スペースワールドの旅〜後編〜

いよいよ梅雨入りが迫ってきました。また雑草が元気になってしまいます。頑張って草抜きします。

まずはアメリカプロバスケリーグ、NBAのお話です。

今年もNBAファイナルが始まりました。プレーオフの激戦をほぼ無敗で勝ち進んできたウォリアーズとキャブスの試合です。3年連続の同一カードです。

我が巨人軍がからっきしなのでプロ野球を見る気が起きないため、このファイナルには大いに期待していますが、やっぱり下馬評通りウォリアーズ強し。余裕の2連勝です。いや、まだレブロン率いるキャブスもまだまだいけるはずです。4戦先勝ですが、第7戦までもつれることを期待しています。

今回はスペースワールド訪問記の後編です。

ランチ後に向かったのは子ども用の小さなジェットコースターです。シンボルであるスペースシャトル近くにある小さな小さなジェットコースターだったけど、息子にはこれくらいがちょうど良かったです。

でもこのジェットコースターに乗るだけでも30分くらい待ちました。やはりスペースワールドはジェットコースターが人気みたいですね。まだ5歳の息子には待ち時間30分が限界です。関東にあるネズミの国に行ったら2時間待ちなんて普通ですからね。考えただけでも恐ろしい・・・

このミニジェットコースターも思った以上に激しかったけど、親子共々満喫できました。予想以上に面白かったです。

その後スペースシャトルの真下まで行きましたが、これが実物大かどうか知りませんが、ものすごい大きさでした。宇宙に行くのも一筋縄ではいかないってわかります。

スペースシャトル近くに、敷地内に併設された宿泊施設がありました。

ネットで事前確認していましたが、コンセプトは「合宿所」みたいで、超簡易なベッドとシャワーだけ。レストランは遊園地内利用というストイックな宿泊施設です。これはこれで楽しそうに見えるのは私だけ?実際に利用したことのあるクリニックスタッフの女性は「私はもうこんなとこ無理!」と言ってました。次は是非ともここを家族で利用してみようと思います。妻の許可が出ればですけど。

スペースシャトルの周りに、あの有名なジェットコースター「ヴィーナス」がありました。やはり余裕の90分待ちでございました。

近くで見るヴィーナスに私も息子もドン引き。明らかに重力に逆らっています。ジェットコースターは嫌いではありませんが、前回書いた「ザターン」といい、「ヴィーナス」といい、スペースワールドのジェットコースターはかなり過激ですね。

暑さのせいか、疲れてしばらく寝ていた娘もようやく覚醒。美味しそうにフライドポテトを食べてました。2歳前に卒乳した娘はよく食べるようになりました。息子の時とは全然違います。

その後は家族4人で観覧車に乗りました。双眼鏡を無料で貸してくれるサービスがあり、息子も大喜びでした。宇部の常盤公園もこれを見習えばいいのに。

観覧車からスペースワールドの全体像を眺めましたが、やはり老朽化が激しいなって思いました。古くて利用していない施設がたくさん。もう閉鎖が決まっているため今更補修工事をして再開することはないでしょうけど、なんだか寂しい雰囲気です。どこか大手の観光関連会社が買い取って大幅回収すればいいのに。HISさん、ダメ?ハウステンボス二号店じゃダメ?

続いて、観覧車近くにあった4Dシアターへ。

20分のショートムービーでしたが、初めて体験する4Dに感動しました。

しかしここでも暗闇嫌いの息子はドン引きしてました。何が怖いのかわかりませんが、我が子は本当にビビリです。ムービーの内容は「リスの冒険」です。リスですよ、リス。可愛いだけの小リスにもビビってました。

やはり最後は子どもが楽しめるミニ遊園地に行くことにしました。

惑星アクアとかにも乗ってみたかったけど、どこも80分以上待つって書いてあったので今回は断念しました。

恐怖ジェットコースターの乗るにはは身長が足りませんし、そもそもそんな気合なんて絶対にない息子です。スペースワールド初体験の私と子どもたちですが、このジェットコースターに乗ることは一生ないということです。妻が気を使って「一人で乗ってきていいよ!」と言ってくれましたが、こんな炎天下の中、子どもたちを放ってジェットコースターに並ぶなんて私には出来ません。しかも少し怖そうなジェットコースターにビビっていたのも事実ですけどね。

ミニ遊園地横に「ジャブジャブ池」がありました。事前チェックした我が家の一番の目的地はここでした。

息子は当然水着&お着替え持参。娘もプール用オムツに着替えてジャブジャブ池に突入していきました。

最初はツルツルすべるプールに悪戦苦闘していた娘も最後には大はしゃぎ。やっぱり子どもってプールが大好きなんですね。あ、ここはプールではないんですけど。

一応最初は「泳いだらダメよ」と伝えますが、最終的には全身ビチョビチョ。まあ想定内の展開ですが、息子は我々の見ていないところでわざとコケたふりをして全身を濡らします。今回もこっそりお尻を水につけているシーンを目撃しましたが、確信犯のためあえて無視しました。

