医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

車の技術進化、その先は?

この頃ずっと雨模様。週末の3連休は晴れるといいですね。

今回は車の先進技術のお話です。興味ない方はスルーしてください。

AS20141123000248_commL最近は装着が当たり前のエアバッグ。車に乗っている人たちの命を守る大事な装備品です。今後のエアバッグはサイドにも飛び出してくるし、かなりコンパクトに収納されています。

しかし今大問題になっている「タカタのエアバッグ」。命を守る装備で命を失った大事件がアメリカで数件起こりました。つい先日、日本でもタカタ製エアバッグ関連の事故が発生しました。ずっとタカタ製を使用していたHONDAでさえ、ついにこのメーカーから撤退を発表しました。アメリカでの巨額な制裁金も発生しており、もう「タカタ社」はもたないでしょう。それくらいの大事件です。

排ガス規制をごまかしたワーゲンの事件も最低ですが、少なくとも人の命に直結する様な話ではなかったですからね。そういえば今ワーゲンが全く売れていないのと、下取りがかなりの安値で取引されているようです。本当はいい車なんですけどね。やはり日本人は筋を通す民族です。ワーゲン拒否の気持ちわかります。

031_o日本は昔から技術大国です。今回購入した車も先進技術満載でかなり便利ですが、その便利さに物申したいと思います。

最近流行している「オートクルーズコントロール」。速度を設定した後はアクセルを踏まなくても勝手に走ってくれます。キャンセルスイッチはあるし、ブレーキを踏めば自動解除されます。各メーカーがこの機能をつけていますが、今最も優れていると思われるのがSUBARUの「iSight」です。試乗車でしか体験していませんが、他のメーカーがレーダー式をメインに採用しているのに、SUBARUはカメラで検知します。ということは歩行者までカバーするということです。すごい技術です。

我が愛車(MAZDA車)にもクルコン付いていますが、機能はまずまずです。HONDAのクルコンはまだまだです。ブレーキのタイミングが遅いし、妙なエンジンブレーキを頻繁にかけてきます。多段ギア車ではなくCVT車だから不自然なのかもしれません。TOYOTAやNISSANのクルコンは未体験です。

クルコンは素晴らしい技術ですが、まだまだ未熟だと思います。人間の自然な操作感には勝てません。使いこなせば楽チンだし、燃費も稼げるんですけどね。

652026今後、車社会が向かっていく道は「自動運転技術」だと思います。イワシやアジが群れで泳ぐ際の体の仕組みから生み出された技術らしいです。

しかしよく考えてください。自動運転者が世の中に蔓延してしまったらもはやそれは電車と同じ感覚です。スピードは一定。車間距離も一定。到着時間が予想でき、渋滞も発生しなくなるかもしれません。全ての車に自動運転が装備されれば追突事故なんぞなくなると思います。

しかし再度よく考えてみてください。自動運転だらけの世界になってしまったら運転の楽しみが全くなくなってしまいませんか?そもそも機械を信頼過ぎていませんか?運転する際、最後はドライバーの技術に全てが依存します。もし事故が起こったら「クルコン使っていたのに事故を起こした!」と警察に言い訳できますか?メーカーに文句言えますか?責任とるのはドライバー自身です。機械を過信してはいけません。いつかターミネーターのように暴走する日がきます。

yjimage-2yjimage-1自動運転を推進している日産。大好きえーちゃん(矢沢栄吉)が「やっちゃえ日産」なんぞCMしていますが、えーちゃんに言われたのがショックです。「自動運転はまだやらなくていいよ日産」です。まだ日産にはすべき仕事があります。かつて言われいた「技術の日産」の復活です。そしてまた若者がとびつくような素敵なスポーツカーを開発してください。シルビアや180SXのような名車をもう一度作ってください。

yjimage-1

話は変わりますが、最近高齢者ドライバーの事故が急増していますね。アクセルとブレーキを間違えたなんて、とんでもない言い訳ですが、実際に自分も同じ年くらいになったら同様の事故を引き起こしてしまいそうです。

先日、一般道を走行中に時速25kmくらいで走行しているおばあちゃんを見かけました。その道の制限速度は時速50kmです。追い越し禁止車線でしたが、車の後ろが大渋滞となっており、みなさんバンバン追い越していました。このおばあちゃんに何の罪もありませんが、さすがにそのスピードはないんじゃない?って思ってしまいました。高速道路であれば速度が遅すぎると捕まってしまいます。自分も80歳くらいになって運転技術に自信がなくなれば免許を国にお返しすると思います。

image

もう一つ愚痴があります。

最近よく見かける「暴走プリウス」です。プリウスは世界に誇るエコカーの代表選手です。そんな優等生車が街中を暴走している姿を見ると「エコって何?」と思います。今回ディーゼルエンジン車を買った時に知りましたが、エコカー減税と補助金の額って結構太かったです。こんなにもらえるの?と思ったくらいです。自分も安全運転している方ではありませんが、暴走プリウスを見かけると腹が立ちます。

これを反面教師に自分は安全運転しようと心がけるおじさんでした。

今回は愚痴っぽい投稿になってしまいました。車大好き人間としては、もっともっと楽しい車がドンドン出てきて、若者たちの憧れみたいな存在になってほしいと心から願っております。頑張れ!車メーカーのみなさん!

 

rd_design_front_img.ts.1505200400279100追伸:今さら隠しても仕方ない話なのでここで公表します。ロードスター購入しました!妻に何度も何度もお願いして許可をもらい、ついに購入決定!今月末に納車となります。

そもそも今のクリーンディーゼルエンジン車の下取り値段がものすごく高額だったのが購入するきっかけとなりました。ただいま中古車市場でディーゼルエンジン大人気みたいです。今の時代では車の下取り価格ってオークションの人気度合いで左右されます。年式はそれほど影響しないようです。「新しい=高額査定」という図式は崩壊し、「人気車種=高額下取り」の時代になってしまいました。

ロードスターネタは今後のブログでバンバンご紹介いたします。

ん?興味ない?