Select Tag

 

有言実行!

今年最後の1週間。まだまだインフル流行持続しています。ついに娘も罹患しました。すでに超元気ですけど。みなさんもお気をつけて。

数日前の新聞で読みましたが、別府杉乃井ホテルが年明けに10日連続の休館日を設けるそうです。この休みを利用して海外研修などにも行ってもらうそうです。これくらい大胆に休暇を設定する企業の勇気って素晴らしいと思います。4億円の減収らしいですけどね。これも大人気ホテルだからできることなんでしょうか。10日も無理とは思うけど、他の企業にも見習って欲しいです。

 

今回は先日のテレビ放送で「また来ます!」と言ってしまったことから、鹿野に再訪問したお話。

ローカル放送とはいえ、テレビ電波で再訪問を宣言してしまった息子。ここは有言実行だ!と気合いを入れた私。めちゃくちゃ忙しい外来の合間の木曜日午後に、子ども達を連れて鹿野ファミリーランドに行って来ました。これが正真正銘、最後の訪問になりました。

今回は東京から帰省してきた妹家族も一緒に連れて行きました。

息子はもうベテランです。さっさと釣り上げて、従姉妹に釣りのアドバイスをしていました。ま、もう10回以上はここに来てますからね。

最後の釣りのターゲットはニジマスです。平日午後なのでお客さんが少なく、魚もお腹が空いていたようです。あっという間に釣り上げることができました。

娘も上手に釣りました。ただ、釣り上げたニジマスが派手に暴れまわるのでかなりビビってましたけど。

せっかくこの場所で魚釣りデビューした娘なのに、やっぱり閉店って寂しいです。大学時代の友人から「ここに別荘建てたら?」って言われたこともあります。ま、無理ですけど。

食べる分だけ釣り上げたらお料理です。

塩焼きと唐揚げを待つ間、裏手の綺麗な川で遊びました。さすがにこの季節には水の中は無理ですが。午後3時くらいだったのに、バケツの氷がまだ溶けていませんでしたからね。鹿野ってどんなに寒いんだ!って思いました。

いよいよファミリーランド最後のお食事です。

このぶつ切りの唐揚げは本当に絶品です!一緒に頼んだ塩焼きもまたグッド。

甥っ子&姪っ子が美味しそうに食べている姿を見て、連れて来てよかったなって思いました。

ちなみに我が娘もこの唐揚げ大好きで、最後は数個を手に隠し持って人に取られないようにこっそり食べていました。どれだけ好きなんだ?

最後はテレビと同じシーンでお別れの挨拶。

お店の方に息子が「これまでありがとう!」ってお礼を言うシーンを見て涙が出た私。

お店のおばさんも感慨深そうに息子としっかりタッチしていました。娘はショーケースに並んだお料理の模型に大興奮していました。

後日聞いた話ですが、先日放送されたYABのニュースは、この時間帯は県内視聴率ナンバーワンだったみたいです。冗談のような本当のお話。テレビ関係者から聞いた話らしいですよ。

仕事している時も、「先生、テレビ見ましたよ!」って何人も言ってました。

当然我が家は録画しております。でも恥ずかしくてあまり見たくないです。もっと粋なコメントすればよかったです。

これまでこのブログに度々登場した「鹿野ファミリーランド」。小さな頃から通っていた我が子達もこんなに立派に大きくなりました。息子が田舎遊び好きになったきっかけのお店でもあります。

これまで本当にお世話になりました。心から感謝の気持ちを伝えます。

ありがとうございました!!!

 

追伸:先日、義弟さんを連れて下関の「ウサギ」に行って来ました。とっても美味しいお料理の数々でしたが、お子様ランチが大人料理以上に美味しそうに見えた私はまだまだ子どもようです。

義弟さん超ハンサムなのに、カメラを向けるとあえて変顔をします。

でもこの顔って誰かに似てるな?って思ったら、数日後にふと思い出しました。

そうです。漫画「デスノート」の死神リュークです。あ、義弟さんに死神扱いはかわいそうですね。でも笑えました。

せっかくなので「ウサギ」の素晴らしいお料理の一部をご紹介します。技術不足でピンボケでした。せっかく一眼レフ持って行ったのになー。まだまだ修行不足です。

追伸2:上記の素敵なランチタイム後に「花の海」に行って来ました。息子と私が興味を持ったのは、最近はやりの「多肉植物」です。ま、簡単に言えばサボテンの仲間みたいなもんですよね?

