃんの横に娘の名前まで書いてくれました。

その横にバイキンマンも追記しております。そして最大のサプライズが!

アンパンマンの顔を描いてもらった後、頭の上に立ってくださいと言われ、妻と娘がそこに移動しました。

すると背中にササっと二本の線を描いたと思ったら、なんとアンパンマンの背中に乗っている姿になりました。娘はイマイチわかっていないようでしたが、私と妻は大感激!

アンパンマンに乗れた我が家は幸せです。たまたま遊園地閉園間際だったせいもあって、人が少なかったのが幸いでした。我が家のリクエストを2つも叶えてくれましたからね、玄さんは。

まだ少し明るかったけど、この日はときわイルミネーションの最終日だったので、せっかくだから少し残って最後のイベントを楽しみました。

ただ、とても寒い日だったので、これ以上残ると子ども達のインフルエンザ罹患の恐れがあったため、真っ暗になる前に帰宅しました。

我が家から30分程度で到着する夢の国。ここで十分楽しんでくれている間は他の遊園地にはあまり行きません。だって私は行列に並ぶのが大嫌いなせっかち人間ですから。という理由から都会が嫌いです。

息子も「都会より田舎が好き!」と公言しております。東京ドームシティで仮面ライダーショーを観たことがある息子でもやはり大都会東京より田舎山口の方が魅力的みたいです。よかった、よかった。

我が教育方針は今のところ順調ですな。

 

追伸:またもや文春砲が炸裂し、平成の大アーティスト小室哲哉さんが引退に追い込まれました。

介護疲れからなのか、他の女性に心奪われてしまった心境はなんとなく同情してしまいますが、やはり芸能人ってイメージが大事です。軽はずみな行動かどうかはよくわかりませんが、スクープされたらこうなるってわかってなかったんでしょうか。

妻の介護疲れで超有名人が別の女性と不倫。なんだか悲しいニュースです。

最近はネットニュースが盛んで週刊誌が売れなくなったのはわかりますが、どんどん記事が過激になっているような気がします。

こうして才能ある方が引退に追い込まれてしまった今回の文春砲。

このニュースで果たして得をした人って一体誰なんでしょうか?

山口市もまだまだ未開拓・・・

大寒波がようやく過ぎ去りました。雪が降ると車が汚れる!そればっかり言ってました。インフルエンザの猛威もまだまだ続いております。

まずは息子の海釣り初デビュー話から。

いつもは釣り堀ばかり利用している我が家ですが、今回は息子の強い希望で、この極感の中、海釣りをしてきました。

頑張って長門仙崎まで行ってきましたが、結果はボウズ。自然の厳しさを体で知った息子でした。それにしても寒かった!次は暖かくなった季節に再トライしようと思います。

 

今回は山口市周辺の散策話です。

妻の私用のため、子供達二人を引き連れ山口市に行ってきました。あいにくの雨模様だったので、今回は屋内施設を回ることに。

小児科同期友人家族も一緒でした。週末に子どもたちを連れ出すのが趣味みたいな二人ですから。

まず向かったのは山口県立博物館です。

何年か前に息子と行ったことがありますが、娘は初訪問です。このような公的施設が素晴らしいのは入管料金の安さです。なんと未就学児は無料。意外とクオリティーの高い施設なのに無料なんですよ、無料。大人は150円だったなか?人も少ないためオススメです。

まずは巨大スタンプロボがお出迎えです。

ただポチッとスタンプを押すだけのロボットなのにこの大きさ。かなり無駄な大きさですが、娘たちは興味津々。意味もなくスタンプを10枚以上押して大喜びしていました。

そしてそのスタンプを押した紙は案の定、私のカバンの中へ。帰る頃にはスタンプ紙の存在なんてすっかり忘れ去られていましたけどね。

宇部興産のあるせいなのか、緻密な動きをするロボットアームが設置してあります。

こちらが指定したパーツを使って簡単な木製ロボットを作ってくれます。

完成した後に、こちらに向かって「どうだ!すごいだろ?」と、何度も自慢げに提示するあたりがちょっとイラっとしますが、緻密な動きに感動しました。

やっぱり日本の技術力って素晴らしいですね。

奥に進むと太陽系惑星の動く模型が飾ってあります。スイッチえお押すと、中心の太陽が輝き、周りの惑星たちがそれぞれのスピードで動きます。

土星や木星の動きって本当に遅いんですね。公転の速度をリアルに感じることができました。これも結構よく出来ています。

そういえば、我々がかつて習っていた惑星の一番端っこの冥王星が太陽系の惑星基準から脱落し、準惑星になったって話を思い出しました。「水金地火木土天海冥」と覚えていた最後の「冥」はもう読んではいけません。

