医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

ジブリ展に行ってきました!(オマケつき)

空梅雨で渇水が心配な私。今日から本格的な雨模様になるみたいです。厚東川ダムに水がいっぱい貯まることを期待しています。

まずは昨日のトップニュース。

SMAPのメンバー3名がジャニーズ事務所から独立することになりました。

まぁいろいろあったから大変だと思いますが、これがトップニュース?なんて日本は平和なんでしょう。

隣国のミサイルの脅威から守ってくれるはずのアメリカイージス艦の衝突事故、強引に成立させた共謀罪、イスラム国との戦いが激化など、もっと知っておかないといけないニュースがたくさんあるはずです。それがSMAP?ファンの方々には申し訳ないけど、ジャニーズ話や最近生まれたパンダの赤ちゃんネタの報道は最後の方ですべきだと思いませんか?

今回の最新鋭イージス艦の衝突・死亡事故には驚きました。ミサイル迎撃システムを搭載した超最新の船です。

前方からの攻撃にはしっかりと耐えることができる装甲を備えているそうですが、側面の脇腹に大きな弱点があることがわかりました。これって有事の際にはここを狙われるってことですね。大きな弱点を世界中にさらけてしまいました。

ここで政治的な話をするのは嫌いなのでこの辺で終わりにします。我々日本人の平和ボケにちょっと物申したかっただけです。だって山口県はあの危険な国に近いから。米軍基地もあるし。

今回は西日本で初めて開催された「スタジオジブリ展」訪問記です。

ちょっとその前に小児科の後輩が阿知須で新規開業するにあたり開催した内覧会のお話から。

私の小児科医仲間がこの度阿知須サンパーク近くに小児科を開業しました。「あじすこどもクリニック」と言います。

開業の準備段階初期からいろいろ相談を受けていたし、実際に建物の図面にもアドバイスを求められたから、自分の思うことはすべて伝えたつもりです。そんな彼がついに開業へ!おめでたい!

普通なら胡蝶蘭を送るのが通例でしょうが、私のクリニック開院時にも胡蝶蘭が数え切れないくらい届いて大変だったため、今回は先輩からいただいたプレゼントを真似して、可愛いバルーンの束を開業お祝いとして送りました。内覧会は大盛況でした。

面白かったのが、隣の調剤薬局も内覧会を開催されており、ちょっとした調剤体験ができるようになっっていました。

子供用の白衣まで用意してあり、かなり気合の入ったイベントでした。錠剤を分包機で分けたり、カルピスを使ったシロップ剤の作り方講習など、息子は興味津々で楽しんでいました。

白衣をまとった我が子たち。親バカと言われても構いませんが、超絶可愛かったです。

凛々しい白衣姿の息子と、ちょっとぶかぶかだけど、意外に様になっている娘。

父小児科医、母助産師、祖父小児科医、祖母看護師、叔母薬剤師、叔父皮膚科医という医療関係者一族の砂川家に生まれた二人の運命です。このまま医療系の仕事に進んで欲しいなってちょっと願う私でした。

この日は中学時代の友人も山口市大内で産婦人科クリニック開業の内覧会を開催していたためハシゴしました。

超おしゃれなクリニックの中に、最新鋭の医療機器が並んでおりました。うーん、かっこいいい!旦那様が先に脳外科を開業しており、そこに併設されたクリニックになります。一番の衝撃だったのが、クリニックにカフェが併設されていたことです。聞けば自分が休診の時にそこで働くそうですが、いつの日か私をバリスタとして雇ってほしいですね。

前置きが長くなりましたが、内覧会2箇所を回ったあと、念願のジブリ展に行ってきました。

閉館2時間前に行ったので、もう混雑は解消したかなと思っていたら大間違い。まず車を停めるところから渋滞していました。

チケット売り場から行列です。係りの人が話していましたが、午前中は本当に長蛇の列ができていたそうです。これでも解消されたと言ってました。

ここの美術館には何度も来ていますし、昨年は恐竜展もここでありましたけど、こんなに混雑している美術館は初めてです。山口県民はジブリ好き?当然我が家もジブリ大好きですけどね。

さすがに美術館の中での写真撮影はご法度です。許可された場所でなければカメラは封印しなければなりません。

それでも幾つかジブリファンのため、カメラ撮影ポイントが設けてありました。

「千と千尋の神隠し」でゆばーばに千尋が面会するシーンで通過した無限回廊が鏡を使って再現されていました。

あと、至るところに「もののけ姫」のこだまが描かれており、癒しのスポットとなっておりました。ジブリ作品を知らない人にとってはなんのこっちゃ?って感じですけど。そもそもジブリファンでなければこの展示会には参加しないと思います。

実際に展示してある原画は本当に細かく描かれており、シーンの描写や、キャラクターの動きの指示など、小さな字でたくさん書かれていました。アニメ作品を侮ることなかれ!想像以上の手の混みように感動しました。

今回は甥っ子も一緒に連れて行きましたが、2歳の娘同様、ジブリ作品にあまり興味を示さなかった彼は終始テンション低めでした。三鷹にあるジブリの森に行った彼ですから、今回の展示物は中途半端に見えたのかもしれません。

出口近くでトトロのお腹の上で写真撮影をするブースがありました。トリックアートのような手法で撮影しますが、以外とよく撮れていました。娘はトトロが大好きですが、無理矢理寝かされ、しかも顔が見えず。またいつかジブリの森に行こうね!

すごい人ごみのため疲労困憊した息子ですが、最後のイベント「オリジナルまっくろくろすけ」を作って壁に貼るイベントまで満喫させていただきました。

それにしてもジブリ展大人気でしたね。特に我々世代が大喜びするであろう「ナウシカ」とか「ラピュタ」の原画を見ると胸がときめいてしまいます。

私が一番大好きな「カリオストロの城」の原画が少なかったのがちょっと残念なところですが、たっぷりとジブリの世界を満喫できた素敵な展示会でした。

またナウシカ観たくなりました・・・

 

追伸:息子が父の日のプレゼントに似顔絵を描いてくれました。相変わらず髪の毛が少ないのと、あごにごま塩のようなひげが描かれていますが、よーく眺めると眼鏡のフレームの青まで表現されていました。

さらにさらによーく見てみると、この絵の中にあるものすごい事実を発見しました。

胸のロゴにご注目下さい。

なんと「アディダス」のロゴが描かれていました。

私は自称スポーツマンなので、アディダスやアンダーアーマーのTシャツを好んで着ています。長く着て古くなってしまったら、その後はバスケの練習着として使うことが出来るからです。

実際のロゴとは左右が逆転しているし、四角が1つ多いけど、よく私のことを観察してくれているんだなって思うと嬉しくて嬉しくて。

英語の綴りも幼稚園の先生に聞いて必死に書いたそうです。

職場のパソコン画面のバッググラウンド画像にして、毎日眺めながらニヤニヤしている変態気味の父でした。

追伸2:ちょっと前の話になりますが、日本最古の恐竜の化石が下関で発見されました。

厳密に言うと、もう68歳になった方が高校時代に採取してずっと保管していた化石の鑑定結果がようやく出たというお話です。

発見したのはもう52年前の話です。これまでずっと捨てずに保管していた発見者ならびに、「なんだ、こんなゴミは!」と言って捨てなかったご両親のお手柄だと思います。これで下関が恐竜ブームで人気にならないかな・・・