郊外型巨大ショッピングモールに行って日本の将来を憂える

main3先日、下関にいく用事がったので、つい最近オープンした話題の「ゆめモール」に行ってきました。本当の目的は、息子が「凧揚げしたい」という要望に答えるため、凧を買いに長府のトイザらスに行きたかっただけですが。

数年前、済生会下関勤務時代、このモールのすぐそばに住んでいました。その頃は何にもなくて夜は真っ暗だったのに、この変わり様。驚きです。

妻と息子は実家の用事でいなかったので、のんびりモール散策を。まずは大好きなスポーツショップに入店。まあ大きかったこと。バスケットコーナーも充実しており、余裕あるスペースで買い物しやすそうでした。スポーツ店であれば何時間も時間がつぶせます。うらやましい。

140223_1459その他にもホームセンターや本屋、ケーキ屋、ドラッグストアなど色々。まだ建設中でしたが、スポーツジムも出来るそうです。

駐車場は広大で、買い物もしやすそう。これは便利なモールだなって思う反面、日本各地でこのような個性のないお店が乱立することにより、駅前なんかで1店舗で頑張っている小さな魚屋さんやお肉屋さんなんて大打撃ですよね。

宇部や下関のゆめタウンに行っても、だいたい同じ感じ。入っているお店も代わり映えなし。どうせなら下関大丸まで行った方が楽しいと思ってしまうのはもうおっさんだからですかね?イオングループやイズミグループの勢いに押され、近所の小さなスーパーは軒並み閉店へ。お気に入りのスーパーも近日中に閉店。

このままだとつまんない日本になってしまうと、勝手に憂えてます。

さて、現場の話に戻ります。モールを一通り探検。出来れば映画館があれば嬉しかったなって勝手に思いつつ、飲食店に突入しました。

140223_1417ずっと気になっていた「MKレストラン」。なにかタイ料理が食べられるって噂聞いていたので、辛党の自分にぴったりです。奇麗な店舗(新築だから当然か)で明るい雰囲気でした。お一人様なのになぜか入り口の真ん前の一番目立つ席に座らされました。

グリーンカレーやトムヤムクン食べたかったのに、お店の人(かわいいお姉さん)が凄い笑顔で「タイスキお勧めですよ!」って言うもんだから、つい「じゃあタイスキお願いします。」と、誘惑にのってしまいました。

実は「タイスキ」は初挑戦。ちょっと楽しみに待っていたら、何のことはない、普通のしゃぶしゃぶでした。ただ「MKソース」という、チリソースとオイスターソースを混ぜたようなオリジナルソースを使って食べるのがタイ風。辛党の自分にはとても美味しかったです。

その他にもポン酢とゴマだれ置いてました。これ使えば普通のしゃぶしゃぶじゃーん!ってツッコミたくなる気持ちを抑え、美味しく食しました。

しかしだんだんMKソースに飽きてきて、最後はポン酢とゴマだればかり。やはりおいらは日本人だなってつくづく感じました。やはりしゃぶしゃぶはゴマだれが一番!

冷静に考えると、40歳前のおっさんが入り口真ん前の席で、汗だくになりながら一人で鍋を食べる光景って凄まじいですよね。絶対知り合いに見られたくない姿ですが、なんの羞恥心もなくお一人鍋を満喫しました。

140223_1417これでしばらくしゃぶしゃぶはいいな。メニューに載っていた美味しそうなトムヤムクンを食べたかったのが正直な気持ちです。

追伸:行きがけにレンタルCDで大好きな洋楽ロックを借りるとともに、若者の気持ちを知ろうと「きゃりーぱみゅぱみゅ」を借りてみました。1分再生してやめました。中年にはつらい感じです。しかし頭の中で「にんじゃりばんばん」がずっと流れてます。ちくしょー!

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.