門司にある鉄ちゃんの聖地

台風一過。今日も晴天です。日中はともかくとして、夜は涼しくなりました。

今回は鉄道のお話。

息子が最近ハマっているのが「電車」です。かなりの鉄ちゃんぶりです。駅のホームに散歩に行けば、ずっと黙ったまま電車見てます。誕生日にプラレールあげたらずっと遊んでいます。

main_rightそんな息子の喜ぶ顔が見たかったので、門司にある九州鉄道記念館に行ってきました。

感想。非常に面白かったです。私が。

まだ2歳の息子には退屈なようで、色々飾ってあった昔の電車見ても、あまり喜んでくれませんでした。

自分としては、昔の「ソニックにちりん」や、思い出のブルートレイン「富士」が展示してあり、しかも中に入る事ができるという興奮もの!息子を無視して1人ひたすら写真とってました。撮り鉄です。

ブルートレイン懐かしかったです。何度か東京までブルートレインで行った事あります。ちょうど目が覚めた頃に富士山が見えて、本当にみかんをもらった話もあり、思い出深い車両です。今では飛行機ばかり利用してるし、そもそも富士がなくなってしまったし。

まあ息子にとってはなんのこっちゃです。

記念館に入るとまたまた懐かしい写真やグッズが。

130912_1455高校が鹿児島だったので、よく利用していた「つばめ」。山口から鹿児島まで6時間以上かけて帰っていました。その「つばめ」の写真やプレート。感動しました。

今では山口鹿児島間なんて2時間ちょっとです。ほとんど乗り換えもありません。便利な時代です。

ミニ鉄道まで置いてあって、しかも自分で運転出来る素晴らしさ。息子はビビって全く運転しませんでした。

息子はまだ2歳。まだまだ理解出来ない年ですが、このままいけば父を超える鉄ちゃんになることでしょう。

もう少し電車のお勉強をさせてから再訪問する予定です。photo

Copyright © 2017 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.