吉田沙保里選手の涙を見て思うこと

朝から衝撃的な事件が起こりました。まさかの吉田選手敗戦。悲しいニュースが日本全国を駆け巡りました。

20160818-00000154-spnannex-000-13-view20160819-00010001-yrioolym-003-view試合が終わってからずーっと、表彰式の間もずーっと号泣していた吉田沙保里選手。決勝戦まで1ポイントを失うことなく余裕の決勝進出。誰もが金メダル間違いなしと思っていた矢先の敗戦です。まさかの敗戦がリオオリンピックの金メダルマッチだったのも彼女の持っている運命・宿命だろうと感じました。

日本選手団代表を務め、17歳からずっと世界チャンピオンだった重圧と周りからの過度の期待(プレッシャー)をすべて背負い、33歳までずーっと一線級で戦い続けた吉田沙保里選手です。なんだか彼女の大粒の涙を見て、これでようやく耐えきれないほどの重圧から解放されるのかなとホッとした自分がいました。

20160819-00000068-spnannex-000-3-view今回の相手は24歳です。吉田選手に憧れて、吉田選手を目標に頑張ってきたアメリカの選手。彼女のコメントがまた素晴らしかった。

「彼女と試合ができて光栄です。ずっと夢見てきました。」と。

これで吉田選手も堂々と世代交代できます。これまで彼女を脅かす存在が少なすぎたのが女子レスリング界の問題だと思います。

表彰式の間も、その後のインタビューもずっと泣いていた吉田選手。彼女の流した涙の意味を考えるといろいろなことがあると思います。負けた悔しさからくる涙、日本選手団主将として責任を果たせなかった無念の涙、それに加えてこれまでずっと一線級でトップを走り続けた重圧から解放されたと思った安堵の涙もあるように見えました。日本国民全員、彼女を非難する人はいません。堂々と胸を張って日本に帰ってきてほしいです。そして次のステップに進んでください。笑顔でね。

yjimageyjimage-1d_09400517吉田選手は「霊長類最強」と言われていますが、元祖「霊長類最強の男」と言われたロシアのカレリン選手。何年も無敗を続けていた彼ですが、これまで3連覇していたオリンピックで、吉田選手と同様に4連覇を果たすことができませんでした。五輪の最後は決勝戦で負けてしまって銀メダルに終わったということを思い出しました。それを思うと伊調選手のオリンピック4連覇なんて神がかっている記録だと思います。

それにしても「霊長類最強」ってすごい表現です。だってゴリラより強いということでしょ?ゴリラですよ、ゴリラ。カレリン選手につけるのはわかるけど、レディーである吉田選手にゴリラより強いっていう表現はいかがなものだろうか。もっと良いネーミングをつけてあげてください。

吉田沙保里選手、これまで数々の感動をありがとうございました。さすがに東京オリンピックまで続けるとは思いませんが、今回で引退したとしても私はあなたのファンであることは変わりません。本当にお疲れ様でした。

20160819-00000529-san-000-2-view20160819-00010002-yrioolym-004-viewそんな悲しい雰囲気に浸っていた矢先、またまた若い川井選手が金メダルを獲得しました。

決勝戦はまさに圧巻でした。全く相手を寄せつけず、余裕の勝利。しかも勝利で喜ぶ監督を投げ飛ばすという素敵な演出。かなり笑えました。しかも2回も投げ飛ばしています。監督はしっかり受け身をとっていました。それもまた笑えました。

それにしても栄監督はずーっと続けていますね。オリンピックのたびにツルピカの栄監督が大喜びする姿がテレビに出ます。もはや名物監督になりつつあります。しかもみんな監督を余裕で肩車します。結構重そうに見えましたけど。やはりレスリング選手は皆かなりの力持ちです。しかもかなりタフ。6分間もずっと力入れっぱなしみたいなもんです。疲労感はものすごいと思いますが、さすがに若い選手たちは試合終了後もケロっとしています。やはり「若さ」って大事ですね。吉田選手でさえ、加齢からくる衰えに勝てませんでした。

20160819-00010000-yrioolym-001-viewレスリング騒ぎの中、女子バドミントンのペアも見事金メダル獲得しました。今年の五輪は金メダルラッシュが続いています。バドミントンのペア二人って実は世界ランキング1位ですからね。その強さは本物です。

それにしても最近の若い選手たちは本当にプレッシャーに強いと思いませんか。皆から期待されながらもしっかり結果を出してくるあたりが素晴らしいことだと思います。みなさん若いにもかかわらず、メンタル面が相当タフだと思います。昔の日本人選手であればだいたい本番で失敗することが多かったですからね。そんなメンタル面の強さも吉田選手たちから培われたものでしょう。

毎日毎日感動させられっぱなしです。皆さん素晴らしい!

 

yjimage-1追伸:1歳過ぎの娘はさっそく「おかあさんといっしょ」に夢中です。テレビを見せる方針ではありませんでしたが、やはりNHKの神コンテンツ。娘の心をがっちりとつかんでしまいまいた。

とくにこの「ドンスカパンパンおうえんだん」が大好きで、最後の「ハー!」っていうところでいっしょに「ハー!」ってやるほどになってしまいました。

yjimageyjimage-3最近になって昔のDVDで比較しましたが、同じ「ドンスカパンパンおうえんだん」でも、はいだしょうこお姉さんバージョン、たくみお姉さんバージョン、現在のあつこお姉さんバージョンと3つとも鑑賞したところ、やはりたくみお姉さんが一番上手です。特に今のあつこおねんさんはちょっと声が高すぎる印象を受けました。まだまだ若いからこれから上手になっていくと思います。

default_eb4b61f81a70c13d9ab7247cacaa76ad話は変わりますが、今のだいすけお兄さんの前のうたのお兄さんであるゆうぞう兄さんの歌い方って相当腹が立ちませんか?昔のアイドルのように鼻にかけて歌う感じがとても気持ち悪いです。なんだかナルシストっぽい感じ。だいすけお兄さんは全然嫌味な感じがありません。だいたい5年サイクルでお兄さんが変わるらしいですが、だいすけお兄さんは例外的に8年以上も続いている理由がわかります。

あ、個人的な印象です。ゆうぞう兄さんファンの方には申し訳ないです。

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.