そしていつもお決まりのセリフ。

「おとうさーん、濡れちゃった!」

いいんだよ、息子よ。泳ぎたいなら好きにしなさい。わざとらしい茶番劇なんてしなくていいのよ、もうあなたの意図はバレバレですよ、と、心の中で大爆笑していた私でした。まだ泳げない息子はこれくらいの池がちょうどいいんでしょうね。とっても楽しそうにしていました。娘もです。

ジャブジャブ池の後はミニ遊園地で遊具に乗りまくりました。

せっかく購入したフリーパスです。意地で元をとろうと思う貧乏性の私。しかもここの遊園地はほぼ待ち時間なしで遊べます。

ここで悪魔の本性を現したのは娘でした。

最初は怖がっていたメリーゴーランドにハマったみたいで、結局5回くらい乗らされました。しかも2歳の娘には横で親が待機しなければいけません。そして体を持って支えてくださいと指示されたのに、触ると異常に怒る娘。一人で乗りたかったんでしょう。

終わったら娘にせがまれて、またすぐにメリーゴーランドに並ぶという異様な親子。さすがにスタッフも笑ってました。また乗るの?って感じですからね。

フリーパスの特権を最大限利用させていただいた我々。もう閉園時間が迫っていたので、まだ未練タラタラの子どもたちを説得して出口に向かいました。開演してすぐに入場し、閉園時間近くまで遊んだことになります。いいとこです、スペースワールド。閉鎖するなんてもったいないですね。

出口近くのおみやげ屋さんに立ち寄りました。そこで最後のサプライズが起こりました。

妻がお土産を購入している間、息子と他のお店を散策。出口近くに「運だめしクジ・ハズレなし」って書いてあるところがありました。1000円もする高額クジですが、ハズレでも5等のオリジナルタオルがもらえるため、私はこのタオルでもいいなって思い、軽い気持ちでトライ。

ここは息子を信じて、息子にクジをひかせました。

するとまさかの奇跡が起こりました!

なんと1等賞ゲットです!

実際に購入すれば5000〜6000円するようなオモチャをゲットしました。手に付きにくい砂場セットです。本当はスペースワールドオリジナルキャラのペア人形が欲しかった私ですが、やはり一番クジを引き当てたのは息子です。息子の希望で砂場セットをもらいましたが、やはり中身は砂です。ものすごい重量でした。泣く泣く重たい砂を運ばされた私でした。

興奮した我々は、クジ売り場のお兄ちゃんと記念撮影。笑顔で応じでくれたお兄ちゃんに感謝です。

そういえばかつて小野田サンパークのくじ引きで1等賞を引き当てのも息子です。商品券◯◯万円をゲットしましたからね。くじ引き所に1等賞おめでとう!って張り紙されてました。ものすごいクジ運の息子です。今度ジャンボ宝くじでも買いに行かせようと思います。当たれば数億円ゲットですからね!

最後の最後までスペースワールドを満喫した我が家でした。何度も書きましたが、ここが年末で閉鎖されるなんて本当にもったいないと思います。もっと早く訪問していたらよかったなって後悔しています。

しかしまだ半年あります。しかも夏には息子大好きプール「ミューナ」がオープンします。あと2、3回はここに来ようと思います。次回は宿泊施設で合宿プランってのもいいですね。

スペースワールドいいとこです!みなさんも閉鎖される前にぜひどうぞ!!

 

追伸:スペースワールドから帰ってすぐ、バスケの定期練習に向かった無謀な私。当然結果は散々でした。だって疲れまくっていたから。

そんなバスケ変態の私ですが、最近素敵なバッシュをゲットしました。たまたま半額セールで見つけたゴッツいバッシュですが、思った以上に軽くて動きやすく、久しぶりに見つけた素晴らしいシューズでした。しばらくこのバッシュで練習しようと思います。

ごっつい迷彩デザインが気に入っております。今年の医師バスケは名古屋開催ですが、このバッシュを履いて大暴れしてこようと思います。

あ、このバッシュは前述のクリーブランドキャバリアーズのエース、レブロン・ジェームスが履いていたモデルです。

いつバスケを引退するか悩んでいる私ですが、先日のニュースで「獣神サンダーライガー引退の危機」と書いてありました。私の大好きなレスラーのライガーがついに引退を考える歳になったということです。もう28年目みたいです。

私も18歳からバスケを始めてもう24年目に突入しました。大学から始めたためずっと素人!素人!と言い訳していましたが、実はもう20年以上続けていることになります。その辺の高校生なんかよりもずっとキャリアが上です。レベルは下ですけど。

でもなかなか辞められませんな、バスケットボール。

だってバスケが大好きだから・・・

ゴルフに浮気はしませんよ、今のところ。

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.