家族

Select Tag

 

山口市もまだまだ未開拓・・・

大寒波がようやく過ぎ去りました。雪が降ると車が汚れる!そればっかり言ってました。インフルエンザの猛威もまだまだ続いております。

まずは息子の海釣り初デビュー話から。

いつもは釣り堀ばかり利用している我が家ですが、今回は息子の強い希望で、この極感の中、海釣りをしてきました。

頑張って長門仙崎まで行ってきましたが、結果はボウズ。自然の厳しさを体で知った息子でした。それにしても寒かった!次は暖かくなった季節に再トライしようと思います。

 

今回は山口市周辺の散策話です。

妻の私用のため、子供達二人を引き連れ山口市に行ってきました。あいにくの雨模様だったので、今回は屋内施設を回ることに。

小児科同期友人家族も一緒でした。週末に子どもたちを連れ出すのが趣味みたいな二人ですから。

まず向かったのは山口県立博物館です。

何年か前に息子と行ったことがありますが、娘は初訪問です。このような公的施設が素晴らしいのは入管料金の安さです。なんと未就学児は無料。意外とクオリティーの高い施設なのに無料なんですよ、無料。大人は150円だったなか?人も少ないためオススメです。

まずは巨大スタンプロボがお出迎えです。

ただポチッとスタンプを押すだけのロボットなのにこの大きさ。かなり無駄な大きさですが、娘たちは興味津々。意味もなくスタンプを10枚以上押して大喜びしていました。

そしてそのスタンプを押した紙は案の定、私のカバンの中へ。帰る頃にはスタンプ紙の存在なんてすっかり忘れ去られていましたけどね。

宇部興産のあるせいなのか、緻密な動きをするロボットアームが設置してあります。

こちらが指定したパーツを使って簡単な木製ロボットを作ってくれます。

完成した後に、こちらに向かって「どうだ!すごいだろ?」と、何度も自慢げに提示するあたりがちょっとイラっとしますが、緻密な動きに感動しました。

やっぱり日本の技術力って素晴らしいですね。

奥に進むと太陽系惑星の動く模型が飾ってあります。スイッチえお押すと、中心の太陽が輝き、周りの惑星たちがそれぞれのスピードで動きます。

土星や木星の動きって本当に遅いんですね。公転の速度をリアルに感じることができました。これも結構よく出来ています。

そういえば、我々がかつて習っていた惑星の一番端っこの冥王星が太陽系の惑星基準から脱落し、準惑星になったって話を思い出しました。「水金地火木土天海冥」と覚えていた最後の「冥」はもう読んではいけません。

ちょっとした恐竜の化石が展示もしています。北九州のいのちのたび博物館ほどの規模ではありませんが、子ども達が学ぶには十分です。動物や恐竜のことをあまりまだ理解していない娘も喜んでおりました。

大人二人で小さな子どもたち五人の相手をするって結構大変です。みなさん、思い思いに好き放題動き回っています。でも屋内レベルの話なので、外に出ることさえ気をつければなんとか相手出来ます。疲れますけどね。

さらに奥に進むと、いろいろな体験ができるコーナーがあります。

JR山口線のシュミレーターがあったり、ハンドルを回すと各ギヤが滑らかに回転し、最後にドラを打つような展示物もありました。

子どもたちは皆興味津々。こうした科学技術や物理的な構造をリアルに体験できるって素晴らしいことです。侮るべからず、博物館!

中でも一番ウケたのがこれです。カメラで自分を撮影し、それを画面に投影して合成した画像が流れるヤツです。

うまく演じると崖をよじ登っていくシーンが映し出されますが、娘はあえて無視。息子が必死に崖をよじ登る姿を演じていましたが、娘は崖の下で、家から持参したままごとセットを広げてオムレツを作っていました。もはや意味不明の画像になってしまいましたが、私は大ウケ。写真に残せなかったことが残念無念です。

最初は「博物館には行きたくない!」とわがままを言っていた息子ですが、結局満喫しまくっていました。最後の方には「まだ帰りたくない!」と騒ぐ始末。でもそれって喜んでくれた証拠ですよね。仲良しの友達と来れたのが嬉しかったのかもしれません。