育てるのが簡単!って書いてあったけど、おそらく私と息子の管理では数日で枯れることでしょう。と言うことで購入断念。

おそらく大晦日にもう一回ブログ更新する予定なので、年末のご挨拶はまだしません。

今年1年、家族と色々素敵な思い出ができました。こんな多動気味で落ち着きのない私に付き合ってくれた妻、息子、娘に感謝感謝です!

さ、来年はどこに遊びに行こうかなー!

センザキッチン行ってきました!

もう12月も中盤です。あっという間の年末へ。やはり師走は早いですね。医師として走り回っています。最近、公的な忘年会とか会議ばかりで疲弊気味の私ですけど。

まずは忘年会余興ネタから。

最近の余興の傾向を見ると、やはり流行りの芸人ネタを真似することが多いと思います。しかもオリジナリティは出さず、完全コピー、いわゆる「完コピ」で挑んできます。

どんなに素人が頑張って真似しても、結局本家に勝てるわけがありません。しかも最近急に有名になった「にゃんこスター」のネタなんて、笑い好きの私ならともかく、大先輩先生方にとっては「なんのこっちゃ?」でしょう。

これまで何度も何度も余興しました。ウケたこともあります。ウケずに大外ししたこともあります。せっかくの内輪ネタが通用する小児科病棟の忘年会なので、もう少しひねってオリジナリティを出せばよかったのに。

結局一番ウケたのは、ただ意味もなく立っていたリアル顔なしです。

みなさん、まだまだ若いです。これからどんどん修行して、もっともっと頑張ってください!

で、余興を見ていてちょっと不満を抱いた我々世代。「来年は俺たちも余興するか?」と、本気で議論してしまいました。もう中堅の世代ですけどね。

 

今回は仙崎に新しくできた道の駅に行ってきたお話です。

あいにくの曇天でしたが、新しくできた道の駅に行ってきました。

長門の仙崎に、今年10月にできた「センザキッチン」です。仙崎にあるからセンザキッチン。素敵なネーミングですよね。聞いただけで美味しそうな雰囲気。

ということで、衝動を抑えきれない私は、子ども二人を連れて突撃してきました。まだ半分だけのプレオープン。来年4月あたりにフルオープンするみたいですよ。楽しみですね!

パン屋さんや食堂も併設されており、11時前の訪問でしたが、食堂前にはすでに行列ができていました。田舎山口県では珍しい光景です。

もしかしてパン屋さんって長門だけに「魚介パン」でも売ってるのか?と、チラッと眺めて見ましたが、普通のパン屋さんみたいです。中には入っていませんが、「鯵パン」とか「鯖パン」なんか売っていたら面白いでしょうね。

中に入って驚き。

超おしゃれです!入った瞬間、目の前にあったのは「カフェ」です。未だスタバに一人で入れない私ですが、カフェなんてお洒落ですね。なんか東京みたい。お洒落=東京って感じるところが東京コンプレックスの塊です、私は。

入り口に売ってあったクリスマスグッズを早速妻のお土産として購入しました。

ついでに、名前を忘れましたが、プリザーブドフラワーをオイルにつけて綺麗に見せたヤツも思わず買ってしまいました。息子と一緒に「お母さんに似合うのってどれかねー?」って悩みながら買う時間もまた楽しかったです。

妻は自宅に残ってクリニックの事務仕事してましたから。いつもいつもすみません。妻の邪魔ばかりする子ども達を外に連れ出すのが私に与えられた使命だったので。

ここは長門市です。やっぱり期待するのは新鮮な魚介類。

心配ご無用でした。奥にはとれたて新鮮なお魚がずらり。最近よく魚市場に行くようになったため、お魚の相場をそれなりに知っているつもりですが、想像していたよりも結構リーズナブルな値段設定でした。

今回はクーラーボックスを持参していなかったため買いませんでしたが、次は妻と一緒にお買い物に来ようと思います。

私が大・大・大好きなサザエさんが売っていましたが、なんとこれだけの数が入って500円ちょっと。

結構小ぶりなサザエだったので、競りとかで売れ残ったものだと思いますが、ちょっと感動しました。次回行ったら絶対に購入します!

