医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

レゴランドの思い出〜その2〜

もうすっかり秋ですね。猛暑から急に気温が下がりました。喘息発作の方が増えてます。私もですけど。

ついに我が巨人軍のエースナンバー18を背負った杉内投手が引退を表明しました。

ソフトバンク時代から「凄いサウスポーだな」って思っていました。WBCでの大活躍や、数年前の5/30(私の誕生日)にノーヒットノーランを達成したことを今でも鮮明に覚えています。

彼は鹿児島実業出身の九州人で、いわゆる「松坂世代」です。同期の村田選手も引退し、DeNAの後藤選手も引退表明。ついに松坂世代が終焉を迎えようとしています。松坂投手本人は頑張ってますけどね。それにしてもプロの選手って引退時期が早いですよね。まだ残りの人生が半分以上残っています。これからも頑張って!

 

今回はレゴランド訪問記第二弾です。

旅行初日はレゴランドで夕方まで遊びました。なんたってこの日は併設されたレゴランドホテルに泊まるため閉園ギリギリまで遊ぶことができましたから。

ちなみにレゴランドホテルは今年の4月にオープンしたばかりのピカピカホテルです。

これまた今年にオープンしたばかりの「シーライフ」という小さな水族館がホテルに併設されています。せっかくなのでそちらにも行ってみることにしました。

みるからに小さな水族館で、どうせ大したことないだろうって思って入場しました。

しかしこれがまた良くできた水族館で。さすがは最新式です。小さな建物の中に色々凝った仕掛けがたくさんありました。

水族館好きの我が家は大盛り上がりです。

レゴのキャラと魚が同じ水槽の中で動いており、なんだか不思議な感覚でした。

やっぱり水族館の素晴らしさといえば、「涼しい!」ということです。後、あまり歩かなくていいことかな。この日も猛暑日だったのでこの空調完備は快適でした。

我が子たちがこのシーライフで一番ハマってしまったのがこれです。

自分たちが色つけした魚やクラゲがバーチャル水槽の中で泳ぐという、最近よく見かけるものです。これに娘がどハマりしてしまい、人があまり多くなかったことも相まって、結局30分以上これで遊んでいました。後日「どこが一番楽しかった?」と聞くと、「水族館で色塗ったヤツ」って答える娘でした。実際に私も遊びましたが面白かったです。

水族館の後、再びレゴランドに戻りちょっとだけ遊んだ後、今回の旅のメインイベントであるロゴランドホテルに向かいました。入り口の目の前です。

実は私も相当楽しみにしていました。だって私も幼少期にはレゴにどっぷりハマった世代ですから。

まずいきなりエレベーターに乗ってびっくり。

乗ると急に暗くなってミラーボールが周り、激しいディスコミュージックが流れてきました。つい踊ってしまった私と息子。なかなか凝った演出です。ただ、ちょっと音量が大きいので、エレベーターに乗るたびにドキッとします。

ここのホテルは各階でコンセプトが異なっており、息子が大好きなレゴニンジャゴーの部屋を確保したかったんですけど、すでに予約いっぱい。ということで我々が泊まったフロアはアドベンチャーフロアでした。

やかましいエレベータで宿泊するフロアへ到着!

床から壁から相当凝ったつくりになっており、親子共々大喜びで走りました。

部屋に入るとまたビックリ!主寝室の他に、レゴが組み立てることができる小さなシアタールームと、2段ベッド部屋が別にありました。

子どもたちはもう大興奮!当然私もですけど。3歳の娘も2段ベッドに大喜びし、そのまま上の段に1人でよじ上ってしまいました。そしてこの笑顔。

じつはこのベッド、一番下にスライド式のベッドも入っており、3人で眠れる仕組みです。結局自分はこの一番下のベッドで寝ました。

壁や天井にはレゴのイラストやブロックで出来た動物などがたくさんあり、とっても素敵なお部屋でした。ちょっと高額でしたが、ここのホテルを選んで大正解です!

