熱かったあの頃・・・

しばらくブログ更新お休みしていました。

ただいまクリニックの夏季休暇中ですので・・・

今年はちょっと頑張って北海道まで行ってきました。いやー、楽しい旅でした。何よりも涼しい!北海道は本当に涼しい!本気で永住しようかなって悩むくらいでした。冬は大雪で大変そうですけどね。でも超暑がりの私には寒いのは全然大丈夫です。暑いのは本当にご勘弁ですな。

旅行から帰って数日しか経っていませんが、もうすでに夏バテ気味です。毎年思いますが、日本の夏の気温って年々上昇していると思いませんか?ちょっと調べてみましたが、さほど平均気温って変わっていないんですよね。

私もそろそろ更年期障害かもしれません。暑さに弱いです。

北海道旅行記は後日お伝えします。3泊4日の大旅行だったので、小分けにしてご報告します。

 

今回は山口で開催された西日本医学大会(通称:西医体)観戦記です。

大学時代、私は熊大バスケ部に所属していました。大学時代の思い出ってほとんどがバスケ部関係です。バスケットボールこそ我が青春でした。今でも細々と続けていますけど。

医学部運動部の大きな大会が年に2回あります。九州・山口医学大会(通称:九山)と西医体です。九山は近隣の県で開催されますが、西医体は西日本各地で開催されます。東は名古屋から、南は沖縄まで、かなりの広範囲が開催地となります。

今年の西医体の開催地は山口でした。昨年から熊大バスケ部OB会の理事に勝手に選ばれてしまった私。県外在住なのに、年2回の会議に熊本まで行かないといけません。その時に先輩OBから言われた一言。

「今年の西医体は山口開催だからね。何かもてなしてあげて。」と。

試合予定日は何と8月15日。お盆ど真ん中です。しかも今年はクリニック夏休みをお盆時期からずらしたため、その日は夕方まで外来がありました。

現役熊大バスケ部部員からもちょくちょく連絡が入り、せめて差し入れでも持って行こうと考えていました。

試合会場は維新公園の体育館です。ここから高速使っても1時間近くかかります。

夜の飲み会くらい顔を出そうかなって思っていたら、キャプテンから連絡が入りました。

「第一試合勝ちました。第二試合は夜6時50分からです!」と。

もともとそんなに強くなかった熊大バスケ部です。今年も1回戦までかなって思っていたらまさかの勝利報告。かなりテンションが上がってしまいました。クリニック終了時間から考えると試合の終わりの方だけでも観戦出来ると信じ、外来終了後に高速道路を飛ばして試合会場に向かいました。

手土産の日本酒「獺祭」二升も事前にしっかり購入しておきました。

いざ体育館に着いてみたら、まだ試合の途中でした。急いで熊大の応援ベンチを探し、観客席からおっさんの大声援で応援しました。

やっぱり現役部員の試合はレベルが違います。かなりの本気度です。私も20年近く前、こんなレベルで試合していたのかと思うと、正直ゾッとしました。見てて心が痛くなるくらいのレベルです。皆さん(将来のお医者さん)ここまでようやるわ!と心でつっこんでしまいました。

第3ピリオドの途中からの応援でしたが、かなり僅差の試合で、手に汗握る展開でした。

熊大は1-2-2のゾーンディフェンス。これが結構機能しており、相手の奈良医大が攻めあぐんでいるのが分かりました。

しかし相手も凄い。試合後半にもかかわらず、オールコートでマンツープレスをかけてきます。ちょっとマニアックなお話なので、バスケ素人にはわからない内容ですがご容赦ください。

相手のマンツーマンディフェンスが素晴らしく、第4ピリオドになって熊大の得点がパッタリと止まりました。その隙にちょこちょこと得点を決められ、結果は敗北。観客席から見ているとどうやって攻略すればいいのかよくわかるので、大声あげて「みんな走れ!早くフロントコートまで戻れ!」とずーっと叫んでいました。

実際にコートに入ると必死になるため、観客席から冷静に見る自分とは全然状況が違うと思います。まだ次回への課題にしてくれたらいいですね。

必死に走っている熊大バスケ部の後輩たちを見ていると、なぜだか涙が溢れてきました。自分も若かりし頃にこんな熱い時間を仲間と過ごしていたんだなって思い出したからです。

やっぱり体育会系っていいですね。青春そのものです。

試合終了後に、観客席で大騒ぎしていた熊大OB私一人のためにわざわざ挨拶に来てくれました。

最初は気付かず自撮り写真を楽しんでいた無邪気なおっさん(私)です。

やっぱりどんなスポーツでも「礼に始まって、礼に終わる」ことが基本中の基本です。なんせ私は高校時代まで剣道部所属でしたから。礼儀の大切さは人一倍知っております。武道を通じて学んだことですが、どんな運動にも当てはまる大事なことです。きっちりと先輩に挨拶に来てくれた後輩たちの姿を見て、心身ともにたくましいヤツらだな!と誇りに思いました。熊大魂です。

仕事終わりにまたまた一汗かいて、なんだか充実した気持ちになった私。さて、これから小野田に帰ってお酒でも飲もうかなって思っていたら、後輩からのサプライズ。

今年で最後の大会になる6年生の後輩がやってきて、「砂川先輩!俺たちこれが最後の大会なんで、先輩と一緒に写真を撮りたいです!」と。熱いです。熱過ぎです。

卒業後もOB戦・OB会にはほぼ毎回出席していたため、後輩たちの顔はだいたいわかります。しかも今の6年生とは結構仲良かったので、一緒に写真を撮りたくなったみたいです。

ちょっと恥ずかしかったので、「いいよ、いいよ。恥ずかしいから。」と言うと、「我々は砂川チルドレンの一人ですから!」と元キャプテンの彼が言ってくれました。こまめに通っていた分、後輩たちは私の顔をしっかり覚えてくれていたようです。

ここでついに涙腺崩壊!後輩たちに強く肩を抱かれ、涙がポロポロ出てきました。写真は満面の笑顔ですが、実は帰りの車の中でも泣いていた私。最近涙もろくなりました。

彼らはこれから医師国家試験を経て、全国各地に散らばっていきますが、皆全員、本当に素敵な素敵なお医者さんになれるだろうなって心から感じました。人の気持ちがわかる優しいお医者さんになってください。私もまだまだ未熟者なので、彼らの手本になれるよう、まだまだ精進していきます!

やっぱり熱い気持ちって大事ですね。最近自分のこの熱い性格が「暑苦しい」に変わっていってるようでちょっと将来が不安でしたが、熱い熱い熊大バスケ部の後輩たちに会えて、さらに熱く生きよう!と心から誓った暑い暑い夏の1日でした。

いいお盆でした。

熊大バスケ部最高です!!

 

追伸:こちらもマニアックネタになります。

ついに気になっていた2台がお披露目されました。BMWのM5と新型Z4です。M5は事前情報が結構もれていたのでだいたい予想通りのスペックとスタイルでしたが、やっぱり新世代クーペのZ4はお色気プンプンで超素敵なスタイリングですね。

このまま出るかどうかわかりませんが、2シーター車の左右のシートカラーが異なります。ものすごく大胆なデザインです。

今回のZ4はトヨタと共同開発になります。果たしてどんなルックスで登場するのか今から楽しみです。

ま、どうせ超高額な値段設定になると思うので、購入するなんて夢のまた夢ですけどね。

宝くじ買いにいきます。

 

 

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.