実は、ここの道の駅の大きなウリの一つがあります。

なんと、購入した魚介類をバーベキュースタイルで食べることが出来るお店があるんです!

その名も「グリルハウス」。

事前に新聞やテレビでいろいろ情報収集していた私は、この施設を見たくてやってきたのに。

絶対に行列が出来て大賑わいだろうなって思っていましたが、意外にも店内はガラガラ。食堂前にはあれだけ大行列が出来ていたのになー。まだ皆さんの認知度が低いようですね。

先ほどのサザエを買ってここで食べよう!と息子に提案しましたが、即却下。「あっくんサザエ嫌い!」だって。残念無念!今度一人で来ようかな・・・そしたらサザエ独り占め。

小雨ぱらつくあいにくの天気でしたが、外には綺麗なウッドデッキがあり、眼前に広がる長門の綺麗な海を見ながら、入り口にあるカフェでコーヒー買ってここでゆっくり過ごすなんて超素敵です。

我が子達は空気を読まず、走り回ってはしゃいでいました。まだここでくつろぐ年代ではありませんからね。

センザキッチンは素敵なところでした。この日は週末だったので結構お客さんが多かったです。次回は木曜日午後のクリニック休診時間を狙って再訪問しようと思います。当然グリルハウスに行きます。

今週末に妹家族が帰省してくるので、田舎好きの妹たちを連れてまた来てみようかな。グリルハウス訪問記はまた後日。

最近長門市も頑張ってますね。ちょっと前にプーチン大統領が来た湯本温泉も、ただいまあの星野リゾートがプロデュースして生まれ変わろうとしているし、最近急に有名になった「元の隅稲荷」も連日大混雑してるみたいです。最近頻繁に訪れた美祢市といい、ここ長門市といい、まだまだ我が山口県は進歩しています。

地元のいいとこドンドン発見しますよ!

実はこの後、息子の強い希望で、長門→美祢→中国自動車道→鹿野へとロングドライブ。山口を横断しました。目的は釣り堀です。

いつもの鹿野ファミリーランドに行ったら衝撃の事実が待ち受けていました!

なんとこの年末で閉店するそうです・・・43年の歴史が今年いっぱいで幕を閉じます。

ということで地元テレビ局YABが取材に来ていました。しかしここに着いたら結構な大雨。当然お客さんは全然いません。我々のみです。待ってましたとばかり、アナウンサーの方が息子にインタビューしてきました。私もいくつかコメントしました。

取材の詳細と、その後のテレビ放送に関しては次回にご報告致します。

お楽しみに!

 

追伸:どっかの俳優さんが素敵なコメントを書いていました。

多くは語りません。

まずは読んで見てください。

私も頑張ります!

我が家と海の関係性

秋が徐々に深まっております。あっという間に年末に向かいます。近隣ではインフルエンザに寄る学級閉鎖も起こり始めています。インフルワクチンは相変わらず不足傾向。今年の流行はどうでしょうか?

まずはこの話題から。

我が巨人軍がクライマックスシリーズに出場出来ないってわかった瞬間から私は来期に向けて考えていました。

やはり我がジャイアンツも若手に移行していくという時代の流れには逆らえず、かつての4番バッター、ベテランの村田修一選手がジャイアンツを去っていきます。

寂しい話ですが、これもまたプロ野球というシビアな世界。新天地に行っても大活躍することを願っております。出来ればパ・リーグの球団に行ってほしいな。セ・リーグだと厄介な存在になりそうです。

お疲れ様でした。

 

今回はいつもの釣り堀話ですが、常連になったから体験できた素敵なお話を。

もう何回目の訪問かわかりませんが、豊浦の黒井漁協に併設された小さな小さな釣り堀。今回は両家のおじいちゃん達においしい味を届けたいという息子の希望でやってきました。

息子はもうここではベテランの域に達しています。アジは結構暴れる魚ですが、比較的口が弱い魚なので、無理矢理引き抜こうとすると口が切れて逃げてしまいます。

私がしっかりと教えた通り、まずは焦らず竿を立て、魚の動きを見ながら引き抜く姿は他の子どもたちとはひと味違います。

今回は妻も挑戦!

