最近流行の台湾料理を食す

皆さん、熱中症対策をしっかりしてくださいね。

本日は台湾料理のお話。

R0026310先日、当院の昼休み時間にちょっとだけ遠出して、ドライブイン「みちしお」の横にある台湾料理屋さんに行ってきました。写真は夜のものですが、お昼に行ってきました。

最近、この手のお店が近所に数多くオープンしており、密かに台湾ブームがきているのかもしれません。

お店の中に入ると、店員さんはほぼ全て台湾人。応対する店員さんも片言の日本語。

以外に本格的なお店かも?ってちょっと期待しました。

メニューは色々あって、どれも美味しそうな写真が載っていました。料理の写真を載せておきます。

R0026313R0026311

自分が頼んだのは台湾ラーメン。しかもメニューに小さく書いてあった「激辛台湾ラーメン」を注文しました。

自分はかなりの辛党です。そんじょそこらの辛さには負けないと思っているし、台湾と日本の戦いです。負けるわけにはいきません。

かなり空腹だったので、唐揚げでも追加しようと思い、店員さんに「小さな唐揚げありますか?」と聞いてみたところ、「アルヨ、アルヨ」と片言の返事。とりあえず追加注文してみました。

すると店員さんが去り際に「ちょっと量多いよ。」って小さな声で独り言いってました。まあ、さすがにたいした大きさではないだろうと、ちょっと油断していました。

130813_1238まず運ばれてきたのが「激辛台湾ラーメン」。まあ、唐辛子の量が多いこと、多いこと。数分後には外来が始まるのに、この量はどうだろうと思いつつ、台湾に負けてなるものかと、麺と唐辛子を一緒に食べました。ほんと辛かった。頭皮から汗が吹き出してしまいました。顔では平静を装っていましたが、顔を真っ赤にして汗だくになっている姿を見られると、「こいつ、辛いな。」ってバレてしまうほどです。

しかし全て平らげました。なんとか台湾戦勝利かなって思っていたら大事件勃発。

追加注文した唐揚げの大きさがハンパない。2個あわせたら1羽の鶏になってしまうほどの多きさ。しかも5個。「全然小さくないじゃーん!」って思わずツッコミましたが、相手には通じません。

負けました。吐きそうになりながら3個は食べたけど、もはや限界。

お店の人に涙目で無言のサインを送っていたら、お持ち帰りの容器とビニール袋をくれました。やはり気付いていたみたいです。

まあこれで1勝1敗。引き分けでよしとしました。

寂しく帰ろうと思っていたら、アイスコーヒー無料サービス。なんだか心がほっこりしました。

味は賛否両論あるだろうけど、自分は好きです。まだ色々メニューあるいみたいなので、また再チャレンジしようと思います。

名前を「萬盛」といいます。なんだか近所の国の万歳の時に放つ言葉みたいで微妙ですが、ここは台湾料理です。お間違えなく。

 

Copyright © 2018 Sunagawa Children's Clinic. All Rights Reserved.