娘の誕生日お祝い+α

なんだか暗い話題が多いこの頃。そんな中、オメデタイ話が日本中を駆け巡りました。

眞子さま、ご婚約おめでとうございます!

まだ25歳という若さですが、早々と結婚。皇族としての仕事が忙しかったと思うから、これからゆっくりと静かに素敵な家庭を築いてください。

とっても美しい妹の佳子さまばかりクローズアップされていたので、姉としては複雑な心境だったはず。でもしっかりイケメンと結婚されます。めでたい話です。

で、急に時の人となったこの方。

とても爽やかでしかも礼儀正しい。皇族出身の女性を彼女にするなんて、結構気合入ってます。

テレビで見ると噂以上のイケメンでしかも爽やか。私には絶対醸し出すことができない雰囲気をもってます。

しばらくテレビや雑誌の取材などでてんてこ舞いだと思いますが、素敵な結婚式を期待しております。

改めて皇族の構成を見てみると、ずっと問題になっている男性陣の数の少なさに驚かされました。

ほんと女性が多い。

悠仁さまが成人した頃には男性皇族ってほとんどいなくなると思います。女性宮家の話がまた出てきそうですね。

そうこうしてるうちに、佳子さまの結婚話も出てくることでしょう。今度はどんな王子が出てくるのかな?今回のお相手は「海の王子」ですから。

爽やかな彼は「海の王子」って言葉が似合いますが、私の場合「裸の王様」の方がお似合いですな。自虐ネタでした。

今回は娘の2歳のお誕生日話+αです。

このたび、可愛い可愛い我が娘が2歳の誕生日を迎えました。

最近いろんな表情で我々を笑わせてくれる愛娘。ついに2歳になりました。

大大大好きだった母乳を2歳になる直前に卒業し、しばらく夜泣きが大変でしたが、それもなんとか乗り越え、またひとまわり大きくなった娘です。

私は相変わらずの超親バカですが、親バカになれるのは親の特権です。たった2年かもしれないけど、とっても濃厚な2年でした。長かったような、短かったような。

娘が生まれて兄らしくなってきた長男ですが、時には我々に甘えたい気持ちを抱きつつ、立派な兄になるべく頑張っている息子。そうです、家族はこれからも成長するのです。成長が一番遅いのが私です。

今回も「コッチ」のケーキを注文しました。

いつもは息子の大好きなガトーショコライチゴのせを購入しますが、今回の主役はお誕生日をむかえた娘です。まだチョコを食べたことがない娘なので、イチゴショートケーキバージョンにしました。

電話注文した際、不満をぶちまけたのは当然息子です。なんでガトーショコラじゃないんだ!と。息子はコッチのガトーショコラが本当に大好きで、他のお店の味では満足しないみたいです。なんてグルメ。

しかしここで空気を読んでいたのはコッチのオーナーさんでした。

もう何度もこのブログ内で紹介しましたが、ここのオーナー奥さんは私の小学時代の同級生になります。

息子のご機嫌をなだめるため、誕生日ケーキとは別に、小さなガトーショコラを買う予定にしていた私の行動を先回りし、すでにショートケーキとは別包装でガトーショコラを準備してくれていました。

なんて気の利いたサプライズ。ちょっと感動しました。

当然息子も大喜び。ショートケーキには見向きもせず、美味しそうに大好きなケーキを食べていました。主役じゃないのに。

それでは主役の話に戻りましょう。

娘の肺活量ではロウソクの灯を消すことが出来ず、炎がゆらぐことすらありません。ということで息子がヘルプしてくれました。

この後家族で楽しくケーキを食べました。久しぶりのイチゴショートはとってもデリシャス。毎回ガトーショコラでしたからね。

息子はこのケーキにいっさい手を付けず、自分専用のガトーショコラを美味しそうに食べていました。どれだけ好きやねん!

ささやかなお誕生日会だったけど、心温まる夜でした。

翌日夕方に家族で近くの児童公園で遊びました。

やはり娘も私の子。息子同様激しい遊び方が好みみたいです。ブランコをこぐ時も、これ以上激しくしたら落ちてしまいそうなるくらいのスピードを要求してきます。全然怖くないみたいですね。

言葉の発達よりも運動の発達の伸びが凄まじいなと冷静に分析する小児科医の父でした。

ついでに息子話。木曜日の午後、息子の英会話教室のお迎えに行ってそのまま温泉に直行しました。今回選んだ温泉は、頻繁に行っている「くすくすの湯」です。

ここは源泉掛け流しなので気持ちがいいです。

まだ夕方で気温が高かったので、妻に内緒で2人でソフトクリームを食べました。内緒っていっても温泉から帰って速攻でお母さんに報告する息子でした。「内緒」という意味があまりわかっていないようです。

しばらく息子と秘密話は出来ないな・・・とくに今のところ秘密はないけど・・・

 

追伸:最後も結婚話。

海の王子ってフレーズが凄いですよね。

我が息子は「釣りの王子」を目指しますかね。でもどう見ても息子は芸人向き。

私の濃い遺伝子を継いでますからね。仕方ないことです。

やはり遺伝って恐ろしい・・・

 

 

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.