医師会スキー旅行記<前編>

だんだん春の訪れを感じる季節になりましたが、まだまだ朝が寒いですね。この辺りでおたふくの流行が再燃しています。罹患歴のない方はワクチン接種をお勧めします。

今回は小野田医師会でスキー旅行に行ったお話。

昨年に引き続き、瀬戸先生からのご指名で「医師会スキー旅行」の幹事をしました。この写真は昨年のものです。男4人だけ参加という超少人数の熱きスキー旅行でした。

瀬戸先生はスキー検定1級の持ち主で、私もかなりのスパルタ教育を受けました。ずっとショートスキーをしていましたが、上級コースのコブを攻略するにはもう少し長めの板が必要だと感じ、この度ためていたお小遣いを使ってカービングスキーを購入しました。人生初のカービングスキーです。

今回は医師4名、訪問看護ステーションの看護師2名、瀬戸先生の知人2名の参加で、総勢8名の旅行となりました。

ジャンボタクシーでは手狭だと思ったので、今回は小野田観光にお願いしてマイクロバスをチャーターしました。

むらた循環器科に集合して、いざバスに乗ろうとした時に1人目の笑いの神が降臨しました。

バスの前に掲げてある文字をよーく見て下さい。「小野田歯科医師会」と書いてあります。

私の説明の仕方がまずかったのか?でも名刺を渡した時に小児科医って書いてあったはず。ま、面白いネタだったのであえて変更無しで出発しました。

今回も昨年同様、瑞穂ハイランドに来ました。初日はナイタースキーを楽しむため、バレーサイドの方に来ました。

昨年よりやや気温が高めなのが心配でしたが、スキー場の雪は十分にあるようでした。とりあえず一安心です。今回は私の今の主治医である村田先生もご一緒です。いつも血圧の管理でお世話になっております。

昨年は私がドライバーだったので、アルコールを控えておりましたが、今回はバス旅行です。行きのバスからビールを飲んで上機嫌。当然スキー場でもナイター開始前からビールを少々。私以上にお酒が大好きな先輩先生方でした。今回瀬戸先生の知人としてこられたのは、なんとフランスからの留学生の女の子。しかも女子高生。若干16歳にして、既にフランスの大学の医学部合格が決まっているみたいです。超天才高校生です。あ、彼女はお酒飲んでいないですよ!

さぁ、ナイタースキー開始です。

思っていた以上にコンディション不良で、雪の量はそれなりにありましたが、アイスバーンが多くてエッジが効かず、かなりツルツルで滑りにくいコースでした。

しかも今回はスキーを新調した私。ショートスキーよりはるかに重たいスキー板に慣れるのに四苦八苦してしまいました。

でもやっぱりナイタースキーは楽しいですね!

周囲は真っ暗ですが、ライトアップされたコースはかなり幻想的な雰囲気です。しかもお客さんが非常に少ない!慣れないスキー板でつい足元をとられて転んだときも、誰もいなくて恥ずかしくありませんでした。

これで雪のコンディションがもっとよかったら最高だったのに、と残念に思う私でした。

それにしてもフランス人女子高生の滑りっぷりは見事でした。何よりも関節がやわらかくてしなやかに滑っております。体力もあるみたいで、一気に置いていかれました。もう41歳のおっさんは若者には勝てません。

2時間ちょっとでナイター終了。翌日のスキーに備えてちょっと早めに上がりました。

夜はお待ちかねの宴会&温泉です!今回は美又温泉にある「かなぎ観光ホテル」にお世話になりました。

ちょっと古い温泉旅館でしたが、ご飯は美味しく、温泉も上質でトロトロでした。その後部屋に帰っておっさん軍団で部屋飲みしました。最後は村田先生と車談義。時が経つのも忘れて深夜まで飲んでいました。体は疲れてボロボロでしたけどね。

朝も早朝から温泉に入ってリフレッシュ。思っていた以上に足の痛みはなさそうでした。

旅館を出発する前に参加メンバー全員で記念写真。

この時はまだ笑顔に余裕がありました。その後待っている試練にまだ気付いていなかった頃です。

旅行二日目はハイラインドサイトの方に向かいました。こちらがメインの入り口になります。9時半頃に到着しましたが、すでに駐車場はほぼ満車状態。やはり瑞穂ハイランドは人気のスキー場ですね。

ゴンドラリフト前は既に大行列。30分待ってようやく乗り込みました。

二日目のお話はまた次回。

 

追伸:先日お伝えした「かしわのうどん」に行ってきました。

もともとゴボウ天うどんを食べるのが目的でしたが、なぜか店内でカレーのいいの匂いが漂ってきました。カレー超大好き人間の私にはもうたまりません。特性チキンカレーを注文してしまいました。ここはうどん屋さんなのに。

実食。久しぶりに食べた超絶美味しいカレーでした。しかも店員さんから「ハバネロオイルをかけたら美味しいですよ!」と聞いて、それをかけると美味さ倍増。

うどん屋さんのカレーを侮るべからず。超本格的なスパイシーカレーでした。またカレーを食べに行きます。うどん屋さんなのに・・・

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.