雨の日の過ごし方の一つの方法が出来ました。

子守を頑張った我々への勝手なご褒美として、博物館近くにある車屋さんに30分ほど行ってきました。

お目当の車は今年度の日本カーオブザイヤーを受賞したボルボの「XC60」です。

最近急成長しているボルボの実力を見たかったため、子ども達を説得して連れてきました。かつては維新公園前にあった店舗が大内の方に移転し、ピカピカのお店になっていました。勢いを感じます。

実車を見た感想。北欧デザインの洗練された感じはわかりますが、まだ高級感に欠ける雰囲気。

これならまだ最近フルモデルチェンジしたBMWのX3の方が断然オシャレだなって思いました。

しかしボルボには世界一安全と言われる最新型の衝突回避装備などがてんこ盛り。しかも値段設定が絶妙で、国産車のちょっと上、ドイツ車のちょっと下に設定されております。XC40も今年日本上陸を果たすみたいで、今後もボルボ旋風が吹き荒れそうな予感がします。あとは「走り」ですね。私にとってはそこが一番重要です。

遅めのランチは、これまた子育て世代に超便利なバイキングレストランへ。今回は美東町にあるきららオーガニックレストランに行きました。

ここのバイキングはお野菜メインの田舎料理って感じでとっても美味しいですよ。何より息子が大好きなチョコレートタワーがありますから。

最後の締めは当然温泉です。

レストランから車で5分のところにある「桂月」の露天風呂でのんびりしました。

改めて一日子ども達と過ごすと、こんなにも体力がいるのか!と驚かされます。普段仕事で家にいない私。妻の苦労がほんの少しでも軽減できればと思っていますが、まだまだ全然足りません。

子ども達を通して妻への感謝の気持ちでいっぱいになった我々おっさん二人でした。

山口市にもまだまだ知らない場所がたくさんありそうです。美祢市の次は山口市をディープに散策しようと思います。またご報告しますね!

 

追伸:平昌オリンピックまであと少し。

我々中年の星、男子ジャンプの葛西選手が8度目の代表入りを果たしました。まさにレジェンド!

でもよーく考えてください。同じ人が8回も出ることが出来るなんて、若手が全く育っていない証拠です。

これからも男子ジャンプの暗黒時代が続くんでしょうか。若手の奮起に期待します。

大大大好きな高梨沙羅選手がんばれ!葛西選手も頑張って!

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。今年初投稿になります。バタバタしたお正月であまりゆっくり出来ませんでしたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

まずは驚きの話題から。

お正月恒例のお笑い番組の中で、息子が大好きな「あきら100パーセント」がやらかしました。

たまたま休日診療所のお昼休みにお笑い番組「レッドカーペット」で彼のいつものネタをぼーっと見ていたら、まさかの隠し物落下!これまで彼が失敗したところを見たことがありません。本人もかなりショックだったみたいで土下座しながら帰って行きました。

それでも後で成功して大笑いに変えてしまった所に芸人さんの底力を感じました。

 

今回はお正月ネタです。

大晦日は毎年恒例になっている、妻の実家での大宴会でした。

結婚する前から毎年お邪魔していると思うので、今回でもう何回目でしょうか?今年も美味しい料理を食べならがお義父さんたちと派手に飲みました。ということで、今年も日付が変わる前にさっさと寝つぶれてしまい、紅白の目玉だった安室ちゃんや桑田佳祐さんの歌を聴けずじまいでした。

で、寝ながら年越した翌日、元旦の早朝に、これまた毎年恒例の「近所の方々と初日の出を祝う会」に参加してきました。

年に1回しか出会うことのない妻の実家のご近所さんですが、毎年私に温かい声かけをしていただけます。私もすでに東岐波地元民ですね。今回は息子も一緒。相変わらず海の似合う男です。加山雄三越えしてます。背中に哀愁すら感じます。

