医療法人社団 平成会 すながわこどもクリニック

山口県山陽小野田市の小児科

徒然草

先輩と後輩の間柄

山口県についに「インフルエンザ警報」が発令されました。今年は昨年度よりも拡大のペースが早そうです。皆さんお気をつけて。

今回は熊大バスケ部の先輩話。

先日熊本大学医学部バスケットボール部のOB会が開催されました。

もう卒業して16年くらい経過しましたが、なるべく参加するようにしています。そんな業績が買われたのかどうか知らないけど、山口県在住の私がなぜだかOB会の理事に選任されてしまいました。

ちょっと面倒くさいなっておもいつつ、理事になったからには思ったことを話そうと、気合い入れて熊本入りしました。

九州新幹線が開通してから熊本がかなり近くなりました。厚狭駅から90分ちょっとで着きます。車なら3時間はかかりますからね。

理事会に向けてちょっと早めの熊本に到着したので、現役部員と戦うOB戦に出てきました。

さすがは20代前半の現役部員です。元気いっぱい走り回っていました。ものすごいプレッシャーを感じつつ、6点くらいゲットできたので、自分としては大満足です。

その後、OBだけで試合をさせてもらいましたが、10点くらいゲットできました。気を使ってくれた若いOBたちに感謝感謝です。

山口では20代、30代前半の若いメンバーと練習している41歳の私。同級生くらいのメンバーなら負ける気がしないですね!同期のエースも来ていましたが、こちらの方が何倍も活躍できました。あ、自慢でした。

その後急いで理事会に参加し、夜はお待ちかねのOB会コンパです。

嬉しいことに、自分が入部した時の幹部メンバーの方々が来られていました。特に右の写真の先輩は20年ぶりにお会いできました。よく先輩の部屋で二人飲みを開催してくれた先輩です。

右の先輩は私のバスケの技術をいろいろ教えてくださったキャプテンで、今のシュートフォームなどをきっちり教えてもらった「バスケの師匠」です。今でも変わらない先輩たちと美味しいお酒が飲めました。皆さん全然変わっていません。変わったのは私の体重くらいでしょうか。

今でも細々とバスケを続けている私の姿勢をものすごく褒めてくれました。素直に嬉しかったです。やっぱり何年たっても先輩は先輩のまま。尊敬していたあの頃のままです。

その数日後、今度は沖縄からバスケ部の先輩が山口に来られました。

せっかくなので山口の美味しいものをご馳走しようと思い、今回選んだお店は新山口駅在来線口にある「入道」というお店です。初めてこのお店に来ました。駅から歩いて3分くらいのところにあります。

このお店を知ったきっかけはテレビです。

たまたま見た「旅ずきんちゃん」という番組で「タクシー⚪︎万円でどこまで行けるか?」という企画があり、広島から山口方面に向かうお話でした。「オアシズ」の大久保さんとか「ずん」の飯尾さんたちが出ていましたが、山口名物が食べたい!と言うノリで訪れたお店がこの「入道」でした。

沖縄在住の先輩に山口名物を振舞いました。

フグ刺しやクジラ、のどぐろやワタリガニなど、山口自慢のお料理が出てきます。

どれもこれも「やっぱり山口の魚はどれもこれもうまいなー!」と褒めてくれました。地元をこよなく愛する人間として一番嬉しい言葉です。

お酒はこれまた地元の「貴陽(たかはる)」とか「雁木」などを飲みました。やっぱりお魚には純米酒が合います。

先輩のお気に入りはクジラのベーコンとワタリガニでした。

我々にとってカニといえばマツバガニではなくこのワタリガニです。「足を食べるより、頭の身と味噌を食べる方が何倍も美味しいですよ!」とアドバイスしました。おかげさまで私はワタリガニの足1本しか食べることが出来ず、残りは先輩が全て平らげました。クジラも一切れ食べただけです。

そのほかにも色々食べましたが、最後は焼き鯖寿司で終了となりました。

ここの焼き鯖寿司は名物みたいで、脂ののったサバのお寿司はとっても美味しかったです。

二人とも大酒飲みなので、日本酒を何杯も何杯も飲みました。結局二人で一升以上日本酒を飲みました。おかげさまで翌日は大変でした。

料理が運ばれてくる旅に写真を撮らされ、その都度奥さんにLINEで送っている先輩の姿が微笑ましく見えました。愛妻家です。

沖縄の料理も大変美味しくて大好きですが、山口県は三方を海に囲まれ、海産物の種類が豊富で、先輩も「これまであまり食べたことないものが山口にはたくさんある!」と、終始ご機嫌で騒いでいました。

楽しい楽しい山口の夜を過ごすことができました。

実はこの先輩、沖縄の国立精神病院の副院長という大変偉いお方です。全国の国立系の精神病院の査察で飛び回っており、今回はたまたま宇部の「こころの医療センター」に訪問されたため、今回の二人大宴会が催されたということです。

訪問先でも飲み会が企画されると思いますが、わざわざそれを無視して私に会いに来てくれました。

最後は新山口駅の構内でグリコポーズをする先輩。もうこの時我々はベロンベロンでした。それにしても新山口駅の変貌ぶりは凄まじいですね。行くたびに変化しています。とってもオシャレな駅になりました。これから駅周辺がドンドン栄えていきそうです。

もう先輩と出会って20年くらい経っていますが、なんだかんだで年1、2回は一緒に遊んでいます。

沖縄で開催された先輩の結婚式も呼ばれたし、当然山口であった私の結婚式にも来てもらいました。しかも余興までしてくれました。

河口湖近辺で開催された医師バスケ大会でも会いましたが、今年は名古屋で先輩を含めた熊大バスケ部メンバーと再会する予定です。

なんだか先輩を褒め称える気持ちの悪い文章となりましたが、熊大バスケ部の先輩には本当に可愛がってもらいました。同じ気持ちを後輩に伝えようと思います。

学生時代に、医学部での勉強や恋愛に行き詰まった時、いつもバスケ部の先輩が私を助けてくれました。今では人生に悩んだ時の相談も乗ってくれます。ありがたい話です。

先輩・後輩の間柄って本当にかけがえのないものです。大学時代に苦楽を共にしてきた大切な仲間ですからね。

これからも一生のお付き合いになるでしょう。で、何十年か先には誰かのお葬式で再会するかも?

 

追伸:先輩に対する不満が一つ。

バスケ部メンバーで飲み会をする時、必ず私に激しいツッコミを入れてきます。

私も結構飲み会メンバーでは重鎮にあたります。何歳も下の後輩たちがたくさんいます。

そんな後輩には全くツッコまず、私のみ攻撃されます。なんだかんだで先輩も若い後輩たちには恥ずかしくてツッコめないみたいです。

もともと大柄な先輩です。繰り出されるパンチやビンタは本当に痛いです。これだけは本当に勘弁してほしいです。そろそろ私を引き継ぐ後輩たちを募集中です。