ベテラン釣り師の息子が母に指導しておりました。頼もしい姿です。妻はしどろもどろ。

結局最後は息子が代わって釣り上げていました。なかなかアジ釣りも奥が深いです。

今回の釣果です。

さすがに娘は大きなアジを見て少々困惑気味。息子はいつものドヤ顔です。

普通に釣りに行ったらこんなに大きなアジはなかなかお目にかかれないという厳しい現実をまだ知らない無垢な息子です。

ここには小さなレストランが併設されています。ここで食べるハマチ定食は絶品です。ここの魚は養殖モノですが、天然より脂が乗っているような気がします。

ここで釣った魚も、調理代金払えばすぐに食べさせてくれます。まだアジやサバしか釣ったことありませんが、鯛やハマチも釣ってみたいですね。結構なお値段しますけど。

釣り&食事を楽しんだ後、しばらく海を見ながら家族で散歩していたら、驚きの展開が待っていました。

漁協の方が、「もし時間があるなら海上にある生簀に餌やりに行きませんか?」と誘ってくれたんです!何度もここに来ているから常連さんって思って気を使ってくれたのか、それとも偶然か。

一家大喜びで船に乗り込み、生簀まで連れて行ってくれました。

ここはちょっとした入江になっており、消波ブロックも置いてあるため海上はとっても穏やかでした。しかもこの日はとってもいいお天気で、船に乗るには最高のコンディションでした。基本的に、私と息子は超晴れ男ですからね。

沖の生簀に着いたらエサやり開始です。

配合エサをあげたら味がウジャウジャと集まって来ました。

小さいアジを沖で捕まえ、ここで養殖して大きくし、そして釣り堀用の生簀に放つそうです。

来年のGWまでに大きくするが目標みたいで、今エサをあげているアジを来年のGWに我が家が釣りに来るという未来予想図です。

2歳の娘も面白かったみたいで、「お魚さーん、食べてー!美味しいよー!」と言いながら楽しそうにエサやりしていました。その姿に萌え萌えの父。私はエサやりする暇なく、必死に我が子の可愛い写真を撮りまくっていました。完全に親バカです。

毎回こんなことはできないと思いますが、ずっと通っていたからこの偶然のタイミングで生簀まで行くことができました。貴重な貴重な体験でした。

やはり息子は海が似合います。

船が出航したらすぐに船首に立って海を眺めていた息子の後ろ姿は完全に加山雄三状態でした。

まだ全然泳げない息子ですが、いつの日か息子と一緒に船に乗って魚釣りに出かけたいなって願う私。やはりスイミングを習わせる必要があるなって思いました。しかし息子は野球希望。まさかのバスケット拒否でしたからね。

今は無理ですが、いつの日か船舶免許を取得しようかなって夢を見ています。妻の許可が得られそうにないですけど。

最近、近所の山口労災病院の前に新しい釣具店がオープンしたので、まずは子供用の小さな釣りセットを購入し、アジのサビキ釣りや、砂浜からのチョイ投げ釣りでキスを狙うところから始めようと思います。

実はこの日、早朝からいつもの焼野海岸を散歩していた砂川家。

海をこよなく愛するのはやっぱり私です。だって山に行くと虫が多いので、アトピー性皮膚炎の私はとっても辛いです。基本的にはアウトドア親父の私ですが、外でキャンプをしないのもそのせいです。極度の暑がりだし。やっぱり空調完備のキャンピングカーが欲しいです!妻に提案したら「1年で何回くらい乗るの?」と冷静にいなされました。残念・・・

海はいいですよー。見ているだけで心が洗われます。

さぁ、次はどこの海に行こうかなー!(落ち着きのない私)

 

追伸:今年の4月にオープンしたサンパークにあるとんかつ店ですごいメニューを発見しました。その名も「マウンテンカツ丼」と「富士山唐揚げ膳」です。ま、単なる大盛り料理ですけどね。

ずっとずっと気になっていましたが、食べきる自信がないのと、万年ダイエット中の私には禁忌の食べ物です。

ということで、先日、毎週我がクリニックに外来見学実習に来る学生さんの中で、比較的大食いそうな男子を発見し、彼を引き連れお店に行って来ました。

実際の写真がこちら。学生さんにはブログ掲載許可をいただいております。

思っていたよりは盛りが少ない印象。しかも値段が1000円という比較的リーズナブルな設定でした。さすがは現役空手部の彼。ペロリと平らげてしまいました。

彼のコメントによると、ソースカツ丼なのでさっぱりしてたけど、途中で味に飽きてしまいますとのこと。

ん、私?私もこのカツ丼を食べきることはできそうですが、私はそれより上等の美味しそうなカツセットを注文し、ゆったりと食べておりました。

次回は唐揚げ大好き我が子を引き連れ、みんなでシェアして「富士山唐揚げ」を食べてみようと思います。

悪童!ヨシノボリ!!