今年の初日の出がこちらです。

ちょうど水平線上に厚い雲があったため、日の出予定時刻から15分くらい遅れて太陽が顔を出しました。

足の先までキンキンに冷えてしまったとても寒い朝でしたが、今年も無事初日の出を拝むことができました。平成30年も良い1年になりそうです。

郵便局員の義弟は、1年で最も忙しい年賀状配達のため早朝に出発。私も小野田休日診療所の担当日だったので、急いでおせち料理を食べて今年の初仕事に向かいました。

今年の初仕事になります。

さすがにお正月は少ないかも?と楽観視していたら大間違い。昨年末からずっとインフルエンザの流行が続いており、診療所でもインフルエンザの方が数多く受診されました。今シーズンのインフル流行入りは例年より早かったですからね。

休日診療所での初仕事を終え、電車で妻の実家に舞い戻り、元旦夜のお祝い酒となりました。

翌日は自分の親戚たちとお昼から宴会。この時期にお酒の席が続くのは致し方ないことです。嬉しいけど。

数年ぶりに帰省してきた従兄弟にも出会えました。なんと、小児人工心肺の機器を扱うメーカーに就職したみたいです。久しぶりに再会しましたが、全然変わってなかったことに一安心。

あとは早く結婚してほしいもんです。とってもいい男なんですけどねー。

お正月最後のお休みの日は、今年最大のテーマであるマイホーム計画実行のため、家族四人で住宅展示場に行ってきました。

もともと住宅展示場大好き人間の私です。妻と結婚する前のデートでも行ったことがあります。自称「住宅展示場荒らし」ですから。

今回は珍しく、妻の方から「住宅展示場に行こう!」と提案されました。もともと私のことを単なる展示場好きの人って思っていたみたいですけど、マイホームの話が出ると話は別みたいです。一生懸命勉強していました。

掃除が大変だから大豪邸なんて建てる気持ちは全くありませんが、妻の使いやすいような家、住み心地の良い家を建てたいと考えています。消費税が上がる前にケリをつけたいと思っていますが、一体いつになることやら。

最後に今年の目標をここで声高々に宣言いたします!

「体重を5kg落とします!」(出来るかなー?)

 

年を重ねるごとにブログの文章がドンドン長くなってきました。今年はもう少し要点を絞って、なるべくコンパクトにまとめようと思います。ま、無理でしょうけどね。

今年も我がクリニック及びこのブログ共々よろしくお願いいたします!

 

追伸:住宅展示場で偶然、お笑い芸人である「じゅんいちダビットソン」さんのライブを開催していました。

個人的には彼の「アメリカンネタ」が大好きなんですけど、今回もR1グランプリを制したあの「本田圭佑ネタ」でした。

やはりプロですね。とっても面白いネタをたくさん披露してくれました。一部しか見ることができなかったけど、やはりプロの芸人さんは違います。

その後のお餅まきにも参加して盛り上げてくれていましたが、こんな片田舎の住宅展示場にまでわざわざ営業に来なくてはいけないなんて、お笑い芸人さんも大変だなーって勝手に心配してしまった私でした。お疲れ様でした。

有言実行!

今年最後の1週間。まだまだインフル流行持続しています。ついに娘も罹患しました。すでに超元気ですけど。みなさんもお気をつけて。

数日前の新聞で読みましたが、別府杉乃井ホテルが年明けに10日連続の休館日を設けるそうです。この休みを利用して海外研修などにも行ってもらうそうです。これくらい大胆に休暇を設定する企業の勇気って素晴らしいと思います。4億円の減収らしいですけどね。これも大人気ホテルだからできることなんでしょうか。10日も無理とは思うけど、他の企業にも見習って欲しいです。

 

今回は先日のテレビ放送で「また来ます!」と言ってしまったことから、鹿野に再訪問したお話。

ローカル放送とはいえ、テレビ電波で再訪問を宣言してしまった息子。ここは有言実行だ!と気合いを入れた私。めちゃくちゃ忙しい外来の合間の木曜日午後に、子ども達を連れて鹿野ファミリーランドに行って来ました。これが正真正銘、最後の訪問になりました。

