医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

最近の新車価格上昇にもの申す!

今日は暑いですね。梅雨明けはもうすぐですかね?

今回は車の価格に対する愚痴です。興味ない方はスルーしてください。

photo_01新型スカイライン出ましたね。車好きの自分にとって、とっても興味のある話題でしたが、実際に車を見て驚き。

デザインはかっこいいけど値段が高すぎるっ!ハイブリッド車は500万円ちょっと、追加で出た2ℓターボ車は400万円也。何なんだこの値段設定は!

かつてスカイラインは若者の憧れの車でした。自分たちのちょっと前の世代では「ケンメリスカイライン」とか、「ハコスカ」って言えばピンとくるはずです。ちょっと背伸びして中古車買って、好きなようにいじりまくる。これがスカイラインという車でした。何なんだ、この値段。

photo_02日産にはシーマやフーガといった高級車は既にあります。値段もスカイラインと同等です。

高級車ってのは、お金持ったおじさんたちがどっしりゆったりと乗る車です。スカイラインは若者の車です。日産は何か勘違いしているようです。同じメーカーの中で競合車出してどうするんでしょうね。

ゴーン社長は相変わらずの高給取り。何か会社のアンバランスさを感じます。

top続きましてGTR。この車はカーマニアの中では神のような存在です。おそらく国産車の中で最も速い車。

今の型のGTRもかっこいいですが値段が高い。開発者の水野さんは「毎年進化させます!」って言ってたけど、結局毎年進化した分、毎年のように値段が上がっています。

デビュー当初は700万円台だったのに、次期型は1000万円越え。宝くじ当たらないと買えません。若者だけではなく、一般人にも買えないレベルになってしまいました。そもそも、その値段出すなら外車が見えてきます。ポルシェやコルベット、BMW、ベンツも競合車になります。そこまでして購入する人はかなりのマニアです。はぁ、GTR欲しかったな。

yjimageあえて今回は日産車で話を進めてみますが、かつて日産には若者好みの楽しい車がたくさんありました。その代表がシルビアであり180SXでした。

形は最高にかっこいいし、エンジンも素晴らしい。何よりもFR(後輪駆動)だったのでドリフトも出来ます。中古車であれば若者たちもちょっと背伸びすれば購入出来る値段でした。もはやこのジャンルの車は壊滅状態。スポーツカー冬の時代です。

研修医になった時、まず購入したかったのはスポーツカーです。最近の若者の車離れが騒がれていますが、車から若者のを引き離したのはメーカー達の責任です。

yjimage-4中国や北米市場を意識した、やたら大きくて、やたら高い車ばかりどんどん発売されています。今度発売されるレクサスのSUV。RXの小型版、廉価版って聞いていたのでちょっと割安で買えるかなって期待していたら大間違い。結局600万円くらいします。ふざけるな!まあレクサスは仕方ないと思うけど、国産車もっと頑張りなさい。日本のユーザー見捨てたら日本の誇りはどこにいってしまうんだ。

少々興奮してしまいました。でも本当に国産車が危機に陥りますよ、これから。ワーゲンやメルセデスがどんどん値下げして車売っています。ポロやUp!なんかは100万円台、ベンツのAクラスも300万円台。最近発表されたベンツCクラスも400万円台から購入可能です。スカイライン買うならベンツ買うって人多くいるんじゃないですかね?由々しき状況です。

yjimage-2しかし、世界に誇れる国産車もあります。それは軽自動車です。日本独自に発達していったこのジャンル。今では楽しそうな軽自動車が目白押し。SUZUKIのハスラーとか面白そうですよね。実際売れているみたいです。最近の軽はターボとかバッテリーチャージとか積んでいるので、走りはいいし燃費もいい。値段安いし税金含めたランニングコストも安い。まさに日本の道路事情にあった車です。

軽自動車メーカーは頑張っています。低コストに抑えつつ高性能車を開発する。涙ぐましい努力です。トヨタや日産の幹部の方々にも見習ってほしいです。日本で売れないから海外で売るってのもわかりますが、お手頃サイズ、お手頃値段の車をこれから開発してほしいもんですね。お願いします。

image-1yjimage-1

このたび発売された新型コペンや年明けに出るHONDAビート後継車も楽しそうです。

特にHONDAの車は気合い入ってますね。こんな軽スポーツカーを20代若者がバンバン乗ってほしいです。車業界を明るく出来るのは若者達です。自分はすでに若者ではありませんが、まだまだスポーツカーに乗りたいです。ロードスター最高でした。

あ、ついつい車談義になると長話になりますね。今回はこれくらいで。

No car , No Life !!

 

140619_0616追伸:全く関係のない話ですが、先日、小野田休日診療所に持って行くためコープでお弁当買いました。ここはあったかいご飯をついでくれるのがウリですが、自分みたいに昼まで仕事する人は温め不要なのにどうするのかな?って思っていたら、想像通り、ほかほかご飯を詰めてくれました。で、店員が「お弁当の温めどうしますか?」。なめやがって。自らホカホカご飯ついだくせに、温めどうするかなんて聞くんじゃない!って心の中で叫びつつ、優しい声で「温め不要です」って応えてしまいました。

これってどうなんですかね?ご飯熱々。おかず冷え冷え。腹立ちませんか?しかも特盛り50円アップって書いてあったから特盛りにしたら、ご飯が2倍くらいあふれるほどついでくれました。当然おかずとのバランス悪し。なぜか無料でふりかけくれた理由がわかりました。

自分の提案としては、後で温める人のために冷えたご飯を準備してほしいです。しかし冷え冷えご飯を詰め込む姿を見たらちょっとイラッとしそうです。

しばらくこのコープ&ポプラコンビニと戦っていく予定です。

(最終更新:2014年7月15日)