医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

沖縄より大先輩きたる!

そろそろ長かった夏休みが終わります。本当に長いですね、子ども達の夏休み。妻が疲弊しております。

まずは日本勢大活躍中のアジア大会。

水泳のメダルラッシュに続き、サッカーや陸上競技でも皆さん頑張っています。東京五輪代表世代なので、この勢いを2年間維持してほしいもんです。

それにひきかえ我が巨人軍。カープに勝てません。白旗です。

 

今回はわざわざ沖縄から来ていただいた、大学時代の先輩の講演会話。

数ヶ月前に山口に学会参加で来られた熊大バスケ部の先輩。おもてなし飲み会の席でのお話。

「実はお盆頃に学校保健会の特別講演会で話してくれる講師の先生を探しているんです。先輩どうですか?」と、酔った勢いで無茶振りしてみたら、「おぉ、任せろ!」と力強いご返事。

もともと先輩は精神科で、児童精神にも少し関わりを持っておられるため、今回は小児の発達障害に関して講演していただくことになりました。まさかの展開です。

自分は今年6月から小野田医師会の理事になり、学校保健関連も私の仕事になります。特別講演の講師選びも私の担当です。今回が初しごとなので、せっかくだから大学時代に最もお世話になり、卒業後もずっとお付き合いさせていただいている先輩にお願いできて、正直光栄でした。単なる飲み友達みたいなもんですけどね。

講演は木曜日の午後です。

朝から沖縄を出発し、福岡経由で山口入り。午前外来終了後に厚狭駅にお迎えに行きました。

いつもはおどけてやってくる先輩ですが、今回はやや緊張の面持ち。一枚目の写真は学会後に少しお酒が入った後の先輩。二枚目はこれから講演するという緊張感に満ちた先輩。比較するとこんなにテンションが違うんですね。面白いです。

さぁ、私の「おいでませ山口へ〜山陽小野田おもてなし大作戦〜」の開始です!

講演は3時からだったので、まずはランチで腹ごしらえ。

朝駅前のお蕎麦の名店「野の花」でお蕎麦をいただきました。山陽小野田では珍しい、行列のできるお店です。だって店内かなり狭いですから。

先輩もここのお蕎麦が気に入ったみたいで、まずは最初の接待作戦成功です。まさか20分くらい待たされたのは誤算でしたけどね。

自分は総会前の理事会にも参加しなくてはいけなかったため、早めの会場入り。今回の講演会場は不二輸送機ホールです。

さぁ、お待ちかね。先輩の講演会開始です。大学時代から今までずっとお世話になっている先輩の講演を拝聴するのは今回が初めてで、しかも座長は自分でした。

なんだかお互い歳をとったなって思うと共に、こうやってたくさんの人の前で先輩の講演を聴くなんて、なんだか感無量でした。

事前に発表内容をいくつか相談し、学校の先生方が参加者の大半を占めるため、発達障害の基礎知識や、学校での対応方法など、具体的な事例の話を交えてわかりやすくお話ししていただきました。とてもわかりやすい内容で大好評でした!ただ、先輩が緊張してかなりの早口だったのと、結構カミカミだったのはご愛嬌。

後日、自分が学校医をしているところの養護教諭から「とってもとってもわかりやすいお話でした。みなさん大喜びしていましたよ!」ってメールをいただき、先輩のことながら自分も鼻高々でした。

今回のタイトルも事前に打ち合わせして決めたものです。やはりバスケ部の二人が並ぶと先輩のデカさがわかります。

現役時代、先輩と私は同じ「センター」のポジションだったので、いつも一緒に練習していました。昔の先輩はとってもお上手だったんですけど、今は全然バスケしていないため、今でも続けている私の方が現在では圧倒しております。まず負けることはないでしょう。並んでみるとわかると思いますが、私より5cmくらい先輩の方が背が高いです。

さぁお待ちかね。夜の接待開始です。

せっかくなのでお店の入り口で我が家族達と記念撮影。あ、飲み会参加は私だけですけど。

今回選んだお店は小野田駅前の「樹」です。事前予約した際、「沖縄からお世話になっている大先輩が来られます。先輩が満足できる料理、自分の顔に泥を塗らない料理をお願いします!」とだけ伝えておきました。

ここの女将さんは私と同じ年なので、ずっと仲良くさせていただいています。こんな訳のわからない注文は迷惑だったかもしれません。飲み会の途中で聞いた話ですが、マスターが献立を決めるのにずっと悩んでいたそうです。しかも8月16日という開催日。お盆真っ只中で市場がしまっており、いきの良い魚が入手しづらいみたいでした。わがまま言って本当に申し訳なかったです。