今回は東京から帰省してきた妹家族も一緒に連れて行きました。

息子はもうベテランです。さっさと釣り上げて、従姉妹に釣りのアドバイスをしていました。ま、もう10回以上はここに来てますからね。

最後の釣りのターゲットはニジマスです。平日午後なのでお客さんが少なく、魚もお腹が空いていたようです。あっという間に釣り上げることができました。

娘も上手に釣りました。ただ、釣り上げたニジマスが派手に暴れまわるのでかなりビビってましたけど。

せっかくこの場所で魚釣りデビューした娘なのに、やっぱり閉店って寂しいです。大学時代の友人から「ここに別荘建てたら?」って言われたこともあります。ま、無理ですけど。

食べる分だけ釣り上げたらお料理です。

塩焼きと唐揚げを待つ間、裏手の綺麗な川で遊びました。さすがにこの季節には水の中は無理ですが。午後3時くらいだったのに、バケツの氷がまだ溶けていませんでしたからね。鹿野ってどんなに寒いんだ!って思いました。

いよいよファミリーランド最後のお食事です。

このぶつ切りの唐揚げは本当に絶品です!一緒に頼んだ塩焼きもまたグッド。

甥っ子&姪っ子が美味しそうに食べている姿を見て、連れて来てよかったなって思いました。

ちなみに我が娘もこの唐揚げ大好きで、最後は数個を手に隠し持って人に取られないようにこっそり食べていました。どれだけ好きなんだ?

最後はテレビと同じシーンでお別れの挨拶。

お店の方に息子が「これまでありがとう!」ってお礼を言うシーンを見て涙が出た私。

お店のおばさんも感慨深そうに息子としっかりタッチしていました。娘はショーケースに並んだお料理の模型に大興奮していました。

後日聞いた話ですが、先日放送されたYABのニュースは、この時間帯は県内視聴率ナンバーワンだったみたいです。冗談のような本当のお話。テレビ関係者から聞いた話らしいですよ。

仕事している時も、「先生、テレビ見ましたよ!」って何人も言ってました。

当然我が家は録画しております。でも恥ずかしくてあまり見たくないです。もっと粋なコメントすればよかったです。

これまでこのブログに度々登場した「鹿野ファミリーランド」。小さな頃から通っていた我が子達もこんなに立派に大きくなりました。息子が田舎遊び好きになったきっかけのお店でもあります。

これまで本当にお世話になりました。心から感謝の気持ちを伝えます。

ありがとうございました!!!

 

追伸:先日、義弟さんを連れて下関の「ウサギ」に行って来ました。とっても美味しいお料理の数々でしたが、お子様ランチが大人料理以上に美味しそうに見えた私はまだまだ子どもようです。

義弟さん超ハンサムなのに、カメラを向けるとあえて変顔をします。

でもこの顔って誰かに似てるな?って思ったら、数日後にふと思い出しました。

そうです。漫画「デスノート」の死神リュークです。あ、義弟さんに死神扱いはかわいそうですね。でも笑えました。

せっかくなので「ウサギ」の素晴らしいお料理の一部をご紹介します。技術不足でピンボケでした。せっかく一眼レフ持って行ったのになー。まだまだ修行不足です。

追伸2:上記の素敵なランチタイム後に「花の海」に行って来ました。息子と私が興味を持ったのは、最近はやりの「多肉植物」です。ま、簡単に言えばサボテンの仲間みたいなもんですよね?

育てるのが簡単!って書いてあったけど、おそらく私と息子の管理では数日で枯れることでしょう。と言うことで購入断念。

おそらく大晦日にもう一回ブログ更新する予定なので、年末のご挨拶はまだしません。

今年1年、家族と色々素敵な思い出ができました。こんな多動気味で落ち着きのない私に付き合ってくれた妻、息子、娘に感謝感謝です!

さ、来年はどこに遊びに行こうかなー!

センザキッチン行ってきました!

