ときわ公園で達人に出会った・・・

最近少し暖かいですが、週明けに最強寒波が来るそうです。毎回「最強」をうたっています。「最(もっとも)」って表現を多用しすぎと思いませんか。よく女性が「さいあくー!」とか言うけど、本当にあなたの人生の中で「最悪」な出来事なんでしょうか。ちなみに我妻も時々使います。その都度「本当に今までで最も悪いの?」って聞いてしまう心の小さな私。

まずは明るい話題。

北米カーオブザイヤーの受賞車はなんとHONDAアコード!素晴らしい快挙です。

SUV全盛のこのご時世で、まさかのセダンが受賞するとは。やはりアメリカの人のセンスは渋いですね。

ちなみに日本カーオブザイヤーはボルボのXC60。お互いの国の車が選ばれていないのもちょっとどうかなって思いますが、審査員の地元びいきがないのは公平で素晴らしいと思います。

でもこのアコードって日本では発売されないでしょう。セダンが全く売れないこの日本で、ある程度の台数を売るのはまず無理です。ワゴンタイプが出れば自分としては嬉しいんですけどね。

 

今回はまたまた宇部のときわ公園の話題です。

とある日曜日の午後、息子の希望でときわ公園に行ってきました。息子のお目当はこの小さな遊園地で遊ぶことです。

ここの遊園地が素晴らしいのは人が少ないことです。

この小さなコースターに乗るのも待ち時間ゼロ。というより乗客は息子一人でしたがしっかりと動かしてくれます。最近ようやく年齢制限及び身長制限をクリアして、一人で乗れるようになれたのが嬉しいみたいです。出てきたときは満面の笑みを浮かべていました。

息子が大好きな巨大迷路に入っている間は娘と休憩所でのんびりしていました。巨大迷路に入るとやや身長の高い私は、頭部をガンガン打ちつけます。ということで迷路担当は妻です。

休憩所でイチゴ味のジェラートを食べる娘。この日はとっても寒かったけど、そんなことはお構いなし。

ジェラートを食べながら遠くを見つめる娘の横顔を見て、なんだか女の子の顔立ちだなって気づきました。まだ2歳ですが、あっという間に立派な女性になり、しかもいつの日か「おとうさん嫌い、臭い」とか言われるんでしょうね。

寒い日は屋内施設が快適です。

動物園出口にあるちょっとした展示コーナーで「戌年」にちなんだ犬に関する展示がありました。

娘はただ枯れ葉が敷き詰められただけのスペースにはまってしまい、体が枯れ葉まみれになっていました。

息子もなぜか「ヨネスケ風」の衣装で写真撮影。しかも被り物はタヌキです。さらに巨大しゃもじには「突撃!ときわのサルごはん」って書いてあります。全くもって意味不明ですが、可愛かったので良しとしましょう。

ふと外に出てみると、若いお兄さんが何やら霧吹きで床に絵を書いていました。

そういえばこの人、ときわ湖側の売店前で時々見かけたことがあります。

遠巻きに何か書いているなって思っていた程度でしたが、実際に目の前で描く姿を見て驚愕!めちゃくちゃ上手です。しかも相当早い!あっという間に「美女と野獣」を仕上げてしまいました。しかも水の入った霧吹きのみで。素晴らしい技術です。

後から聞いた話ですが、この方は「玄ちゃん」のニックネームで呼ばれる、ちょっとしたウォーターアートの有名人みたいです。HPで確認したところ、彼は3歳の時にADHDと診断を受けたそうです。色々考え、この道に進んだと書いてありました。この話にも感動・・・

側でじっーと見ていた息子に「何か描こうか?」と聞いてくれました。息子の希望は当然仮面ライダーです。

するとあっという間にエグゼイド、ゴースト、ガイム、1号を描いてくれました。しかもどのライダーも細かい部分までしっかり描かれており、予想以上のハイクオリティ作品でした。これを見てまたまた感動!

ウォーターアートって初めて聞きましたが、浦安のネズミの国でも同じようなパフォーマンスをチラッと見たことがあります。ウォーターアートって時間がちょっと経てばゆっくりと蒸発して消えていく刹那的なアートですが、それが幻想的です。儚い芸術作品に魂を込める姿がまた超絶カッコいい!

続きまして娘の出番

娘は恥ずかしがってリクエストしませんでしたが、娘がアンパンパンの靴を履いているのを見て、すぐさま娘が大好きなドキンちゃんを描いてくれました。しかもよくみると、ドキンちゃんの横に娘の名前まで書いてくれました。

その横にバイキンマンも追記しております。そして最大のサプライズが!

アンパンマンの顔を描いてもらった後、頭の上に立ってくださいと言われ、妻と娘がそこに移動しました。

すると背中にササっと二本の線を描いたと思ったら、なんとアンパンマンの背中に乗っている姿になりました。娘はイマイチわかっていないようでしたが、私と妻は大感激!

アンパンマンに乗れた我が家は幸せです。たまたま遊園地閉園間際だったせいもあって、人が少なかったのが幸いでした。我が家のリクエストを2つも叶えてくれましたからね、玄さんは。

まだ少し明るかったけど、この日はときわイルミネーションの最終日だったので、せっかくだから少し残って最後のイベントを楽しみました。

ただ、とても寒い日だったので、これ以上残ると子ども達のインフルエンザ罹患の恐れがあったため、真っ暗になる前に帰宅しました。

我が家から30分程度で到着する夢の国。ここで十分楽しんでくれている間は他の遊園地にはあまり行きません。だって私は行列に並ぶのが大嫌いなせっかち人間ですから。という理由から都会が嫌いです。

息子も「都会より田舎が好き!」と公言しております。東京ドームシティで仮面ライダーショーを観たことがある息子でもやはり大都会東京より田舎山口の方が魅力的みたいです。よかった、よかった。

我が教育方針は今のところ順調ですな。

 

追伸:またもや文春砲が炸裂し、平成の大アーティスト小室哲哉さんが引退に追い込まれました。

介護疲れからなのか、他の女性に心奪われてしまった心境はなんとなく同情してしまいますが、やはり芸能人ってイメージが大事です。軽はずみな行動かどうかはよくわかりませんが、スクープされたらこうなるってわかってなかったんでしょうか。

妻の介護疲れで超有名人が別の女性と不倫。なんだか悲しいニュースです。

最近はネットニュースが盛んで週刊誌が売れなくなったのはわかりますが、どんどん記事が過激になっているような気がします。

こうして才能ある方が引退に追い込まれてしまった今回の文春砲。

このニュースで果たして得をした人って一体誰なんでしょうか?

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.