久しぶりの台風直撃。大きな被害が出ないといいですけどね。

10月に発売されるスーパーファミコンミニの予約が開始となりました。

軽い気持ちで朝10時にネット予約しようと確認したところ、ほぼ全て完売状態で、ビッグカメラのネット予約の抽選結果待ちという悲しき現実。

おそらく前回のファミコンミニと同じく、利益目的としたネット転売業者が買い占めたんでしょう。そこまでこだわりはないけど、なんだか悔しい気持ちになりました。

抽選結果は9/21の木曜日です。果たして当選するかどうか。結果はこのブログ内でお知らせします!

 

今回は我が家で飼育しているお魚話。

前回のブログでもご報告しましたが、我が家のベランダにはメダカ、カブトムシ、オオクワガタ、ヒラタクワガタ、オタマジャクシ、ミドリガメが飼育されています。カブトムシとクワガタは貰い物ですが、他は全て息子が捕獲してきました。ワイルドだろう(Byすぎちゃん)?

そんな我が家にヨシノボリがやってきました。捕獲状況からお話しします。

夏休み期間中に、友人家族と一緒に豊田湖近くの川に遊びに行きました。七重川河川公園です。

ここの公園は川の水をプールに流し込むという、ほぼ自然のみで作られたワイルドなプールです。

山奥にもかかわらず、人が多いこと、多いこと。初訪問でしたが、山口県民には有名みたいですね。

ここのプールの横には小さな川が流れており、川遊びを楽しむことができます。

比較的水量が少なく、深い場所もありません。安全に川遊びが出来る場所です。

そしてこの川に今回の主役が生息しておりました。「ヨシノボリ」です。

図鑑や博物館でよく見かけますが、これまで捕獲したことはありません。

初回訪問時は目の小さい虫取り網しか持っていっておらず、お父さんが頑張って2、3匹捕まえるのがやっとでした。それをビニール袋に入れて持ち帰り、本格的な飼育が始まりました。

息子からの情報によると、ヨシノボリは「冷凍アカムシ」を食べるらしいとのこと。水槽もそんなに種類がなかったので、メダカと一緒の水槽に入れてしまいました。ここからが悲劇の始まりです。

後日自分もいろいろ調べてみたら、ヨシノボリはメダカが大好物みたいでした。

時すでに遅し・・・

水槽内のメダカはほぼ全滅。しかもヨシノボリの口からメダカの尻尾が見えていました。それを見て息子が絶叫!

「お父さん!ヨシノボリがメダカ食べた!!」

親子でしばし絶句。しかしこれも食物連鎖の一環です。我々の判断ミスでメダカがいなくなりましたが、自然界ではいつもこのような食物連鎖が展開されているわけです。親子共々勉強になりました。

もうこうなったら逆転の発想です。ヨシノボリを本格飼育することにしました。せっかくなのでもう少し数を増やそうと思い、親子二人で同じ川に再訪問してきました。

我々も学習しました。ヨシノボリを効率良く捕獲するには小さな網を二つ使って挟み込む方法が有効とのこと。さっそく現場で実践しました。前日の雨で水量が多く、やや苦戦しましたが、ここは田舎育ちの私。まわりが全然捕獲できていない中、次々に巨大なヨシノボリをゲットしました。

今回捕獲したヨシノボリのアップ写真です。よーく見るとかなり悪そうな顔をしています。しかも頭も悪そう。結構凶暴な魚みたいです。

なんだか、映画「崖の上のポニョ」に出てきた魚おばけの顔に似ているなって思いました。なんだか冷徹で無表情。それでいて残虐なイメージ。決して可愛らしい魚ではありません。

