ミニバンは世界を救う!?

喘息の季節です。自分も喘息の調子悪いです。秋は好きな季節なんですけどね。

今回は車のお話。ややマニアックネタも含まれます。

image先日我が家にミニバンがやってきました。新型ステップワゴンです。

もともと走り屋で運転好きの私。走りがつまんないミニバンなんて絶対に乗らないと思っていました。しかし我が家に家族が一人増え、妻の車の後部座席はチャイルドシートに占拠されてしまい、後ろに全く荷物が載せられなくなりました。シートベルトを装着するのも一苦労。やはり我が家も3列シートの車を購入しなくてはと思い、ミニバンの物色を開始しました。

このブログ内で散々書きましたが、現在の燃費重視のムーブメントとして以下のエンジンスタイルが流行しています。

①エンジン排気量を小さくして、ターボやスーパーチャージャーを使ってパワーを稼ぐ方法:これはフォルクスワーゲン車が先駆けで、世界的な流行となっています。

②日本大得意のハイブリッド:これは世界に誇る技術で、トヨタが開発したプリウスが1997年に世界初の量産化に成功したものです。ストップ&ゴーの多い日本の狭い道路事情にマッチしており、現在の日本車売上の6割近くはハイブリッドだそうです。

③見直されたクリーンディーゼル車:世界では売上の半分くらいディーゼル車らしいです。日本では前東京都知事がディーゼル叩きをしたので、いったん意気消沈していましたが、クリーンディーゼル技術のおかげで最近世界的に脚光を浴びています。MAZDAが日本人気を再燃させました。自分の愛車もMAZDAのクリーンディーゼルです。

yjimage前置きはこれくらい。自分が一番好きなのは①です。エスクワイヤとかシエンタの新型がハイブリッドで出ましたが、それには見向きもせずHONDAへ。ステップワゴンが一番気になっていたからです。

この後ろ横開きドアはすごい発明です。いざHONDAに見に行ったら一発で好きになってしまいました。かーなーりー便利です。HONDAディーラーマン曰く、「後ろの扉をぐわーって上に開けるのは月3、4回程度です。」とのこと。まさにその通り。一応後ろのドアを上に完全に開けることはできますが、この横開きドアのおかげでほぼ上開け不要。息子もここから乗り降りできるためかなり気に入っている様子。

いざ納車されてみるとその使い勝手の良さに再感動。いい買い物しました。実際に運転してみると、想像以上に走りがいいです。1.5ℓとは思えない力強い走り。やはりターボが効いています。昔のようなドッカンターボではなく、最初の加速をアシストする感じ。ターボラグは感じません。

yjimage-4息子はこの3列目にチャイルドシートを乗せて座っています。2列目シートを前倒しし、もはやリムジン状態で座っています。我が家の社長です。私はお抱え運転手。

天井からぶら下がったDVD用モニターをつけたので、3列目に優雅に座って足を全開に伸ばし、大好きな戦隊もののDVDを観ながらヨーグルトジュースを飲む。息子至福のひと時です。この車を買って誰よりも喜んでいるのは息子ですから。

それにしても日本のミニバンってよくできています。家族に幸せと笑顔を運んできました。2つのチャイルドシート乗せても荷物たっぷり乗ります。この車こそ家族の救世主です。世の中でミニバンが売れている理由が免許取得後22年目でようやく知ることができました。

ミニバン万歳!ステップワゴン万歳!

子供と一緒にどこへ行こう?(これが初代ステップワゴンの決め台詞でした)

 

IMG_3311追伸:ステップワゴンを買ったもう一つの下心が。家族移動用のミニバンが我が家に来たのでもう私は自由?です。さぁ、次こそ大好きスポーツカーに戻りますかね。下心全開です。

ということで愛車2年目点検の最中に試乗できるよう、前日からMAZDA勤務のいとこにおねがいして、マニュアル仕様の新型ロードスター試乗車を店舗まで運んでもらっていました。

先日試乗したロードスターはオートマ仕様でした。排気量が2ℓから1.5ℓにダウンサイジングされ、思っていた以上にかったるいエンジンだなって感じましたが、マニュアル車に乗って衝撃を受けました。

IMG_3312マニュアルシフト最高です。小さな排気量のおかげで少し高回転気味にシフトチェンジするのが最高に楽しかったです。

いとこの勤務するお店なので融通がきき、ちょっと長めの一人試乗。普通なら横に営業マン乗るのが普通ですけど、自分の場合、無理言って一人試乗。

かつて住んでいた下関。道は熟知しています。せっかくなので峠を少し攻めてきました。試乗車にもかかわらず6000回転以上ブンブン回して走りました。エンジン音が妙に大きいのもテンション上がります。ダウンサイジングの好影響でしょう。相変わらず質素な内装で荷物もほとんど載りませんが、ライトウェイトスポーツカーの醍醐味をビンビンに感じることができました。

IMG_3314欲しい!本気でこの車欲しい!近くに停めてあった赤のロードスターはさらに素敵でした。買うなら絶対に赤色ですね。目立ちますけど。

で、こっそり今の愛車の査定価格を調べてもらったら再度衝撃が!2年で3万キロ乗った車がまだ2/3くらいの価値が残っていました。凄いことです。

普通なら新車から1年以上乗れば、車の価値は半分に下がってしまうのがこれまでの相場でした。やはり最近の下取りは年式よりも人気に左右されるんだなって改めて感じました。クリーンディーゼル車は中古市場で大人気だそうです。3万キロ乗ったディーゼル車は僕の好みには合いませんでした。さぁ、我が家のボス(妻)に交渉開始です。弱気ですけど。

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.