嬉野温泉旅行記

今日も過ごしやすい程度の暑さでした。なんだかこのまま涼しい日が続くんでしょうか。いや、まだまだ気を緩めてはいけません。強烈な残暑が来るかもしれません。もしくは巨大大風上陸か?

今回は夏休み旅行記最後の投稿。嬉野温泉訪問記です。

yjimage暑い暑いハウステンボスを後にして、二日目の夜に宿泊する宿までやってきました。温泉旅館宿泊は私の強い希望でした。

かなり久しぶりの嬉野温泉です。豊浦病院勤務時代に隣接する養護学校の修学旅行引率で来て以来です。その時もハウステンボスとセットだったので、嬉野と佐世保が近いのは感覚的に知っていました。

この温泉旅館も当然「お盆価格」です。ネットでの評判が良かったので申し込んだ宿ですが、外見はかなり古びた感じでした。結構高かったのにこれか?とおもわせる雰囲気でしたが、案内されたお部屋は超モダンでかなりオシャレでした。相当手が込んだ造りで、デザイナーズマンションって感じです。これなら納得。

IMG_8194

お部屋に入ってすぐに出されたのが「敷島プリン」。これがまた絶品でした。昼食がほとんどとれていなかったのもあって、一気に食べてしまいました。

旅館の名前が「萬象閣敷島」という名前だったのでここの名物プリンなんですかね?ほのかな抹茶味で本当に美味しいプリンでした。もともと抹茶嫌いの私ですが、このプリンは絶品!

涼しくてオシャレな部屋で家族で食べるプリンの味は最高でした。やはり味の決め手は雰囲気なのかな?

ここの温泉旅館に決めた一番の理由が、10個以上ある貸切家族風呂があるということです。

IMG_8206IMG_8197素敵なお風呂がたくさんありましたが、息子の第一印象で決めた「紅葉の湯」に入りました。

小さな露天風呂がちょこんとあっただけですが、雰囲気は最高でした。露天風呂を見て、息子も娘も大喜びしました。暑さと長距離運転で疲れきった体を温泉が癒してくれました。やはり温泉っていいですね。

IMG_8172IMG_8176やはり温泉旅館の醍醐味って夕食でしょう!

食事が始まってすぐに佐賀牛のステーキが出てきました。いきなり最初からメインディシュか?と思いましたが、その後もジャンジャン美味しいお料理が運ばれてきました。

しかも息子用に頼んだお子様ランチにも佐賀牛ステーキが付いていました。もともと脂っこいお肉が苦手な息子です。一口食べたら「お父さんにあげる」と。ビールと一緒に美味しくいただきました。

IMG_8186IMG_8180IMG_8182息子は大好きなポテトフライを食べてご機嫌、娘は大好きな鳥の唐揚げを食べてご機嫌、妻はどれもこれも美味しかったお料理にご満悦。やはり温泉に来て良かったと大満足して喜んでいる私。お酒がすすみます。

さすがにハウステンボス疲れでこの日は早めの就寝となりました。

yjimage-1翌朝は妻と一緒に早起きし、交互に子守りお留守番をして露天風呂と屋内風呂に入ってきました。息子は露天風呂だけで満足したみたいで、「もう一つはお父さんだけで行っていいよ。」と言われ、結局一人で館内温泉コンプリートしました。妻もしっかり一人温泉コンプリート。嬉野温泉の泉質って結構まろやかで気持ちがいい感じでした。九州ではそれなりに有名な温泉ですが、もっと大々的にアピールしていいとおもうくらいのハイクオリティです。嬉野温泉いいところです。

IMG_8207IMG_8213翌朝、妻の元上司の先生が長崎の大村にある大学の教授になり、久しぶりにその方と会うため嬉野の温泉湯豆腐店に行きました。先生の地元なので地元で有名なお店に連れて行ってもらいました。

「ひらかわ」というお店でした。待ち合わせ時間より早く着いたため、のれんくぐりごっこして楽しむ我が家。息子は冷静な眼で見ていました。

旅館でも出ましたが、嬉野の温泉湯豆腐って昔から有名です。しかしこれを食するのはおそらく初めてだと思います。

IMG_8224IMG_8226最初はほぼクリアなお湯でしたが、火が通るにつれてドンドン白濁していきます。これが温泉パワーなんでしょうか。しかも嬉しいことにふわふわの湯葉もどんどん出てきます。いったいどんな機序で白濁し、湯葉まで出来るんでしょうか。ま、そんな野暮なことは考えず、美味しくいただきました。

ゴマだれもしくはポン酢をつけて、薬味を入れて食べますが、個人的にはポン酢がさっぱりして美味しいように感じました。

最後はご飯を投入して湯豆腐雑炊!これがまた美味。湯豆腐雑炊なんて人生初体験です。

IMG_8229もともとこのお店は有名店で予約がとれず、11時の開店と同時に入ったため、旅館の朝食時間からあまり時間が経っていなかったせいもあり、ちょっと満腹気味だったのが唯一の心残りでした。

妻も仲の良かった先輩と楽しくお話しできたみたいで喜んでいました。もう大学教授ですからね。私も何度か一緒にお酒を飲んだことがあるため面識はありますが、今ではとっても偉い人です。本当はもう少しゆっくり時間をとりたかったところですが、この日はお盆のUターンラッシュ真っ盛り。九州自動車道が大混雑するのはわかっていました。

後ろ髪引かれつつ、大渋滞を避けるため、お昼過ぎに佐賀を離れることにしました。先生には申し訳なかったです。また今度、空腹で佐賀に行きます。

IMG_7312以外にも高速道路はスムーズに流れ、なんなく山口県にたどり着きましたとさ。

2泊3日のドタバタ旅行でしたが、かーなーりー濃密な時間を過ごすことができました。やっぱり家族旅行っていいですね。まだまだ行きたいところがたくさんあるので、これからも家族をいろんなところへ連れ回す予定です。子ども達はいつまで一緒に旅行してくれるかな?

 

IMG_8324IMG_8325IMG_8330追伸:友人から自分の顔をイジるアプリを教えてもらいました。

お昼の仕事前のちょっとした時間にいろいろ撮影して遊びました。最後の写真は娘と私を合成した写真です。大爆笑しましたが、家族には絶対に見せることができません。

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.