しかし泳ぎ方や壁に張り付く姿に妙な愛嬌を感じます。お腹に吸盤みたいなものを持っているらしく、壁にペタっと張り付いて獲物を待っているそうです。

ヨシノボリを7匹捕まえて私のミッションは完了です。

今回は小さな水槽と携帯用空気ポンプも持参していたのでしばしプールで遊びました。

やっぱり川の水って冷たいですね。ただ、ここの水が本当に綺麗なのかどうかずっと心の中でひかかっていました。ま、ど田舎だから問題はなさそうですけどね。

こうして我が家でヨシノボリ飼育が始まりました。

息子が朝早くから、「おとうさーん、ヨシノボリの餌を捕まえに行こう!」と誘ってきます。息子の中では「ヨシノボリの餌=メダカ」となってしまったようです。

近所のドブ川にメダカはたくさん生息していますが、やはりそうは言ってもメダカって絶滅危惧種だったはずです。ちょっと気が引けた私は、川の水草にたくさんくっつている川エビにターゲットを絞り、たった15分くらいで川エビが30匹以上ゲットしました。

さっそく自宅に戻って川エビを投入したところ、ヨシノボリは狂喜乱舞の大騒ぎ。おぉ、餌が来た!餌が来た!と、とたんに激しく動き回りはじめました。まったく意地汚いヤツらです。

わずか1日で川エビは全滅。ヨシノボリの胃袋に収まってしまいました。

でも毎回餌を捕獲に出かけるのは面倒臭いと思い、「ヨシノボリに金魚用の浮き餌は向いていません」と書いてあったにもかかわらず、これで我慢しなさいって浮き餌を与えてみたところ、以外にも順応性が高いみたいで、数分後には水面までフラフラと泳いでパクッと餌を食べていました。

この餌ならホームセンターで購入できる餌なので安心です。安定供給可能ですからね。試しに釣具店でアカムシを購入して与えてみましたが、アカムシの匂いが尋常ではなく、1回だけで断念しました。さすがに好物のアカムシは美味しそうに食べてましたけど。

今回のヨシノボリ飼育騒動を冷静に考えてみたけど、我が家から車で40分程度の場所にヨシノボリがうじゃうじゃ生息しており、自宅から徒歩5分程度のドブ川にメダカや川エビがたくさん捕獲できる山口って本当に田舎なんだなって思います。

生き物ブームが続いている息子ですが、我が家で飼育している動物はほぼ捕獲したものだけで、餌も自然調達するという飼育法。どんどん生き物が増えて、朝の餌やりだけでも結構大変です。時々手伝っていますが、水槽の掃除などをしている妻がもっともっと大変そうです。

すみませんが、これ以上動物を捕獲しないでほしいです。といいつつ、虫取り網や魚取り網を持って川に向かっていく凝りない親子でした。

さぁ、次は何を捕獲にいこうかな?ヨシノボリの餌にならないくらいの動物をゲットしなくては・・・妻に怒られそう・・・

 

追伸:かつてのTOYOTAの名車、ハイラックスが復活します。まずはピックアップトラックからですが、果たして日本でピックアップトラックの需要があるでしょうか?

しかもかなりの巨大サイズです。もう少しコンパクトサイズなら購入対象になりますけどね。

しかし本命がまだ隠れているという情報を入手しました。

そうです、あの大人気SUV車だったハイラックス・サーフです!

来年度に復活するという噂が流れています。この車は昔、車検時の代車で乗ったことがありますが、パジェロやテラノと違ってトラックベースで荷台がかなり広く造られています。ステーションワゴンの背高版って感じですかね。

左の写真が先代サーフの最終型です。

かつてこの車が大好きだった私ですが、果たして噂通り発売されるのか?発売されたとしてもかなり巨大だろうし、値段も高そうです。

レジャー用で買わない?って奥さんに提案しても200%却下されると思うから言いません。

夢は夢のままで・・・

でもほしいなー(結構本気)

お魚関係のお話

もう5月も終盤。真夏日が続きます。今週末は自分が学校医をしている小学校の運動会があります。今年はなんと土曜日開催。これまで日曜日だったのに。しかも今回は来年この小学校に入る息子が走る予定なのに、外来のため見に行くことができません。雨天順延を心から望んでいますが、残念ながら土曜日天気予報は晴れみたいです。諦めます。

まずはネットで話題になったコープの新しいノンアルビールのお話です。

このたびコープから発売されたノンアルコールビールの名前がネット上で話題になっていました。

その名も「シラフ」!