部屋の片隅に小さな宝箱みたいなものが置いてあり、謎解きクイズに正解したらこの箱が開くというとっても素敵なイベントがありました。息子が一番興奮しておりました。

謎解きは簡単で、部屋の中のトカゲは何匹とか、壁のクモは何匹といった動物・昆虫探しゲームです。

何度か挑戦し、なんとか地力で宝箱を開けることが出来ました!

なんと中に入っていたのはお土産用の小さなレゴブロック。なかなか素敵な演出です。

さっそく息子は夕食前にも関わらず、一心不乱にレゴを作っていました。好きなことに関する集中力は凄まじく、こちらが軽く声かけしても全然気付きません。この集中力を勉強に向けてくれたら素晴らしい成績を残せそうですけど、今のところ彼のベクトルは恐竜や生物、鉱石に向かっているようです。ま、ゆっくり待ちましょう。まだ1年生ですから。

宿泊した初日は息子の誕生日でした。せっかくの記念日なので、息子が食べたいものを外に食べに行くことになり、レゴランド前のレストラン街へ。

息子が選んだお店はハンバーグ&ステーキのお店でした。今流行の熟成肉を使ったお店です。入り口に美味しそうなお肉がずらりと並んでいました。

店内が狭いこともあって、ちょっとした行列ができており、しばしお店の前で待つことにしました。

するとちょうどレストラン街にある噴水でショーが始まり、順番待ちの私を残して子どもたちはショーの見学です。

ここでついに激しい夕立が!超晴れ男の息子&私の「晴れパワー」もここで力つきたようです。でもレゴランド回っている最中はお天気だったのでノープロブレム。

娘はお子様プレート、息子はチーズハンバーグを注文し、ささやかなお誕生日会となりました。

お誕生日おめでとう!

昨年は北海道のトマムリゾートでお祝いしました。ちょうど息子の誕生日と我が家の夏旅行日程がかぶっているので、ほぼ毎年旅行先でお祝いすることになりそうです。羨ましい息子です。

結局、息子のためと言いつつ、レゴランドに一番行きたかったのはやはり私なんでしょう。

大・大・大好きな我が家族と一緒に楽しく旅行出来るなんて、パパは幸せです。

自分たちの部屋に戻る前にレゴニンジャゴーのフロアも見学してきました。ウー先生と記念撮影してご満悦の息子。だってこの日は息子の記念日ですから、息子が楽しく過ごせるのが一番です。

娘も妻も楽しんでいたみたいでよかった、よかった。

翌朝はレゴニンジャゴーショーのスキップパスをゲットしたため朝一番に観に行くことにし、長い長い初日の旅がおわりましたとさ。

初日だけでこのボリューム感です。この旅行記を書きながら色々思い出し、早朝からニヤニヤしているわたしはまさに変態です。

さて、次回はレゴランド二日目&名古屋駅周辺グルメ話です。長々とお付き合いいただきありがとうございました。

 

追伸:大坂選手のグランドスラム制覇には驚きました。まさか日本人があの世界大会のチャンピオンになるとは。

でもあの表彰式での観客の態度は最低でしたね。オリンピックの金メダル授与式にブーイングしますか?それが勝者に対する態度ですか?リスペクトは無いんですか?

憧れの選手と全米オープンの決勝戦で戦い、そして勝利した大坂選手。これからはライバルに追われる立場です。でも彼女はまだ20歳。もしかしたらウインブルドンのセンターコートで優勝する姿を見るはそんなに遠くないかもしれませんね。

おめでとうございます!感動しました。WOWOW入ってて良かった。

追伸2:U18の野球大会で優勝した韓国チーム。

神聖なるマウンドにペットボトルをまき散らし、そして注意されても片付けず。これがスポーツマンのすることでしょうか。いったい野球を通じて何を学んだんでしょうか。かつて国旗を立てる馬鹿もいました。

結局これが民度の違いなんでしょう。日本人選手なら絶対こんなことはしません。韓国の選手よりも頭の腐った指導者に腹が立ちます。選手はまだ未成年ですから。