ちょっとした恐竜の化石が展示もしています。北九州のいのちのたび博物館ほどの規模ではありませんが、子ども達が学ぶには十分です。動物や恐竜のことをあまりまだ理解していない娘も喜んでおりました。

大人二人で小さな子どもたち五人の相手をするって結構大変です。みなさん、思い思いに好き放題動き回っています。でも屋内レベルの話なので、外に出ることさえ気をつければなんとか相手出来ます。疲れますけどね。

さらに奥に進むと、いろいろな体験ができるコーナーがあります。

JR山口線のシュミレーターがあったり、ハンドルを回すと各ギヤが滑らかに回転し、最後にドラを打つような展示物もありました。

子どもたちは皆興味津々。こうした科学技術や物理的な構造をリアルに体験できるって素晴らしいことです。侮るべからず、博物館!

中でも一番ウケたのがこれです。カメラで自分を撮影し、それを画面に投影して合成した画像が流れるヤツです。

うまく演じると崖をよじ登っていくシーンが映し出されますが、娘はあえて無視。息子が必死に崖をよじ登る姿を演じていましたが、娘は崖の下で、家から持参したままごとセットを広げてオムレツを作っていました。もはや意味不明の画像になってしまいましたが、私は大ウケ。写真に残せなかったことが残念無念です。

最初は「博物館には行きたくない!」とわがままを言っていた息子ですが、結局満喫しまくっていました。最後の方には「まだ帰りたくない!」と騒ぐ始末。でもそれって喜んでくれた証拠ですよね。仲良しの友達と来れたのが嬉しかったのかもしれません。

雨の日の過ごし方の一つの方法が出来ました。

子守を頑張った我々への勝手なご褒美として、博物館近くにある車屋さんに30分ほど行ってきました。

お目当の車は今年度の日本カーオブザイヤーを受賞したボルボの「XC60」です。

最近急成長しているボルボの実力を見たかったため、子ども達を説得して連れてきました。かつては維新公園前にあった店舗が大内の方に移転し、ピカピカのお店になっていました。勢いを感じます。

実車を見た感想。北欧デザインの洗練された感じはわかりますが、まだ高級感に欠ける雰囲気。

これならまだ最近フルモデルチェンジしたBMWのX3の方が断然オシャレだなって思いました。

しかしボルボには世界一安全と言われる最新型の衝突回避装備などがてんこ盛り。しかも値段設定が絶妙で、国産車のちょっと上、ドイツ車のちょっと下に設定されております。XC40も今年日本上陸を果たすみたいで、今後もボルボ旋風が吹き荒れそうな予感がします。あとは「走り」ですね。私にとってはそこが一番重要です。

遅めのランチは、これまた子育て世代に超便利なバイキングレストランへ。今回は美東町にあるきららオーガニックレストランに行きました。

ここのバイキングはお野菜メインの田舎料理って感じでとっても美味しいですよ。何より息子が大好きなチョコレートタワーがありますから。

最後の締めは当然温泉です。

レストランから車で5分のところにある「桂月」の露天風呂でのんびりしました。

改めて一日子ども達と過ごすと、こんなにも体力がいるのか!と驚かされます。普段仕事で家にいない私。妻の苦労がほんの少しでも軽減できればと思っていますが、まだまだ全然足りません。

子ども達を通して妻への感謝の気持ちでいっぱいになった我々おっさん二人でした。

山口市にもまだまだ知らない場所がたくさんありそうです。美祢市の次は山口市をディープに散策しようと思います。またご報告しますね!

 

追伸:平昌オリンピックまであと少し。

我々中年の星、男子ジャンプの葛西選手が8度目の代表入りを果たしました。まさにレジェンド!

でもよーく考えてください。同じ人が8回も出ることが出来るなんて、若手が全く育っていない証拠です。

これからも男子ジャンプの暗黒時代が続くんでしょうか。若手の奮起に期待します。

大大大好きな高梨沙羅選手がんばれ!葛西選手も頑張って!

2 / 12512345...102030...最後 »
Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.