北海道の旅(その1)

なんだか朝晩の涼しさで秋を感じかけていましたが、やっぱり日中は暑い!北海道に永住したいって本気で思った私でした。

まずは我が第二の故郷、熊本のお話。

熊本地震で崩落してしまった阿蘇大橋。大学時代にこの橋を渡って南阿蘇に頻繁に遊びに行っていました。そんな思い出深い橋がまさかの大崩落。地震の後に大学時代の友人達と現場を見に行きました。その時の姿に絶句した私です。

しかし今朝の新聞で素晴らしいニュースが飛び込んできました。南阿蘇に通じる迂回橋が完成したそうです!被災後に訪問した時も思いましたが、熊本人のパワーは凄まじいものがありました。全然地震に負けていません。そんなパワーが集結したせいか、あっという間の橋完成でした。2020年度には崩落してしまった阿蘇大橋も復旧するそうです。

熊本城天守閣の復旧も進んでおり、これまで以上にパワーアップした熊本を見ることが出来る日もそう遠くないようです。近いうちに家族を連れて阿蘇に旅行に行こうと思います。

 

今回から北海道3泊4日の大旅行記を何度かに分けてお伝えしようと思います。写真を1000枚以上撮ったので、小出しにしていきます。個人的な旅行記です。単なる自慢話に見えたり不快な思いをされる人もいるかもしれませんが、このブログを読んだら北海道に行った気分になれるような文章を書こうと思います。興味のない方はスルーして下さい。

今年の夏休みはちょっと頑張って北海道まで行ってきました。

学会参加やスキーのため私は何度か北海道に行ったことはありますが、私以外は初の北海道です。

宇部空港から東京を経由して新千歳空港まで向かいました。小さな子ども2人連れて飛行機に乗るのも結構大変ですが、娘はまだ2歳なのでお金がかからないのがよかったです。

今回の旅の目的は3つありました。①私の希望:トマムで雲海を見たい!②妻の希望:札幌・小樽で美味しい物を食べたい!③息子の希望:旭山動物園に行きたい!皆バラバラです。しかし北海道なんてなかなか行けないので、今回は思い切って家族の願いを全て叶えるプランを企画しました。計画立案は全て私。サンパークのJTBに何度も何度も通いました。

新千歳空港に着いたらまずはレンタカーをゲットしました。今回の車はHONDAのフィットでした。妻が数年前まで乗っていた車なので違和感なく乗ることが出来ました。

最初の目的地は小樽です。お寿司で有名な小樽です。ということでランチタイムは小樽のお寿司にしました。ディナータイムよりランチタイムの方が安いだろうと思ったからです。

妻がガイドブックで見つけたお店にランチタイムのラストオーダー直前にギリギリ飛び込みました。

こじんまりしたお店でしたが、最初から大ヒット!結構リーズナブルなお値段で、かなりのハイクオリティー。イカやエビなどは山口でも十分美味しいのでさほど衝撃は受けませんでしたが、カニとウニは別格でした。とくにウニが絶品!一つ一つの粒が大きく、こちらで食べるウニとは別の味わいがありました。

到着直後の遅めランチでしたが、一番最初の北海道飯としては最高の出だしとなりました。

一緒に頼んだホッケの焼き物がまた絶品。北海道のホッケは縞ホッケなのでこちらで食べるものとは種類が異なります。これがまた超肉厚。子どもたちも美味しそうに食べていました。

食後は有名な小樽運河を散歩しました。

まず最初に思ったこと。

北海道は涼しい!

