医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

スペースワールドの旅〜前編〜

ついに6月に突入しました。梅雨入りまであと少しですかね?今月からビールなどが値上げするみたいですね。うーん、厳しい。

まずはこの話題。

やりました!佐藤琢磨選手インディ500優勝です!マニアな方しかわからないことだと想いますが、これはものすごいことです。日本人初の快挙です。

F1時代から苦労していた佐藤選手がついに栄冠を手に入れました。

「世界3大レース」と言われているのは、①F1モナコグランプリ、②ルマン24時間、そして今回の佐藤選手が優勝したレース、③インディ500です。

このレースはあまり日本人に馴染みのないオーバルコースで行われます。

オーバルコースというのは、コーナーが全くない、楕円形の丸いコースで、ただひたすら回りながら走り続けるという特殊なコースです。しかし色々なドラマがあります。時速350km以上の速度で500マイル(805km)走り続けます。当然接触事故が頻発し、そのたびにセーフティーカーが入り、先頭車のリードがなくなってしまいます。その間にチームが色々な駆け引きをするわけです。うーん、最初からマニアック!

優勝者が表彰台で牛乳を飲むってのも素敵ですよね!

さて、本題に入ります。

今年の年末に閉鎖されるスペースワールドに行ってきました。

実は私、スペースワールドに来たのは人生初なんです。かなり過激なジェットコースターだらけの遊園地というイメージがあり、小さな子ども達にはまだ危険かなっていう勝手な妄想を抱き、意図的に避けていました。個人的にはジェットコースター大好きなんですけどね。

ここの横にある「いのちのたび博物館」には10回以上行ったことがあります。高速を使えばスペースワールドまで1時間もかかりません。思っていた以上に近いところにあります。高速出口のすぐそばだからアクセスも良好です。

今年いっぱいで閉鎖されるため、思っていた以上に人が多く、入り口は混雑していました。あのネズミの国ほどではないですけどね。

ちょっと高かったけど、フリーパスを購入していざ園内へ!

最初に向かったのが、中央にあるドーム施設です。この施設内にある「トレジャーハント」に息子が行きたがったためです。

この選択が最初の失敗でした。

実は我が息子は暗いところが大嫌いなんです。下関の水族館、海響館の最初のエスカレーターでも泣き出してしまうくらい、暗闇が嫌いです。本当に情けないビビリの息子です。いったい誰に似たんでしょうか?

真っ暗な中を進むトレジャーハントに息子はドン引き。その後に入った宇宙旅行が体験出来る乗り物に乗っている間もずっと泣いてました。

遊園地に行ける!って数日前からテンションマックスだった息子ですが、最初の最初からテンションダダ下がりです。ちょっと可哀想なことをしてしまいました。

ということで、息子のテンションを再びあげるために、彼の希望であった屋外トランポリンへ。

福岡の海の中道公園にあったフワンポリンと同じです。このトランポリンは経験済みの息子。楽しそうに遊んでいました。息子の後ろに見えるのは恐怖ジェットコースターの一つ、「ザターン」です。ものすごい高さでした。

この日は真夏日で結構な暑さでした。トランポリンの表面が太陽の光でかなり高温になっており、10分位遊んだくらいで「お父さん、これ熱い!」と文句を言う息子。さっさと退散しました。

我々がトランポリンで遊んいた頃、妻と娘はキッズ遊園地みたいな場所でコーヒカップに乗っていました。

寝起きの娘はややテンション低め。

妻はそんなに激しく回してはいませんでしたが、まだエンジンがかかっていないようで、つまらなさそうな顔をしていました。人生初のコーヒカップです。

やはりここの遊園地はジェットコースターが有名です。ザターンやタイタンなど、入り口には結構な行列ができており、だいたいどこも80分待ちって書いてありました。興味はありましたが、小さな子ども二人連れてそんなに待つことはできません。優しい妻は「乗ってきていいよ!」と言ってくれましたが、今回は子どもためにも断念しました。

次に訪れたのが屋内施設「カピバランド」です。

その名の通り、カピバラと触れ合いながらドリンクが飲める施設ですが、ここには屋内砂場が設置してありました。かなりキメの細かい砂で、あまり手足が汚れない砂場です。かなり素敵な砂場です。子どもたち大喜び。ようやく娘のテンションもアゲアゲになりました。

もともと砂場が大好きな我が子たち。ずーっとはしゃいでいました。ジェットコースター目的でスペースワールドに訪れる人が多いせいか、こんな幼児向けの施設にはほとんど人がいなくてかなり満喫できました。小さなお子様連れの方にはオススメですよ!

何よりもここはとっても涼しくて、超快適です。ドリンクバーも併設されており、遠巻きに子どもを見守りながらゆっくりアイスコーヒーを飲んでいた私。早朝から出発して、高速道路の運転、不機嫌な子どもたちの子守りと、なにかと疲れていた私の体をこの施設が癒してくれました。

最後はカピバラとの触れ合いタイムです。

こんなに至近距離でカピバラを見たことがない娘はかなりビビっていました。そのことに気づいたカピバラはわざと娘のところに近づいてきました。優しそうで可愛いカピバラですが、怖がる娘は「だっこー、だっこー」と私に抱きついてきました。これまた可愛い。カピバラより断然可愛いです。

続きまして恐竜の化石発掘体験。

泥の中に隠された化石を探し当てるイベントです。フリーパスに対応しておらず、いくらか追加でお金を払いました。ここ以外にもフリーパス非対応のイベントがあるのでご注意を。恐竜の化石を発見した息子は大はしゃぎ。いずれは中国の化石発掘ツアーに行きたいそうです。最近の化石発掘のメッカは中国ですからね。でもそれは勘弁して下さい。遠過ぎます。

ここでようやく遅めのランチタイムです。

近くにあったレストランにたまたま入店したら、食事最後の頃ににサプライズイベントがありました。

スペースワールドのキャラクターが数体レストラン内に遊びにきてくれました。

正直このキャラクター軍団の名前を1人も知りませんが、どこかで顔はみたことあります。あと、音楽無しで登場し、ただただお客さんと記念撮影しまくる姿はちょっと異様でした。せめて素敵なテーマソングでも流せばいいのに。

しかも娘は疲れたせいか、またまた熟睡中。せっかく記念撮影したのに全く起きることはありませんでした。残念!

長くなったのでスペースワールド訪問記前編はこれにて終わりとさせていただきます。

我が家から割と近くにあって、しかも結構な規模の素敵な遊園地でしたが、やや老朽化が目立ち、コンセプトも中途半端な感じがちょっと残念です。

こんな素敵な遊園地が閉鎖されるのはちょっともったいないですね。ハウステンボスのように、外部に委託してリニューアルすればまた生き返りそうなポテンシャルを感じましたが、なんだか細かいちょっとしたところで不備があり、しかも各イベントがなんとなく活気に乏しい感じが、もう終焉に向かっているという雰囲気を醸し出していました。

まだ後半年は継続するため、もう2、3回はここに再訪問する予定です。今度はプールの時期かな?

後編は後日お伝えします。

 

追伸:先日、クリニック近所の長崎ちゃんめんに1人ランチに行ってきました。そこで見つけた激辛担々麺。

辛党の私は4辛を選択しましたが、余裕で完食しました。

しかし汗だくになっていた私を心配した店員さんが「体調は大丈夫ですか?」と心配そうにお水を持ってきてくれました。なめられたもんです。次は5辛に挑戦します。

しかし40過ぎのオッサンが汗だくになって担々麺を食する姿は異常に見えるんでしょうね。次はウチワ持参で挑みます。

あ、結構辛かったですよ。ご注意を。