素晴らしいセンスです。まさにノンアルビールにぴったりの超ナイスなネーミング。もともとアメリカの保安官「シェリフ」から派生した名前って開発者が言ってましたが、それは違うと思います。おそらくこれは完全なる確信犯です。

ビール大好きだけどダイエットもしなければならない私。このシラフを買ってみようと思います。一番大事なのは味ですからね。

今回はお魚関係の話。

五月の連休明けから宇部港の市場が早朝開催に変わります。寒い間は昼間開催だったので行くことが出来ませんでした。

私は毎朝早起きしていますが、この日は珍しく娘が二番目に起きてきました。まだ時刻は朝6時前。

せっかくなので娘とこっそり二人でデートに行くことにしました。選んだ先が宇部港の朝市です。

相変わらず長靴大好き娘なので、いい天気だったにもかかわらず長靴を履いて出発。しかし港では長靴が似合います。ちょっとした市場の売り手のお嬢さんって感じですよね。

まだ寝起きでエンジンがあまりかかっていない娘。まだぼーっとしている感じでしたが、沢山並んだお魚を見て喜んでいました。

朝早くから小さな女の子が市場に来るなんてとっても珍しいみたいで、市場のおばちゃんたちは皆声かけしてくれました。

約1年ぶりの訪問だと思いますが、顔なじみのおばちゃんから「今日はタコ兄ちゃんいないの?お嬢ちゃんもおおきくなったね。この前は赤ちゃんだったのに。」と声かけしてくれました。

なんか嬉しいですよね。そんなに頻繁に訪問しているわけではないけど、我々をしっかり覚えてくれていたなんて嬉しい話です。まぁ、あさ6時過ぎに小さな子ども連れて朝市にくる親子って超珍しいことなんでしょうけどね。

それ以上に「タコ兄ちゃん」って呼び名が普通に普及していることが素晴らしいです。宇部港名物兄ちゃんになれればいいですね。もうなってるかな?

娘とこっそり行ったことに怒った息子。

ということで、今朝息子を連れて宇部港まで行ってきました。タコ兄ちゃんの凱旋です。

最近あまりタコを食べなくなった息子なのに、今回もタコを欲しがってました。しかし売っていたのは巨大タコ1匹。しかも1500円と高価でした。「これを買って帰ってもお母さん大変だよ。料理するのってかなり大変だよ。」と言い聞かせても「絶対買う!」と引かない息子。自分用のコウイカのお刺身を買った後、お店の前で親子ケンカしていたら、市場のおばちゃんが不憫に思ったらしく、可愛らしいイイダコを数匹タダでくれました。私は大喜びしましたが、息子はまだ納得していない様子でした。今週末に長府の朝市にタコを買いにいく約束をしてようやく落ちついた息子でした。

最近は2歳の娘がやんちゃで手がかかるため、あまり息子の相手を出来ない時間があります。

仕方ないことだけど、時々寂しそうにしている息子。しかし最近幼稚園の親子遠足があり、娘は自宅で義母とお留守番。久しぶりの母親独り占めでとっても楽しかったみたいです。

私は仕事で行けませんでしたが、楽しそうな写真がたくさん送られてきました。とりあえず一安心です。それにしても海響館の屋外が暑そうで暑そうで。暑がりの私が行かなくて良かったと心の中で思いました。

息子と2人きりで結構遊びに行くのに、娘にヤキモチをやいてます。まあそれも可愛いですけどね。こうして立派な兄として成長していくことでしょう。多分・・・

 

追伸:フェラーリの最新車が発表されました。その名も「スーパーファースト」です。とても速いって意味です。そのままやないかーい!ってツッコミたくなりますが、この車に搭載されるエンジンはV12の6.5ℓエンジン。最高出力はなんと800馬力!

いつの日かフェラーリに乗りたいなって中学時代は思っていましたが、こんなじゃじゃ馬絶対に乗りこなせません。以前フェラーリオーナーの方とお話ししたことがありますが、エンジンかけたら爆竹が破裂した音がするらしいです。朝にエンジンかけたら超近所迷惑ですよね。

何よりも値段もスーパーです。貧乏性の私なので、もし宝くじが当たって、この車が買えるくらいのお金があったとしても、この1/3くらいの値段の車を買って、残りのお金を維持費に回そうと思います。

うーん、夢のないお話。

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.