きららモーターショー!

久しぶりに雨が降りました。でもまだまだ雨が足りないですね。梅雨が終われば蒸し暑い季節がやってきます。夏は嫌いです。超暑がりなので。

まずはプロ野球チームのロッテの新キャラクターの話題です。

千葉ロッテマリーンズという海のイメージから、魚のキャラが出てきましたが、なんと突然口の中から骨人間が出てきました。これってほぼ頭しか被り物をしていないので、ものすごくアクロバティックな動きをしてくれそうです。

我が巨人軍の交流戦は散々でしたが、最後は3連勝で締め。FA組が徐々に活躍し始めたので、後半戦の巻き返しに期待したいところです。クライマックスシリーズに出れればまだわからないですよ!もしかして優勝するかも?無理か?

 

今回は阿知須きららドームで毎年開催されている小さなモーターショーに行ってきたお話です。

かなりのマニアックネタになるので興味ない方はスルーしてください。しかも車変態の私なので、車ネタになると毎回毎回かなりの長文になります。時間の無い方もスルーして下さい。

今回も例年通り、私の独断と偏見で、勝手にランキング形式で発表します。

 

<第5位:キャンピングカーシリーズ>

最近密かにブームになっているキャンピングカーです。

私は昔からずーっと気になっていますけどね。

最近はフルサイズのキャンピングカーではなく、気軽に使える軽自動車キャンパーとか、ハイエースを改良した中型のキャンピングカーが人気です。今回も様々なアイデアの車が展示されていました。息子は興味津々です。

かつて妻に「キャンピングカー買わない?」って聞いたら、「年に何回乗るの?」と冷静に反対されてしまいました。妻は冷静でクレバーです。私は永遠の少年です。あ、気持ちだけ少年です。

 

<第4位:新型NSX>

ついに発売された新型NSX。出る!出る!と騒がれてから数年が経過してようやく発売されました。車雑誌でずっと読んでいたからさほど感動しませんでした。

しかし初めて実車を見てウットリ。やっぱりカッコイイですね。細部までかなり作りこまれています。特に気に入ったのはリアビューです。実は車のおしりってかなり大事なんですよ。後ろから追いかける車はおしりしか見えませんから。

ただ、値段設定が許せないです。2300万円からですよ、2300万。最新技術の粋を詰め込んだ電気自動車スポーツカーなので高価になるのはわかりますが、そのお金出すなら間違いなくポルシェターボ買います。フェラーリやランボルギーニだって候補に出てきます。高過ぎです。国産車なのに・・・許せん!

 

<第3位:新型ティグアン>

フォルクスワーゲンのSUVティグアンが久しぶりのモデルチェンジ!やや大振りのサイズになりましたが、シンプルなのにかなり凝った造り。内装も素晴らしかったです。ちょっと高いけど、かなり購買意欲をそそるモデルになりました。

で、ゆっくりティグアン見てたらまたまた昨年同様お姉ちゃんの登場です!

別にお姉さん目的で写真を撮影したわけではないけど、カメラ小僧&カメラおじさんに囲まれ、私も自然体でお姉さんをパチリ。

しかし手袋を着けているとはいえ、車に座るような仕草でべたべた触るのはちょっとイラッとします。やはりお姉さんより車の方が大好きな私でした。私も年をとりました・・・

 

第2位、1位の発表の前に番外編「息子と車とバイク。みんな違ってみんないい。」の巻。

昨年は1人で参戦したので、3時間半くらいかけてゆっくりとモーターショーを堪能しましたが、今回は息子連れ。

会場入りした5分後には「もう飽きたー!」と連呼していましたが、意外にもバイクに異常な興味を持った息子。特にBMWのバイクに興味津々のようでした。

ちょっと写真ではわかりづらいけど、今回息子が着ているTシャツは仮面ライダーの柄です。

仮面ライダーと言えばバイク!

ということでほぼ全てのバイクにまたがって写真撮影を要求する息子でした。確かにバイクは楽しそうだけど、こけて怪我したら怖いから、バイク免許はやめなさいよ!と小さくつぶやく私でした。

こんなカッコいいバイクで秋吉台とか阿蘇とか走ったら超気持ちいいでしょうね。

あと、高級車の凄さにも気付いた息子。

超ゴッツいロールスロイスのゴーストにもかなり興味を持っていました。後ろのドアが反対に開くのがカッコいいとのことでした。

息子よ、残念ながらお父さんがこの車を買うことは決して出来ないくらい超高級車だよ!この車は運転するのではなく、お抱え運転手さんに任せて後部座席でくつろぐ車だよ!と、しっかり教えておきました。

 

さらに番外編。「時代の流れは今年も・・・SUV!』の巻。

やはり今回も最近世界的に大流行しているSUVが多く展示してありました。

あのマセラティから出たレヴァンテや、先日発売したばかりのアウディQ2が展示されていました。息子もレクサスRXの運転席で楽しそうにしていました。新型SUVはどれも格好良かったし、内装もおしゃれでしたが、やっぱりデカい!デカ過ぎです。

最近のSUVは日本の道路事情を無視して、どんどん肥大化しています。横幅が1900mmを超えてきました。立体駐車場にはまず入らないし、スーパーとかで横の車からドアパンチくらってしまいます。国産のレクサスでさえデカ過ぎ。完全に日本よりも北米を意識したサイズ感です。これは許せない!

SUVって家族車としては最高だと思いますが、いかんせん大きいのと、重たいのが気になるし、自称走り屋の私にはこの重心の高さが大嫌いです。スポーティーには作られていますし、かなり速いはずですが、やはりスポーツカーではありません。ということでしばらくSUVは買いません。多分。

結局車の話になると書きたいことが山のようにあって、1回では書ききれませんでした。ということで続きは次回に延期させていただきます。

院長はどれだけマニアなの?興味ある人どれくらい?って感じですかね・・・

 

追伸:先日、山口東京理科大近くにオープンした「ブルズカレー」に行ってきました。

1年中ダイエットしている私ですが、さすがにカレー屋さんの新店舗には興味津々。いてもたってもいられなくなり、当院に週1回代わる代わるポリクリ実習に来ている山大医学部の学生さんを連れて初訪問してきました。

かなり若い店長さんでしたが、写真撮影の許可やブログ掲載の許可を快諾していただきました。とても感じの良い若店長さんです。

今回はカツカレーを注文しましたが、かなり煮込んだ感のある、味わい深いカレーでした。シンプルながらとても美味。辛さの調節も細かく出来て嬉しかったです。

ただ、辛さの基準を聞いた時、「ここの中辛はCoCo壱番屋の4辛くらいです。」と、ココイチの辛さで伝えてくるのに大爆笑しました。しかしそれでしっかり辛さの加減がわかる私も超ココイチマニアです。学生さんはポカーンとしてました。

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.