セカイノオワリ(セリーグ界の終わり)

今日は朝から小野田休日診療所。週7日外来はさすがにしんどいです。昔は元気に働けていた現在40歳のおっさんです。

今回はプロ野球談義。興味ない方はスルーしてください。

yjimageただいまプロ野球のセ・リーグがえらいことになっています。セ・リーグチームに貯金が全くございません。数日前までは全チーム借金、勝率5割以下という大惨事。交流戦のセ・リーグ大敗によってもたらされたこの悲劇。悲しき現実です。

かつては「人気のセ、実力のパ」なんて言われていましたが、最近はパ・リーグチームも人気あります。当然実力も上です。実際自分のまわりはソフトバンクファンばかり。愛するジャイアンツから鞍替えしたファンも多くいます。確かにソフトバンクは派手な試合するので福岡ドームで観戦しても楽しいチームです。ジャイアンツ人気も陰りが見えており、テレビ放送も一気に減少しました。視聴率稼げないみたいですから。

しかしこれでいいのかセ・リーグ!

そういえば最近のプロ野球界にスーパースターって存在が少なくないですか?特にセ・リーグの打者。松井秀喜やイチローといった名選手と呼ばれる人が少ないと思います。

yjimageyjimage-2yjimageパ・リーグの若手打者にいい選手揃ってます。注目している若手バッターは、西武の森と秋山、ソフトバンクの柳田選手あたりです。彼らに共通して言えるのは、思い切りの良いバッティング。当たっても空振りでも毎回フルスイング。見ていて気持ちいいですね。特に秋山選手はかなりの高打率。内野安打はあまりないみたいなので、この打率はすごいです。イチローは内野安打と四球を選ぶ選球眼があの高打率の支えになっていますからね。

yjimage-1個人的にはあまり好きになれない中田翔選手も、いざシーズン始まればホームランや打点で個人成績上位争いしていますから。やはり彼もいいバッターです。

しかしあの金髪とキラキラ金ネックレスはいかがなもんですかな。やはり大阪出身のヤンキー上がりですから、あんな雰囲気になるのは仕方のないこと。清原選手の影響を受けすぎているようです。ヒーローの風格ではありません。日本代表の4番バッターなのでもっと品位を持ってもらいたいです。

yjimage-6image-2我が巨人軍の打線は最悪です。ここ20年くらいで最悪の状態だと思います。今年はなんだかんだと投手が頑張っています。菅野投手なんて防御率1点台なのに6勝6敗の五割。いかにバッターが助けていないかがわかります。しかも意外なところでマイコラスの活躍。これは想定外でした。

阿部選手の1塁転向は賛同できません。捕手ができないくらい首の状態が悪いなら試合に出なくてもいいです。生命にかかわりますから。ここは1年じっくりかけて小林捕手を育てたほうがいいんじゃないですかね?坂本選手も最初は頑張っていたけど現在の状態は最悪。巨人メンバーに3割超えている人っていないと思います。しかも40歳過ぎの高橋選手や井端選手に頼らなくてはいけない現状。とても首位を狙えるチームではありません。

yjimage-4yjimage-3いろいろ文句を書きましたが、結果的には今年のセ・リーグはここ何年かなかった大接戦です。5位まで0.5ゲーム差なんてありえなかったです。最近優勝から遠ざかっていたヤクルトやDeNAなど大チャンスです。特にヤクルト。万年Bクラスだったのに今年は何か違います。バレンティンいないのにバカスカ打っています。恐るべし。

広島の若手打者もいいですね。特に丸と菊池選手。エルドレッドの調子も上がってきているみたいなので、中継ぎ投手が安定すれば完全に優勝候補。どうせなら大嫌いな阪神が優勝するくらいなら広島やヤクルト応援します。でも日本シリーズではソフトバンクには勝てないでしょうね。それくらい強いです。

今年の優勝はどのチームでしょうか?ジャイアンツは可能性低そうです。ジャイアンツを愛しているからこそ、今年は我慢の年。クライマックスシリーズに出れなくてもいいです。本気です。今年は我慢です。我慢です。(実は相当腹立っていますけど。。。。)

 

image

image-1追伸:セカイノオワリつながりで、最近ずっと「セカイノオワリ」を聞いていました。思っていた以上に本格的な音楽するんだなって感心したからです。しかしすぐに飽きてしまいました。

そして再びマイブームになったのが長渕剛。やはり彼の歌は心に沁みますね。最近自分も長渕に雰囲気似てきたかなって、勝手に思っています。

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.