今、BS放送が面白い

今日は朝からいい天気。まだ気温の寒暖差が大きいのでアレルギー体質の私にはつらい季節です。

本日はテレビのお話。といってもBS放送限定というマニアック話です。

BS放送と言えば、昔はNHKとかWOWOWくらいしかありませんでしたが、今では各放送局が個性豊かな番組をそろえています。

nba-game-action-2014430_czzl2e99bx2p123cj634nb253といってもまずはBSNHKのバスケット放送、NBAです。最近は日本人選手が海外で活躍しているため、野球やサッカーの放送が多く、夜のゴールデンタイムはメジャーリーグや海外サッカーばかり。時々日本のプロ野球やJリーグも放送しています。

しかし一番自分が観たいのはバスケの試合。それもアメリカバスケプロリーグのNBAです。日本人選手はゼロ。だから放送も深夜1時からがほとんどです。

nba-game-action-2014430_156x9lnyniscy1f9f1jjvir0x1放送を全部見たら3時になります。

早朝起床おじさんには絶対に無理。だって朝5時過ぎに起きる体です。

ということで、もっぱら録画。深夜に録画して、その数時間後の早朝に鑑賞。わずか2、3時間の時間差。ほぼリアルタイム鑑賞です。

我が家はテレビに録画機能がついていますが、容量に限界があるため、妻の録画している大河ドラマや息子の戦隊ものの容量も残さないといけません。ということで、ちょこちょこ録画して、ちょこちょこ鑑賞。最近の密かな趣味になっています。

mid000601_140515_104706

今年のプレーオフは楽しいですね。

イースト地区とウエスト地区の上位8チーム、合計16チームが頂点を目指してトーナメント戦を繰り広げますが、シーズン8位で出場したチームが1位の上位チームを最後まで苦しめる展開。例年以上に盛り上がっています。

ちょっとマニアック話にそれてきましたが、今年こそ、我がスパーズがヒートの3連覇を阻止するはずです。

最近日本の巨人軍が弱いため、もっぱらバスケの試合ばかり観てます。

それにしてもBS放送は結構マニアックなコンテンツが多く、楽しませてもらっています。その中でもいくつかご紹介。

top_image_01「吉田類の酒場放浪記」

これは吉田類さんが全国各地の居酒屋さんを飲み歩き、最後に一句詠むという大変マニアックな番組です。

ただ居酒屋に入って酒を飲み、店員やお客さんと談笑する、それだけです。これで番組が成立しています。かつて下関の「おかもと」にも来ました。

吉田類さんの人柄でしょうか、観ているとなんだかこちらまで気分がよくなります。お酒飲めない人や、その趣旨がわからない人にとっては全く意味不明の番組です。じつはDVDも発売されています。

onna_banner1

最近では「おんな酒場放浪記」なんてのも放送されています。

さすがにこの番組はちょっとひきました。まだ飲んべえには早いと思われる女性が出ているからです。まだ吉田類さんには勝てません。彼は番組後半で確実に酔ってます。最後はべろべろになってます。これくらいの気合いがないとダメですよね。

top_logo

 続きまして、「おぎやはぎの愛車遍歴」。

この番組はカーマニアにはたまらない番組です。

芸能人の愛車遍歴をたどりながら、思い出の車を実際に試乗したり、その車にまつわるエピソードを披露したりと、1時間たっぷり車談義です。

芸人おぎやはぎがかなりのカーマニア。女性の車評論家竹岡さんと3人で、かなりマニアな話を繰り広げています。

これも興味のない方には全く意味不明の番組です。素晴らしいです。

header_t釣り番組もいくつかあります。

お気に入りはこの「夢釣行〜一魚一会の旅〜」です。

o0480036012686657701BSNHKにも釣り番組があります。

ただ人が魚釣りしているところをのんびり鑑賞するだけですが、こののどかな雰囲気が好きなんでしょうね。

息子が大きくなったら一緒に魚釣り行けるように準備しているんです。テレビで勉強して。あー、楽しみ。

 

yjimage追伸:ふと思いましたが、どの番組も趣味性の高いものばかり。皆さんに共感してもらおうなんてとても思えない番組ばかりでした。すみません。

自分も「砂川新平の酒場放浪記」を作れそうだと本気で考えました。映像は厳しいので、このブログ内で掲載しようと思います。あ、すでに酒場放浪記書いてるか。ダイエットはまだまだ険しい道のりです。お酒をやめるのではなく、お酒に負けない体を作ると宣言しています。とても医者の発言ではありません。

ちなみに「子どものテレビは2時間くらいまでにしましょうね。」って外来で話す私。自分を反面教師としてください。ぎゃふん。

 

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.