もう12月も中盤です。あっという間の年末へ。やはり師走は早いですね。医師として走り回っています。最近、公的な忘年会とか会議ばかりで疲弊気味の私ですけど。

まずは忘年会余興ネタから。

最近の余興の傾向を見ると、やはり流行りの芸人ネタを真似することが多いと思います。しかもオリジナリティは出さず、完全コピー、いわゆる「完コピ」で挑んできます。

どんなに素人が頑張って真似しても、結局本家に勝てるわけがありません。しかも最近急に有名になった「にゃんこスター」のネタなんて、笑い好きの私ならともかく、大先輩先生方にとっては「なんのこっちゃ?」でしょう。

これまで何度も何度も余興しました。ウケたこともあります。ウケずに大外ししたこともあります。せっかくの内輪ネタが通用する小児科病棟の忘年会なので、もう少しひねってオリジナリティを出せばよかったのに。

結局一番ウケたのは、ただ意味もなく立っていたリアル顔なしです。

みなさん、まだまだ若いです。これからどんどん修行して、もっともっと頑張ってください!

で、余興を見ていてちょっと不満を抱いた我々世代。「来年は俺たちも余興するか?」と、本気で議論してしまいました。もう中堅の世代ですけどね。

 

今回は仙崎に新しくできた道の駅に行ってきたお話です。

あいにくの曇天でしたが、新しくできた道の駅に行ってきました。

長門の仙崎に、今年10月にできた「センザキッチン」です。仙崎にあるからセンザキッチン。素敵なネーミングですよね。聞いただけで美味しそうな雰囲気。

ということで、衝動を抑えきれない私は、子ども二人を連れて突撃してきました。まだ半分だけのプレオープン。来年4月あたりにフルオープンするみたいですよ。楽しみですね!

パン屋さんや食堂も併設されており、11時前の訪問でしたが、食堂前にはすでに行列ができていました。田舎山口県では珍しい光景です。

もしかしてパン屋さんって長門だけに「魚介パン」でも売ってるのか?と、チラッと眺めて見ましたが、普通のパン屋さんみたいです。中には入っていませんが、「鯵パン」とか「鯖パン」なんか売っていたら面白いでしょうね。

中に入って驚き。

超おしゃれです!入った瞬間、目の前にあったのは「カフェ」です。未だスタバに一人で入れない私ですが、カフェなんてお洒落ですね。なんか東京みたい。お洒落=東京って感じるところが東京コンプレックスの塊です、私は。

入り口に売ってあったクリスマスグッズを早速妻のお土産として購入しました。

ついでに、名前を忘れましたが、プリザーブドフラワーをオイルにつけて綺麗に見せたヤツも思わず買ってしまいました。息子と一緒に「お母さんに似合うのってどれかねー?」って悩みながら買う時間もまた楽しかったです。

妻は自宅に残ってクリニックの事務仕事してましたから。いつもいつもすみません。妻の邪魔ばかりする子ども達を外に連れ出すのが私に与えられた使命だったので。

ここは長門市です。やっぱり期待するのは新鮮な魚介類。

心配ご無用でした。奥にはとれたて新鮮なお魚がずらり。最近よく魚市場に行くようになったため、お魚の相場をそれなりに知っているつもりですが、想像していたよりも結構リーズナブルな値段設定でした。

今回はクーラーボックスを持参していなかったため買いませんでしたが、次は妻と一緒にお買い物に来ようと思います。

私が大・大・大好きなサザエさんが売っていましたが、なんとこれだけの数が入って500円ちょっと。

結構小ぶりなサザエだったので、競りとかで売れ残ったものだと思いますが、ちょっと感動しました。次回行ったら絶対に購入します!

実は、ここの道の駅の大きなウリの一つがあります。

なんと、購入した魚介類をバーベキュースタイルで食べることが出来るお店があるんです!