しかしそこはさすがのプロフェッショナル。出てきたお料理はどれもこれも絶品でした。

いくつかご紹介いたします。

基本的には山口産の材料を使うように意識されているそうで、沖縄ではあまり食べることができない日本海の幸など、かなり吟味されたお料理がたくさん出てきました。

最初に出てきたトマトの前菜やカワハギのお刺身からすでに絶品です。

どうせならお酒も山口産でこだわろう!と先輩と話し、最近全国的にも有名になりつつある、山口の地酒を振る舞いました。

この東洋美人は、先日急遽長門の大谷山荘を訪問したロシアのプーチン大統領に振る舞ったお酒がこれです。とってもフルーティーで飲みやすかったです。

ただ自分はもっと辛口でキリッとした純米酒の方が好みですけど。大吟醸より安いし。

アマダイの松かさ焼きやアナゴの煮浸しなど、素晴らしい素材にちょっと手をかけてアレンジしたお料理に先輩が大興奮していました。

二人でかなり日本酒を飲んで酔っていたせいもありますが、先輩はずっと「山口でナンバーワン!山口でナンバーワン!」と連呼していました。これまで何度か山口に来ており、その都度それなりのお店に連れて行きましたが、意外にも先輩ナンバーワンはわが町、山陽小野田のお店でした。ちょっと鼻高々。

先輩のお気に入りはこのサザエのあんかけでした。

自分はハモの入った土瓶蒸しがお気に入り。山口県産のハモが入っていました。しかもまさかの松茸入り。ちょっと秋を感じる素敵なお料理でした。これらがまた日本酒と合う!結局6時から始まった飲み会も、お互いかなり酔ってしまったこともあり、なんと8時半にはお開き。かなり健康的な飲み会となりました。

飲み会の最後にちょっとした事件が勃発しました。

最後の締めに出て来たお素麺ですが、カボス素麺とスダチ素麺の2種類でした。カボスがなくなってしまったので、一つはスダチでした。

個人的にはどちらの柑橘類も好きですが、カボスの素麺ってあまり食べたことがなかったため、そちらを希望したところ、実は先輩は大分出身で、「大分県民たるもの、カボスを譲ることはない!」と叫び、強引に奪い取っていきました。ま、先輩なので仕方のないことです。

両方の味を比較しましたが、お互いの答えは「やっぱりどちらも美味いね!」でした。やはりかなり酔ってます。

早めに飲み会が終わったこともあり、帰宅するとまだ子どもたちが起きていました。

「お父さん、今夜は速かったね!」と大喜びする息子。早く始めて速く終わる飲み会ってあるいみ健全ですね。

翌朝早く沖縄に帰られるため、朝7時過ぎに厚狭駅まで送っていきました。

24時間も滞在出来ない沖縄ー山口弾丸ツアーでしたが、山陽小野田おもてなし旅行に大満足されたみたいです。なんだかんだで年1、2回は会っている先輩なので、全然懐かしい感じがしませんが、大学在学中から今まで、かれこれ20年以上のお付き合いをさせていただいております。先輩後輩の関係より親友と言った方が自然かもしれませんね。2個上の先輩ですけど。

先輩が最後まで強運の持ち主だなって思ったことがあります。電車を待っていたらなんと偶然反対ホームなんと、あの話題のハローキティー列車がやってきたそうです。朝6時台に博多を出発する「こだま」ですが、1日1往復しかしません。まさか厚狭駅に朝7時台に着くとはしりませんでした。自分は仕事があったので早々と帰宅したので見ることが出来ませんでした。さすがは大先輩です。恐るべき強運の持ち主です。

来年の夏休みは先輩の住む沖縄に遊びに行って、お勧めの渡嘉敷島で遊ぶ予定です。今度は家族連れです。また別のプランで、先輩の実家大分佐伯市にある水車近くの清流遊び、延岡の清流遊び、大分九重の滝すべりの田舎プランも浮上しております。1年後だけど今から超楽しみです。

参加者からも大好評で楽しい講演会でした。飲み会も最高でした。先輩、どうもありがとうございました!

 

追伸:最後はちょっとマニアックネタ。

私が大好きなNBAチームのスパーズ。その象徴とも言える選手、マヌ・ジノビリ選手が引退を決意しました。もう41歳ですから。

彼がシュート時に左右にステップを踏み分ける動作、いわゆるユーロステップの生みの親です。自分もユーロステップ練習しましたが、すぐに足をひねって断念した苦い記憶があります。

これでかつてのビッグ3と言われた、ダンカン、パーカー、ジノビリ、そして現在のエースだったレナードまでスパーズからいなくなってしまいました。かつての王朝が完全に解体された形です。

現在のスモールラインナップバスケが大嫌いなので、ポポビッチ監督率いるパス多用スタイルのスパーズバスケが大好きでした。

大好きだったジノビリ選手。これからもNBA発展のために貢献して下さいね。