突然のテレビ取材!

もう少しで年末です。ずっと忙しい毎日を過ごしています。今週に入ってインフルエンザの流行が本格化してきました。例年より少し早い流行の始まりです。お気をつけて。

最近会議続きの日々ですが、先日は県庁での会議開催でした。

久しぶりの山口県庁訪問です。ここに来たのは小学生ぶり?それともパスポート作りに来たかな?それくらい記憶があやふやです。

会議は12階でありましたが、裏にある五重塔が窓から綺麗に見えました。なかなか雰囲気のある県庁です。周りも綺麗に整備されており、ここに用がなくても散歩コースとして良さそうです。暖かくなったら家族でここ周辺を散歩するのも素敵ですね。会議はこりごりですけど。

 

今回は息子が受けたインタビューのお話。

センザキッチンのある長門市から、息子の希望を叶えるため、周南市北部にある鹿野まで運転していきました。

長門市→美祢市→高速→鹿野インター→ファミリーランドという、山口横断ルートです。車が全然少ない田舎道を通るので、ストレスなくたどり着くことができました。

この日は朝からあいにくのお天気。高速移動中に雨が降り始め、鹿野についた頃には結構な土砂降りでした。ということでお客さんはほぼゼロ。こりゃ貸切だね!って喜んでいました。

古くてちっちゃくて、全然大したことないお店ですが、息子が釣りデビューしたお店であり、これまで10回以上通った思い出深い場所です。

目の前の小さな池で、夏はアユ、秋冬はヤマメやニジマスを釣ることができます。しかも釣ったらすぐにお料理して食べることができます。それがまた絶品!特にぶつ切りの唐揚げは本当に美味しいです。家族全員大好きです。

ここで川魚の美味しさを知った息子です。夏にはアユのせごしまで食べることができた我が子。もともとお刺身大好きですからね。梅の入ったポン酢で食べるのがまたグッド。

ふと、そろそろあそこの唐揚げが食べたいなーって思ったらいつもここに来ていました。高速インター降りてすぐだからアクセスも良好だったし。

夏には裏にある綺麗な川で泳ぐこともできます。息子はここでよくカエルやヤゴを捕獲していました。鯉の餌やりなんかもできます。

当然娘も1歳過ぎにファミリーランドデビューしました。今では唐揚げを骨ごとバリバリと美味しそうに食べてます。

なぜこんなに熱く語るのかというと、なんとこの施設、今年の年末いっぱいで閉店になるそうです!偶然取材に来ていたYABのアナウンサーのお兄さんから聞かされた衝撃の事実でした。

こんな悪天候の中、ここで釣りする人なんて全然いません。

そんな中、雨なんて関係ないね!とばかりに釣りを強行する息子。これまでお客さんが来なくて困っていたテレビ取材班的にも「待ってました!」とばかりに息子への取材攻勢が始まりました。ほぼ独占インタビューです。

釣り終わってお料理を待つ間も色々取材を受けました。小さな声だったけど、それなりにハキハキ答える息子の姿にちょっと涙する私。

それでは実際の放送シーンをご紹介!

ちょっとした5分程度のコーナーで、しかもここの店長さんが閉店の理由などを寂しく語るシーンがほとんどで、我が家の出番はさほどありませんでした。

それでもテレビ初デビューを果たした我が子二人。まだ2歳の娘はなんのこっちゃって顔をしていましたけどね。

基本的にはアナウンサーのお兄さんの質問に答えるという形式でした。

(アナウンサー)もうなくなるんだって。どう思う?(息子)ちょっとさみしい。(アナウンサー)閉店までにもう1回くる?(息子)もう一回来たい!(アナウンサー)ですって、お父さん!どうしますか?(私)息子が言うならもう一度来ます。

ん?気づきましたか?

そうです。私もいくつかインタビューを受けました。ありきたりな質問だったので、それなりにしか答えることができなかったけど、これが友人の間では超不評でした。

もっと面白いこと言え!と、数々の批判を受けた私。そりゃウケ狙いで話してもいいけど、所詮私は素人。大外ししたらカットされることでしょう。しかも愛娘を抱っこした状態ですから。今回はこんな無難な感じで許してください。

もう少し綺麗な服装で行けばよかったなと後悔しております。

最後のシーンでお店の人とタッチした娘。「閉店前にまた来ます!」と宣言して帰りました。

この後のシーンはテレビ放送で知りましたが、アナウンサーがお店の人に「また来ますって言ってますよ。」と伝えたら、店長さんがちょっとうるっとして涙したシーンが流れました。それを見て私もちょっと泣。

ここは有言実行です。今週木曜日の午後に再訪問して来ます。約束を果たすために。東京から帰省している妹家族も連れて行きます。

聞けばもう43年間営業していたそうです。そんな名店がまたひとつ姿を消していきます。我が家の思い出がたくさん詰まったお店だったので、本当に残念で悲しい事実ですが、これがまた時代の流れ。

数々の素敵な思い出をありがとうございます。本当にお疲れ様でした。

鹿野はいいところです。里山に囲まれた懐かしの田舎風景がたくさんあります。このお店がなくなったとしても、鹿野にはこれからも家族四人で頻繁に訪れる予定です。息子も「都会より田舎が好き!」と声高々に宣言していましたから。

でもやっぱりファミリーランド閉鎖は寂しいです・・・・・

 

追伸:まだまだ話題が絶えない相撲協会と貴乃花親方の軋轢問題。

マスコミ報道の仕方が貴乃花親方を悪者に仕立てようとしているのは見え見えです。人道的に正しいことをしているのは貴乃花親方の方なので、彼が批判されることは間違っていると思います。

しかしここは一つ物申したいです。

貴乃花親方だって立派な相撲協会理事の一人です。いわば組織の人間です。協会の対応が気に入らないとか言って、チームの輪を乱すことは正しいことなんでしょうか。それならいっそ理事を辞任すべきだと思います。

相撲協会ってまだまだブラックボックス状態で、今回も暴行を受けた力士より、横綱引退の方が重大な事件だと認識しているかのように見えます。正直、今回の暴行事件は白鵬だって同罪だと思います。しかしようやく相撲人気が回復してきた中、二横綱引退ってことだけは避けたいはず。そんな協会の気持ちが見え隠れしているのが気持ち悪いです。

被害者の貴の岩関なんて怖がって全くテレビに出てこれませんから。

それにしても貴乃花親方のマフィアみたいな格好と形相はどうにかなりませんかね?それだけでもマイナスイメージです。ゴッドファーザーか!ってツッコミたくなります。

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.