医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

二日連続ANAクラウンホテル・・・・・

また寒さがひと段落しました。今年は暖冬ですね。今年度中のスキーは無理かもしれません。ただいま小野田休日診療所で勤務しています。平和だといいけど。

今回は忘年会話第2弾です。

yjimage-3

この週末に宇部のANAクラウンホテルで忘年会が二日連続で開催されました。一つは山大小児科病棟の忘年会、もう一つは山大小児科同門会です。まさか二日連続スーツを着て同じホテルに行くとは思ってもいませんでした。せめて二日目は国際ホテルにして欲しかったです。だって料理の感じが似ているので。

宇部でオフィシャルな会があればだいたいはこのANAホテルです。小野田から近いのはありがたいけど、他に素敵な場所は無いんですかね?

IMG_4444まずは山大小児科病棟の忘年会のお話です。大学病院小児科病棟の飲み会なんですが、なぜか毎年近隣の開業医まで呼ばれます。ありがたいことです。

病棟の忘年会とあって、医師のみでなく看護スタッフさんたちも一緒に参加されています。もともと小児科病棟の1階下にあるNICU(新生児集中治療センター)で勤務していた私。小児科病棟の看護師に知り合いはあまりいません。でもいいんです。お酒が飲めるなら。

忘年会恒例の余興タイムとなり、新人看護師さんたちが可愛い衣装を着て踊っていました。これも毎年恒例です。踊りはウダウダでダメダメでしたが、若い女性が可愛い格好して踊るだけで十分に華があります。しかし大学勤務時代に私を可愛がってくれた現准教授のH先生が一言。「すながわ!せっかくだからお下劣な余興してこい!」と無茶振り。やはりこれまで私がしてきた余興はお下劣だったんだなと笑ってしまいました。結局はやりませんでしたけど。

IMG_4443この忘年会最大のサプライズが後輩女医さんの結婚報告です!

彼女は現在小児科教室の医局長として頑張っています。仕事頑張りすぎてやや婚期をのがしつつあった彼女。彼女の悩みは飲み会毎にいろいろ聞かされていました。そんな後輩がいよいよ結婚です。

嬉しそうに左手薬指の指輪を見せてくれました。なんだか父親の心境になってしまい、ちょっと涙が出ました。それくらい嬉しい報告でした。結婚式も呼んでくれるそうです。

おめでとう!幸せになれよ!!

IMG_4447IMG_4448

少し飲み足りなかった私は、一人二次会に行きました。いつもの「勝っちゃん」です。我がクリニックのすぐ近くにあります。

いつものごとく米焼酎と豚足を楽しんでいたら、となりのおじさんが、「あなた、旨そうに食べてるね!」と声掛けされたので、「おひとつどうぞ。」とおすそ分けしました。その行為にえらく感動したおじさん。「お前気に入った!お酒おごるから一緒に飲もう!」と言われ、「おごらなくて結構ですよ。」と何度もお断りしましたが、相手の気持ちに失礼かなと思い、一杯だけご馳走になりました。その後カウンター席に座っていたおっさん数名(自分含む)で意気投合して閉店まで熱く語り合っていました。この粋なおじんさんは神奈川から出張中とのことで、「にいちゃん、また飲もうな!」と固い握手して御開きとなりました。確率論から考えるともう再開することはないでしょう。楽しい楽しい夜でした。

yjimage-3翌日夜も宇部ANAクラウンホテルで飲み会がありました。今度は山大小児科の同門会です。県内の山大小児科関係者が集まる会です。なぜだか今年は閑散としていました。結構大切な会だと思っているんですけど。

二日連続の同じホテル、同じお料理。でもいいんです。お酒はいつも美味しいから。

yjimage-1yjimage先輩方は二次会の高級クラブに行かれました。さすがにそんなお店が苦手な私は、小児科同期の友人と二人で近所のショットバーへ。ホテルの近くにある「VIZIO」というバーです。宇部新川で飲むときはだいたいここで最後の〆となります。

yjimage-2
ここのマスターさんとは結構長くお付き合いさせていただき、自分の好みのお酒を知ってくれています。ということで、今回もウォッカベースのカクテルやラム酒ベースのカクテルを何杯かマスターお任せで作ってもらいました。

40歳のおっさん二人がバーの片隅で熱く語り合っている姿は異様だったと思います。この日も楽しい夜でした。

今月の忘年会はまだあと何回かあります。健康に留意しながら、そこそこにお酒を楽しもうと思います。ダイエットは頓挫中。

 

IMG_4451追伸:私がまだ若かりし頃、助教授だったM先生。今では関東の病院で教授をされいます。女医先生だったけど鬼のように怖い先生で、もう数え切れないくらい怒られていました。カンファレンスでの発表や診療録の書き方の細かいところまでチェックされ、ガミガミ怒られていました。そんな怖かった先生も山口を去って7年くらい。今回の同門会に参加されており、久しぶりにお会いできました。

表情は昔が信じられないくらい柔和な雰囲気で、「あの頃は楽しかったねー!」と笑顔でお話しできました。そんなM先生から私と、私の同期の友人にサプライズプレゼントをいただきました。ダースベイダーの容器に入ったクッキーです。

yjimage-4

このダースベイダーにはしっかりとした理由があります。

もともとM先生はご専門がアレルギー疾患で、主に喘息外来をメインにされていました。当時強烈に怖かった先生。我々が付けたあだ名は「ベーダー卿」でした。ベーダー卿の「コー、ヒュー、コー、ヒュー」という呼吸音を喘鳴に見立てたわけです。映画を見た人はわかると思います。

M先生のカツッカツッというヒールの音がしたら、「おい、ベーダー卿が来たぞ!気をつけろ!」と言いながら、同期と二人で「帝国のマーチ」を口ずさんでいました。実はいつかの飲み会でそのあだ名が先生本人にばれてしまいました。

ちょうど今月18日からスターウォーズの最新作の上映が始まりました。何かの縁でしょうが、M先生はしっかりあだ名のことを覚えておられ、我々二人にベーダー卿クッキーをプレゼントしてくれました。なんという素敵なサプライズ。今思えば先生には本当に可愛がってもらっていました。我々が立派になって先生に恩返ししなくてはいけないのに、まさかの先生からプレゼント。本当にうれしかったです。

ありがとうございました!ベーダー卿先生!!←失礼な後輩(私)