その名も「グリルハウス」。

事前に新聞やテレビでいろいろ情報収集していた私は、この施設を見たくてやってきたのに。

絶対に行列が出来て大賑わいだろうなって思っていましたが、意外にも店内はガラガラ。食堂前にはあれだけ大行列が出来ていたのになー。まだ皆さんの認知度が低いようですね。

先ほどのサザエを買ってここで食べよう!と息子に提案しましたが、即却下。「あっくんサザエ嫌い!」だって。残念無念!今度一人で来ようかな・・・そしたらサザエ独り占め。

小雨ぱらつくあいにくの天気でしたが、外には綺麗なウッドデッキがあり、眼前に広がる長門の綺麗な海を見ながら、入り口にあるカフェでコーヒー買ってここでゆっくり過ごすなんて超素敵です。

我が子達は空気を読まず、走り回ってはしゃいでいました。まだここでくつろぐ年代ではありませんからね。

センザキッチンは素敵なところでした。この日は週末だったので結構お客さんが多かったです。次回は木曜日午後のクリニック休診時間を狙って再訪問しようと思います。当然グリルハウスに行きます。

今週末に妹家族が帰省してくるので、田舎好きの妹たちを連れてまた来てみようかな。グリルハウス訪問記はまた後日。

最近長門市も頑張ってますね。ちょっと前にプーチン大統領が来た湯本温泉も、ただいまあの星野リゾートがプロデュースして生まれ変わろうとしているし、最近急に有名になった「元の隅稲荷」も連日大混雑してるみたいです。最近頻繁に訪れた美祢市といい、ここ長門市といい、まだまだ我が山口県は進歩しています。

地元のいいとこドンドン発見しますよ!

実はこの後、息子の強い希望で、長門→美祢→中国自動車道→鹿野へとロングドライブ。山口を横断しました。目的は釣り堀です。

いつもの鹿野ファミリーランドに行ったら衝撃の事実が待ち受けていました!

なんとこの年末で閉店するそうです・・・43年の歴史が今年いっぱいで幕を閉じます。

ということで地元テレビ局YABが取材に来ていました。しかしここに着いたら結構な大雨。当然お客さんは全然いません。我々のみです。待ってましたとばかり、アナウンサーの方が息子にインタビューしてきました。私もいくつかコメントしました。

取材の詳細と、その後のテレビ放送に関しては次回にご報告致します。

お楽しみに!

 

追伸:どっかの俳優さんが素敵なコメントを書いていました。

多くは語りません。

まずは読んで見てください。

私も頑張ります!

進化していく回転寿司

外は冬の嵐。風が吹くといっそう寒く感じます。バスケ後の下肢関節痛に悩まされながら外来をしている私。毎回毎回バスケ後に体を痛める自分を客観的に評価し、改めてダイエットの重要性を感じます。

まずはこの話題。

今年の「日本カーオブザイヤー」受賞車が発表されました。なんとボルボのXC60です。久しぶりの外国車が受賞しました。しかもボルボ車は初受賞らしいですね。

確かに今回ノミネートされた車を眺めると、国産車よりも外国車の方が圧倒的に魅力的な車種が多かったのも事実。審査員の方も冷静な判断を下したと思います。

個人的にはアルファロメオの「ジュリア」とかBMW「新型5シリーズ」が受賞するのかなって思っていました。

ボルボは現在中国企業の傘下にいます。正直今後どうなるんだろうと思っていました。しかし、この企業は「口は出さずにお金出す!」というスタンスで、最近のボルボ車の急成長ぶりを見ると、提携してよかったと思います。一つのモデルケースになりそうです。正直、今度のボルボ90シリーズは本気で欲しいです。XC60もかなり良さそうですね。買う気もないけど、今度試乗に行ってみようかな。

ちなみに私の中のカーオブザイヤーは「レクサスLC」ですね。今回はエモーショナル部門賞を受賞していました。

久しぶりにカッコいい!と思う国産クーペです。サイズはかなり大柄ですが、リアフェンダーの膨らみとか長〜いフロントノーズなど、色気プンプンです。しかし値段が「1300万円から」ですよ、1300万円から・・・。こんな素敵な車に乗るなんて夢のまた夢ですね・・・。ダウンサイジングターボ全盛のこのご時世に5ℓ自然吸気エンジンなんて粋ですな!