これでだけでも最高の気分です。ちょっと曇天だったせいもありますが、最高気温は28度程度。海のそばで風もあったので涼しいお散歩となりました。

それにしても外国人観光客の多いこと、多いこと。特に中国人や韓国人がうじゃうじゃいました。彼らの流行は「カメラ自撮り棒」です。所構わず写真撮りまくっていました。ま、私も負けじと写真を撮りまくりましたけどね。

小樽で発見したゆるキャラ「タルピー」とも遭遇出来ました。

これがまた中途半端なゆるさだったので大ウケ。おそらく記憶の片隅にも残らないくらいのゆるさです。それはそれでいいんじゃないでしょうか?娘だけ少々ビビってました。

小樽散策後、急いで札幌に戻りました。もう一つ行きたい場所があったからです。

やっぱり北海道と言えばクラーク博士の銅像が有名ですよね。「少年よ、大志を抱け!」のクラーク博士です。

我が子達に大志を抱いてほしかったので、是非ともこの銅像の前で写真を撮りたいと思い、私の希望で札幌郊外にある羊ヶ丘公園まで行ってきました。

広大な敷地内にポツンとある小さな公園でしたが、ここがまたなかなかのハイクオリティ。いいお天気だったのもあって、かなりの時間をここで過ごしました。

まずは家族全員でお決まりのポーズ!

羊が放牧されていたり、ちょっとしたとレジャーハンティングみたいな子どもイベントが開催されていたり、子どもたちも大喜びで遊んでいました。

「白い恋人味ソフト」も売っていましたが、息子が買ったのはチョコとバニラのミックス。白い恋人味のソフトも食べてみたかったです。

旅行初日でテンションが高かったこともあり、家族全員ずっとノリノリで素敵な時間を過ごすことが出来ました。

なかなかここはお勧めですよ!

広大な草原の先に見えるのは札幌ドームです。ちょうど同じ時間にデーゲームが行われていたみたいですが、西武に完封負けしたみたいで、球場から出てきたファンの人たちを帰り道に見かけましたが、皆さん暗い顔をしていました。

地元にプロ野球チームがあるって羨ましいです。現在J1所属のプロサッカーチーム、コンサドーレ札幌もありますからね。ついでに言うと、ようやく始まったプロバスケリーグのチームも北海道にあります。レバンガ北海道です。うーむ、本当に羨ましい!

羊ヶ丘公園を満喫しまくった我々。

全員のクラークポーズを撮影し、初日の観光は終了しました。まさか2歳の娘までポーズしてくれると思いませんでした。少女も大志を抱いたようです。

今夜の宿は札幌繁華街すすきののそばにあるホテルを選びました。

お昼ご飯が遅かったので、その日の夜は札幌ラーメンを食べることにしました。

選んだお店は有名店の「凡の風(ぼんのかぜ)」です。ガイドブックにも載っていましたし、妻の先輩が絶賛していたお店なので最初から狙っていました。

ここもまた閉店ギリギリの訪問。有名店らしく、因る時には閉まるみたいです。なかなか強気の営業です。場所も少しすすきのから離れていました。

ラーメンの種類が多かったけど、せっかく北海道まで来たんだからもったいないと思い、味噌ラーメン、醤油ラーメン、塩ラーメンの3種類を注文し、家族4人でシェアすることにしました。

どのラーメンもかなり凝った味で、優劣が付けれないくらいとても美味しいラーメンでした。いつも豚骨ラーメンに慣れている私なので、どのラーメンも衝撃的な味でした。

特に私の好みは味噌ラーメンでしたが、子ども達もこの味にハマったみたいで、ほとんど食べられてしまいました。

閉店間際の訪問だったけど、さすがは有名店で、しっかりと待たされましたが、行列に並んでも食べる価値のあるラーメン店でした。こどもの対応もしてもらえるので良心的なお店だと思います。

Amazonでここのラーメンが購入できるらしく、この味が恋しくなった時は注文して、自宅で楽しもうと思います。

旅行記初日からかなりの長文になってしまいました。今回はこれにて終了ですが、旅行は3泊4日だったので、おそらく4回に分けてご報告しようと思います。

興味ない方はスルーしてくださいね。

 

追伸:私が大好きなお昼番組「ヒルナンデス」の水トアナの後継者が発表されました。これまた入社2年目の新人アナウンサーで、しかも二人。

また新たな歴史を作っていくことでしょう。大好きだった水トアナも9月いっぱいでヒルナンデス卒業です。この次は朝番組「スッキリ」を担当するそうです。日テレのエースなので、朝の報道番組でも大活躍することを期待しております。

お疲れ様でした。

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.