近隣の公園散策

GW最終日。連休最後の最後は仕事です。小野田休日診療所で働いております。連休中はブログを更新サボっていました。

今回は近隣の公園を回ったお話。あえて車でしか行けない公園をいつくかご紹介します。

まずは長府にある乃木浜公園です。小月バイパスの190号線から少し海側に入った場所にあります。大きなサッカー場に隣接した公園です。

入り口側には大きな遊具が置いてあり、途中に野鳥観察するための建物があり、一番海側にはちょっとした水遊びができる場所まであります。なかなか奥の深い公園です。

我が子はまだ小さいので公園で遊ぶのが大好きです。ここには何度か来ましたが、ついにビビリの息子が高いところにあるチューブを登り切りました。同年代の子どもたちはドンドン進んでいきますが、私に似て気の小さな息子はなかなか怖がって進めません。それでもいいんです。息子が独り立ちした最初の瞬間ですから。いつの日か公園で一緒に遊ぶこともなくなることでしょう。こんな記念日はしっかりと覚えておこうと思います。だって親バカですから。

今回は家族4人で来ました。2歳前の娘も最近は公園が大好きです。特にブランコと滑り台が好きです。まだ小さいのに滑り台の階段をズンズンと登り、怖くなって父を呼ぶというスタイル。「おとーちゃーん!」って呼ぶ姿がまた可愛い。怖いなら最初から登らなければいいのにと思ってしまいます。向こう見ずな娘です。超慎重派の兄とはちょっと性格が違うみたいです。

続きまして、竜王山オートキャンプ場にある公園です。

ここも地元では結構有名な公園です。

ここに遊びに来た日は、私はあいにく小野田休診で仕事していました。妻から届きた写真を見てニヤニヤするだけでした。

竜王山には幼少期から何度も遊びに行っていたので、わざわざここでキャンプしなくても自宅に帰って寝たほうが楽と思ってしまうため、まだここに泊まったことはありません。息子は泊まりたがっているため、いつかここに宿泊する予定です。キャンプ初心者の我が家には良い練習場かもしれないですね。

続いてややマニアックな公園をご紹介します。周防大橋の直ぐ近くにある藤尾山公園です。以前、新聞記事か何かで読んで気になっていた公園です。

わりと小さな公園ですが、結構凝った遊具が置いてあります。

GW前半に行ったせいか、思った以上に人が多かったこと、春らしくない高い気温ですぐに汗だくになってしまったことが誤算でしたが、子どもたち2人は楽しそうに遊んでいました。

もう少し年齢が上がってしまったら、こんな公園で遊ぶことって激減すると思います。私も徐々に年老いていくし・・・。我が子たちが「公園に行こう!」と誘ってくれるうちは一緒に走れるように体を鍛えておこうと思います。

いろいろ公園を回って思いますが、気合い入れてしっかり管理された公園と、何もされず放置された公園の雰囲気って全然違います。ここの公園は結構気合い入っていますね。

一般的に児童公園って入場無料なので、なかなかお金をかけて整備するのは難しいかもしれないけど、我々のような小さな子連れ家族には公園ってとてもありがたい場所です。

最近の公園遊びでよく思うことですが、子供用の滑り台って横幅が狭いと思いませんか?

息子はもう一人でビュンビュン滑ることができますが、さすがに1歳の娘はまだ無理です。ということで私の膝に乗って滑ることになりますが、正直私のケツ幅は滑り台いっぱいいっぱいです。お尻や腰側面が摩擦熱で熱くなってしまいます。ズボンの寿命を確実に縮めてくれますね。しかもローラー式の滑り台が増えたので、スピード調整がなかなか難しい。必死に足で調節するため靴底も擦り減っていきます。正直滑り台は大人泣かせの遊具なので嫌いです。

最後に紹介するのは公園かどうかわかりませんが、秋穂にある山口セミナーパークです。

競技場の奥に大きな滑り台などが少しだけ設置してあります。ここに着いた途端、車から出てすぐにコケてしまった娘は少しだけ唇を切って超不機嫌でした。そのため、暑い暑い真昼の時間に、ほぼパーク内を抱っこで回ってしまい汗だくになった私でした。公園の選択ミスです。

で、最後に小さな事件が勃発しました。

いつものように無理して滑り台にのぼった娘。で、いつものように滑れないため私にヘルプを求めてきましたが、今回偶然足を滑らせて一人で滑り始めました。

最初は自分の意思で滑っていたと勘違いして、暖かい眼差しで後ろから見守っていましたが、滑りながら「おとうたーん!」と悲しそうに叫ぶ娘。偶発的に滑ってしまったことにようやく気づきました。

こりゃまずいと思ってすぐに救出に向かいました。案の定私に必死につかまりながら、無事滑り降りることができました。しかし驚いたのは次の行動です。怖かったはずの巨大滑り台にまたズンズン登り始めました。すごい根性です。数分前の出来事なんてもはや忘れてしまったかのようでした。将来有望ですな。

なぜかこの日、運動場で練習している選手を熱心に見つめる観客が多いことに気付きました。単なる練習風景なのに。で、よーく見てみるとレノファ山口のサポーターさんたちでした。なんとレノファ山口の練習風景を見る目的だけでこんなにも集まったということです。結構な人気です。

サッカーにあまり興味のない私。有名であろう選手が横をかけて抜けて行きましたが、さほど関心も持たず、娘を抱っこして帰りの途につきましたとさ。

今回意図的にたくさんの公園を回りましたが、どこも個性的な雰囲気で面白い旅となりました。

そもそも人混みが大嫌いで、GW 中にあえて遠出をしなかった私。連休が終わってひと段落したらまたドンドン県外に遊びに行こうと思います。特に連休中の九州道の混雑っぷりにはいつもうんざりしてましたから。

さて次はどこの公園に行こうかなー!

 

追伸:最近よく訪問するラーメン加藤の新メニューを見つけました。なんと平日限定で20杯のみ提供される塩ラーメンです。その名も「極(きわみ)」です。もともとお魚メインの居酒屋さんを営んでいたここのご主人。魚介スープが得意らしいです。塩ラーメンというさっぱりとしたスタイルで出汁を味あわせる素敵なラーメンでした。とーっても美味しかったです。12時30分には早々と売り切れていたため、食べたい方は早めにお店に行かれてください!

最近のラーメンの進化には驚かされます。

嬉しい悲鳴ですね!

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.