 

あ、前置き長くなりました。今回は回転寿司談義です。
ただいま宇部の厚南地区で回転寿司バトルが展開されています。

「はま寿司」のすぐ近くに「かっぱ寿司」が出来て、その1kmくらい先に「くら寿司」がオープンしました。

宇部界隈の人ってどんだけ回転寿司が好きやねーん!ってツッコミたくなります。

話題の最新店くら寿司にはまだ行けていません。だって2日前に携帯で予約とらないといけないらしいですからね。今はどうなんでしょうか?

我が家はいつも「はま寿司」に行きます。息子がここのお店の大ファンですから。何度か「かっぱ寿司」にも連れて行きましたが、やはり息子ははま寿司党でした。

相変わらずはま寿司は大人気です。大トロ祭りを開催しているからでしょうか、順番取りに行ったら15組待ちでした。しかも最近はペッパー君が案内してくれます。人件費削減なんでしょう。ロボットに案内されるなんてちょっと悔しいです。

せっかくの大トロ祭りだったので、もともと赤身の魚って好きではなかったけど、何カンか注文しました。やっぱり美味しいですね、大トロ。そんなに数は食べれませんけどね。脂っぽくて胃にモタれるから。

これだけ競争が激化すると、各店舗とも生き残りをかけて、様々な仕掛けを打ってきます。はま寿司も進化していました。新メニューがいくつか出ており、特に「つつみ寿司」には驚きました。ノリの上にシャリとネタが乗っており、それを包んで食べるスタイルです。この「大漁!炙りとろサーモン」は超絶美味でした。妻も気に入って、最後の締めもこのお寿司にしました。

娘も最近回転寿司が気に入ったみたいです。まだ生魚を与えていないため、ハンバーグ寿司とか卵くらいしか食べることができませんが、ジュースやデザートが目の前をグルグル回るシーンに大興奮しておりました。

そういえば私も幼少期に宇部銀天街の端っこにある回転寿司に行くのが楽しみでした。父と二人で銀天ホールとか宇部東宝に映画を観に行き、帰りに道に回転寿司で食事することが大好きでした。

回転寿司店って子どもにとって、ちょっとしたレジャーランドですね!

競争が激化するということは、その戦いに敗れるお店もあるわけで。

黒石小の前にあった回転寿司遊学が戦いに敗れ去った跡地に、なんと「ろくの家」ができていました。とんこつラーメンのチェーン店です。すぐ裏には行きつけの味噌ラーメン店「長州屋」があるのに。

「回転寿司戦争」の影で、「ラーメン戦争」も地味に繰り広げられていました。

ろくの家も結構好きですが、長州屋のオーナーさんは昔からの知人です。ということで、先日気になって長州屋に行ってきました。

心配ご無用!でした。

自分が行った時はほぼ満席状態で、なんとかカウンターに座ることが出来ました。今回注文したのが辛ネギラーメンですが、この辛いネギが味噌ラーメンにマッチしておりました。

帰り際に隣接したろくの家をこっそり覗きましたが、こちらもほぼ満席状態。とりあえずどちらのお店も繁盛しており今のところ全く問題なさそうです。

厚南で繰り広げられている「回転寿司」戦争および「ラーメン」戦争。どのお店も個性的で、魅力的です。これからもどんどん進化してほしいですね。

みんなちがって、みんないい!(By金子みすゞ)

 

追伸:最後もマニアッククルマネタです。

数日前に休日診療所で一緒に働いたスタッフの愛車ががGTRのR33でした。R32型があまりにも有名で、このR33は失敗作だ!とか言われますが、私はこの型が大好きです。特にウエストラインがキュッと引き締まってスタイリシュ!

せっかくなのでボンネットも開けてもらいました。

このエンジンがNISSANで数々の伝説を残した名機、「RB26」です。やっぱりいいですね、直列6気筒の縦置きエンジン。かなり古いクルマなので、パーツを色々交換しないとコンディションが保てないみたいです。

こりゃ思っている以上にコストがかかっております。オーナーのこだわりを感じますね。

エンジン眺めて「すげー!」と騒ぐ私。こんなマニアックな話が出来る人は久しぶりだったみたいで、お昼休みの大半を、このエンジンを眺めながら語り合って過ごしました。素晴らしいクルマです。これからも大事に乗って下さいね!

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.