児童館っていいですねー

今日は朝から大雨です。台風の影響でしょうね。そんな朝、ついに我が妻が陣痛発来。今日中には生まれることでしょう。仕事で立ち会えないですけど。

今回はまたまた息子との男旅シリーズ。しかもよく行く「ふくふくこども館」のお話。

IMG_1667IMG_1669相変わらず鉄道好きの息子。なぜかまた電車に乗りたい熱が再燃してきたみたいで、週末の朝に突然「今日は電車のるんよ!」と。

え、電車に乗るっていってもそれは自分が一緒に乗らなければいけないのに。その日は萩に行って二人でレンタル自転車で萩市内を旅しようと思っていたのに。急遽電車の旅に変更となりました。

ちなみに我が家は小野田駅のすぐ近くです。やはり山陽本線沿いってのは便利ですよね。宇部新川に飲みに行く時ももっぱら電車。だって200円しかかかりませんからね。ちなみに山口市や下関市で飲む時も電車です。

IMG_1672そもそも息子はまだ3歳で電車賃がかかりません。今回はすでに放送終了した「トッキュウジャー」の中で、メンバーが電車に入る時のパスみたいなおもちゃを使って電車に乗り込むことが真の目的みたいだったらしいです。

ということで、小野田駅の小さな改札を「ピッ」と言いながらトッキュウジャーの真似して通り抜けた息子。

とりあえず小野田線で近くの駅に行って引き返してこようと密かに思っていましたが、「ふくふくこども館に行きたい!」と言うもんだから、息子に甘い父は下関までレッツゴー!となってしまいましたとさ。

IMG_1680IMG_1694IMG_1687ここは無料の施設。こどもに優しい施設が気軽に存在しているなんてまったく羨ましいかぎりです。是非とも宇部小野田地区にこのような施設を作って欲しいと心から思っています。自分で建設する方法もありますが、維持していくのが大変だろうし。

行政の方々、よろしくお願いします。

周りを見渡せば母親に連れられて来ている方々が大多数。自分と息子は男同士で派手に遊んでしまうため、いつも館内のスタッフに注意されてしまいますが、元気そうなこどもたちはこちらをうらやましそうに見ています。おそらく我が親子はブラックリストに載っています。激しい親子なので。

IMG_1693遊びの一例を。

最近小学生が入ることが禁止になった「ボールプール」。普通の子ども達はボールを投げたり泳ぐフリをして楽しんでいますが、我が家は違います。息子を完全にボールに埋めて、気配を消すぐらいにして楽しんでいます。時々近くに来た他の子どもが本気でビックリします。

息子は息子で完全に気配を消して、誰か近づいてくるのを待っています。嫌な親子ですよね。息子が大喜びする顔を見てささやかな幸せを感じる父でした。

IMG_1707IMG_1710その後、施設の1階にあるパン屋さんでお食事。自分は「昼食にパン」ってあまり好きではないので、ここでは息子のみ食べさせました。この後シーモールのラーメン屋さんに付き合ってくれる約束を息子としてますから。

気づけば甘いパンばかり選んでいた息子。帰って妻にちょっと怒られました。

ちなみにこの写真に写っている緑のメロンパンを息子が少し残したので分けてもらいましたが、とっても美味しゅうございました。最近のパン屋さんのクオリティは高いです。

さんざん遊びまくって疲れた息子。当然帰りの電車内で爆睡。小野田駅から自宅まで、この頃しっかり重くなっている息子を抱えて帰宅。全身の筋トレになりました。

さぁ、次はどこに行こう?男旅は続きます。

 

yjimage追伸:最初にサラリと書きましたが、妻がついに陣痛発来。待望の第2子が生まれます。息子もついにお兄ちゃんになります。早朝からの陣痛で、朝バタバタと病院まで送り届けてきました。日中に生まれてしまったら立ち会えないけど仕事だから仕方ない。元気に生まれてくることを心から祈っています。

もともと自分は新生児の専門でした。勤務医時代には1000件以上のお産に立ち会ったと思います。お産は大変です。妻の苦しむ顔を見ているとこちらも辛くなりますが、ここは一応新生児専門家として堂々としていたいと思います。多分無理ですけど。

大学病院勤務時代に、電子カルテで「じんつうはつらい」って文字を変換したら、本当は「陣痛発来」って出て欲しかったのに、「陣痛は辛い」と変換されました。確かにこれは正しいと、勝手に納得してしまった自分でした。どうでもいい話ですよね。

 

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.